咲-Saki-を見る順番(アニメ)!各作品の見どころもご紹介

咲-Saki-を見る順番(アニメ)!各作品の見どころもご紹介

咲-Saki- は、かわいい女子高生が麻雀を通して腕を競い合うアニメです。

女子高生と麻雀という異色の組み合わせが特徴的ですね。

麻雀と聞くと、『博打』『賭け事』などという単語が脳裏をよぎりますが、このアニメからは、大人の事情を感じさせない女子高生たちの真剣さと情熱を感じます。

今回はそんな『咲-Saki-』シリーズをどのような順番で視聴したらいいのかについてまとめてみました。

また、各シリーズのあらすじについても触れていますので「どんなアニメなのかな?」と作品の事を知らない人は参考にしてください。

 

Sponsored Link


【咲-Saki-を見る順番】

 

咲-Saki-(第1期/全25話)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1期スピンオフ/全16話)

咲-Saki- 全国編(第2期/全13話)

 

●基本的には上記の順番で見るのがお勧めです。

●テレビアニメとして放映されたのは3作品です。

 

Sponsored Link


【咲-Saki-の各作品の紹介】

 

①【咲-Saki-(第1期)】

2009年4月~9月:テレビ東京系の全国チャンネル、Show Time、AT-X、MONDO TV、BSジャパンで放映されていました。

 

【あらすじ】

訳も分からず麻雀部に連れて行かれ麻雀を打つ事になった「咲」。

そこには小川のほとりで出会った少女「和」がいた。

対局の結果は和の勝利で終わったが、咲の打ち方に疑問を感じた和は、もう一回打って欲しいと願う。

和が感じた疑問の正体とは……

 

【見どころ】

咲-Saki-は麻雀が社会に浸透した架空の世界で、主人公たちが競技会に参加するなどしながら腕を競い合っていくというストーリーです。

咲の家族麻雀の勝ち負けの結果がお年玉からお菓子になったり、まこの家が雀荘から喫茶店へ変更されたりするなど、賭博を連想させる表現には修正が入っています。

あまりギャンブル要素を感じずに、気楽に見ることができると思います。

「麻雀のルールが分からない」「賭け事はちょっと……」という方でも大丈夫ですよ!

まるで超能力者のように、特殊能力を発揮しながら麻雀を打つキャラクターの個性には、目を見張るものがあります。

 

②【咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A】

2012年4月~7月:テレビ東京系の全国チャンネル、バンダイチャンネル、テレビドガッチ、ニコニコチャンネル、あにてれしあたー、Show Time、AT-X、DMM.com、TSUTAYA TVで放映されていました。

 

【あらすじ】

中学3年生の高鴨穏乃が見たテレビの中には、全国中学生麻雀大会で優勝する原村和の姿があった。

かつて地元で一緒に麻雀を打った仲間である和。

「また和と一緒に麻雀を打ちたい」という思いを胸に、かつて和と共に『阿知賀こども麻雀クラブ』に通っていた穏乃と憧は、阿知賀女子に入学する。

 

【見どころ】

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-Aは阿知賀女子学院を舞台に、インターミドルでの主人公の活躍をテレビで見た旧友達が麻雀部を作り、インターハイ出場を目指す内容です。

咲-Saki-シリーズのスピンオフ作品となっています。

部活やインターハイなど、学校生活にすっかり根付いている設定で、賭博ではなく競技として見ることができます。

阿知賀女子のキャラクターたちがよく描かれています。

特に静乃と憧については充分に掘り下げられているところが見どころの一つです。

また対戦では、相手の能力を逆手にとって麻雀本来の力で勝利を獲得していく過程は「天晴れ!」という感じです。

 

Sponsored Link

③【咲-Saki- 全国編】

2014年1月~4月:テレビ東京系の全国チャンネル、バンダイチャンネル、ニコニコチャンネル、AT-Xで放映されていました。

 

【あらすじ】

天才的な打ち方をする原村和と、その和の打ち方に感化されて麻雀部への入部を決意した宮永咲。

咲は、毎局プラスマイナスゼロで和了る(あがる)ことができる技をもっていた。

麻雀に関して天才的な腕をもった二人の女子高生が、全国大会の頂点を目指す。

熾烈な戦いの末に見事県予選を勝ち抜けば、いよいよ全国大会。

全国の舞台で高校生麻雀の頂点を決める大会の幕が切って落とされれば、そこには同じく頂点を目指す強豪たちが待ち受けているはず。

果たして咲たちは、全国の頂点まで上り詰めることができるのだろうか……

 

【見どころ】

咲-Saki- 全国編は前作のインターハイに至るまでのブロック戦の様子を中心に描いた内容です。

『個性的な女子高生達による超バトルアニメ@麻雀』の真骨頂と言えるでしょう。

1期では出ていなかった他校の選手がたくさん出てくる所も見どころです。

尺に余裕をもってじっくりと作品作りがされていて、演出の上手さに感心します。

各キャラクター描写の部分が多い上に作画が非常に丁寧なことに定評のある作品なので、お気に入りの美少女キャラクターに、心置きなく感情移入ができそうです。

 

 


【咲-Saki-を見るならU-NEXTがおすすめ】

 

「咲-Saki-シリーズのアニメを見てみたいと思っている方におすすめしたいのが「U-NEXT」。

U-NEXTをおすすめする理由は、2019年1月現在「咲-Saki-」シリーズ3作品が全て見放題対象作品であるからです。

 

 

「咲-Saki-」シリーズを視聴するにはU-NEXTに登録すること必要となりますが、今なら31日間無料トライアルというキャンペーンを実施しているので、こちらを利用すると無料で視聴する事ができます。

 

「31日間無料トライアル」というのは、初回登録の方限定で31日間のお試し利用として見放題対象作品(約8万本)が視聴できるというサービスです。「31日間無料トライアル」は登録から31日間のみ有効です。

31日目以降からは自動的に月額利用料が発生される仕組みなのでご注意ください。

31日間以内の解約なら利用料金はかかりませんので、U-NEXTを継続利用するつもりがない人は日数に気を付けてください。

 

この機会に利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 


いかがでしたでしょうか?

美少女たちが麻雀の腕を振るいながら活躍する大活躍する「咲-Saki-」シリーズをぜひご覧になってください!!

Sponsored Link

   

関連コンテンツ