攻殻機動隊を見る順番!アニメ、映画シリーズの見方をご紹介

攻殻機動隊を見る順番!アニメ、映画シリーズの見方をご紹介

 

有名SF映画「マトリックス」に影響を与えた大人気のSF作品「攻殻機動隊」。

 

今もなお人気を博しており、2020年には最新作の「攻殻機動隊SAC_2045」が配信されることが決定しています。

 

そんな攻殻機動隊シリーズは士郎正宗による漫画が原作ですが、TVアニメ、劇場版、実写映画などの複数のシリーズで構成されています。

 

そのため作品の時系列や視聴する順番がわからず、どの作品から見ればよいのか分からない方も多いはずです。

 

そこで今回は攻殻機動隊シリーズを楽しんで視聴するためにも、攻殻機動隊の時系列や見る順番をごご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【攻殻機動隊シリーズを見る順番】

 

【攻殻機動隊 全作品】

【分類】 【作品名】
TVアニメ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
TVアニメ 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
TVアニメ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
総集編 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven
総集編 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
劇場版 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
劇場版 イノセンス
劇場版 攻殻機動隊ARISE
劇場版 攻殻機動隊 新劇場版
限定版 攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT
実写映画 ゴースト・イン・ザ・シェル
Netflixオリジナルアニメ 攻殻機動隊 SAC_2045

 

攻殻機動隊シリーズを見る順番としては様々な意見がありますが、今回は攻殻機動隊の世界観や価値観をまずはしっかり掴むことが大切だと考えています。

 

そのため、まず初めに見るべき作品は神山健治監督による「TVアニメ版及び総集編」です↓

 

【分類】 【作品名】
TVアニメ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
TVアニメ 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
総集編 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
総集編 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven
TVアニメ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

 

こちらの作品は、視聴するために多くの時間を必要としますが攻殻機動隊の魅力や内容を一番感じることが出来ます。

 

やはり短時間で完結している映画版よりも、長編作品であるTVアニメ版の方が初心者にとっては分かりやすいです。

 

攻殻機動隊の魅力を満喫したい方は、①→②→③→④→⑤もしくは①→②→③の順番で、出来るだけ短時間で視聴したい方は③→④→⑤の順番で視聴することをお勧めします。

 

③、④総集編は①、②主要な内容をまとめているので、どうしても短時間で視聴したい方にお勧めです。

 

ただやはり可能であればサイドストーリーも含まれている①、②を視聴した方が楽しめます。

 

※【攻殻機動隊 SAC_2045】に関しては「2020年4月~放送」の為、現段階での細かな詳細は判明していません。

判明次第「見る順番」に追記します。

 

そして、テレビアニメ版の後に見るべきなのが「劇場版及び実写映画」です。

 

【分類】 【作品名】
劇場版 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
劇場版 イノセンス
劇場版 攻殻機動隊ARISE
限定版 攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT
劇場版 攻殻機動隊 新劇場版
実写映画 ゴースト・イン・ザ・シェル

 

は押井守監督による劇場版で、の続編となっています。

 

次には黄瀬和哉監督などによる作品で、主人公である草薙素子が公安9課の一員になる前の話です。

 

そして最後にはハリウッド版の攻殻機動隊で実写映画となっています。

 

アニメ版を見たことで攻殻機動隊の世界観を理解していると、短い動画時間でも各作品の魅力が分かると思います。

 

Sponsored Link

 

【攻殻機動隊シリーズの時系列順】

 

【順番】 【分類】 【作品名】
劇場版 攻殻機動隊ARISE
限定版 攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT
劇場版 攻殻機動隊 新劇場版
劇場版 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
実写映画 ゴースト・イン・ザ・シェル 
テレビアニメ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
総集編 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
劇場版 イノセンス
テレビアニメ 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
総集編 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven
テレビアニメ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

 

攻殻機動隊ARISEは、草薙素子が公安9課に所属する前の話なので時系列的には一番最初になっています。

 

ただし以降の時系列は複雑で、さらに作品ごとにパラレルワールドとなっています。

 

まず劇場版とテレビアニメ版と実写映画版についてですが時系列はほぼ同じです。

 

しかし、劇場版と実写映画版は原作に近く人形使いと草薙素子が出会った場合、テレビアニメ版は出会わなかった場合となっています。

 

そのため作品ごとの内容は異なりますがおおよその時系列としては、

【④⑦】は2029年~2030年

【⑧⑩】は2032年まで

【⑪】は2034年の話となります。

 

Sponsored Link

 

【攻殻機動隊シリーズ 各作品詳細】

 

【攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX】

【放送期間/公開日】

2002年

【視聴時間/話数】

各話25分:全26話

 

物語の導入部分である1話目から、各キャラクターがとても活き活きとしてとても引き込まれます。

 

他のアニメと似たような設定や作画部分を全く感じさせず、独特な作り込みがされている素晴らしいアニメです。

 

1話完結が基本となっていますが、その1話1話の内容に深みがあり物語にどっぷりとハマってしまう方が続出するテレビ版1作目となっています。

本作では「笑い男事件」を中心とした話と1話完結の物語を合わせた内容です。

 

Sponsored Link

 

【攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG】

【放送期間/公開日】

2004年

【視聴時間/話数】

各話25分:全26話

 

前作である攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXの2年後が舞台となった続編。

 

「個々の11人」によるテロリスト事件を中心にした話と1話完結の物語を合わせた内容となっています。

 

公安9課のメンバーたちが再び暗躍することに興奮するのは当然のことですが、物語中で彼らを補助するタチコマの行動に注目していただきたいです。

AIであるタチコマたちの成長物語は攻殻機動隊のもう一つの物語と言っても過言ではないほど、心に深く刻まれるストーリーです。

 

【攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society】

【放送期間/公開日】

2006年

【視聴時間】

1時間48分

 

前作である攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGから2年が経過して「個々の11人事件」後に草薙素子が失踪した後物語となっています。

 

失踪したことで公安9課の体制やメンバーの人間関係は変化していますが、ストーリーの内容の濃さは全く薄れておらず何度も見たくなります。

テレビアニメ版の集大成とも言える内容なので、今までのテレビアニメ版を見てからの状態で視聴することをお勧めします。

 

【攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man】

【放送期間/公開日】

2005年

【視聴時間】

2時間40分

 

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の中でも「笑い男事件」の内容だけを上手に編集して一つの物語として完成させた総集編。

 

情報量がとても多い内容を分かりやすくまとめており、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」視聴後でも違う発見や内容の理解が全く違うはずなのでより面白さが分かります。

 

Sponsored Link

 

【攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven】

【放送期間/公開日】

2006年

【視聴時間】

2時間41分

 

「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」の中でも「個別の11人事件」の内容だけをまとめた総集編。

 

ストーリーを感じるために必要な場面や描写を上手く取り上げており、総集編とは思えないくらい楽しめる内容でした。

「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」を最初から最後まで見る余裕がない方でしたら、短時間でまとめている本作を視聴してもあまり物足りなさを感じさせないはずです。

 

【GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊】

【放送期間/公開日】

1995年

【視聴時間】

1時間22分

 

一般の家庭にインターネットが普及し始めた1995年に公開されたものとは思えない日本におけるSFの名作とも言える作品。

 

作中の序盤で登場する大量の数字の演出などは有名映画「マトリックス」に影響を与えており、表現力がとても高いのが特徴の一つとなっています。

人形使いと呼ばれる謎の存在と公安9課のメンバーたちとの戦いが描かれている。

 

あえて欠点を挙げるとすれば本作のみを見ても、とても短時間で作成された映画なので攻殻機動隊の世界観を理解することが難しいことです。

その点以外では時間を全く感じさせない不朽の名作です。

 

【イノセンス】

【放送期間/公開日】

2004年

【視聴時間】

1時間39分

 

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」から3年が経ち、草薙素子が失踪した後の続編。

一度見ただけでは分からないことも多いかもしれませんが、攻殻機動隊シリーズが好きで世界観を理解していれば違和感なく見終える場合もあります。

 

今までの攻殻機動隊とは違った雰囲気を感じさせる魅力的な作品です。

 

【攻殻機動隊ARISE】

【放送期間/公開日】

2014年

【視聴時間/話数】

各話約58分:全4話

 

本作以前のキャラクターデザインや声優を変更した黄瀬和哉監督らによる新しい攻殻機動隊シリーズ。

公安9課が設立する前に草薙素子が所属していた501機関についての物語となっています。

 

時系列としても他の作品と比べて前の話となっており、新鮮さがある新しい内容だと感じられます。

シリーズ構成には「マルドゥックスクランブル」などで有名な小説家・冲方丁が起用されているので、独特のストーリーに注目してください。

 

Sponsored Link

 

【攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT】

【放送期間/公開日】

2015年

【視聴時間】

46分

 

「攻殻機動隊ARISE」と「攻殻機動隊 新劇場版」の間に起きた出来事を物語にした限定版。

二つの作品の間のエピソードですが、十分に作り込まれた満足できる作品となっています。

 

本作を視聴しなくても違和感を抱かずに続編の劇場版を楽しむことはできますが、より楽しめるのであらかじめ視聴しておくことをお勧めします。

 

【攻殻機動隊 新劇場版】

【放送期間/公開日】

2015年

【視聴時間】

1時間39分

 

攻殻機動隊ARISEシリーズの最後のエピソードとも言える攻殻機動隊が発足される前の物語。

今までの攻殻機動隊を知っているファンからだと評価は賛否両論ですが、他作品にはない魅力的な部分も十分にあります。

 

攻殻機動隊を率いる草薙素子は完成したイメージがありますが、攻殻機動隊ARISEシリーズには彼女が成長を遂げているように感じます。

そういった一面を見ることが出来るのが面白いと感じる人は多いはずです。

 

【ゴースト・イン・ザ・シェル】

【放送期間/公開日】

2017年

【視聴時間】

1時間47分

 

今までのアニメーションとは違った試みが行われた実写映画版。

物語としては押井守監督による「劇場版GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」と「イノセンス」を元に作られており、それらの作品と比べてみると面白いです。

 

ただ攻殻機動隊はシリーズごとに設定が異なる点はいくつかあるので、そういったところは気にせず別物として楽しみましょう。

電脳空間やゴーストの表現には実写だと一味違った印象があります。

 


 

攻殻機動隊によって展開される独特な世界観や近未来的な設定は、他の作品にはない魅力と斬新さがたくさん詰まっています。

 

一部の作品しか視聴していない方がいれば、この機会に他の攻殻機動隊も是非ご視聴ください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ