アベンジャーズを見る順番(2020年版)!フェーズ順、時系列順、2つの見方をわかりやすく解説

アベンジャーズを見る順番(2020年版)!フェーズ順、時系列順、2つの見方をわかりやすく解説

 

アイアンマン・キャプテンアメリカ・ハルク・ソーなど、MCUキャラが集結し力を合わせ強大な敵に立ち向かう超大作「アベンジャーズ」

 

アベンジャーズには2つの見方があります。

 

1つ目は「フェーズ順(推薦)」

2つ目は「時系列順(上級者向け)」

 

今回は、この「フェーズ順」・「時系列順」の見方について詳しくご説明していきます。

 

Sponsored Link

 

【アベンジャーズ フェーズ順で見る場合】

拡大画像はこちら>>

 

「フェーズ」とは「フェーズ」によって区切られた作品たちがそれぞれ「起承転結」に当てはめられるようになっています。

 

例えば、「フェーズ1」ではアイアンマンやキャプテンアメリカなどのアベンジャーズの主力の出会いや強敵との出会いという起承転結の中の「起」を表しています。

 

「フェーズ2」では、「フェーズ1」の後の出来事や新たな仲間の登場、アベンジャーズとして表立った行動など「起」の続きを描いた「承」を表しています。

 

「フェーズ3」では、アベンジャーズの分裂や最強の敵サノスによる敗北など「フェーズ2」までの流れとは逆転する「転」と、サノスにリベンジを果たし勝利しながらもアベンジャーズの最後を描いた「結」を表しています。

 

このように「フェーズ順」で見るのが内容を理解しやすい為、公式でも推薦している視聴方法となります↓

 

【フェーズ1】(起)
アイアンマン
インクレディブル・ハルク
アイアンマン2
マイティ・ソー
キャプテンアメリカ/ザ・ファーストアベンジャー
アベンジャーズ

 

【フェーズ2】(承)
アイアンマン3
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アントマン

 

【フェーズ3】(転)(結)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ドクター・ストレンジ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
スパイダーマン:ホームカミング
マイティ・ソー バトルロイヤル
ブラックパンサー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アントマン&ワスプ
キャプテン・マーベル
アベンジャーズ/エンドゲーム
スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

 

フェーズ①~③までで全23作品あります。

 

【フェーズ1 ①~⑥】 ⇒ 【フェーズ2 ①~⑥】 ⇒ 【フェーズ3 ①~⑪】

上記のようにフェーズ順に見るのが最も理解しやすい視聴順となるので、時間がある人はこの順番で視聴してみてください。

 

2019年では「フェーズ3」までしか公開されていませんが、公式情報では2019年以降公開される予定の「フェーズ4」は、MCUに登場してきたキャラクターのその後であったり、新たなチームの始まりなどを描く予定になっています↓

 

【フェーズ4】(新)
【公開予定時期】【仮タイトル】
2020年11月6日ブラック・ウィドウ
2020年8月ザ・ファルコン・アンド・ザ・ウィンター・ソルジャー
2021年2月12日エターナルズ
2021年5月7日シャンチー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス
2021年春ワンダヴィジョン
2021年春ロキ
2021年夏ホワット・イフ…?
2021年11月5日ドクター・ストレンジ/イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス
2021年秋ホークアイ
2021年秋ソー/ラブ・アンド・サンダー
2022年2月18日マイティ・ソー/ラブ&サンダー
2022年7月8日キャプテンマーベル2
未定BLADE
未定ムーン・ナイト
未定シー・ハルク

 

Sponsored Link

 

【アベンジャーズ 時系列順で見る場合】

拡大画像はこちら>>

 

時系列とは、物事の起きた順番となります。

 

MCU作品にも時系列が存在し、時系列順で見ることにより時代背景の移り変わりが自然で見やすいというメリットがあります。

 

例えば時系列で進むと1作目は「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)」となり、2作目に「キャプテン・マーベル(2019)」となり、3作目に「アイアンマン(2008年)」となります。

 

この流れで見ると、

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)」アベンジャーズの主要メンバーであるキャプテンアメリカが最初に生まれスーパーソルジャーとして活躍し

「キャプテン・マーベル(2019)」キャプテンマーベルとS.H.I.E.L.Dのニック・フューリーとの出会いにより、後のアイアンマンやキャプテンアメリカが所属するチーム「アベンジャーズ」を結成させた計画「アベンジャーズ計画」のきっかけとなり

「アイアンマン(2008年)」トニー・スタークがアイアンマンとなり活躍しニックにアベンジャーズ計画の話をされるという流れになります。

 

このように時代が進むことによりMCUの流れがより詳しく理解できます。

 

【MCU 時系列順】
【年代】【作品名】
1940年代 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

MCU作品の5作目になる今作、時代は1940年代の第2次世界大戦のときの話になり、MCUの作品の中で一番古い時代になります。

この映画でキャプテン・アメリカの誕生を描いており、またMCUのキーアイテム【インフィニティ・ストーン】の一つである4次元キューブが登場します。

1940年代 エージェント・カーター(シーズン1~2)

キャプテン・アメリカの恋人ペギー・カーターの活躍を描いています。

時代は【キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー】と同じ時代の1940年代が舞台となります。

1995年代 キャプテン・マーベル

MCUの21作目の映画になります。

時代は1995年で、キャプテン・マーベルが地球に不時着し、S.H.I.E.L.Dとの出会いを描いていて、S.H.I.E.L.Dのリーダーであるニック・フューリーも若くなり登場します。

2000年代 アイアンマン

MCU作品の第1作目の作品になり、この映画からMCUは始まりました。

この作品は、時系列では一気に時代が進み2000年代後半が舞台になり、トニー・スタークがアイアンマンになるまでを描いています。

2010年代 インクレディブル・ハルク

MCU作品の2作目となる映画で、ブルース・バーナーがハルクになるまでを描いた作品になります。

またMCUの時系列は2010年の時代を描いています。

2010年代 アイアンマン2

MCU作品のの3作目になる映画で、アベンジャーズの主要メンバーのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)も登場します。

MCUの時系列では【インクレディブル・ハルク】と同じ2010年の時代になります。

2010年代 マイティー・ソー

MCU作品の4作目となる作品で、マイティー・ソーが地球に追放されS.H.I.E.L.Dと出会い、成長するストーリーになります。

この作品でアベンジャーズの主要メンバーのクリント・バートン(ホーク・アイ)が登場します。

時代は【インクレディブル・ハルク】や【アイアンマン2】と同じ2010年の話になります。

2012年代 アベンジャーズ

MCU作品の6作目となる作品で、この作品でアベンジャーズの主要メンバーが揃いアベンジャーズを結成します。

またMCUのキーアイテム【インフィニティ・ストーン】をめぐる戦いも起き、MCUのヴィランであるサノスも登場します。

時代は2012年になります。

2012年代 アイアンマン3

MCU作品の7作目の映画で、アイアンマンシリーズの最後の映画になります。

【アベンジャーズ】でのニューヨーク決戦から7か月後の話なので2012年代のお話。

トニー・スタークが闘い以降宇宙人の侵略を恐れ、不眠やアーマー依存症などの疾患を患いながらもヒーローとしての在り方を考え直すストーリーになります。

2012年代 エージェント・オブ・シールド(シーズン1)

アベンジャーズのスピンオフドラマで、死んだと思われていたコールソンがニック・フューリーにより蘇生し、壊滅したはずのヒドラとの闘いを描いています。

MCUの時系列は2012年のニューヨーク決戦の後のになります。

2012年代 マイティー・ソー/ダーク・ワールド

MCU作品の8作目の作品で、ニューヨーク決戦の後にロキと共にアズガルドへ戻ったソーが【インフィニティ・ストーン】の一つリアリティー・ストーンを巡りロキ共に戦うストーリーになります。

MCUの時系列では、こちらも2012年のニューヨーク決戦の後になります。

2014年代 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

MCU作品の9作目となる映画で、ニューヨーク決戦の2年後が舞台になります。

S.H.I.E.L.Dの裏切りや死んだはずの親友が敵として復活するストーリーになります。

MCUの時系列では2014年になります。

2014年代 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

MCU作品の10作目となる映画で、主人公ピーター・クイルが仲間と共に【インフィニティ・ストーン】の一つのパワーストーンを巡り、宇宙を駆け巡るストーリーとなり、MCUのヴィランであるサノスも登場します。

MCUの時系列は、2014年になります。

2014年代 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス

MCU作品の15作目の映画で、【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】から数か月後の話になります。

ピーター・クイルが本当の父親の真実を知り、エゴとの闘いを描いたストーリーになります。

2014年代 エージェント・オブ・シールド(シーズン2)

アベンジャーズのスピンオフドラマのシーズン2となり、崩壊したS.H.I.E.L.Dを復活させるストーリーになります。

MCUの時系列は2014年になります。

2015年代 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

MCU作品の11作目の映画で、【インフィニティ・ストーン】の一つのマインドストーンを巡り、新たな敵のウルトロンや新しいヒーローのヴィジョンなどが登場します。

ウルトロンとの決戦でソコヴィアが崩壊し、今後のMCUの展開に大きな影響を与えます。(ソコヴィア事件といわれる)

MCUの時系列は2015年になります。

2015年代 アントマン

MCU作品の12作目となる映画で、ソコヴィア事件から数か月後の話になります。

スコット・ラング(アントマン)が元S.H.I.E.L.Dのハンク・ピムと出会い、アントマンとして成長するストーリーで、MCUの時系列は2015年になります。

2016年代 エージェント・オブ・シールド(シーズン3前半)

MCUのスピンオフドラマのシーズン3で、S.H.I.E.L.Dがインヒューズマン(超人類)と共に制御できないインヒューズマンとの闘いを描いてます。

MCUの時系列は2016年のシビル・ウォーの前になります。

2016年代 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

MCU作品の13作目となる映画で、ソコヴィア事件以降世間より批判が多くなっていたアベンジャーズが、国連の支配下となる【ソコヴィア協定】を巡り対立するストーリーとなります。

MCUの時系列は2016年になります。

2016年代 エージェント・オブ・シールド(シーズン3後半)

MCUのスピンオフドラマのシーズン3の後半で、ハイヴが原始人に近い従順な存在プリミティヴズを生み出し、プリミティヴズ化するウィルスをばら撒く計画をし、S.H.I.E.L.Dがそれを阻止するために奮闘するストーリーになります。

MCUの時系列はは2016年のシビル・ウォーの後になります。

2016年代スパイダーマン/ホーム・カミング

MCU作品の16作目となる映画で、シビル・ウォーでトニー・スタークにスカウトされたピーターパーカー(スパイダーマン)がトニー・スタークと共に成長していくストーリーになります。

この作品でMARVELの人気ヒーローがMCUに本格参加していきます。

MCUの時系列はシビル・ウォーの後の2016年になります。

2016年代ドクター・ストレンジ

MCU作品の14作目となる映画で、天才外科医であるスティーブン・ストレンジが事故に会い、治療をしていくうちに魔術に魅入られ魔術師として成長していくストーリーとなり、【インフィニティ・ストーン】の一つのタイムストーンも登場します。

MCUの時系列は2016年になります。

2016年代ブラック・パンサー

MCU作品の18作目の映画で、【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】のときにワカンダ国王の死の後、息子のティ・チャラ(ブラック・パンサー)が国王としての成長を描いております。

MCUの時系列は2016年になります。

2016年代エージェント・オブ・シールド(シーズン4)

MCUのスピンオフドラマのシーズン4で、ギャングの銃撃で死亡したロビー・レイエスがゴーストライダーとして、悪を裁いている中S.H.I.E.L.Dと手を組んで活躍するストーリーになります。

MCUの時系列は、2016~2017の話になります。

2017年代マイティー・ソー/バトルロイヤル

MCU作品の17作目の映画で、ソコヴィア事件から2年後の2017年が舞台になります。ソコヴィア事件以降インフィニティーストーンを探しに宇宙を旅していたソーが、アスガルドの危機のため再びロキやハルクと共にヘラとの闘いを描いてます。

この作品の最後にサノスも登場し、【アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー】へと続きます。

2018年代アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

MCU作品の19作目の映画で、サノスが【インフィニティ・ストーン】をすべて集め、全宇宙の人口を半分にするという計画をし、この計画で解散していたアベンジャーズが集まり、サノスとの闘いを描いています。

MCUの時系列は2018年になります。

2018年代アントマン&ワスプ

MCU作品の20作目の映画で、初代ワスプが量子の世界に閉じ込められてから30年近く経った後に二代目アントマンのスコット・ラングが量子の世界から帰還することができ、初代アントマンのピム博士がスコット・ラングと共に量子の世界からジャネットを救うため奮闘するストーリーになります。

MCUの時系列は2018年になります。

2023年代アベンジャーズ/エンド・ゲーム

MCU作品の22作目の映画で、【インフィニティ・ストーン】をすべて集めたサノスとの闘いに敗れて、全宇宙の人口が半分になったあとのアベンジャーズの最後の闘いを描いています。

MCUの時系列はインフィニティ・ウォーでサノスに敗れてから5年後の2023年になります。

2023年代スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

MCU作品の23作品目の映画となり、フェーズ3の最終章になります。

MCUの時系列は「エンドゲーム直後の物語」となるので2023年です。

 

Sponsored Link

 

【MCUシリーズ 無料視聴方法】

 

「MCU作品」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTは、他社の動画配信サービスより「MCU作品」の配信が豊富。
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「MCU作品」が約1カ月間無料視聴することができる。

ポイントが必要な作品を視聴する場合でも、登録時に加入特典として600P付与されるのでこちらを利用する事で視聴可能

「お試し期間中」なら「MCU作品」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「MCU作品」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】

【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「MCU作品」の配信状況】
「アベンジャーズ」

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」

「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」

「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」

「アイアンマン」

「アイアンマン2」

「アイアンマン3」

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

「キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー」

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

「マイティー・ソー」

「マイティー・ソー/ダーク・ワールド」

「マイティー・ソー/バトルロイヤル」

「スパイダーマン/ホームカミング」

「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス」

「アントマン」

「アントマン&ワスプ」

「インクレディブル・ハルク」

「ドクター・ストレンジ」

「ブラック・パンサー」

「キャプテン・マーベル」

「エージェント・オブ・シールド シーズン1~6」

【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。

 

 

 

【MCUシリーズ 各作品紹介】

 

【アベンジャーズシリーズ】

【全作品名】「アベンジャーズ」

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」

「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」

「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」

MCUの本編とも呼べるシリーズとなり、アイアンマンを始めキャプテンアメリカ、ホークアイ、ハルク、マイティーソー、ブラック・ウィドウの主要メンバーが同時に登場する作品になります。

MCUのフェーズはこのシリーズによって区切られていることが多く、まさにMCUの要となるシリーズです。

またMCU全作品を見るのは大変ですが、この「アベンジャーズ」シリーズだけをみても十分MCUを楽しむことができます。

 

【アイアンマンシリーズ】

【全作品名】「アイアンマン」

「アイアンマン2」

「アイアンマン3」

アベンジャーズの主要メンバーで、MCUの主人公ともいえるトニー・スタークが活躍するシリーズとなります。

トニー・スタークがアイアンマンになるところから始まり、ペッパーとの恋事情やアイアンマンやアベンジャーズの一員としての苦悩や挫折を乗り越える姿を3部作で描いたシリーズになります。

 

Sponsored Link

 

【キャプテンアメリカシリーズ】

【全作品名】「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

「キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー」

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

MCUの主要メンバーでアベンジャーズのリーダーであるキャプテンアメリカが主人公となるシリーズになります。

このシリーズは、キャプテンアメリカの宿敵ヒドラとの闘いがメインで描かれており、死んだはずの親友バッキーがウィンターソルジャーとして登場やアベンジャーズのすれ違いによる争いなどMCUの中でも重要なシーンが多いシリーズになります。

 

【ハルクシリーズ】

【全作品名】「インクレディブル・ハルク」
MCUの主要メンバーであるバーナー博士とハルクが主人公の作品になります。

ハルクが登場する映画は他にも存在しますが、MCUに関係する作品は今作だけになります。

ハルクの誕生秘話やハルクの力を悪用する者との闘いなどストーリー自体はMCUと直接つながることは無いですが、作品自体はかなり迫力のある作品です。

 

【マイティソーシリーズ】

【全作品名】「マイティー・ソー」

「マイティー・ソー/ダーク・ワールド」

「マイティー・ソー/バトルロイヤル」

MCUの主要メンバーであるソーが主人公として描かれているシリーズになり、今までのMCUの作品は地球が舞台となりますが、ソーの舞台は宇宙と神の世界になります。

北欧神話に出てくる神々が登場するなどMCU好きでなくても神話好きの方も楽しめるストーリーとなっており、MCUの世界を宇宙まで広げた作品になっています。

 

Sponsored Link

 

【スパイダーマンシリーズ】

【全作品名】「スパイダーマン/ホームカミング」

「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」

マーベルの人気キャラクターであるスパイダーマンがMCUに参加した作品になります。

マーベルの人気キャラということもありスパイダーマンが主人公の映画は多数存在しますが、MCUに関係する作品はこの2作品のみとなります。

このシリーズは、過去のスパイダーマンシリーズのリブート作品でもあり内容や設定、単独映画での敵キャラクターなど見覚えのあるシーンやキャラクターが登場する中、MCUのキャラクターも登場するなどスパイダーマン好きやMCU好きにはたまらないシリーズになっています。

 

【ガーディアンズオブギャラクシーシリーズ】

【全作品名】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス」

MCUの世界が宇宙に広がったことから誕生したヒーローが主人公となった作品で、MCUのヴィランであるサノスが登場するなどMCUシリーズの後半部分へつながるかなり重要な作品になっています。

このシリーズのキャッチコピーが「宇宙よ これがヒーローか」となっており地球のヒーローがアベンジャーズであれば、宇宙のヒーローはガーディアンズであると公言している作品です。

 

【アントマンシリーズ】

【全作品名】「アントマン」

「アントマン&ワスプ」

1.5センチのヒーローという今までのヒーロー像を覆すような新しいヒーローが主役となるシリーズで、MCUシリーズの終盤で重要なキー映画となります。

今までヒーローとは大きく強く正義感あふれる人物像でしたが、このアントマンであるスコット元犯罪者という肩書きというまさに今までのヒーローとは違ったヒーローになります。

またこのアントマンシリーズは「アベンジャーズ/エンドゲーム」へのキー映画として存在し、MCUでも重要な作品となっています。

 

【その他MCU作品】

【作品名】「ドクター・ストレンジ」

「ブラック・パンサー」

「キャプテン・マーベル」

「エージェント・オブ・シールド」

「エージェント・カーター」

「ドクター・ストレンジ」、「ブラック・パンサー」、「キャプテン・マーベル」はMCUの後半に出てくるメンバーの単独映画になります。

ストーリーは、基本各キャラクターの紹介や成り立ち、作品独自の敵との争いなどがメインとなりますが、各作品それぞれにMCUとして他のキャラクターが登場します。この3作品に登場する主人公は「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」の重要なキャラクターでもあります。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」「エージェント・カーター」はMCUに登場するキャラクターにまつわるスピンオフドラマとなっています。

 


 

アメリカコミックのヒーローたちを実写化したMCUシリーズの中でも、アベンジャーズシリーズは多くのヒーロー達が一堂に集結するとても見ごたえのある映画です。

 

「強くて」「優しくて」「かっこいい」というヒーローの魅力を様々な背景を持っている個性的なキャラクターで作り上げ、VFXによって迫力のある映像で見せるMCUシリーズはヒーロー好きの子供だけに留まらず、大人や女性でさえも魅了しています。

 

たくさんのヒーローの中から自分のお気に入りを見つけるのも楽しいですし、超人的な力を持った個性的なヒーロー達が同じ世界に存在しているという繋がりを見ることもクロスオーバー映画ならでは楽しみです。

 

今後も様々な作品が公開されるとのことなので、今までの作品だけではなく今後の作品もあわせてMCUの世界を是非お楽しみください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ