バッドエンドで終わるアニメのおすすめ20選!悲しい結末になる作品をご紹介!

バッドエンドで終わるアニメのおすすめ20選!悲しい結末になる作品をご紹介!

 

多種多様なアニメの中には、ハッピーエンドではなく壮絶で悲惨な結末を迎えるバッドエンドで終わるアニメも多くあります。

 

最後まで見てしまうともっと他の結末があったのではないか?と、やるせない気持ちになってしまうこともありますが、そういったアニメにはとても深い思いが込められ感動的な終わり方をすることもあります。

 

今回はそのようなバッドエンドで最終話を迎えたアニメをご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【バッドエンドで終わるアニメ20選】

 

【Fate/Zero】

 

【総視聴時間】

10時間24分(各話24分、ただし1話目は48分:全25話)

 

【最終回の展開】

 

願いを叶えるために戦い続けていたにもかかわらず、世界を滅ぼしかねないと聖杯を破壊した事により、そこから負のエネルギーが冬木市を飲み込んで、地獄のような光景が目の前に並びます。

 

愛する人を犠牲にしてまでも戦い続けた衛宮切嗣は、これを目にして絶望します。

彼を待ち続けていた娘にも会えず、そして最後は廃人になりかけていた彼は瓦礫の下から少年を見つけエピローグを迎えます。

 

本作は『Fate/stay night』の10年前の出来事が描かれる前日譚で夢と希望を未来に託してはいますが、ほとんどの登場人物は亡くなり、何とか生き残った者たちも憂鬱な表情が印象に残るラストでした。

 

【Fate/Zeroが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【FOD(各話要232P)】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【喰霊-零-】

 

【総視聴時間】

4時間48分(各話24分:全12話)

 

【最終回の展開】

父親から最強の霊獣を託された神楽は、仲間の援護を受けて殺生石に乗っ取られた黄泉と対峙し、能力を使い黄泉を止めようとします。

しかし、黄泉を倒す覚悟が出来ておらず返り討ちに合い瀕死の目に遭います。

 

そして覚悟を決めた神楽は、再び黄泉と戦いを繰り広げ、今までの二人の楽しかった思い出が走馬灯のように流れます。

最後に大好きだと告げて黄泉に短刀を刺し、刺された黄泉も自分の想いを伝えてから倒れます。

 

その後は、2年後の後日談が流れ、残った登場人物たちはどうなったのか明かされていきますが、やはり姉妹のように仲のいい二人がお互いにすれ違い、最後には命を賭けて戦うのは。とてもハッピーエンドとは言えないエンディングでした。

 

【喰霊-零-が見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【アカメが斬る】

 

【総視聴時間】

9時間36分(各話24分:全24話)

 

【最終回の展開】

 

主人公であるタツミが、帝都を守るために犠牲となって命を落としたところから始まり、生き残ったエスデスとアカメの一騎打ちとなります。

戦いの末、アカメの奥の手によって死を覚悟したエスデスは、最後にタツミを抱きしめてから自身の体を氷で凍らせ、粉々になって息を引き取ります。

 

作中の中盤から主要な登場人物がたたみかけるように亡くなっていくのですが、まさか最終回直前で主人公が亡くなってしまうという斬新な展開でした。

結局生き残ったキャラクターはほんの数人ですが、逝ってしまった仲間の最期は涙なしでは見られません。

 

【アカメが斬るが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【クロノクルセイド】

 

【総視聴時間】

9時間12分(各話23分:全24話)

 

【最終回の展開】

 

自分の命をかけてクロノの封印を解いたロゼットは、悪魔であるアイオーンを倒し、クロノと2人きりで残された余生を過ごします。

世界に混乱を招いたアイオーンは倒れましたが、その後も平和は訪れず世界は暴動と反乱が繰り広げられます。

 

そして死の恐怖に耐えられないロゼットは、弱音を吐いてしまい、二人は抱き合って最後を迎えます。

 

また最後のシーンには、信じられないことに彼女たちが倒したはずのアイオーンが復活している姿が映し出されます。

最後のシーンを見たときは本当にゾクッとします。

 

【クロノクルセイドが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【最終兵器彼女】

 

【総視聴時間】

5時間12分(各話24分:全13話)

 

【最終回の展開】

 

シュウジとチセが住んでいた町は襲われ、戦いの末に特大の津波が襲いかかります。

そしてすべてが消え去った世界をシュウジは一人で彷徨います。

そんな中、心の中に残ったちせが彼を呼びかけ、具現化します。

 

そして最後に二人だけが生き残った誰もいない世界で愛を誓いあって終了します。

 

ハッピーエンドとも取れるラストですが、そこに行きつくまでの過程で人類が滅んでしまうことを考えるとバットエンドよりだと思います。

 

【最終兵器彼女が見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

 

 

Sponsored Link

 

【DEATH NOTE -デスノート-】

 

【総視聴時間】

14時間11分(各話23分:全37話)

 

【最終回の展開】

 

Lの後継者であるニアによって夜神月は追い込まれ、さらに死神であるリュークにも見捨てられてしまいます。

 

最後には狂気的な言動を取りながら発狂し、銃に撃たれながらも逃げだそうとしますが、最後にはリュークよってデスノートに自分の名前を書かれ、死の間際にLの幻覚を見た後に安らかな表情で息を引き取ります。

 

極悪になった夜神ライトのラストは壮絶な最期でしたが、彼がLに勝利する頭脳戦や様々な逆境も持ち前の頭脳によって乗り越える等、物語の途中も見どころ満載なので、最終回以外にも注目していただきたい作品です。

 

【DEATH NOTE -デスノート-が見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

【School Days】

 

【総視聴時間】

5時間(各話25分:全12話)

 

【最終回の展開】

 

言葉と誠はクリスマスイブに二人で過ごしていましたが、次の日、世界が誠の家を訪れ誠の腹に包丁を突き立てます。

そして言葉が誠の家を訪れると、血だらけになった彼の遺体を発見します。

 

学校の屋上に呼び出された世界は、鉈を手にした言葉に襲い掛かります。

世界は応戦しようとするも一撃で絶命し、次の日の朝にヨットの上で、言葉が誠の生首を抱きしめながら流れていくところで終わります。

 

ドロドロになった人間関係から生まれた一つの壮絶な結末と言える最終回です。

ただ、最初から最後まで視聴すると主人公である誠がかなりのクズなので、そんな彼に翻弄された言葉と世界はむしろ被害者だったのではないかと感じます。

 

【School Daysが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【BLOOD+】

 

【総視聴時間】

20時間(各話24分:全50話)

 

【最終回の展開】

 

人間ではなく人外であることが分かった小夜は、双子の妹であるディーヴァと刺し違えて相打ちとなりますが、何とか生き残りました。

そして妹を愛していたことに気づきます。

 

そして妹の娘たちとともに、自らも命を落とそうとしますが、ハジとカイの説得で思いとどまり、高校に復学して平穏な生活を送ってから、カイに背負われながら深い眠りにつきます。

 

敵である妹を亡き者にした際に、妹を本当は愛していた事に気づいてしまうというあまりにも悲しい話でした。

色々としこりを残した消化不良気味の終わり方ですが、こういうのもありだと思います。

 

【BLOOD+が見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【バジリスク~甲賀忍法帖~】

 

【総視聴時間】

9時間36分(各話24分:全24話)

 

【最終回の展開】

 

甲賀と伊賀の戦いの末に、最後まで残った弦之介と朧は戦わなければならない状況になります。

 

弥之介を愛している朧は、弥之介と戦う事が出来なかったため、小刀で自ら命を落としてしまいます。

そして亡くなった朧を見た弥之介は、勝敗の結末を記してから彼女を抱きしめながら自ら命を落とし、戦いに終止符を打ちました。

 

将来結婚することになっておりお互いを愛していた二人は、結局戦う事もなく自ら命を落として戦いを終わらすという悲しい結末でした。

 

【バジリスク~甲賀忍法帖~が見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【FOD】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【エルフェンリート】

エルフェンリート

 

【総視聴時間】

5時間48分(各話約25分:全14話)

 

【最終回の展開】

 

人類を滅ぼすために産まれたルーシーは、最後にコウタと再会します。

そして自分が生きているといずれ人類が滅んでしまうからと、コウタの前から姿を消そうとします。

 

そんなルーシーの罪を許そうと引き止めるコウタに、ルーシーはコウタにキスをして彼の前を去ります。

そしてルーシーは武装した集団と接触し銃弾を受け、消息は不明に。

 

その後コウタたちは日常生活に戻り穏やかに暮らしているところに誰かがやってくるところで終わりを迎えます。

 

最後に彼らのもとに訪れた人影はルーシーに見えますが、原作では悲惨な結末を迎えているのでこちらもハッピーエンドとは言い切れない終わり方だったのではないでしょうか。

 

【エルフェンリートが見れるVODサービス】

 

【FOD】

 

 

 

【ぼくらの】

 

【総視聴時間】

9時間12分(各話23分:全24話)

 

【最終回の展開】

 

ジアースと契約した子供たちはほとんど亡くなってしまいウシロとカナなります。

しかし、未契約者だったマチが、戦闘やジアースに関する情報を教えていたコエムシを射ち、ジアースのプログラムを破壊します。

 

そして最後のパイロットとなったウシロは、長時間の戦いの末に勝利し、ジーアスを解体して不幸な連鎖を止めます。

その後ウシロはルールに従って亡くなり、最終的に生き残ったカナはこの戦いの経緯を伝えていきます。

 

一人を残して契約者全員が亡くなる悲しい結果となりましたが、この理不尽なゲームの連鎖を止めることに成功したシーンはとても感動しました。

 

ぼくらのが見れるVODサービス】

 

【FOD】

 

【dアニメストア】

 

 

Sponsored Link

 

【魔法少女まどか☆マギカ】

 

【総視聴時間】

4時間48分(各話24分:全12話)

 

【最終回の展開】

 

最強の魔女であるワルプルギスの夜に対して立ち向かうほむらですが、何度戦っても勝てません。

さらに時間を巻き戻せば巻き戻すほど、まどかの因果が増えていくことをキュウベイから知らされます。

 

そんな絶望に涙するほむらのもとにまどかが現れ、まどかは魔法少女となって過去・未来にも干渉してすべての魔女を消し去ると願います。

 

そうして彼女はすべての魔女を消し去り、魔女となるはずだった自身も消滅してまどかの存在は人々の記憶から消え去ってしまいます。

そして魔女の代わりに魔獣という存在と戦う魔法少女たちが描かれて終わります。

 

まどかの犠牲によって他の魔法少女たちは生き返るので、感動的な終わり方のように見えますが、まどかのことを唯一覚えているほむらを考えると、とても悲しくなります。

 

【魔法少女まどか☆マギカが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【FOD(各話要232P)】

 

【dアニメストア】

 

 

【カウボーイビバップ】

 

【総視聴時間】

6時間(各話約25分:全26話)

 

【最終回の展開】

 

かつてレッドドラゴンに所属していたスパイクですが、愛し合う関係だったジュリアとともに逃げ出し暮らそうと考えます。

しかし、ジュリアの元恋人であるビシャスの部下たちに狙われてしまいます。

 

そしてついにジュリアは組織の追っ手によって命を落とし、スパイクはレッドドラゴンの本部に単身で乗り込む事を決めます。

 

組織に行く手を阻まれつつも、なんとか本部の最上階にたどり着き、ビシャスと一騎打ちに。

激しい攻防の中、最後は相打ちとなります。

 

最後にぼろぼろになった彼は駆けつけてきたビシャスの部下たちの前でカッコ良く事切れます。

主人公であるスパイクが最後には亡くなるという悲しい結末ではありますが、最後の最後までスパイクの生き様はとても漢らしく、ハードボイルドな雰囲気を残し続けた感動的な作品でした。

 

 

【カウボーイビバップが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【FOD】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】

 

【総視聴時間】

1期:6時間25分(各話25分:全25話)

2期:6時間25分(各話25分:全25話)

《総視聴時間:12時間50分》

 

【最終回の展開】

 

ノブリスの部下によって団長のオルガを失った鉄華団は、アリアンロッドの包囲網からの脱出を試みます。

仲間を逃がす為に、その場に残った三日月と昭弘は果敢に戦い続けますが、大気圏外からのアリアンロッドによる狙撃により瀕死の重傷を負います。

 

さらに抵抗を続けますが、最後には打ち取られて、無残な形で命を落とします。

ただ、他の鉄華団のメンバーは脱出することに成功し、生き残りそれぞれの人生を歩み始めます。

 

団長であるオルガや三日月たちが亡くなるのは悲しい結末となってしまいましたが、彼らが必死に足掻き続けた証がいつまでも残っているという、感動的な幕引きでした。

 

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【宇宙戦士バルディオス】

 

【総視聴時間】

14時間10分(各話25分:全34話)

 

【最終回の展開】

 

アルデバロン軍の秘密兵器である人工太陽によって南極と北極の氷が全て溶けてしまい、それによって巨大津波が発生。

世界中の地表は無残にも海水に飲み込まれてしまいます。

 

主人公であるマリンや世界連盟、バルディオスチームなども誰もどうすることもできず、地球は水没し人類はほとんど滅亡してしまうという悲観的な結末で終了します。

 

大人の都合により打ち切りとなった結果、そういった最後を迎えた本作ですが、最後のシーンで「完」と出てきてエンディングに入るという当時はかなり衝撃的な終わり方でした。

映画版では違った結果が描かれているので続きが気になった方はそちらも視聴することをお勧めします。

 

【宇軍宙戦士バルディオスが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

【魔法戦争】

 

【総視聴時間】

4時間48分(各話24分:全12話)

 

【最終回の展開】

 

自分の母に手をかけた弟の月光に、武は激怒して決着をつけようと戦いますが、戦いの末に武は突然崩壊したはずのすばる魔法学園へと飛ばされます。

 

しかしそこは彼の知る学園ではなく、さらになぜか怪我一つない母の姿を見かけ状況を理解できず唖然としてしまいます。

そして彼は過去に飛ばされていることに気づき、さらに直前まで現代で戦いを繰り広げていたはずの月光に話しかけられそこで終わります。

 

原作ではここからまだ続きがあり、謎が明らかになっていくので何の問題もないのですが、アニメでは続編は出そうもないので、何が起こったのか全く分からずに最終回を見終えた人は多いのではないでしょうか。

 

【魔法戦争が見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

Sponsored Link

【創聖のアクエリオン】

 

【総視聴時間】

10時間24分(各話24分:全26話)

 

【最終回の展開】

 

堕天翅族と人類の戦いの末に荒廃した地球は崩壊寸前となっていましたが、シルヴィアの呼びかけによりアポロ、シリウス、頭翅は争いを辞め、彼女の導きにより3人は合体を果たします。

 

3人が創聖合体した、黄金のアクエリオンの力で崩れかけていた地球の大地は回復し元の姿へと戻っていきます。

しかしアクエリオンは地球の核となるためにそのまま地中へ進んでいき、彼ら3人はアクエリオンとともに人柱となって消えていきます。

 

敵と協力して地球を救う3人の男に感動するシーンですが、別れ際に1万2000年後の再会を約束して残されるシルヴィアのことを思うと、とてもハッピーエンドとは言えないラストでした。

 

【創聖のアクエリオンが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

 

【革命機ヴァルヴレイヴ】

 

【総視聴時間】

1期:5時間(各話25分:全12話)

2期:5時間(各話25分:全12話)

《総視聴時間:10時間》

 

【最終回の展開】

 

絶対絶命の中、ハルトはエルエルフと一心同体となってカインと最後の激闘を繰り広げます。

エルエルフの戦闘経験が生かされて戦いに勝利しますが、ハルトは力を使い果たしてしまいます。

最後にエルエルフに友達であることを告げられ、満足したように微笑しながら安らかに眠ります。

 

そして戦いから200年後の未来となり、残されたものたちが新たにやって来た異星人たちと対話を持ちかけるところで終わります。

 

200年後の未来では、男性パイロットは全員亡くなってしまい、ハルトの幼馴染であるショーコたち女性パイロットの一部だけが生き残るという悲しい結末を迎えています。

 

【革命機ヴァルヴレイヴが見れるVODサービス】

 

【U-NEXT】

 

【dアニメストア】

 

 

【BLOOD-C】

 

【総視聴時間】

4時間48分(各話24分:全12話)

 

【最終回の展開】

 

壮大な茶番劇に気づき、記憶が戻り始める小夜が本来の姿を取り戻しつつある一方で、文人は小夜の記憶を戻してしまった原因を作った人物たちを、古きものを使って次々と静粛します。

 

力も記憶もすべて戻た小夜は文人を倒そうとしますが古きものの集団に阻まれます。

町がたくさんの古きものたちに襲われている惨状の中、彼女は文人に何とか追いつきますが彼の銃弾によって左眼を撃ち抜かれてしまいます。

最後に誰もいなくなった町の中で再生した小夜は、文人たちが乗ったヘリコプターの方へ駆け出していきます。

 

映画に続くとはいえ、物語に登場する町がまるごと壊滅するという壮絶な最終回にはかなり驚きましたし、その壊滅する過程のグロテスクな描写が悲惨すぎました。

 

 

 

【Rewrite】

 

【総視聴時間】

1期:5時間12分(各話24分:全13話)

2期:4時間24分(各話24分:全11話)

《総視聴時間:9時間36分》

 

【最終回の展開】

 

惑星の破壊の原因となる人類を滅ぼすことで、惑星を守るということが決まり、篝が救済という名の人類掃討を始めます。

そんな彼女の救済を止めるために倒しに来る人たちを、瑚太朗が食い止めます。

 

最後に瑚太朗は、篝を亡き者にして地球を救うか、篝を生かし地球を滅ぼすかの2択を迫られますが、瑚太朗は篝を倒す事はできません。

結果、地球に住む人類が滅亡し、篝が月から地球を見るシーンで終了します。

 

1期では壮絶な終わりを遂げてしまいますが、タイトルにあるように2期では「やり直すことで再び物語の結末が変わる」という展開になるので、そちらも見ることをお勧めします。

 

【Rewriteが見れるVODサービス】

 

【dアニメストア】

 

 

 


 

いかかだったでしょうか。

 

ハッピーエンドにはほど遠い悲惨な結末ややるせない終わり方をした作品ばかりを紹介しましたが、そういった作品に込められたメッセージはとても深いものが多いです。

 

ただ悲しい結末を迎えたとしても、満足できる感動的なラストには目が離せません。

 

もし、気になる作品があるなら、ぜひ視聴してみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ