セーラームーンのラスボス一覧!歴代で強いのはどれ?

セーラームーンのラスボス一覧!歴代で強いのはどれ?

 

ヒロインのセーラームーンこと月野うさぎの「月に代わっておしおきよ!」の決め台詞で有名な作品『美少女戦士セーラームーン』。

原作は武内直子さんが雑誌『なかよし』で連載していた少女漫画です。

アニメは、北米の他、中南米やアジアなど世界各国で放送されるなど、絶大な人気を誇っています。

最近だと、ロシアのフィギュアスケーターであるメドベージェワ選手が、アイスショーでの演技の際にムーンライト伝説をBGMに、セーラームーンの衣装を身にまとって演技をしたことが話題になりましたね。

美しくもかわいらしいヒロイン達にスポットが当たりがちな作品ですが、今回はセーラームーンシリーズのラスボスに焦点を絞ってみました。

 

Sponsored Link


 

【セーラームーンのラスボス一覧】

 

『美少女戦士セーラームーン』(第1期)

ボス:クイン・ベリル(組織:ダーク・キングダム)

敵の目的は、クイン・メタリアの復活のため幻の銀水晶を探すことです。

また、女ボスのクイン・ベリルは過去の恋慕からエンディミオン(タキシード仮面=地葉衛)も狙います。

うさぎ以外の4人の戦士は最終決戦前、妖魔の攻撃により命を落とします。

うさぎが差し出した『星空のオルゴール』の力で衛はベリルの呪縛から解放されますが、直後にうさぎをかばい絶命してしまいます。

メタリアの力を完全に取り込んだベリルとの戦いは困難を極めますが、戦死した4人のセーラー戦士の魂に力を与えられて、うさぎは勝利をおさめます。

 

『美少女戦士セーラームーンR』(第2期)

【魔界樹編】

ボス:エイルとアン

敵の目的は、魔界樹にエナジーを供給する為に人間のエナジーを集めることです。

幻の銀水晶が「クリスタルスター」として復活したことで、うさぎは新しい技を使えるようになります。

他のセーラー戦士たちも新しい力に目覚め、戦いはますます激しくなっていきました。

魔界樹は、エイルとアンによって集められた人間のエナジーによっても回復せず、ついに暴走を始めます。

実は遠い過去にエイルとアンの祖先は、母である魔界樹を敬愛していましたが、『エナジーをくれる道具』とみなすようになり、エナジーの奪い合いで絶滅してしまったのです。

そのことを知ったエイルとアンは、セーラームーンの力によって浄化された魔界樹を自分たちの愛のエナジーで育てることを誓い、地球を後にするのでした。

 

【ちびうさ編】

ボス:ワイズマン(組織:ブラック・ムーン)

敵の目的は、30世紀の未来であるクリスタル・トーキョー、そして現代の世界への侵略です。

また、クリスタル・トーキョーを守る銀水晶の力も狙っていました。

しかし銀水晶は、ブラック・ムーンの攻撃が始まる前に消失、クリスタル・トーキョーの女王ネオ・クイーン・セレニティは眠りについてしまいます。

ブラック・ムーンの参謀ワイズマンが、ちびうさが幻の銀水晶を消失させた本人であることや、その恐ろしさのために自分の記憶を封印していることなどを暴き立て、ちびうさを闇の女王ブラック・レディに仕立て上げます。

セーラー戦士たちはブラック・レディに苦戦を強いられますが、うさぎの思いが通じて、ちびうさを呪縛から解放することに成功します。

ちびうさが「みんなを守る力がほしい」と心から願った時、ちびうさの体内に眠っていた未来の銀水晶がちびうさの前に現れました。

銀水晶の力を解放したうさぎとちびうさの活躍によってデス・ファントムは滅び、現代と未来両方の地球に平和が戻りました。

 

『美少女戦士セーラームーンS』(第3期)

ボス:土萌ほたる(デス・バスターズ)

敵の目的は、ダイモーンと呼ばれるモンスターを使って、ピュアな心の結晶に潜む3種のタリスマンと伝説の聖杯を探すことです。

新しく登場したセーラー戦士ウラヌスとネプチューンは、うさぎたちとは別ルートで戦うのですが、目的のために手段を選ばないやり方に、うさぎたちとの溝が深くなります。

後に登場するプルートを含め、タリスマンが自分たちの心に封印されていると知った3人は自分たちでタリスマンを出現させ、出現した伝説の聖杯の力でうさぎはスーパーセーラームーンに変身します。

しかし聖杯は『真のメシア』にゆだねるべきもので、敵が奉じる『沈黙のメシア』の手に渡ると世界が滅びてしまう……

ウラヌスたちの目的はここから真のメシア探しになります。

そんな中でちびうさが出会い友情を築いた少女が土萌ほたるでした。でも彼女の正体こそが『沈黙のメシア』だったのです。

ほたるは、ちびうさのピュアな心を取り込み『ミストレス9』として目覚めてしまいます。

ミストレス9がセーラームーンから聖杯を奪い召喚したマスターファラオ90は、敵味方関係なく攻撃する巨大なエネルギーの塊でした。

絶体絶命の危機に、セーラームーンとほたるの父・土萌創一が、ファラオ90の攻撃からミストレス9を守り、父の呼びかけで復活したほたるの意識はセーラーサターンとして覚醒します。

うさぎはスーパーセーラームーンの姿になってファラオ90を消滅させ、ファラオ90の体内から赤ん坊を抱いて現れました。

その赤ん坊は、なんと再び転生したほたるで、うさぎこそが真のメシアだったのです。

Sponsored Link

 

『美少女戦士セーラームーンSuperS』(第4期)

ボス:ネヘレニア(デッド・ムーン)

敵の目的は、人の夢の鏡に潜むペガサスを探し、その角にあたるゴールデン・クリスタルを手に入れることです。

ペガサスは、地球の奥深くにある人々の夢をつかさどる聖地エリュシオンを守る司祭で、本名をエリオスといいました。

エリオスは、ちびうさの美しい夢の輝きに導かれ意識体となってネヘレニアのもとから逃れ、ペガサスの姿をとってちびうさの夢に現れたのです。

セーラー戦士たちはデッド・ムーン・サーカス団のテントに乗り込みますが、ちびうさはペガサスを宿した夢の鏡を暴かれ、ネヘレニアに捕らえられてしまうことに。

セーラー戦士たちによって奪還されたちびうさは、地球上の全ての美しい夢を持つ人間に呼びかけてゴールデン・クリスタルの力を解放し、ネヘレニアを追い詰めます。

ネヘレニアは高空からちびうさを突き落とし、自らは鏡の中の世界に戻り美しく孤独に生き続けることを選びました。

この時うさぎによってちびうさは間一髪のところを助け出されます。

ちびうさにとどめを刺さず突き落としたネヘレニアの行動は、思惑とは裏腹にちびうさを救うことにつながったのです。

そして、平和が戻ったことを確認したエリオスもエリュシオンへと帰っていきました。

 

 

『美少女戦士セーラームーンセーラースターズ』(第5期)

【ネヘレニア復活編】(SuperSの続きにあたります)

ボス:ネヘレニア

敵の目的は、衛を手に入れる事でセーラームーンに復讐することです。

永い眠りから覚めたネヘレニアは、「実はセーラームーン達は生きている」とある声に知らされ、復讐を決意します。

衛はネヘレニアの鏡のかけらによって呪いにかけられ、鏡に魅入られてしまいます。

セーラー戦士たちは、衛を宮殿に連れ去るネヘレニアの後を追いますが、ネヘレニアの力によってばらばらに。

うさぎ以外の戦士は全て捕られ、ちびうさはうさぎと衛が結ばれる運命が揺らいだことにより、消滅してしまいます。

真の月の王女として覚醒したうさぎの力で、ついにネヘレニアは本来の夢を思い出します。

彼女が本当に求めていたのは、永遠の美しさなどではなく語り合える友でした。

ネヘレニアは浄化され、ネヘレニアの臣下たちも復活、彼女は少女時代に戻り、人生をやり直すことになったのでした。

 

【シャドウ・ギャラクティカ編】

ボス:セーラーギャラクシア(シャドウ・ギャラクティカ)

敵の目的は、スターシードを奪い世界を滅亡させることです。

真のセーラー戦士が持つ「スターシード」を狙う敵「アニマメイツ」が襲来します。

それと時を同じくして「セーラースターライツ」を名乗る三人組のセーラー戦士が登場します。

彼女らの正体は、アニマメイツを操る「シャドウ・ギャラクティカ」の首領「セーラーギャラクシア」によって故郷の星を滅ぼされた真のセーラー戦士たちです。

実はネヘレニア復活編で、ネヘレニアの眠りを妨げセーラームーンへの復讐を唆したのもギャラクシアでした。

そんな時、うさぎの前に現れた「ちびちび」と名乗る謎の少女が月野家の面々に催眠術をかけ、うさぎの妹としてうさぎの家に居ついてしまいます。

ギャラクシアとの戦いが困難を極めた時、ちびちびがうさぎに語りかけます。

なんと、ちびちびの正体はギャラクシアがカオスに支配される前に銀河に解き放った彼女自身のスターシードだったのです。

彼女は伝説の聖剣をうさぎに与えギャラクシアを封印するよう告げますが、心の優しいうさぎは、カオスに操られているだけのギャラクシアを倒すことを拒み、その代わりギャラクシアの心に戦いをやめるよう呼びかけました。

結果ギャラクシアはカオスから解き放たれ、スターシードを奪われ消滅してしまったうさぎの仲間たちも戻ってきました。

Sponsored Link


 

【歴代ボスランキングベスト3】

 

【1位:クイン・ベリル(美少女戦士セーラームーン)】

ここは不動の1位で間違いないと思います。

ダークキングダムをまとめる闇の女王、クイン・ベリル。

大量の妖魔や大きな悪の組織を使役するその実力はもちろんですが、ラストの残酷さはシリーズ1だと思います。

当時、セーラー戦士たちや主人公のうさぎや衛までもが次々と戦死してしまうというショッキングなシーンを見た日本中の視聴者の間を、衝撃が駆け抜けました。

拗らせた恋心がここまでの結果を生むのかと思うと、女の執念のようなものを感じます。

 

【2位:ネヘレニア(美少女戦士セーラームーンSuperS・セーラースターズ)】

2期に渡り活躍したボスキャラでした。

月の王国でプリンセス・セレニティ誕生の祝賀会に訪れた時に闇を持ち込もうとしたためふさわしくないと判断され、銀水晶の力で鏡の中に封印されていた過去をもつ彼女。

自分以外の存在に翻弄され続けてきた彼女の半生は辛いことが多かったものと思われます。

最後には失ったものを取り戻し、本当に欲しかったものに気付いて手に入れることができたネヘレニア。

孤独な女王の怒りと悲しみが浄化され、救われるラストで本当によかったと思います。

悲運の女王で終わらず美しいラストを迎えた姿から2位としました。

 

【3位:セーラーギャラクシア(美少女戦士セーラームーンセーラースターズ)】

彼女は、シャドウ・ギャラクティカの破壊の戦士であり、銀河の女王と呼ばれる存在。

高い戦闘能力をもっている最強のセーラー戦士です。

クレオパトラを彷彿とさせるその風貌は美しくも妖しく、まさに黒幕といった雰囲気です。

スリーライツの故郷を滅ぼしてみたり、戦いに敗れ眠りについたネレヘニアをわざわざ挑発して再びセーラー戦士たちに対峙させてみたりなど、与えた被害は甚大でした。

最後はうさぎの呼びかけに応えてカオスから解放される姿に、女王としての威厳や本来の清く正しい様を感じます。

カオスに支配されていた時の悪事を働く姿と、ラストの姿とのギャップの大きさから3位としました。

 


 

セーラームーンシリーズの歴代ラスボスの生き様やその最期、お分かりいただけたでしょうか?

無印が1992年オンエアですから、もう最初の放送から27年も経っています。

しかし今でも様々なメディア展開がなされており、熱烈なファンをもつ大人気の作品です。

みなさんも是非、この愛と友情と正義の物語に触れてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ