もののけ姫のジコ坊の声優「小林薫」さんってどんな人?

もののけ姫のジコ坊の声優「小林薫」さんってどんな人?

スタジオジブリが制作し宮崎駿監督による有名作品「もののけ姫」。

 

人と自然の関わりや、神秘などがテーマとなっている本作では、今では日本だけでなく世界的に有名な作品の一つとなっています。

 

そんな「もののけ姫」には主人公にシシ神の存在を教え、後に敵対関係となるジコ坊という人物が存在します。

 

雑炊を美味しそうに食べるシーンで登場し、お坊さんのような姿をしている彼を知っている方は多いはずです。

 

そこで、「もののけ姫」のジコ坊の声優を担当した人が、誰なのかその人物についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

【もののけ姫のジコ坊の声優は小林薫さん】


参照元URL https://twitter.com/

 

【プロフィール】
【生年月日/星座】 1951年9月4日/乙女座
【血液型】 A型
【出身地】 京都府
【身長】 175cm
【特技】 競馬、ゴルフ
【代表作】 舟を編む/荒木公平役、深夜食堂/マスター 、美の巨人/ナレーター
他にも多数出演しています
【所属事務所】 ニコ・フイルム

(小梅/玄覺悠子/新名基浩等が所属している事務所)

 

【出演作品】
【作品名】 【キャラ名】
舟を編む 荒木公平
ゲド戦記 国王
もののけ姫 ジコ坊
海賊とよばれた男 甲賀治作
白い巨塔 財前又一
極悪がんぼ 小清水元
Dr.コトー診療所 星野正一
火花 渡辺
深夜食堂 マスター

 

小林薫さんは声優ではなく俳優なので、基本的に俳優業の仕事が多く、知名度の高い映画やドラマに出演しています。

 

海外でも人気であるドラマ「深夜食堂」、日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめとした複数の部門で最優秀賞を受賞した「舟を編む」など、脇役から主役を演じるなどたくさんの話題作で活躍しています。

 

また声優としても「もののけ姫」でジコ坊役、「ゲド戦記」で王様役を演じており、他にも「美の巨人たち」のナレーターとしても登場しています。

 

そして「もののけ姫」でジコ坊役を演じるのですが、同じく演じた大河ドラマ「おんな城主直虎」で登場する南渓和尚と、あまりにもジコ坊が雰囲気や特徴が似ているので、面白いという声がたくさん見られます。

 

 

Sponsored Link

【小林薫はどんな人?】

 

「もののけ姫」でジコ坊役として出演していた小林薫さんですが、声優として出演している作品はごくわずかで、ほとんどがドラマや映画などで俳優として出演しています。

 

そんな小林薫さんはどういった人物なのか、ご紹介していきます。

 

■俳優になったきっかけ

兄が学生劇をやっていた影響を受けて、中学生のころから俳優になることを志してたようです。

 

高校時代は学生運動に参加して退学処分を受けたことで、本格的に俳優になることを目指します。

 

そして1971年から1980年までは劇作家や俳優、そして作家としても有名な唐十郎主催の状況劇場に在籍していました。

 

劇団に在籍していたころにテレビドラマなどに出る機会を得て業界内での存在感を増していき、脱退後もNHKドラマなどの作品に出演し注目を集めました。

 

■俳優以外の活動

俳優以外にも声優としても有名な作品に出演しています。

 

「もののけ姫」では中年の小柄な僧侶のような恰好をした男、ジン坊役を務め、「ゲド戦記」では賢王と呼ばれ国民のことを深く考えていた主人公アレンの父親役を演じていました。

 

その他にも2000年から2019年まで毎週放送されていた「美の巨人たち」のナレーションを担当しており、時にはレポーターとしても登場していました。

 

■小林薫さんのエピソード

小林薫さんの趣味の一つに競馬がありますが、そんな彼は馬主でもあるようです。

 

一般人がまず関わることがない馬主ですが、最初の頃は複数のメンバーとともにお金を出し合っていたようです。

 

賞金額の高いレースに勝った時に貯めており、そこからまた儲けが出るとメンバーに配当されるそうなのですが、実際に大きなレースに優勝したこともあるようで、かなり儲かっているようです。

 

馬主になる条件には一定額以上の年間所得必要となるなど、どちらかと言えばお金持ちの趣味とも言える馬主ですが、小林薫さん以外にも有名人馬主としてはいるので人によっては好きな楽しみなのでしょう。

 

Sponsored Link

【ジコ坊の名言集】

 

【人はいずれ死ぬ。遅いか早いかだけだ】

【発言した場面】

夜にアシタカとともに夕食を食べているシーン

食事中に言ったこの何気ない発言は、ジコ坊の生き方を表しているとも言えます。

 

僧侶が着てそう服を身につけているお坊さんのような男ですが、本当な謎の先頭集団の指揮を執っている重要人物です。

そんな彼が敵対関係になる可能性がありながら、アシタカに情報を与えアドバイスをするのでどちらかといえば善人的存在でしょう。

 

【天土(あまつち)の間にある、全ての物を欲するは人の業というものだ。】

【発言した場面】

アシタカとの対峙シーン

ジコ坊自身が、何もかもを欲しがることが人と当然でありながら、その行いが愚かであるとわかっていたということです。

 

彼が絶対悪のような男ではなく、自分に課せられた指令を遂行しているだけの組織の人間です。

 

たとえ任務の内容が神殺しだったとしても組織に属しているからこそ、役目を果たそうとしていました。

 

【いやあ、まいった、まいった。バカには勝てん】

【発言した場面】

アシタカによって御上との決着がついたシーン

あまりにも正義感が強く、たとえ御上であろうと抗い戦うアシタカの姿を見て、社会の中で生き御上に従うジコ坊からすればアシタカが馬鹿に見えたのでしょう。

 

ジコ坊が選ばなかった道を突き進み最後まで歩み切ったアシタカに対する賞賛と自分自身への自虐が含まれているセリフとなっています。

 


 

いかがでしょうか。

 

もののけ姫に登場するジコ坊の声優である小林薫さんは、声優ではなく俳優を本業としているベテランの方ですが、声優としても素晴らしいな演技を見せています。

 

またジブリ作品に登場するキャラクターたちは、声優だけでなく超有名俳優が声優として出演していることが多いので、気になる方は調べてみてはどうでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ