ウルトラマンギンガを見る順番!ドラマ、映画シリーズの見方をご紹介

ウルトラマンギンガを見る順番!ドラマ、映画シリーズの見方をご紹介

 

2013年の円谷プロ創立50周年記念に公式発表された「ウルトラマンギンガ」。

 

前作のウルトラマンゼロから4年ぶりとなる新ウルトラマンによるウルトラシリーズで、本作は今までのウルトラシリーズとは異なる設定や構成で当時は話題を集め、さらに続編である「ウルトラマンギンガS」も放送されました。

 

また本作はテレビドラマで前半と後半に分けるなど変則的なスケジュールで放送され、公開された順番が少し複雑になっています。

 

今回は、この記事のテーマである「ウルトラマンギンガ」のシリーズを見る順番をご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

【ウルトラマンギンガシリーズを見る順番】

 

【ウルトラマンギンガシリーズの見る順番】
【分類】【作品名】【放送・公開日】
TVドラマウルトラマンギンガ前期:2013年7月~8月
映画ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル2013年9月7日
TVドラマウルトラマンギンガ後期:2013年11月~12月

番外編:2014年2月

映画ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!2014年3月15日
TVドラマウルトラマンギンガS前期:2014年7月~9月

後期:2014年11月~12月

映画劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!2015年3月14日
短編ドラマウルトラファイトビクトリー2015年3月~6月

 

●「ウルトラマンギンガ」を見る順番は、上記のような「放送順」で視聴するのがオススメです。

TVドラマは前期と後期に分かれており、の映画内容はTVドラマの前期部分の総集編とそれに続く後期開始前の新しいエピソードとなっています。

そのための前半である1話~6話を視聴した後に、映画であるを視聴、その後の後期である7話から11話+番外編を視聴すると良いでしょう。

 

①③の後日談にあたるストーリーで、ウルトラマンガイア以外のウルトラ戦士も登場している作品です。

 

⑤⑥はウルトラマンギンガの続編で2年後のストーリーとなっており、もう一人のウルトラマンであるウルトラマンビクトリーも登場しています。

 

●最後にに関してですが、こちらはのスピンオフ短編ドラマ作品となっています。

視聴時間は約30分程度で、を視聴した後にそのままの最後まで視聴すると良いでしょう。

 

Sponsored Link

 

【ウルトラマンギンガシリーズ 無料視聴方法】

 

「ウルトラマンギンガ」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「Hulu」です!

 

なぜ、「Hulu」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「ウルトラマンギンガ」が約2週間無料視聴することができる。
「お試し期間中」なら「ウルトラマンギンガ」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!

 

以上が、「Hulu」で「ウルトラマンギンガ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「Hulu」の詳細についてはこちら↓

 

【Hulu】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の利用料金】
「2週間無料トライアル」に登録してから2週間(初回登録の方のみ)月額1026円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/国内ドラマ/海外ドラマ/アニメ/音楽/お笑い/バラエティ etc…
【「ウルトラマンギンガ」の配信状況】
ウルトラマンギンガ

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!

ウルトラマンギンガS

劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!

ウルトラファイトビクトリー

【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「2週間無料トライアル」は、登録から2週間無料で利用できるサービスです。2週間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「2週間無料トライアル」に登録後、2週間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「2週間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は2週間以内の解約をお忘れなく。

「2週間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。Huluで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 

 

【ウルトラマンギンガシリーズ 各作品詳細】

 

【ウルトラマンギンガ】

参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】前期:2013年7月~8月

後期:2013年11月~12月

番外編:2014年2月

【視聴時間】各話30分(全11話+番外編1話)
【監督】アベユーイチ、原口智生、梶研吾、石井良和、村上裕介
【キャスト】礼堂ヒカル / ウルトラマンギンガ(声)/根岸拓哉

石動美鈴/宮武美桜

渡会健太/大野瑞生

久野千草/雲母

一条寺友也/草川拓弥

柿崎太一/宇野祥平

 

【あらすじ】

遠い昔、ウルトラ戦士と怪獣や宇宙人たちの間で激しい戦いが銀河の彼方で繰り広げられていた。

 

しかしある日、何者かがウルトラ戦士や怪獣たちを小さな人形、スパークドールズに変えたことで、彼らは宇宙に散らばってしまい、その中のいくつかが本来はウルトラ戦士などが存在しないはずの地球へ流れ着いてしまう。

 

それから1000年の月日が流れた2013年に、高校生の礼堂ヒカルは予知夢の導きに従って夏休み期間中に7年ぶりとなる生まれ故郷の降星町へ帰った。

 

そこで彼はスパークドールズと使用者を一時的に一体化させるギガスパークを手に入れ、ウルトラマンタロウと出会う。

 

そして彼は悪意を持った人々と戦うべく、ギガスパークを使ってウルトラ戦士や怪獣に変身するようになる。

 

【見どころ】

まず本シリーズでは、謎の力によってウルトラ戦士や怪獣のほとんどが人形のような状態となっており、主人公や周りの人間はそれらに変身することが出来るというかなり斬新な設定となっています。

 

そしてその設定を上手く活かしており、とても面白い作品となっています。

 

そもそもウルトラ戦士などが存在しない世界が舞台で主人公は高校生であるため、ウルトラシリーズでは定番と言える地球防衛組織は存在せず、高校生モノとも捉えられるストーリー展開となっているので今までのウルトラシリーズとは異なる部分も多いです。

 

ただもちろんテーマは「夢」や「希望」なのでウルトラシリーズらしい作品でもあります。

 

Sponsored Link

 

【ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル】

参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2013年9月7日
【視聴時間】36分
【監督】アベ ユーイチ
【キャスト】礼堂ヒカル / ウルトラマンギンガ(声)/根岸拓哉

石動美鈴/宮武美桜

渡会健太/大野瑞生

久野千草/雲母

一条寺友也/草川拓弥

柿崎太一/宇野祥平

 

【あらすじ】

降星山に眠っていた6つのスパークドールズが、謎の波動を発し始める。

 

感じ取った礼堂ヒカルは仲間たちとともに回収に向かうが、同時に新たな闇のエージェント・イカルス星人もスパークドールズを狙っていた。

 

その結果、2つの勢力による怪獣争奪戦を繰り広げられる。

 

【見どころ】

本作はTVドラマである「ウルトラマンギンガ」の前半である6話から後半である7話の間のエピソードとなっています。

 

開始直後は総集編となっていますが、以降は新エピソードとなっていますので、視聴する順番に気をつけて是非とも視聴してください。

 

【ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!】

参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2014年3月15日
【視聴時間】37分
【監督】原口智生
【キャスト】礼堂ヒカル / ウルトラマンギンガ(声)/根岸拓哉

石動美鈴/宮武美桜

渡会健太/大野瑞生

久野千草/雲母

一条寺友也/草川拓弥

柿崎太一/宇野祥平

 

【あらすじ】

久しぶりに集まった礼堂ヒカルと仲間たちは、一条友也が持つスケッチブックに描かれた怪獣の絵が、スパークドールズとなって実体化することを知る。

 

彼らはそのスケッチブックから開発した装置、ライブパットを使った「ウルトライブシュミレーション」で様々な怪獣に変身して楽しんでいた。

 

しかしそんな中、なぜかプログラム内に悪のウルトラ戦士たちが現れる。

 

【見どころ】

テレビドラマの後日談のようなストーリーとなっており、今回は今までの作品とは大きく異なり「正義や平和などのためにウルトラマンが戦う」わけではなく、子供たちがシュミレーションを使って遊ぶという内容です。

 

そのため熱い展開や心に響くメッセージなどは少ないですが、「怪獣図鑑」と言われるほど数多くの怪獣たちが登場しています。

 

Sponsored Link

 

【ウルトラマンギンガS】

参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】前期:2014年7月~9月

後期:2014年11月~12月

【視聴時間】各話30分(全16話)
【監督】坂本浩一、石井良和、田口清隆、小中和哉
【キャスト】礼堂ヒカル / ウルトラマンギンガ(声)/根岸拓哉

ショウ / ウルトラマンビクトリー(声)/宇治清高

杉田アリサ/滝裕可里

松本ゴウキ/加藤貴宏

陣野義昭 – 大浦龍宇一

一条寺友也/草川拓弥

サクヤ/小池里奈

レピ/山田日向

 

【あらすじ】

ウルトラマンギンガとダークギエルの激しい戦いから1年の月日が経ち、地球には平和が戻り礼堂ヒカルと仲間たちは平穏な日々を過ごしていた。

 

しかしダークギエルを復活させるべく動き出したチブル星人エクセラーが地底に封印されたエネルギー鉱石ビクトリウムを強奪するために、手始めとしてエージェントを送り込み密かに活動していた。

 

そしてさらに1年後の2015年、再び地球に危機が迫ったとき、ビクトリウムを守る使命を帯びた地底人ビクトリアンの青年・ショウがウルトラマンビクトリーとして返信して立ち向かい、さらに導かれた礼堂ヒカルはウルトラマンギンガの力を借りて変身する。

 

【見どころ】

高校生を主人公とした学園モノらしいストーリーなど今までのウルトラシリーズとは全く異なる設定や構成だった前作の「ウルトラマンギンガ」でしたが、本作はその続編となっています。

 

こちらでは高校生だった主人公のヒカルが大人の世界へと踏み込んでいく物語であり、前作とは異なり小規模ながらも防衛チームが存在し、さらにもう一人のウルトラマンビクトリーやショウが登場します。

 

そのため前作と違い本作はウルトラシリーズらしい作品とも言えます。

 

【劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!】

参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2015年3月14日
【視聴時間】63分
【監督】坂本浩一
【キャスト】礼堂ヒカル / ウルトラマンギンガ(声)/根岸拓哉

ショウ / ウルトラマンビクトリー(声)/宇治清高

杉田アリサ/滝裕可里

松本ゴウキ/加藤貴宏

陣野義昭 – 大浦龍宇一

一条寺友也/草川拓弥

サクヤ/小池里奈

春野ムサシ / ウルトラマンコスモス(声)/杉浦太陽

アレーナ/小宮有紗

 

【あらすじ】

ビクトルギエルとの戦いから1年経ったある日、1年間の海外研修を終えたヒカルは日本に帰ってきた。

 

そこで平和なひと時を過ごすが、雫が丘の上空に謎の時空城が現れ、女戦士・アレーナと数々のウルトラ戦士を封じ込めてきた強敵、エルタガルーが彼らを襲う。

 

決死の覚悟で挑む防衛チームだが圧倒的な力を持つ両者の前に苦戦してしまう。

 

そんな中、別宇宙から春野ムサシとウルトラマンゼロが現れ、ゼロはヒカルとショウに特訓を課す。

 

そして防衛チームとともに封印されたウルトラ戦士を開放するべく時空城へ突入する。

 

【見どころ】

映画ということで、ウルトラマンゼロを中心に多くの平成ウルトラマンたちが大集合するので、他のウルトラシリーズを知っていると彼らのセリフや戦闘シーンにはとても感動します。

 

もちろんウルトラマンギンガやウルトラマンビクトリーもテレビドラマとは異なる活躍をするので、十分に楽しめます。

 

また視聴時間も約60分と他の映画と比べて長いので、本シリーズ以外にも登場する平成ウルトラマンたちには是非とも注目してみてください。

 

Sponsored Link

 

【ウルトラファイトビクトリー】

参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2015年3月~6月
【視聴時間】各話3分(全13話)
【監督】坂本浩一
【キャスト】礼堂ヒカル / ウルトラマンギンガ(声)/根岸拓哉

ショウ / ウルトラマンビクトリー(声)/宇治清高

サクヤ/小池里奈

レピ/山田日向

 

【あらすじ】

ウルトラ10勇士とともにエタルガーを倒したショウは防衛チームに入隊する。

 

そして久々の休暇を使ってサクヤとともに地底世界へと帰省して、レピとも再会を果たす。

 

しかし出現した謎の蟻地獄空間に吸い込まれたサクヤを救出するべく、そこへ飛び込んだショウは壮大な宇宙規模の異変を知る。

 

【見どころ】

前作の映画のスピンオフ作品となっており、こちらはもう一人の主人公であるショウをメインとしており、1話あたり約3分で全13話のかなり短い内容となっています。

 

ただ短編ドラマですが、戦闘や特撮シーンのみだけでなくストーリー性もありますので、見応えは十分にあります。

 


 

いかがでしょうか。

 

前作から久しぶりのウルトラシリーズということで話題を集め、さらに従来のウルトラシリーズとは現代らしい異なる設定やストーリーにすることで人気を集めた本シリーズですが、続編も制作されました。

 

近年は特撮などの人気や需要が少なくなりあるという話題も上がりますが、特撮は子どもだけでなく大人にも感動や面白さを伝えてくれる作品なので特撮好きは今後も応援しましょう。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ