なつぞらの前の朝ドラって何だった?過去の放送作品をご紹介

なつぞらの前の朝ドラって何だった?過去の放送作品をご紹介

 

【「なつぞら」の前の作品は「まんぷく」】

 

【まんぷく】
【監督】 【脚本】
渡邊良雄

安達もじり

福田靖
【演出】 【音楽】
渡邊良雄

安達もじり

保坂慶太

松岡一史

中泉慧

川井憲次
【ナレーター】 【時代設定】
 芦田愛菜 1938年(昭和13年)~1971年(昭和46年)
【平均視聴率】 【最高視聴率】
21.4% 23.8%(2018年10月1日)
【キャスト】
福子/安藤サクラ

立花萬平/長谷川博己

今井咲/内田有紀

香田克子/松下奈緒

香田忠彦/要潤

小野塚真一/大谷亮平

神部茂/瀬戸康史

東太一/菅田将暉

岡幸助/中尾明慶

鹿野敏子/松井怜奈

加持谷圭介/片岡愛之助

三田村亮蔵/橋爪功

今井鈴/松坂慶子

保科恵/橋本マナミ

池上ハナ/呉城久美

牧善之介/浜野謙太

野呂幸吉/藤山扇治郎

香田吉乃/深川麻衣

上川しのぶ/牧瀬里穂

上川アキラ/加藤雅也

土井垣隆三/奥田瑛二

【あらすじ】
「まんぷく」はインスタントラーメンを生み出した実在の人物、「安藤百福」と妻の「仁子」の波乱万丈な人生を描いた作品となっています。

 

主人公・今井福子は戦前の大阪で生まれ、青年実業家の立花萬平と出会い結婚しますが、 萬平は様々な事業に手を出すもことごとく失敗する日々を繰り返していました。

福子はそんな夫・萬平を支え、引っ張っていく強い女性へと成長していく。

 

様々な失敗の末、どん底に立たされた夫婦は「インスタントラーメン」を創り出し人生の大逆転を成功させるのです。

 

【まんぷくの裏話】

 

●「まんぷく」で語りを担当していたのは女優・芦田愛菜さんで歴代の朝ドラでは最年少。

 

●主題歌はドリカム(DREAMS COME TRUE)が担当しましたが、同じアーティストが2回以上主題歌を担当するのは朝ドラでは初の試み。

 

●萬平のトレードマークの丸メガネですが、元々台本には眼鏡をかけているなどは一切書いていなかったのですが、萬平役を演じた長谷川博己がモデルとなった百福のイメージを想像したときに丸みのあるイメージだったため監督と相談し丸メガネをつけることになった。

 

●「まんぷく」はアドリブが多かったと撮影持の裏話として、女優・安藤サクラさんが語ってくれていました。

特に長谷川博己さんのアドリブには笑いをこらえるのが大変だったシーンもあったようで物語も笑いあり撮影現場でも明るい雰囲気だったことがうかがえますね。

 

Sponsored Link

 

【まんぷく以前の作品は?】

参照元URL https://www.photo-ac.com/

 

ついでに、「まんぷく」の前は何の作品をやっていたのかを合わせてご紹介します。

 

【作品】 【放送期間】
半分、青い。 2018年4月2日~2018年9月29日
ひよっこ 2017年4月3日~2017年9月30日
べっぴんさん 2016年10月3日~2017年4月1日
とと姉さん 2016年4月4日~2016年10月1日
あさが来た 2015年9月28日~2016年4月2日
まれ 2015年3月30日~2015年9月26日
マッサン 2014年9月29日~2015年3月28日
花子とアン 2014年3月31日~2014年9月27日
ごちそうさん 2013年9月30日~2014年3月29日

 


 

いかがでしたか??

 

朝ドラは国民のドラマと言っても過言ではありませんね。2019年8月現在では人気女優「広瀬すず」が主演の「なつぞら」が放送中です。

 

上記でご案内したのはほんの一部で朝ドラの歴史はまだまだあります。

 

この記事を参考に様々な朝ドラ見てみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link