仮面ライダーの順番!昭和、平成、令和の歴代キャラ一覧

仮面ライダーの順番!昭和、平成、令和の歴代キャラ一覧

 

1971年から放送が始まった「仮面ライダーシリーズ」

 

2020年で約50年の歴史がたち、子供から大人まで年齢問わず人気があり毎年注目されている作品です。

 

今回はその「仮面ライダーシリーズ全作品を昭和⇒平成⇒令和と放送した順番」を一気にご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【仮面ライダーの順番(昭和)】

 

【作品名】 【放送期間】
仮面ライダー 1971年4月~1973年2月

(全98話)

仮面ライダーV3 1973年2月~1974年2月

(全52話)

仮面ライダーX 1974年2月~1974年10月

(全35話)

仮面ライダーアマゾン 1974年10月~1975年3月

(全24話)

仮面ライダーストロンガー 1975年4月~1975年12月

(全39話)

仮面ライダースカイライダー 1979年10月~1980年10月

(全54話)

仮面ライダースーパー 1980年10月~1981年9月

(全48話)

仮面ライダーBLACK 1987年10月~1988年10月

(全51話)

仮面ライダーBLACK RX 1988年10月~1989年9月

(全47話)

 

昭和仮面ライダーとは1971年(昭和46年)か~1989年(昭和63年~平成元年)まで放送されていたシリーズのことを「昭和仮面ライダー」と言われています。

 

昭和仮面ライダーシリーズの大きな特徴としては、シリーズ全体が一つのストーリーとして構成されていることです。

 

「仮面ライダーストロンガー」の最終話では強大な敵が出現し今まで登場したライダーたちと協力し立ち向かう物語があり、このストロンガーで一旦節目を迎えました。

 

昭和仮面ライダーシリーズを盛り上げて支えたのは俳優「藤岡弘」の存在が大きかったのではないでしょうか。

 

彼が務めた仮面ライダーは昭和仮面ライダーシリーズの中でも特に人気があり、それぞれシリーズごと平均して全40話前後ですが「仮面ライダー」だけはなんと全98話と大幅に話数が多く大ヒットしていたことがわかります。

 

また、「仮面ライダー」では途中「藤岡弘」がバイク事故で骨が折れたとのことで一時降板を余儀なくされ、仮面ライダー2号として「十文字隼人」を急遽登場させるというアクシデントがありましたが、今までになかった変身ポーズができたりと子供たちの心をグッとつかむことができ、藤岡弘が復帰後も仮面ライダー2号はそのまま続投しダブルライダーとして盛り上がりを見せました。

 

Sponsored Link

 

【仮面ライダーの順番(平成・令和)】

 

【作品名】 【放送期間】
仮面ライダークウガ 2000年1月~2001年1月

(全49話)

仮面ライダーアギト 2001年1月~2002年1月

(全51話)

仮面ライダー龍騎 2002年2月~2003年1月

(全50話)

仮面ライダー555 2003年1月~2004年1月

(全50話)

仮面ライダー剣 2004年1月~2005年1月

(全49話)

仮面ライダー響鬼 2005年1月~2006年1月

(全48話)

仮面ライダーカブト 2006年1月~2007年1月

(全49話)

仮面ライダー竜王 2007年1月~2008年1月

(全49話)

仮面ライダーキバ 2008年1月~2009年1月

(全48話)

仮面ライダーディケイド 2009年1月から2009年8月

(全31話)

仮面ライダーW 2009年9月~2010年8月

(全49話)

仮面ライダーOOO 2010年9月~2011年8月

(全48話)

仮面ライダーフォーゼ 2011年9月~2012年8月

(全48話)

仮面ライダーウィザード 2012年9月~2013年9月

(全53話)

仮面ライダー鎧武 2013年10月~2014年9月

(全47話)

仮面ライダードライブ 2014年10月~2015年9月

(全48話)

仮面ライダーゴースト 2015年10月~2016年9月

(全50話)

仮面ライダーエグゼイド 2016年10月~2017年8月

(全45話)

仮面ライダービルド 2017年9月~2018年8月

(全49話)

仮面ライダージオウ(平成から令和) 2018年9月~2019年8月

(全49話)

仮面ライダーゼロワン(令和) 2019年9月1日から放送開始

 

平成仮面ライダーの大きな特徴は、出演俳優がイケメン揃いということ。

 

平成仮面ライダーに出演している俳優はほとんどがその後も人気俳優として活躍していることから、イケメン俳優を輩出する場として有名となり、平成では子供というよりは大人の、特に女性も仮面ライダーを視聴するようになっていきました。

 

では平成と昭和の違いはというと、いくつか違いがあります。

 

昭和仮面ライダーではどのシリーズも世界観が同じですので、放送した順番に見ていく必要がありますが、一方平成ではシリーズ事世界観が違いますのでどのシリーズから見始めても違和感なく視聴できます。

 

また、昭和仮面ライダーでは組織によって改造された存在が仮面ライダーでしたので変身前もとても強いのが昭和ライダーでしたが、平成は変身ベルトなどを用いライダーへ変身する元々改造されていない人間が仮面ライダーになっています。

 

さらに、敵キャラですが昭和では怪人は元人間の改造された怪人で、平成は元々怪人です。

 

など様々違いはあるもののどちらも面白いのは確かなのですが、昭和仮面ライダーを好んで視聴しているのは子供と男性が多く、平成になってからは、子供と女性が好んで視聴している傾向にあるようです。

 

Sponsored Link

 

【歴代人気ライダーTOP4】

 

【4位】 仮面ライダードライブ

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【登場作品】

仮面ライダードライブ

【俳優】

竹内涼真

 

●「仮面ライダードライブ」は車をモチーフにした歴代ライダーシリーズ初の試みとなった記念すべき作品となりました。

主人公を演じていたのは、竹内涼真で仮面ライダードライブ放送後もドラマや映画などで活躍し2018年には第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど2019年現在も期待の俳優です。

 

【3位】 仮面ライダー電王

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【登場作品】

仮面ライダー電王

【俳優】

佐藤健

 

●歴代仮面ライダーでは新しい試みで、1人の主人公・野上良太郎に多数の鬼が憑依し、性格も話し方も変わるという不思議な現象を表現していました。

その1人他役を見事に演じ切った主人公役・佐藤健は2019年現在ではドラマ、映画と幾度もオファーが来るほど大人気俳優となっています。

 

【2位】 仮面ライダーW

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【登場作品】

仮面ライダーW

【俳優】

菅田将暉

 

●「仮面ライダーW」は初のダブル主演となった作品で、主演を演じた2人とも現在でも活躍中の大人気俳優です。

「仮面ライダーW」は2人で1人の仮面ライダーで変身する際に合体して一人の仮面ライダーとなりますが、平成仮面ライダーの中では昭和仮面ライダー以来最も仮面ライダーらしい作品となっていたのではないでしょうか。

 

視聴率共にに非常に人気の高く、主演の1人・菅田将暉はこの「仮面ライダーW」当時16歳という最年少ライダーとして話題を呼びました。

また、2013年には「共食い」で様々な新人賞を受賞、2018年には「あゝ、荒野」で第41回日本アカデミー賞を受賞し、あっという間に実力派俳優の仲間入りを果たしました。

 

Sponsored Link

 

【1位】 仮面ライダー1号

 

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【登場作品】

仮面ライダー

【俳優】

藤岡弘

 

●仮面ライダーといえばやはり「仮面ライダー1号」でしょう。

「仮面ライダー」は歴代の中でも全98話という最も多く放送され、本郷猛=藤岡弘が何十年もたった今も知られていることはとてもすごい事です。

 

また、当時、今現在の様に撮影技術も進んでいなかったにも関わらずこれだけの迫力とクオリティを出せる技術は素晴らしい事ではないでしょうか。

どんなに年数は経ってもやっぱり始まりはここではないかと思い1位として選ばせていただきました。

 


 

いかがでしたか?

 

昭和・平成と長い歴史がある仮面ライダーシリーズは、令和も引き続き放送されるので、今後も盛り上がっていくこと間違いないでしょう。

 

この記事を参考に昭和・平成と、そして令和仮面ライダーにハマってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

   

関連コンテンツ