アスタの剣の種類や技一覧!反魔法の能力について【ブラッククローバー】

アスタの剣の種類や技一覧!反魔法の能力について【ブラッククローバー】

 

下民で孤児院で育った主人公「アスタ」

 

夢は「魔法帝」になる事ですが、一切魔法を使用する事ができません,,,

 

とにかく元気でポシティブ思考なアスタは、生まれつき魔力を持たないのにも関わらず「諦めないのが、俺の魔法」という口癖がある前向きな少年です。

 

自分に一切魔力がない事から日々ひたすら筋トレを続け、その鍛え抜いた身体は人並み外れた強靭な肉体となり、後にアスタが手にする「魔導書」から登場する反魔法の大剣を軽々と扱います。

 

今回は、魔力が一切ないアスタだからこそ「反魔法」が扱えるという特殊な彼が、一体どんな「技」を使用するのかご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【アスタについて】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 1巻より引用

【年齢】15歳
【生年月日】10月4日(教会で拾われた日)
【血液型】A型
【身長】155㎝
【出身】ハージ村
【所属】黒の暴牛
【魔導書】五つ葉のクローバー
【好きなモノ】シスター(リリー)
【漫画初登場】1巻
【アニメ初登場】1話
【声優】梶原岳人

 

「アスタの前向きな性格」

 

一言で言うと「熱血」、とにかく騒がしく熱い少年です。

 

そして非常に前向きで、相手の短所より長所に目を向けている為、相手の心を動かす言葉が多く使います。

 

とにかく諦めが悪くどんなに困難な状況であっても立ち上がる不屈の精神の持ち主で、その影響か「黒の暴牛」をはじめ周りの仲間達にも様々な変化を与えている影響力のある人物でもあります。

 

また、みんなが認め合える国を造る為「魔法帝」になりたいと大きな夢を持っており、魔力を持たず、生まれも恵まれていないアスタがなることで同じような境遇の者たちの希望となるという気持ちもあるようで、現に孤児院の子供達もアスタの行動に憧れを抱く者もいました。

 

「同期ユノとの関係」

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 1巻より引用

 

アスタと同期にあたるユノは、アスタと同じ日に孤児院に拾われ同じところで育った家族の様な存在です。

 

15歳となり魔導書の授与式で「魔導書」を授かることを期待していたアスタでしたがそれは叶わず、ユノが魔導書を授かったのにはさすがのアスタも相当ショックでした。

 

しかし、そのすぐ後にアスタの元に魔導書が出現した際にはアスタが選ばれないなんてありえねーとアスタを認めている描写があり、お互いがライバルである様子もうかがえました。

 

また、相変わらず魔力を持たず、下民と蔑まれたアスタ、四葉の魔導書を授かり選ばれし魔法騎士とざわつかせたユノは「黒の暴牛」と「金色の夜明け」にそれぞれ入団した2人はことあるごとにユノとアスタの認め合い想い合う描写が多々あり、安定の信頼感を感じます。

 

アスタにとってユノは家族でありライバルであり親友という大切な存在になっていることは間違いありません。

 

Sponsored Link

 

【アスタの剣技】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 1巻より引用

 

「5つ葉魔導書と4つ葉魔導書」

 

アスタは上記でも記載したように魔力が一切ありませんが、アスタが授かった魔導書は5つ葉の刻印がされた悪魔が宿るという真っ黒な魔導書。

 

本来3つ葉が刻印されている魔導書が一般となっていますが、4つ葉と5つ葉は通常とは違い、4つ葉は幸運、5つ葉は悪魔という意味合いがあります。

 

このアスタが持つ魔導書は、本来は剣魔法の使い手のリヒトが所有していた4つ葉の魔導書で、悪魔がリヒトを絶望へと追いやってしまい誕生したものです。

 

この魔導書を継承する形となりアスタ自身もリヒトと同じように剣を用いて戦闘するスタイルとなりました。

 

【リヒトの魔導書がアスタの手に】

本来であればものアスタが授かった魔導書はリヒトに返すべきものですが、22巻にてリヒトがアスタに「その魔導書はもう君のものだ」と正式にアスタが魔導書の持ち主になったことを伝えています。

 

「魔導書の能力とアスタの剣」

 

アスタの所有する魔導書の能力は「反(アンチ)魔法」で、魔導書から出現する剣が魔法を無効化するという能力があります。

 

魔法で生み出したものならばなんでも斬ることができ、魔法の無効化・吸収、魔力がないアスタだからこそ使いこなせる武器です。

 

この出現した剣はかつてエルフ族の長が使用していた魔法剣の成れの果ての姿で魔力のないアスタが使用している際は錆だらけのぼろぼろの剣ですが、リヒトが使用している際は錆は一切ない綺麗な刀身でした。

 

そして現在アスタが使用する剣は3種類あります。

 

【断魔の剣(だんま)】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 1巻より引用

 

アスタが最初に手にした剣で反魔法の力を持ち合わせた強力な破壊力を持つ剣。

魔法を跳ね返す事ができ、魔力がある者が断魔の剣に触れると魔力を吸収されてしまう。

魔力が一切無いアスタだからこそ扱える武器です。

 

【宿魔の剣(しゅくま)】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 3巻より引用

 

他者の魔法攻撃を吸収し、その魔力を斬撃にして飛ばす能力を持っています。

細身の片手剣なので断魔の剣より素早く振れ、敵からの素早い攻撃も対処可能。

 

Sponsored Link

 

【滅魔の剣(めつま)】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 17巻より引用

 

魔法そのものを吸収・無効化する能力を持った剣。

吸収・無効化する能力により、魔法にっよって操られていた騎士の呪縛を解放、毒魔法にかけられた者の解毒、禁術魔法すら打ち消す事ができる武器です。

 

現在はこの3種類の剣を活用し戦うアスタですが、ヤミ団長からのザックリな指導により習得した「氣(相手の攻撃を読む)」を習得し、アスタはこの3本の剣と氣を扱い、数々の難敵との激戦を制しています。

 

【ブラックアスタ】

断魔の剣に宿る反魔法のエネルギーによってアスタはブラック化に変身できます。

 

ブラック化により身体の半分が真っ黒に染まり悪魔の様に変化し、攻撃力・スピードが向上します。

 

ブラック化についてはまだ詳しくは明らかになっていませんが、アスタの出生や反魔法の魔導書が関連してくる可能性が大です。

 

【アスタの技一覧】

 

【ブラック・メテオライト】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 11巻より引用

 

初登場:第11巻 ラドロス相手に使用

 

反魔法を全身に宿した状態(ブラック化)でエネルギーを解放することにより魔法を追尾し、高速異動で相手の懐に潜り込み攻撃する必殺の斬撃。

 

【ブル・トラスト】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 10巻より引用

 

初登場:第10巻 ファナ相手に使用

バネッサの糸魔法でバネのようにアスタを引っ張り、超高速で滑空しながら2本の剣(断魔の剣・宿魔の剣)で同時に突き攻撃を繰り出す合体技。

 

「一度放たれたこの技は、絶対不可避の必殺の刺突」と記述されています。

 

Sponsored Link

 

【ミラーズ・スラッシュ】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 6巻より引用

 

初登場:第6巻 サリー相手に使用

ゴーシュの「ミラーズ・ブリゲイド」という魔法によってアスタの分身を無数に作り出し、その状態で宿魔の剣で魔力無効化斬撃を繰り出す合体技。

 

【ミラーズ・メテオライト】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 241話より引用

 

初登場:第241話 ダンテ相手に使用

ゴーシュの「ミラーズ・ブリゲイド」という魔法によってアスタの分身を無数に作り出し、アスタの大技「ブラック・メテオライト」を繰り出す合体必殺技です。

 

【ブラック・ハリケーン】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 14巻より引用

 

初登場:第14巻 キルシュ・ソル・マグナ相手に使用

 

反魔法を全身に宿した状態で開放し、竜巻の様に剣を振ることで周囲の魔法を打ち消すことができますが、一度使ってしまうとしばらくインターバルが必要なようです。

 

【片角(ワンホーン)ブル・スラスト】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 12巻より引用

 

初登場:第12巻 ユルティム火山での修行で使用

 

「氣」を応用して剣から流れるオーラのようなものを感知し、アスタ自身の肩腕に巡らせ突進攻撃を行います。

 

初回登場時は力のコントロールができず突進を自分で止めることができず、メレオレオナに顔面を殴られて停止できたという衝撃的絵図でした。

 

Sponsored Link

 

【ブラック・ディヴァイダー(断魔の剣)】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 22巻より引用

 

初登場:第22巻 悪魔相手に使用

 

断魔の剣の暴走エネルギーを自身でコントロールし、断魔の剣にエネルギーを留め形にした反魔法の剣の完成形。

 

今まで断魔の剣のコントロールができずにいたアスタでしたがこの回で完全に断魔の剣を使いこなせるようになったと言えます。

 

ちなみにこの回ではユノも同時に描かれカッコイイ描写となっていました。

 

【ブラック・スラッシュ(宿魔の剣)】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 24巻より引用

 

初登場:第24巻 軍兵相手に使用

 

黒い剣圧を飛ばす技で、宿魔の剣を使い魔法を切り裂くこともできる技。

この回ではアスタの修行の成果が出ておりかなり使いこなせるようになっていました。

 

【「ブラッククローバー」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「ブラッククローバー」を取り扱っている電子書籍サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいのが「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ブラッククローバー1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

加入特典としてプレゼントされる600Pは、ブラッククローバー以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ブラッククローバーのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ブラッククローバー」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

いかがでしたでしょう。

 

悪魔もどんどん登場し、今後の展開がどのようになっていくのか期待が高まる「ブラッククローバー」。

 

これからもアスタの新しい技が増えていきそうなので、新技が登場次第追記していきます。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ