ヤミスケヒロの技(魔法)一覧!黒の暴牛団長の強さ【ブラッククローバー】

ヤミスケヒロの技(魔法)一覧!黒の暴牛団長の強さ【ブラッククローバー】

 

2015年から漫画連載が開始し、さらに2016年からアニメ化にもなりどちらも2020年5月現在も連載中で放送中の人気漫画作品「ブラック・クローバー」

 

下民で孤児院で育った主人公・アスタは同じく孤児院で育ったユノと共にクローバー王国の魔導士トップ「魔法帝」になることを目指します。

 

魔力が全く使えないアスタと魔法の才能溢れるユノはそれぞれ魔法騎士団「黒の暴牛」と「金色の夜明け」に入団しお互いをライバルとし高め合い成長していく様が描かれています。

 

今回は魔法帝を支える9つの騎士団の1つ荒くれものや癖の強いメンバーが集まる「黒の暴牛」を束ねる団長【ヤミ・スケヒロ】の技についてご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【ヤミ・スケヒロについて】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 1巻より引用

【年齢】28歳
【生年月日】9月17日
【血液型】O型
【身長】183㎝ 
【出身】日の国
【等級/所属】大魔法騎士/「黒の暴牛」団長
【魔法属性】
【好きなモノ】たばこ・面白いヤツ 
【漫画初登場】2話
【アニメ初登場】4話
【声優】諏訪部順一

 

ヤミ・スケヒロの初回登場時、アスタを見下ろし鬼の様な形相で見下ろしてきたのが最初の登場でした。

 

ヤミは9つある魔法騎士団の「黒の暴牛」の団長で名前の通り闇魔法の使い手。

 

黒い髪に白いタンクトップに日本刀のような刀を抱えいつも眠たそうにしており、後にアスタには「人殺しの目」と言われるほど人相が悪く見えます。

 

強さはやはりトップ騎士団団長だけあり、鍛え上げられた体と一振りで強烈な一撃をくらわせる強大な魔力は団長であることに誰も文句は言えません。

 

「面倒見が良い」

 

「黒の暴牛」は荒くれものが集まっている団で、他の団からはガラの悪い集団に見えており馬鹿にされたり蔑まれていますが、団長のヤミはそういった見識は一切気にしないので自身が気に入った者はどんな者でも団に引き入れています。

 

団員に対しても無茶ぶりが多く大柄に見えますが、一方では面倒見が良く団員たちからの信頼も厚い。

 

さらに「今ここで限界を超えろ」と事あるごとに言う口癖はアスタやノエルなどの成長のキッカケにもなっています。

 

ヤミにとってのこの言葉の本心は「どんな困難な状況でも、その場面に出くわしたら自分で道を切り開け」というようなもので、言った相手に対して戦意を高揚させる(背中を押して上げる)効果があります。

 

ちなみにこの「今ここで限界を超えろ」と伝えられた相手は、その全員が限界を超えるパワーアップに成功しており、ヤミへの信頼があるからこそこの言葉をかけられると自然に力が溢れ出てくるのでしょう。

 

「ヤミ・スケヒロの生い立ち」

 

ヤミは元々は日の国という国の出身で幼少時に漁師の親と漁に出た際に船が沈没しクローバー王国に漂着。

 

その後、魔導書を授かりますが、自身を異邦人と蔑む貴族騎士達をことごとくねじ伏せたという噂を聞いた現在の魔法帝ユリウスに強く誘われ魔法騎士団に入団し、その魔力と独自の戦闘スタイルで「黒の暴牛」団長に就任します。

 

就任後は異端児大魔法騎士として有名となりますが、今までの経験がある為あまり人に対して信頼などはしませんが、現魔法帝「ユリウス」に対してだけは「ユリウスの旦那」と呼ぶくらい敬意を感じているようです。

 

ちなみにヤミの同期は「金色の夜明け」団長・ヴァンジャンスで、お互いにあまり干渉せずドライな関係ではあるものの、時折見せる会話でお互いを信頼し友情らしきものが感じられます。

 

Sponsored Link

 

【ヤミ・スケヒロの魔法】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 6巻より引用

「闇の属性魔法」

 

ヤミ・スケヒロは闇魔法の使い手です。

 

魔法そのものが引力に似た性質を持っており、悪魔にトドメを刺すことができる「冥域」という力を持っている数少ない魔法騎士です。

 

物語が進むにつれ次元をも切り裂く技が発動している所も描かれ、悪魔もヤミの魔法に注目し警戒している様子も描かれており、今後の闇の魔法に注目です。

 

「戦闘スタイル」

 

ヤミはその場からあまり動くことがなく強烈な斬撃を繰り出す戦闘スタイル。

 

早い動きで攻撃するのはあまり得意ではない為、ヤミ自身が所持している日本刀での斬撃と「氣」を組み合わせた戦い方でその弱点を補っています。

 

これは強靭な肉体がなければ成り立たない戦闘スタイルですのでヤミならではと言えますが、これに関してはアスタにも似たものはりますが、アスタとヤミの違いはヤミは魔法の力で人体強化を図っています。

 

【氣とは…】

ちなみに「氣」とは万物の呼吸の事で、相手の動きを読むことや急な落下物などにも対処できる第六感で感知するものを表します。

 

またヤミの「氣」は非常に制度が高く、リヒトの光高速魔法も難なく対処していました。

 

後にアスタもこの「氣」を扱うことを習得していました。

 

Sponsored Link

 

【ヤミ・スケヒロの技一覧】

 

闇纏・無明斬り

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 6巻より引用

 

初登場:第6巻 リヒト相手に使用

 

ヤミが所有する刀に闇魔法をまとわせ振るうと、剣圧によって攻撃することができます。

またヤミの闇魔法は引力に似た性質な為相手の魔法を引き寄せることもできます。

 

【闇纏・無明乱れ斬り】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 18巻より引用

 

初登場:第18巻 マルクス・オーヴェン相手に使用

 

「闇纏・無明斬り」を連続で繰り出す技で、この技が繰り出された時は真っ黒に描かれ何が起こったのか分からない状態になっていました。

 

Sponsored Link

 

闇纏・次元斬り

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 9巻より引用

 

初登場:第9巻 ヴェット相手に使用

 

闇魔法を宿した刀の斬撃で次元ごと切り裂く魔法です。

「黒の暴牛」の団員達が限界を超える中、刺激を受けたヤミも限界を超え新たな力が発動しました。

「闇纏・無明斬り」の進化版で次元をも切ってしまう限界の超えかたには団員達も度肝を抜いていました。

 

【闇纏・次元斬り 彼岸】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 22巻より引用

 

初登場:第22巻 悪魔相手に使用

 

「闇纏・次元斬り」より斬撃の範囲が広くなり遠距離まで攻撃が届くようになった強化版。

土壇場で放たれたマナゾーンにより発動し、エルフ・シャロラのサポートもありましたが、目視できないほど遠くでも斬撃を届かせていました。

 

【闇纏・黒刃】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 6巻より引用

 

初登場:第6巻 リヒト相手に使用

 

闇魔法を自身の刀に纏わせて刃を振るう闇魔法です。

無明斬りと似ていますが剣圧で斬撃を繰り出すのとは少し違いました。

 

Sponsored Link

 

【闇纏・居合斬り】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 245話より引用

 

初登場:第245話 ダンテ相手に使用

 

マナゾーンを一転に集中させ凝縮した状態で繰り出す斬撃で、日本の武士が使う居合そのもので絶対に外したことはないよう。

 

【闇纏・黒刃峰薙ぎ】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 21巻より引用

 

初登場:第21巻 悪魔相手に使用

 

水平に薙ぎ払って攻撃する技で、斬撃自体は「闇纏・無明斬り」ですが、無明斬りとは思えない広範囲な攻撃に描かれていました。

 

【闇纏・無明峰打ち】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 18巻より引用

 

初登場:第18巻 マルクス・オーヴェン相手に使用

 

無明斬りの峰打ちバージョンで、峰打ちとはその名の通り致命傷を与えない攻撃方法で、死に至らしめない程度ということ。

日本の時代劇などでよく聞くことがあるのではないでしょうか。

しかしながら威力は絶大でだいぶ斬られているような描写となっていました。

 

Sponsored Link

 

【黒月】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 245話より引用

 

初登場:第245話 ダンテ相手に使用

 

闇魔法で自分の頭上にブラックホールを発現させ自分の範囲内に及ぶ魔法をかき消す闇魔法で、これには悪魔・ダンテも驚いていました。

 

【黒穴】

©田畠裕基/集英社
ブラッククローバー 6巻より引用

 

初登場:第6巻 リヒトに使用

闇の穴を出現させ、相手の魔法を吸収し攻撃を防ぐ技です。

ぽっかり空いた穴がブキミでなんでも吸い込んでしまいそうですが、効果範囲は狭く物理的攻撃は防げないのが弱点でもあります。

 

【「ブラッククローバー」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「ブラッククローバー」を取り扱っている電子書籍サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいのが「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ブラッククローバー1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

加入特典としてプレゼントされる600Pは、ブラッククローバー以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ブラッククローバーのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ブラッククローバー」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


 

いかがでしょうか。

 

ヤミ・スケヒロという人物は騎士団の有する魔法とは一風変わった独自の戦闘スタイルを駆使しています。

 

自身もどんどん新化し限界の限界を超えていくストイックな彼だからこそ団員も尊敬しついてくるのでしょう。

 

今後どんどん強力な悪魔が登場していきますが、ヤミの力はどんどん必要となってくことは間違いないので今後のヤミの活躍に期待したいですね。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ