キングダムの簡単なあらすじ!どんな物語なのかざっくり解説

キングダムの簡単なあらすじ!どんな物語なのかざっくり解説

 

「キングダム」は2006年から2021年2月現在も連載中で最新刊の60巻で累計発行部数7000万部を突破している大人気作品です。

 

また2011年から2020年までで3期にわたりアニメ放送されました。

 

さらに、人気俳優の山崎健人を主演で2018年に実写映画化され続編も決定するなど様々な形でメディアライズされ不動の人気を誇っています。

 

そんな「キングダム」をまだ知らない方やこれから見ようか・読もうかと思っている方の為に作品の簡単なあらすじなどをご紹介してきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【キングダムの物語】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

あらすじはこんな感じ↓

 

物語の舞台は500年の争乱が続く春秋戦国時代の中国です。

 

戦争で孤児となった主人公「信」と、同じく孤児の「漂」は田舎のある村長の家に下僕として雇われ納屋で寝起きしていました。

 

毎日こき使われ人間の扱いなどしてもらえない2人でしたが、「天下の大将軍」に憧れを抱き日々鍛錬を積んでいました。

 

ある日、いつものように鍛錬を積んでいた2人をを偶然見た奏国の大臣「昌文君」は、「漂」を一目見て驚きます。

 

そしてその日のうちに、「昌文君」は「漂」を王宮に召し上げたのです。

 

「漂」が王宮に仕えてから1カ月が過ぎたころ、平民の間で王と部下の死亡説などの不穏な噂を「信」は耳にし、「漂」の安否を心配して中々寝付けずにいたその夜、瀕死の姿の「漂」が「信」の元に戻ってきました。

 

「漂」は王宮での内乱に巻き込まれたと言い、最後の力を振り絞り「信」に「ここに行け」と地図を渡し息絶えたのです。

 

「信」は「漂」から託された地図に記された場所につき、そこで「漂」と瓜二つの少年と対面します。

 

「漂」に瓜二つの少年は王宮を追われた「秦国の若き王・嬴政」だったのです。

 

「漂」は「嬴政」の身代わりになって死んでしまったことを許せませんでしたが、「漂」に託された思いの為、「嬴政」を助けることを決意します。

 

その後、「昌文君」と合流を果たし、「嬴政」の見方は「昌文君」の率いる軍しかいないことを知ってしまいます。

 

そこで、山の民の王「楊端和」に同盟を結んでもらうよう願い出ますが、一筋縄ではいきません。

 

交渉の時に「楊端和」を説得できたのは、「嬴政」の国境を取り払い一つの国にする「中華統一」という誰も成しえたことのない大それた野望でした。

 

その無謀な夢に乗った「楊端和」は「嬴政」と同盟を組むことに。

 

ここから、「嬴政」と「信」は共に「中華統一」を目指し戦乱の世を駆け巡ることになっていきます。

 

Sponsored Link

 

「キングダムの魅力」

 

「キングダム」は一見するとかなりグロい描写がかなり散見されますのでパラパラっと読んだだけでは苦手だと思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、この作品は読めば読むほどハマり込む魅力を持っています。

 

以下ではどの辺が魅力的かまとめましたので参考にしてください。

 

【主人公・信の出世ぶり!】

今作の主人公・信は戦争孤児で貧しい農民の下僕でした。

しかしそんな境遇を嘆くことなく鍛錬を怠らず「天下の大将軍」になる夢に向かってひたすら努力を重ねていき、原作の巻数を追うごと実力をつけ将軍手前まで出世して行く姿は、ファンの心を揺さぶられたようです。

 

【カッコ良すぎる政】

もう1人の主人公とも言える存在の政は後に始皇帝となります。

戦いに直接出向くことは少ないですが、「中華統一」という大きな目標を常に掲げ着実に進む姿には「自分も何か目標をもって達成してみよう」と思った人も多かったに違いないでしょう。

それだけ存在感と影響を与える人物と言えます。

 

【とにかく強敵ぞろい】

とにかく次から次へと強敵が登場します。

強い敵が現れて倒しても、またさらに強い敵が現れ、一種の中毒となってしまい気づくと何巻も何巻も読んでしまいます。

 

Sponsored Link

 

「重要キャラクター」

 

それでは以下では、作品を盛り上げている魅力的なキャラクターを一部ご紹介していきます。

 

【藨公(ひょうこう)】

主人公・信の初陣の際に登場した奏国総大将を務めた大将軍です。

血の気の多い人物で、我さきと総大将を狙うようななりふり構わず戦いますが、自軍の兵の消耗具合をみて軍の帰国を決めるなどの見た目によらず冷静な一面もあります。

 

【漂(ひょう)】

信と幼いころから共に生きてきた親友です。

信に「天下の大将軍」を目指すきっかけを与えた人物で剣術に長け非常に頭も良い才色兼備。

嬴政を守る為に影武者として活躍しますが志半ばで息絶えてしまいますが、「天下の大将軍」になる夢など最後の力を振り絞り信に託します。

 

【嬴政(えいせい)】

後に始皇帝となる人物です。

弟の成蟜に追われ王宮から逃げる事となります。

途中、漂の計らいで信と出会い身分はまったく違いますが、お互いが尊敬しあい信頼し友人として活躍していく一人です。

 

【羌瘣(きょうかい)】

姉の仇を打つことだけのために生きてきた人物。

口下手で人間関係が苦手でしたが、信との出会いによって少しずつ変化が見られました。

そしてとにかく可愛い。

信は度々「可愛い」と褒めている描写が見受けられました。

 

【楊端和(ようたんわ)】

戦闘民族・山の民の王。

どこの勢力にも属すことのない民族ですが、信と嬴政の説得で協力関係を結んでくれました。

楊端和は女性ですが、奏国を一掃することが出来る実力の持ち主です。

また素顔はとても美しく誰もがうらやむ美貌を持ち合わせています。

 

Sponsored Link

 

【「キングダム」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「キングダム」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「キングダム(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、キングダム以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、キングダムのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「キングダム」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

「キングダム」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、是非最初から原作・アニメをご覧いただき「キングダム」の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ