僕のヒーローアカデミアの簡単なあらすじ!どんな物語なのかわかりやすく解説

僕のヒーローアカデミアの簡単なあらすじ!どんな物語なのかわかりやすく解説

 

週刊少年ジャンプにて、2014年から連載が続いている『僕のヒーローアカデミア』。

 

2016年からはテレビアニメ化も果たしており、第5期の放送を控えています。

 

映画化や舞台化、ゲーム化など数々のメディアミックスを成功させており、週刊少年ジャンプでの掲載順も常に安定していることから、名実ともに看板漫画の一つであると言えそうです。

 

今回は、そんな『僕のヒーローアカデミア』について、まだ触れたことがない方向けに簡単にわかりやすく作品の面白さをご紹介していきます。

 

本記事が『僕のヒーローアカデミア』を読むきっかけとなれば幸いです。

 

Sponsored Link

 

【僕のヒーローアカデミアの物語】

 

本作は、突如「異能」に目覚めた世界線のお話であり、そこでは”ヒーロー”という職業が脚光を浴びていました。

 

「異能」がやがて「個性」と呼ばれ、社会に定着してきたころ、主人公の緑谷出久は「無個性」であることが判明します。

 

ヒーローを目指す彼にとって、「個性」は必要にして不可欠。

 

『僕のヒーローアカデミア』は、そんな夢を絶たれてしまった少年が、ある人物との出会いをきっかけに、”最高のヒーロー”になるまでの物語です。

 

▼あらすじはこんな感じ▼

世界総人口の約8割が、”個性”を持つ超常社会。

 

そんな社会において”個性”を悪用する敵(ヴィラン)を、同じく”個性”によって取り締まるヒーローは、一般市民らの賞賛の的でした。

 

輝かしい”ヒーロー”という職業に憧れを持つ主人公の少年「緑谷出久(みどりや いずく)」は中学3年生。

彼は現代にしては珍しい超常能力を持たない”無個性”ながらも、偏差値79を誇る”最高のヒーロー”への登竜門 国立雄英高校ヒーロー科の受験を目指しています。

 

ある日、ヴィランに襲われていたところを、”平和の象徴”として名声をほしいままにする”No.1 ヒーロー”のオールマイトに救出されます。

 

オールマイトに”無個性”でもヒーローになることができるか、という質問を投げかけた出久でしたが、オールマイトは突然変わり果てた姿へと変貌を遂げてしまいました。

 

それは、5年前の戦いによって重傷を負ってしまい、痩せこけてしまった彼の真の姿、トゥルーフォーム。

 

例え”個性”があったとしても、ヒーローという職業は命懸けであり、オールマイトは諦めるよう出久に声掛けました。

 

その日、自身を襲ったヴィランが、幼馴染の「爆豪勝己(ばくごう かつき)」を襲っているところを目撃した出久。

 

彼は無個性ながらも、その場の誰よりも早く爆豪救出のために走り出しました。

 

考えるよりも先に走り出していた彼に、”ヒーローの本質”を見たオールマイトは、出久に素質を見出し、「君はヒーローになれる」という出久が何よりも欲していた言葉を掛けます。

 

他者に譲渡可能であり、脈々と受け継がれてきたというオールマイトの個性”ワン・フォー・オール”の継承者に選ばれた出久。

 

しかしその力は生半可なものではなく、”器”として未成熟なものが受け継げば、四肢が爆散してしまうほどのものでした。

 

オールマイトの下で特訓に励み、”ワン・フォー・オール”の器として体を完成させた出久は、雄英高校への受験に臨みます。

 

ヒーローを目指す強い気持ちと、ヒーローの本質”おせっかい”により、ワン・フォー・オールを使いこなせていないながらも、雄英高校への合格を果たした出久。

 

最高の学び舎で、緑谷出久が”最高のヒーロー”になるまでの物語が、幕を開けました。

 

とにかく”王道”が詰まった少年漫画である『僕のヒーローアカデミア』。

 

オールマイトというNo.1 ヒーローとの出会いによって転機を迎えた出久ですが、”ワン・フォー・オール”を受け継ぐために死に物狂いの努力を要する点が特徴的です。

 

「友情」「努力」「勝利」をふんだんに盛り込んだ、笑いあり涙ありの本作は、大人から子供にまでお勧めできる作品。

 

極端なグロ描写も存在せず、絵柄も綺麗であることから、万人受けする作品と言った印象であり、横道な作品が好きな方には是非読んでいただきたい漫画です。

 

Sponsored Link

 

【僕のヒーローアカデミアのキーポイント】

 

【数多ある個性】

©堀越耕平/集英社
僕のヒーローアカデミア公式キャラクターブックより引用

 

超常が日常となった世界が舞台となった『僕のヒーローアカデミア』ですから、「個性」と呼ばれるいわゆるい能力を持った人物が大勢登場します。

 

オールマイトが持つようなシンプルな超パワーをはじめ、出久の幼馴染である爆豪は「爆破」、ヒロインに当たる麗日お茶子(うららか おちゃこ)の「無重力(ゼログラビティ)」など、とにかく様々に存在する個性。

 

能力の種類等に制限は全くなく、とにかく”なんでもあり”の様相を呈しており、ヴィランやヒーローなどの登場人物はそれぞれが全く違う能力を有しています。

 

強力な個性を持つがゆえに強い人物や、個性を磨き上げることで強くなった人物など、強さの方向も登場人物によって様々であり、読者を飽きさせません。

 

また、”個性が浸透した社会”であるがゆえに発生する問題も扱っており、『僕のヒーローアカデミア』の物語が展開される作品世界をありありと案じることができます。

 

【”個性”社会】

”個性”という超常現象が日常となったからこそ、政府は様々な法整備を余儀なくされたようであり、ヒーロー免許を持たない者は他者への個性行使が禁じられているようです。

 

また、個性診断や個性届なども充実しており、子供の内から発言した個性は管理されている様子。

 

一方で、ヒーロー界隈では”強い個性”を作り上げるための母体の厳選行為”個性婚”なる概念も登場しており、作中では社会問題となっています。

 

個性による”超常社会”という世界観において、”個性”が社会からどのように見なされ、どのような規制を受けているのかがきちんと設定されており、違和感なく『僕のヒーローアカデミア』の世界を堪能することができます。

 

Sponsored Link

 

【クラスメイト】

©堀越耕平/集英社
僕のヒーローアカデミア公式キャラクターブックより引用

 

魅力あるキャラクターが多数登場する本作において、ここではクラスメイトについて触れていきます。

 

A組、B組の2組からなる雄英高校ヒーロー科ですが、出久の所属はA組。

 

各クラスには20名の生徒が在籍しており、各クラス全員名前が判明しています。

 

特にA組はかなり早い段階で全員の名前が判明しており、今回はそんなA組の名簿を下にまとめてみました。

 

出席番号1 青山優雅(あおやま ゆうが)
出席番号2 芦戸三奈(あしど みな)
出席番号3 蛙吹梅雨(あすい つゆ)
出席番号4 飯田天哉(いいだ てんや)
出席番号5 麗日お茶子(うららか おちゃこ)
出席番号6 尾白猿夫(おじろ ましらお)
出席番号7 上鳴電気(かみなり でんき)
出席番号8 切島鋭児郎(きりしま えいじろう)
出席番号9 口田甲司(こうだこうじ)
出席番号10 砂藤力動(さとう りきどう)
出席番号11 障子目蔵(しょうじ めぞう)
出席番号12 耳郎響香(じろう きょうか)
出席番号13 瀬呂範太(せろ はんた)
出席番号14 常闇踏陰(とこやみ ふみかげ)
出席番号15 轟焦凍(とどろき しょうと)
出席番号16 葉隠透(はがくれ とおる)
出席番号17 爆轟勝己(ばくごう かつき)
出席番号18 緑谷出久(みどりや いずく)
出席番号19 峰田実(みねた みのる)
出席番号20 八百万百(やおよろず もも)

 

ほとんどが持っている”個性”にちなんだ名前をつけられており、個性と関連付けて覚えやすいという特徴があります。

 

また、クラスメイトらはそれぞれ性格面における強烈な個性も持っており、学校での様子が描写される際は、彼らの掛け合いが絶妙に笑いを誘います。

 

今から『僕のヒーローアカデミア』を読む方も、A組の中で1人は”推し”が生まれるはずです。

 

【雄英高校】

雄英高校には、ヒーロー科からなるA・B組以外にも、普通科C・D・E組、サポート科F・G・H組、経営科I・J・K組があります。

 

中でも、ヒーロー科への入学は極めて困難であるとされており、入試倍率も300倍と異次元の高さ。

 

その分、雄英高校への世間の注目度は高く、雄英高校の体育祭は”かつてのオリンピック”に代わるほどの、全国を熱狂させるビッグイベントのようです。

 

また、そんな雄英高校ヒーロー科の担任を務めるのは、当然プロヒーロー。

 

A組は「イレイザーヘッド」こと相澤消太(あいざわ しょうた)が、B組は「ブラドキング」こと管赤慈郎(かん せきじろう)が教鞭をとっています。

 

教師陣はそれぞれがプロヒーローとしての矜持と、生徒を導く”大人”にして”教師”であるという責任感を持っており、時には命懸けで生徒を守るべく立ち回ります。

 

Sponsored Link

 

【ヴィラン】

©堀越耕平/集英社
僕のヒーローアカデミア公式キャラクターブックより引用

 

『僕のヒーローアカデミア』において欠かせないのは、やはり敵(ヴィラン)でしょう。

 

ヴィランとは”個性”を用いて悪事を働くものの総称ですが、本作においてはそんなヴィランらをまとめる”敵連合(ヴィランれんごう)"なる組織が誕生。

 

その首魁として死柄木弔(しがらき とむら)という青年が据えられており、彼は言わば”敵側の主人公”のような位置です。

 

そんな連合に所属するのは、一癖も二癖もあるヴィラン達。

 

彼らにもそれぞれバックボーンがあり、話が進むにつれて過去が明らかになるキャラクターらも存在しています。

 

人物によっては同情してしまう点も多く、生まれついての”ヴィラン”もいれば、そうならざるを得なかった”ヴィラン”もいる様子。

 

【僕のヴィランアカデミア】

『僕のヒーローアカデミア』No.220話からは、「僕のヴィランアカデミア」と題した死柄木らの話が展開されており、彼らの奮闘や衝撃の過去の一部が明かされました。

 

ある出来事をきっかけに”敵連合”として集まったヴィランら。個性は勿論、性格も目的も違う彼らには、それぞれの過去があります。

 

そんな過去を背負いつつ、自身らを潰さんとする敵とまみえた敵連合らは、それぞれボロボロになりながら戦い続けました。

 

衝撃の過去や窮地からの逆転はヒーローだけの特権ではない、と言わんばかりの彼らの活躍は、一見の価値あり、です。

 

Sponsored Link

 

【過去回想と心情描写】

 

『僕のヒーローアカデミア』は、各キャラクターの過去回想や、内に秘めた”想い”を吐露する心情描写が多く、各キャラクター達の行動理念に共感しやすいという特徴があります。

 

主人公サイドは勿論のこと、ヴィランの過去すらも丁寧に描かれる本作。

 

作品を通してキャラクターを見る際、そのキャラクターの過去を知ると知らないとでは、やはり見る目が変わってしまうもの。

 

推しキャラを深く理解するためにも、やはり過去や心情の供給はありがたいですよね。

 

作品を読む際、各キャラクターのバックボーンや心理を想像しながら読むと、さらに楽しめるのではないでしょうか。

 

【轟家の過去】

様々なキャラクターの過去回想が丁寧に描かれる『僕のヒーローアカデミア』において、一、二を争う位に重いのが”轟家”の過去です。

 

轟と言えば、雄英高校の1年A組の轟焦凍(とどろき しょうと)君。

 

彼の父はNo.2 ヒーローの「エンデヴァー」こと轟 炎司(とどろき えんじ)であり、No.1 ヒーローのオールマイトを超えることに執着する人物です。

 

No.1に固執し、憎悪とも呼べる感情を持つエンデヴァーは、オールマイトを超える”子”を作り上げることを決め、”個性婚”を決行。

 

晴れて生まれた”最高傑作”が、半冷半燃という強力な個性持ちの轟焦凍君でした。

 

前述の通り、No.1に固執していた父の元に生まれたため、円満とは程遠い生活を送っていた焦凍。

 

そんな家庭環境の中で、当然父であるエンデヴァーを恨むようになった焦凍。自身の中の”炎”の力を忌避していた彼でしたが、出久によって――?

 

また、焦りによって歪んでしまったエンデヴァーも、ある出来事をきっかけにヒーローとして、そして父としての一歩を踏み出します。

 

Sponsored Link

 

【ワン・フォー・オール】

 

ワン・フォー・オール(以下OFA)はNo.1 ヒーローのオールマイトが持つ個性であり、脈々と受け継がれ、力を蓄えてきた個性です。

 

継承には遺伝子の一部を摂取することが必要ですが、”力を譲渡する”という意思がない限り継承は行われないようであり、無理やり力を奪い取ることはできない様子。

 

そんなOFAの9代目の継承者こそが、『僕のヒーローアカデミア』の主人公である緑谷出久です。

 

オールマイトに見初められ、彼の下で必死に特訓てなお、OFAの力を数%しか解放しきれない出久。

 

最初は力のコントロールができず、常に現状出せるフルパワーを使ってしまっていたため、「スマッシュ」を打ち出すたびに腕が折れる、という痛々しい状態でした。

 

しかし、実践や指導を経て、OFAの力をある程度セーブすることで継続して戦えるようになった出久は、その後飛躍的な成長を見せます。

 

また、OFAにはまだ秘められた能力が眠っていたようであり、それは出久の代で遂に覚醒。今後の彼の活躍には目が離せません。

 

【オール・フォー・ワン】

読んで字のごとく、OFA(ワン・フォー・オール)と対を為す存在であるAFO(オール・フォー・ワン)。

 

彼は超常黎明期を生きた人物であり、「個性を奪う」という個性を持った人物です。能力を巧みに使い分け、シンパや狂信者を増やしていった彼は、瞬く間に「悪のカリスマ」として君臨するに至ります。

 

彼は様々な個性を集めることで現代まで生き永らえており、5年前のオールマイトとの戦いで疲弊しながらも、彼に協力するドクターと共に研究を重ねていました。

 

オールマイトによって深手を負ってしまったものの、間違いなく作中トップクラスの実力の持ち主です。

 

また、そんなAFOの弟こそが、後のワン・フォー・オールの初代となる人物でした。

 

【ワン・フォー・オールの誕生】

「悪のカリスマ」として花開いたAFOが”無個性”の弟を憐れんで与えたのは「力をストックする個性」でした。

 

しかし、弟は”無個性”ではなく、実は「個性を与える個性」の持ち主。

 

単体では意味を為さず、”無個性”と思われるのも当然の個性ですが、AFOに「力をストックする個性」を与えられたことによって、事情は変わります。

 

そう、2つの個性が混ざったことで、現在の”ワン・フォー・オール”である”力をストックしつつ次代に与えることのできる個性”となったのです。

 

こうして、AFOの進撃を止めるため、脈々と力を蓄えて受け継がれることとなったOFA。

想いの結晶とも言うべき個性を継承し、出久は”最高のヒーロー”になることができるのでしょうか。

 

【「僕のヒーローアカデミア」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「僕のヒーローアカデミア」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「僕のヒーローアカデミア(1~最新巻まで)」無料購読できる。
②加入特典としてプレゼントされる600Pは、僕のヒーローアカデミア以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、僕のヒーローアカデミアのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「僕のヒーローアカデミア」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

今回の記事、いかがだったでしょうか。

 

現在も連載は続いており、テレビアニメも第5期の放送が決定している『僕のヒーローアカデミア』。

 

この記事を読んで気になった方は、是非読んでみてください。

 

Sponsored Link

   

関連コンテンツ