ジャンピンジャックフラッシュの能力!ラングラングラーのスタンドを解説【ジョジョの奇妙な冒険】

ジャンピンジャックフラッシュの能力!ラングラングラーのスタンドを解説【ジョジョの奇妙な冒険】

 

ジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」に登場するキャラクター【ラング・ラングラー】

 

物語の舞台である、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に収監されている男性服役囚です。

主人公徐倫の宿敵「プッチ神父」に利用されて徐倫らの行く手を阻む刺客です。

 

また、プッチ神父からDISC(スタンド能力)を与えられていて、能力に自信があり普段は理論的に行動していますが、一度キレると手が付けられないという変わった面も持ち合わせています。

 

物語では、徐倫やウェザーリポートをぎりぎりの状態まで追い込んでいてまさに強敵でした。

 

今回は「ラング・ラングラー」がどんな人物なのか生い立ちや性格、ラング・ラングラーのスタンド「ジャンピン・ジャックフ・ラッシュ」の能力もご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【ジャンピンジャックフラッシュの能力者「ラング・ラングラー」】

 

ラング・ラングラー

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 5巻より引用

【年齢】【スタンド】
不明ジャンピン・ジャック・フラッシュ
【身長】【体重】
不明不明
【囚人番号】【罪状】
MA-13022殺人、タンカージャック

 

ラング・ラングラーはジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」に登場する人物で、グリーンドルフィンストリート刑務所に収容さている男性服役囚の1人です。

 

本体の名前の由来はアメリカのジーンズブランド「ラングラー」です。

 

そして、とても奇妙な恰好をしています。罪状は殺人とタンカージャック。

 

普段は慎重に行動し、自分自身の能力についても理解があり、応用をして攻撃ができる頭の回転が速い一面もありますが、一度キレると手が付けられなくなるタイプです。

 

プッチ神父に利用され、神父から与えられた能力を使って徐倫らが守るDISC(記憶が埋め込まれている)を奪いとるため襲撃してきました。

 

刑務所内の庭に訪れた徐倫とウェザー・リポートに戦いを仕掛けますが、激しい戦いの末敗れてしまい、徐倫にオラオララッシュを決められて再起不能になります。

 

ラング・ラングラーは徐倫との戦いで一時は有利な状況におかれ、プッチ神父までも手にかけようと企んでいたエピソードがあり、かなりの自信家でもあるようです。

 

Sponsored Link

 

【ジャンピンジャックフラッシュの能力】

 

【ジャンピン・ジャック・フラッシュ

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 5巻より引用

【破壊力】【スピード】
BC
【射程距離】【持続力】
BA
【精密動作性】【成長性】
DE

 

ラング・ラングラーのスタンドは「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」です。

 

スタンドの元ネタはローリングストーンズの楽曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」がスタンド名となっています。

 

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の能力は、本体の唾液をつけた相手と、相手が触れたもの全てを無重力にする能力です。

 

ラング・ラングラーはゴーグルやマスクをし、全体的に奇妙な恰好をしていますがそれは自分自身のスタンド能力に適応するためと予測できます。

 

【ジョジョの奇妙な冒険】シリーズのスタンド使いで、スタンド能力をスーツとして纏っているキャラクターのような衣服を身に纏っています。

※スーツを着たスタンドは【ジョジョの奇妙な冒険】シリーズ第5部(黄金の風)に登場するギアッチョなど

 

また、本体のラング・ラングラーは指先や足先が吸盤になっていて、どんな場所でも吸い付くことが可能です。

そのことにより、無重力空間でも体制を安定させられます。

なぜかは分かりませんが、身体が自身のスタンド能力である「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」に適応するようにできています。

 

スタンド自体は本体によく似た「人型スタンド」です。

射程距離は20mほどで、唾を付けた対象物の射程外に出られれば無重力効果は消えます。

 

また、ラング・ラングラーのスタンドである「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は手首のリングを回転させ、遠心力を利用してネジや金属を飛ばすことで攻撃することもできます。(これは無重力空間においても正確に攻撃できます。)

 

徐倫やウェザーリポートと交戦した際、弾丸のように金属を飛ばしたり、真空状態にできる能力を生かし、動物の体内を破裂させて【ジョジョの奇妙な冒険】シリーズでよくある、血を使い視界を奪う攻撃などを仕掛けていました。

 

しかし、最後は自分自身も無重力空間へ入ってしまい慌てて解除しますが間に合わず、徐倫のオラオララッシュを受けて再起不能になりました。

 

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の能力は、無重力空間を作りだす(宇宙空間を創り出す)、まさにジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」のテーマである「天国への行き方」つながるものを感じる能力です。

 

Sponsored Link

 

【「ジョジョの奇妙な冒険」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ジョジョの奇妙な冒険」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ジョジョの奇妙な冒険(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ジョジョの奇妙な冒険以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ジョジョの奇妙な冒険のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ジョジョの奇妙な冒険」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

今回はラング・ラングラーがどんな人物なのか、生い立ちや性格、ラング・ラングラーのスタンド「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の能力についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

少し難しいスタンド能力ですが、改めてみるとラング・ラングラーは、かなり自分自身の「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の能力を理解していて、上手く応用していると感じられます。

とても力のある、徐倫やウェザーリポートを危険な状態まで追い詰めているのでかなりの強敵でした。

 

見た目や性格にも奇妙な点がありますが、今回の特集でラング・ラングラーに興味を持っていただけましたか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」を観ていってはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ