マリリンマンソンの能力!ミラションのスタンドを解説【ジョジョの奇妙な冒険】

マリリンマンソンの能力!ミラションのスタンドを解説【ジョジョの奇妙な冒険】

 

ジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」に登場するキャラクター【ミラション】

 

ミラションは黒幕からスタンド能力を与えられて、徐倫達に迫る刺客です。

 

性格は、強欲で嘘つき。そして自分の性格にぴったりの恐ろしいスタンド能力で徐倫達を追い詰めます。

 

今回は、「ミラション」がどんな人物なのか生い立ちや性格、またミラションのスタンド「マリリン・マンソン」の能力もご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【マリリン・マンソンの能力者「ミラション」】

 

【ミラション

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 4巻より引用
【年齢】【スタンド】
不明マリリン・マンソン
【身長】【体重】
不明不明
【囚人番号】【罪状】
FE-26789窃盗、武装強盗

 

ミラションは、主人公徐倫と同じくグリーンドルフィンストリート刑務所に収容されている服役囚の一人です。

 

ミラションの元ネタは、ブランド名「Mila Schon(ミラ・ショーン)」が由来です。

 

ミラションの性格は、強欲でよく嘘をつくタイプ。ギャンブル好きでもあります。

 

盗み癖があり、黒幕プッチ神父にミラションが仮釈放を求める会話中に、神父のロザリオを盗みます。

 

1度は呆れた神父ですが、手癖の悪さを魅入られ、強制的にホワイトスネイクからスタンド能力が与えられました。

 

その後はなぜか、前髪が輪になっていて雰囲気が暗い女性に変化しました。

 

この頃徐倫は、1度はホワイトスネイクに奪われた、父親承太郎のスタンド能力のDISCを発見して隠し持っていました。

 

プッチ神父は、男性である自分は女子監房に入れないため、新たな手を使ってDISCを奪い取るつもりでした。

そしてミラションは、そのDISCを奪い取るためプッチ神父から使わせられた刺客です。

 

ミラションの口癖は「グッド」。

ジョジョの奇妙な冒険では、ギャンブルを好むスタンド使いが登場します。

ギャンブル好きのスタンド使いは「グッド」が口癖のようです。

 

徐倫達と戦闘した時も、予めトラップを用意するなど、自分の勝利を確実にする、ずる賢さがあります。

 

最終的には、怒った徐倫に弱点を突かれて敗北しますが、性格が強欲で嘘つきという非常に印象に残るキャラクターです。

 

Sponsored Link

 

【マリリン・マンソンの能力】

 

【マリリン・マンソン

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 5巻より引用
【破壊力】【スピード】
EA
【射程距離】【持続力】
AA
【精密動作性】【成長性】
AC

 

ミラションのスタンドは「マリリン・マンソン(取り立て人マリリン・マンソン)」です。

 

マリリン・マンソンの元ネタは、アメリカのロックバンド「Marilyn Manson(マリリン・マンソン)」からです。

 

マリリン・マンソンは、ホワイトスネイクからスタンド能力のDISCを入れられ、能力が開花したスタンドです。

スタンド自体は人型で、動物の毛皮のようなものを身に纏っている自立型スタンドです。

 

能力は「標的と賭けをして負けた方からお金、または金額相応の物を取り立てる」能力です。

両手が金属のようになっていて、手を使い何でも取り立てます。

 

弱点は、マリリン・マンソンは敵味方関係なく中立的な立場なところです。

あくまでも中立的な立場なので、本体ミラションでなくてもルールを決めることが可能です。

 

また、マリリン・マンソンは賭けの最中に、次の賭けを提案すると、本体のミラションでも止めることができません。

 

作中では、キャッチボールをしていた徐倫とエルメェス、F・Fに「100回まで続かない方に100ドル」と、賭けを持ち掛けます。

 

初めはスタンド攻撃と気づかず、賭けに乗ってしまった徐倫達。

 

結局、徐倫一行は負けてしまい、エルメェスの豊胸手術跡に入れていた金銭、そして銀歯、肝臓までもマリリンマンソンに取り立てられました。

 

マリリン・マンソンは、賭けに挑んだ人物が負けを認めた時点で、金銭かもしくはそれに見合う物を取り立てます。

 

お金が用意できない場合は、自分の頭で想像してしまった金銭に見合うものを引き渡すことになります。

そのため、エルメェスはとっさに肝臓を思い浮かべてしまい、取り立てられました。

まさにギャンブル好きなミラションにぴったりの恐ろしいスタンド能力です。

 

しかし、実はミラションは徐倫一行がキャッチボールが続かないようにするため、賄賂をして数々のトラップを仕掛けていました。

それに気づいた徐倫の怒りに触れて、オラオララッシュでの1000回のキャッチボール攻撃を受けて敗れました。

 

マリリン・マンソンは恐ろしいスタンド能力ですが、ミラションは手癖も悪いのでたくさんのトラップを仕掛けるという、逃げ場のない能力でした。

 

ジョジョの奇妙な冒険シリーズでは、度々賭け(ギャンブル)をするシーンがありますが、今回の第6部でも、どのようにミラションを倒すのか目が離せない展開になっています。

 

Sponsored Link

 

【「ジョジョの奇妙な冒険」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ジョジョの奇妙な冒険」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ジョジョの奇妙な冒険(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ジョジョの奇妙な冒険以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ジョジョの奇妙な冒険のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ジョジョの奇妙な冒険」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

今回はミラションがどんな人物なのか、生い立ちや性格、ミラションのスタンド「マリリン・マンソン」の能力についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

初めは、主人公目線で読み進めていくとミラションが何を企んでいるのか分からず、とても恐怖を感じます。

 

そして、ミラションが徐倫の前に現れた理由を知るときには驚くはずです。

 

ミラションは初め、仮釈放を望んでいたのでDISCを入れられる前はもう少し明るい性格だったかもしれません。

 

DISCを入れられた後の、ミラションの歪んだ性格と不気味な雰囲気が印象に残ること間違いなしです。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」を観ていってはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ