ハイウェイトゥヘルの能力!サンダーマックイイーンのスタンドを解説【ジョジョの奇妙な冒険】

ハイウェイトゥヘルの能力!サンダーマックイイーンのスタンドを解説【ジョジョの奇妙な冒険】

 

ジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」に登場するキャラクター【サンダー・マックイイーン】

 

サンダー・マックイイーンは、黒幕プッチ神父にスタンド能力を与えられて、徐倫の仲間に襲い掛かる刺客です。

 

被害妄想からすぐに自殺を試みる大変危険な人物で、自殺を利用するスタンド能力を使いエルメェスの前に立ちはだかります。

 

作中では、「他人を不幸に巻き込む真の邪悪」と言われるほどの凶悪っぷりで、見る人に嫌悪感を抱かせます。

 

今回は、「サンダー・マックイイーン」がどんな人物なのか生い立ちや性格、またサンダー・マックイイーンのスタンド「ハイウェイ・トゥ・ヘル」の能力もご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【ハイウェイ・トゥ・ヘルの能力者「サンダー・マックイイーン」】

 

【サンダー・マックイイーン

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 3巻より引用
【年齢】【スタンド】
27歳ハイウェイ・トゥ・ヘル
【身長】【体重】
181cm不明
【囚人番号】【罪状】
MA-57258殺人

 

サンダー・マックイイーンは、主人公徐倫と同じくグリーンドルフィンストリート刑務所の男子監に収容されている服役囚の一人。額にはM字の剃り込みがり、度々自殺を試みている危険人物です。

 

サンダー・マックイイーンの元ネタは、イギリスのファッションブランド「Alexander Mcqeen(アレキサンダー・マックイイーン)」が由来です。

 

刑務所に収監された経緯は、ショットガンの手入れ中に誤って暴発してしまい、偶然同じタイミングで上の階から飛び降り自殺をした人に銃弾が当たってしまったため、有罪になり殺人罪で収監されました。

 

非常に自己中心的な考え方で、周囲を同じ不幸に巻き込む性格は「悪より悪い最悪」とされています。

 

最もたちが悪く、自分に起こることは全て他人のせいで、自分がやっていることを全く悪だと思っていません。

 

刑務所でも、けがをした囚人などが入れられている部屋から盗みを働いており、そのため大金を隠しもっている様子。

 

さらには、手首に無数の傷があり普段から特に理由なく自殺を試みています。

 

被害妄想をしたり、どんな状態であっても自殺してしまいたくなるので、スタンド能力と合わせると大変危険で強力な敵キャラクターです。

 

Sponsored Link

 

【ハイウェイ・トゥ・ヘルの能力】

 

【ハイウェイ・トゥ・ヘル

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 3巻より引用
【破壊力】【スピード】
CC
【射程距離】【持続力】
AC
【精密動作性】【成長性】
CC

 

サンダー・マックイイーンのスタンドは「ハイウェイ・トゥ・ヘル」です。

 

ハイウェイ・トゥ・ヘルの元ネタは、ロックバンドAC/DCの「Highway to Hell(ハイウェイ・トゥ・ヘル)」が由来です。

 

スタンド能力は、「標的を自分と同じ自殺方法で道連れにする」能力です。

スタンド自体に形はなく、標的の身体にプロペラ状で現れる遠隔操作型スタンドです。

 

能力は、マックイイーン本人が一緒に自殺したいと願った標的に、自分と同じ自殺方法で攻撃することができます。

その自殺方法は溺死、感電死から餓死まで何でも共有することが可能。

 

黒幕ホワイトスネイクにスタンド能力のDISCを与えられ目覚めた能力です。

 

マックイイーンは、極めて自己中心的で、周りから「真の邪悪」とまで呼ばれるようなキャラクターです。

 

戦闘シーンでも手首に無数の傷が見つかったり何度も自殺をしようとしている様子から、1度術にかかると大変面倒な能力です。

 

作中では、エルメェス・コステロとの戦闘で、エルメェスが初めて自分のスタンド能力を理解して、戦うシーンです。

 

マックイイーンは、エルメェスの隠し持っていたお金を盗み、それを追ったエルメェスとトイレで鉢合わせます。

エルメェスから制裁を受けて、記憶のDISCを失くします。

記憶を失くしたことで落ち込むマックイイーンは、エルメェスからの暖かい言葉を聞くと感動して突然首を吊り始めます。

 

それにつられてエルメェスの首がどんどん締まっていき、エルメェスはマックイイーンの能力に気づきます。

エルメェスは何とか攻撃をしてその場を切り抜けますが、すかさずマックイイーンは溺死しようと水に頭を突っ込みます。

溺死も何とか阻止し、エルメェスはマックイイーンの記憶のDISCを盗みその場を去ります。

 

しかし再び、遠距離から攻撃を受けていることに気づいたエルメェスは、マックイイーンの元へ向かいます。

 

するとマックイイーンが保健室で電気コードを身体に巻き、食塩水をかけた状態で発見したためエルメェスは、マックイイーンが自殺しないように暖かい言葉をかけます。

 

しかし、その言葉が嬉しすぎてエルメェスと一緒に死にたいと言い放ち電源を入れます。

危機一髪のところでエルメェスが自分のスタンド能力を使いマックイイーンは気絶して敗れました。

 

最終的にはマックイイーンのスタンド能力のDISCを奪い、終了しています。

 

見る人に嫌悪感を抱かせる、なんとも気持ちの悪いスタンド能力ですが、自己中心的な考えでいつも被害者だと思っているマックイイーンにぴったりなスタンド能力です。

 

Sponsored Link

 

【「ジョジョの奇妙な冒険」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ジョジョの奇妙な冒険」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ジョジョの奇妙な冒険(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ジョジョの奇妙な冒険以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ジョジョの奇妙な冒険のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ジョジョの奇妙な冒険」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

今回はサンダー・マックイイーンがどんな人物なのか、生い立ちや性格、サンダー・マックイイーンのスタンド「ハイウェイ・トゥ・ヘル」の能力についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

いつも被害者気分のマックイイーンですが、自殺の道連れにするスタンド能力は本当にぴったりです。

 

エルメェスとの戦闘シーンは大変スピーディーですので、マックイイーンが自殺をしないかハラハラして見逃せません。

 

マックイイーンの過去などに注目してみるとマックイイーン自身の人間性の本質が見えてきます。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」を観ていってはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ