マキバオーを読む順番!漫画シリーズの読み方をご紹介

マキバオーを読む順番!漫画シリーズの読み方をご紹介

 

近年、ゲームやアニメの影響により、競馬に注目が集まるようになりました。

 

そして、競馬は昔から一定の層に安定した人気があり、競馬を題材にした作品は度々発表されています。

 

漫画やアニメ、ゲームなどを通して競馬を知り、興味を持った方もいるのではないでしょうか。

 

今回は1994年から週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化もされたマキバオーシリーズの読む順番と、各作品のあらすじや見どころを詳しくご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【マキバオーシリーズを見る順番】

 

【マキバオー シリーズを読む順番】
【作品名】【巻数】
みどりのマキバオー全16巻
たいようのマキバオー全16巻
たいようのマキバオーW全20巻

 

●時系列的にも上記の順番で進行している為、基本的には上記の順番で読むのがおすすめです。

 

みどりのマキバオーはシリーズの第1作目であり、ミドリマキバオーこと、うんこたれ蔵が主人公です。

 

たいようのマキバオーは第1作のみどりのマキバオーの続編であり、ミドリマキバオーの半妹マキバコの産駒であるヒノデマキバオーが主人公です。第1作のその後のストーリーとなるため、みどりのマキバオーの後に読むことをお勧めします。

 

たいようのマキバオーWは連載先の変更により、太陽のマキバオーが題名変更したものです。

その為、たいようのマキバオーからの大まかな変更はなく、たいようのマキバオーの続きとなっています。

 

Sponsored Link

 

【マキバオー シリーズ 各作品詳細】

 

【みどりのマキバオー】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【シリーズ】2004年6月〜2004年11月
【巻数】全16巻

 

【あらすじ】

主人公ミドリマキバオーこと、うんこたれ蔵は、北海道鵡川のみどり牧場で凱旋門賞馬であった父、タマーキーンと、桜花賞馬の母、ミドリコの元に生まれました。

 

しかし、良血統の元に生まれましたのにも関わらず、生まれたのはロバのような見た目をした白い馬でした。

 

当時一億円の借金を抱えていた牧場は、タマーキンとミドリコの産駒を期待していたのですが、その見た目から、競走馬にすることは無理だと思われました。

 

加えて借金があった為に、母ミドリコは売られてしまい、離れ離れになってしまいます。

 

しかし、別れ際、もの凄い力とスピードで母が乗せられた車を追いかけるマキバオーを見た牧場関係者は、マキバオーを走らせることを決め、マキバオーも母に競走馬になることを誓いました。

 

その後、母に会いに行く為、牧場を抜け出したマキバオーは、道中の森でネズミのチュウ兵衛と出会い、「うんこたれ蔵」という名前をつけてもらいます。

 

そして、無事母に会えたものの、母に冷たくあしらわれてしまいます。

 

しかし、母の本当の心意を知ったマキバオーは改めて、競走馬になることを決意し、日々立派な競走馬になるために成長していきます。

 

【見どころ】

個性的な見た目で生まれてきた主人公のマキバオーは、努力家で熱い性格でありながら、走りながら曲がれなかったり、止まれないなど、所々抜けている性格のため、とても愛くるしいキャラクターです。

 

作中で、人間と馬とが会話をしていたり、動物間でも会話ができているなど比較的に緩めの作風です。

 

また、全体的に下ネタなどが多いのですが、その反面しっかりとしたストーリーとなっており、笑いあり、涙ありの熱い作品となっています。

 

Sponsored Link

 

【たいようのマキバオー】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【シリーズ】2007年〜2014年
【巻数】全16巻

 

【あらすじ】

前作、みどりのマキバオーの主人公、ミドリマキバオーが活躍したその後の物語です。

 

主人公はミドリマキバオーの甥であり、マキバオーの半妹のマキバコの産駒であるヒノデマキバオーが主人公です。

 

見た目がミドリマキバオーやマキバコとそっくりではあるものの、足が弱く、中央競馬でデビューできず、高知競馬場へ移されることになります。

 

ミドリマキバオーの甥という事もあり、現地では注目され人気者でしたが、結果は思った以上に振るわず、ただの客寄せパンダ扱いになっていました。

 

しかし、マウンテンロックに出会ったことで熱が入り、パートナー騎手のハヤトと共に日々成長しながら、レースでの勝利を目指します。

 

【見どころ】

前作、みどりのマキバオーに比べ、ストーリー性がより強くなり、ギャグは比較的ライトなものに変わりました。

 

しかし、作風は変わらず、緩さの中に迫力があり、主人公のヒノデマキバオーも愛くるしい性格をしており、全体的に読みやすい作品です。

 

また、前作の登場人物も度々登場しており、前作から読み続けると、前作の登場人物のその後なども楽しめます。

 

Sponsored Link

 

【たいようのマキバオーW】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【シリーズ】2011年〜2017年
【巻数】全16巻

 

【あらすじ・見どころ】

たいようのマキバオーの続きとなっており、引き続きヒノデマキバオーが主人公となっています。

 

たいようのマキバオーと同じく、フィールオーライなどの個性豊かなキャラクターなどが登場するほか、ファムファタールやダイナスティといったキャラクターも登場します。

 

数々のライバルと争いながら、ヒノデマキバオーは悲願の凱旋門賞勝利を目指します。

 

たいようのマキバオーに比べ、より成長したヒノデマキバオーを見ることができ、成長したマキバオーのレースでの走りは圧巻です。

 

また、Wでは1作目の主人公であり、ヒノデマキバオーの叔父でもある、ミドリマキバオーが登場します。

 

その為、みどりのマキバオーから読み進めている方は是非注目してみてください。

 

【「マキバオーシリーズ」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「マキバオー」を取り扱っている電子書籍サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「マキバオーシリーズ1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

加入特典としてプレゼントされる600Pは、マキバオー以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。

 

以上が、U-NEXTで「マキバオー」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません

 

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

マキバオーシリーズは90年代に発表されたものの、今なお競馬漫画のひとつとして名をあげる作品です。

 

下ネタをはじめとするギャグが多く、コミカルな登場人物から、一見ただのギャグ漫画のようですが、深くて熱いストーリーとなっており、主人公のマキバオーたちの成長に胸が熱くなります。

 

また、競馬漫画という事もあり、レースシーンがとにかく迫力満載で、何ページにも渡りレースが進んでいきます。

 

可愛らしい作画に加え、ギャグとシリアスが混ざったしっかりとしたストーリーは読んでいて飽きることがありません。

 

大人から子供まで、たくさんの人が楽しめる作品なので、是非今回紹介した情報を頭に入れて、読んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ