緑色の赤ちゃんのスタンド名や能力を解説【ジョジョの奇妙な冒険】

緑色の赤ちゃんのスタンド名や能力を解説【ジョジョの奇妙な冒険】

 

ジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」に登場するキャラクター【緑色の赤ちゃん】

 

その正体は、謎に包まれた生き物です。

 

ジョジョの過去作品に登場するある人の骨が甦り、緑色の赤ちゃんに姿を変えました。

 

緑色の赤ちゃんは、プッチ神父の目指す「天国へ行く方法」に必要な存在で、ジョジョ6部における重要な回に登場します。

 

また、ジョースター家に代々受け継がれる「星型のアザ」が何故か刻まれており、スタンド使いでもあります。

 

今回は「緑色の赤ちゃん」が一体何者なのか、どのようにして誕生したのか、緑色の赤ちゃんのスタンド能力についてもご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【緑色の赤ちゃんについて】

 

【緑色の赤ちゃん

©荒木飛呂彦/集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 7巻より引用

【年齢】【スタンド】
不明グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム
【身長】【体重】
不明不明
【囚人番号】【罪状】
なしなし

 

緑色の赤ちゃんは、ジョジョの奇妙な冒険6部「ストーンオーシャン」に登場する人物で、DIOの骨から生まれた謎の生き物です。

 

緑色の赤ちゃんの名前は「なし」と説明書きされています。

 

プッチ神父が遂行する「天国へ行く方法」の過程で生まれた生き物です。

 

人間の赤ちゃんと同じ程大きさで、身体は緑色、長い耳と植物を連想させる見た目をしています。

 

知能なども赤ちゃんそのものですが、意志があるかのようにどこかを目指して進みます。

 

緑色の赤ちゃんの正体は、リンプビズキット(スポーツ・マックス)の能力によって甦った、ジョジョ3部の宿敵「DIO」の指の骨です。

 

DIOは、かつてジョナサン・ジョースターの身体を乗っ取ったためか、緑色の赤ちゃんにも、ジョースター家が引き継ぐ「星型のアザ」があります。

 

また、緑色の赤ちゃんはスタンド能力も持っています。

 

ジョジョ3部の宿敵「DIO」の指の骨甦ったDIOの骨は、まるで意志があるかのようにグリーン・ドルフィン・ストリート刑務所の懲罰房棟に向かいました。

 

その後、何らかの力で懲罰房棟内の38人の命を植物に変え、それをDIOの骨が吸収して赤ちゃんへ変化しました。

 

プッチ神父がその力(緑色の赤ちゃん)を得ることを、阻止するため、徐倫とアナスイが追うことになります。

 

赤ちゃんを追った先で徐倫とアナスイは、赤ちゃんが持つスタンドの攻撃を受けて激しい戦いを繰り広げます。

 

最終的に、緑色の赤ちゃんが徐倫の肩にある「星型のアザ」に興味を持ったことにより、スタンド攻撃が解除され、徐倫に懐いたような様子を見せます。

 

しかし、徐倫の元へ向かったプッチ神父が「14の言葉」を発すると、赤ちゃんは神父に吸収されました。

 

登場から最後まで、正体は謎に包まれていましたが、DIOの強い念を感じるキャラクターです。

 

Sponsored Link

 

【緑色の赤ちゃんの能力】

 

【?(謎)

©荒木飛呂彦/集英社
ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 7巻より引用

【破壊力】【スピード】
??
【射程距離】【持続力】
??
【精密動作性】【成長性】
??

 

緑色の赤ちゃんのスタンド名は「?(謎)」とされています。

後に発売された、ジョジョの画集ではスタンド名「グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム」と表記されています。

 

スタンド名の元ネタは、歌手トム・ジョーンズの楽曲「Green Green Grass of Home」からきています。

 

スタンドビジョンは、人型で頭部はジェット機のような見た目をしています。

 

スタンド能力は、本体(緑色の赤ちゃん)に1/2の距離近づく者の身長を、1/2ずつ縮まらせる能力です。

 

簡潔にすると、本体に半分の距離近づくと身長が半分になり、距離が2倍になる。

また半分近づくと身長もさらに半分になり、距離は4倍になります。

 

つまり、近づいても本体(終点)に到達することができないという能力です。

 

この能力で、どんどん身長が縮み、徐倫とアナスイは近づくことができない状態に追い込まれました。

 

それでも、赤ちゃんは意志があるかのようにどこかへ進んでいきます。

 

これだけに収まらず、緑色の赤ちゃんのスタンドは終点から徐倫の元へ向かって攻撃を仕掛けてきます。

 

グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホームが迫って来る時には、次第に大きくなり、掴まれた体の部位はさらに絞んでいくという恐ろしい能力もあります。

 

そのため、グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホームが投げた石なども徐々に巨大化して向かってきます。

 

しかし、本体の赤ちゃんが別の物に気を取られていると、スタンド自体の動きも止まるようです。

 

グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホームと本体にどの程度の知能があるかは不明です。

 

スタンドは、戦闘の中で学習しながら攻撃をしてきます。

 

最終的には緑色の赤ちゃんが徐倫の「星型のアザ」に興味を持ち、スタンド能力が解除されます。

 

2人係でも圧倒されるパワーはDIOから受け継いだためでしょうか。

 

スタンド自体の詳細も全て不明とされています。

 

Sponsored Link

 

【「ジョジョの奇妙な冒険」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ジョジョの奇妙な冒険」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ジョジョの奇妙な冒険(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ジョジョの奇妙な冒険以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ジョジョの奇妙な冒険のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ジョジョの奇妙な冒険」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

今回は「緑色の赤ちゃん」が一体何者なのか、どのようにして誕生したのか、緑色の赤ちゃんのスタンド能力についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

緑色の赤ちゃんは、DIOの指の骨から甦った謎の生き物です。

 

プッチ神父が追及する「天国へ行く方法」の過程で生まれ、ジョジョ6部における大変重要な存在です。

 

ジョジョ6部を迎えてもDIOの念を感じる恐ろしい展開にジョジョファンは驚いたのではないでしょうか。

 

スタンド能力が高いため、戦闘シーンは特にハラハラして見逃せません。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」を観ていってはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ