エレンの最後【進撃の巨人】!主人公の最終回の生死について

エレンの最後【進撃の巨人】!主人公の最終回の生死について

 

「進撃の巨人」の主人公であるエレン・イェーガー。

 

エレンは物語開始時には、全ての巨人を駆逐するとの使命に駆られていましたが、物語が進むに連れてある考えに変化していきます。

 

今回は、それにより複雑な行動をしていくエレンが、物語の最後にどうなるかを紹介していきます。

 

また、最後まで明かされないエレンの本当の目的や、エレンの行動の原因となった巨人の能力についても触れていきますので、参考にしてください。

 

※この記事以下本文では「進撃の巨人」のネタバレが含まれています。

 

Sponsored Link

 

【エレンについて】

 

【エレン・イエーガー】

©諫山創・講談社
進撃の巨人 5巻より引用

【出身】
シガンシナ区
【誕生日】【身長/体重】
3月30日170㎝/63㎏
【所属】
調査兵団
【原作初登場】【アニメ初登場】
1巻1話

 

エレンは、3重に囲まれた壁内において、外の世界を夢見る少年でした。

 

しかし壁内に壁内年号の845年に、自身が住んでいたシガンシナ区の壁が破壊され、母親を巨人に殺されたことで、巨人を恨むようになります。

 

そのため、「全ての巨人を駆逐する」との強い目的意識を持ち、兵士を志して最後には調査兵団に入隊します。

 

一方、エレン本人も何と巨人になれる存在。

それにより巨人を恨みながらも、自身が巨人になれるという謎にも悩まされていきます。

 

またエレンは、自身の持つ始祖の巨人が原因で何度も狙われます。

 

エレンはその中で、次第に自身の秘密に気づいていきました。

 

さらには、世界の秘密や父親の記憶を知るにつれて、巨人を駆逐するのではなく、違う考えに変化していきます。

 

それは、母親を殺す原因となった自分たちを滅ぼそうとする壁外の勢力を、どうすれば良いかだったのです。

 

【エレンが巨人化する秘密】

エレンが巨人化する理由は、巨人化する力を持った父親グリシャの力を受け継いだからです。

 

しかしエレンは、父親から巨人化する理由を教えられていませんでした。

 

そのため巨人化するには、自傷行為と目的意識が必要だと知らず、そのことが物語を複雑なものへとしていきました。

 

Sponsored Link

 

【エレンの行動履歴】

©諫山創・講談社
進撃の巨人 34巻より引用

 

エレンは、母親の仇を撃つため、訓練兵団を経て調査兵団へ入隊します。

 

また自身が巨人になる謎に悩まされながらも、その力を用いて故郷を取り戻し、さらには父親グリシャが残した世界の秘密を知る部屋にたどり着くために奔走しました。

 

その中、自身を狙う敵の工作員であったライナーたち。

 

さらに同じく自身の力を狙う王政にも、拘束されてしまう中、次第に巨人の謎に気づいていきました。

 

そして世界が、自分たちの住む壁内を滅ぼそうとしているのに気づいたエレン。

どうすれば壁内、特に自分の仲間たちを幸せにできるのかを悩んでいくことになりました。

 

その後エレンは、単身である目的のために行動を始めます。

 

なんと敵国であるマーレに潜入して、世界の主要人物たちの集まる集会を襲撃。

 

さらには壁内で多くの仲間たちを虐殺した、母違いの兄であるジークを、壁内に呼び寄せてある計画を実行しようとします。

 

しかしジークとエレンの計画は、壁内がどうなるか分からない謎に包まれていました。

 

そのためエレンは、ジークと別々に拘束されてしまいます。

 

けれどもエレンとジークは、共に監禁場所を脱走。

 

さらにマーモの襲撃の中、エレンはジークと接触して、己の中に眠る始祖の巨人の力を行使しようとします。

 

そんなエレンは、なんとジークの考える計画とは別のことを考えていたのです。

 

【エレンの考えの変化のきっかけとは?】

エレンが大きく変わったのは、即位した女王ヒストリアと接触した時でした。

 

そこでエレンは、父親の過去の記憶を思い出した上、悲惨な未来を垣間見たのです。

 

それによりエレンは、自身が引き起こす大虐殺自体と、それを回避できない自分に、悩まされることになりました。

 

Sponsored Link

 

【始祖の巨人の力】

©諫山創・講談社
進撃の巨人 32巻より引用

 

始祖の巨人は、物語の1番の鍵を握る存在でした。

 

なんと始祖の巨人は、全ての無知性巨人を操る力を持ち、「地ならし」と呼ばれる世界を滅ぼす行為を起こす可能性を持っています。

 

さらにユミルの血を引くエルディア人の、記憶だけでなく遺伝子を操作することもできました。

 

それに加えてなんと始祖の巨人は、過去や未来にも影響を与えることも可能。

 

それによりエレンは、なんと自身が巨人を操り母親をも殺したのでした。

 

母親を殺されたことが行動原因だったはずのエレンが、実は母親を自分で殺してしまった事実。

 

そのことは、エレンを混乱させた原因ともなっています。

 

もしかすると、この矛盾はエレンを行動を変化させた原因かもしれません。

 

【エルディア人が憎まれる理由について】

壁内人類であるエルディア人は、世界から恐れられさらに憎まれています。

 

その理由は、始祖ユミルの血を引いていることで、エルディア人が巨人化する可能性を持つ、不気味な民族であるからです。

 

またエルディア人が、過去に世界の大半を支配して、大虐殺を起こしたことも原因でした。

 

しかし大虐殺は、マーレ国が生み出したデマだとも言われています。

 

Sponsored Link

 

【エレンの最後】

©諫山創・講談社
進撃の巨人 34巻より引用

 

エレンはジークと接触後、座標と呼ばれる謎の場所にて、始祖ユミルを従わせることに成功します。

 

そして、始祖の巨人の力を用いて「地ならし」を発動。

 

超大型の巨人たちを大陸に移動させて、大量虐殺を始めます。

 

ミカサやアルミンたちは、エレンを止めるためにエレンが向かうと思われた飛行船基地に先回り…。

 

エレンは、そこでミカサやアルミンたちと最終決戦を繰り広げます。

 

またエレンは、過去の知性巨人たちを大量に発生させて、ミカサやアルミンたちを追い詰めます。

 

激しい戦いの末、エレンは巨人の首を吹き飛ばされた上、アルミンが用いる超大型の巨人の爆破により、巨人発生の元となった謎の脊椎生物と分離させられます。

 

さらに取り込んでいたジークも倒されてしまい、地ならしも停止しました。

 

その後エレンは、巨人の姿でアルミンの操る超大型巨人と対戦。

 

しかし覚悟を決めたミカサが、巨人の口の中にいたエレンの首を切り飛ばすことで、死を迎えたのでした。

 

【エレンの最後に求めたものとは?】

エレンの死後の世界は、「地ならし」により8割もの人口を失いました。

 

しかしエレンは、ミカサやアルミンたちを、世界を滅ぼそうとした自分を倒した英雄にさせることに成功。

 

そのことで、エレンは仲間たちを守ろうとしました。

 

エレンは、本当はミカサと共に生きていたかったですが、大量虐殺を繰り広げた自身は生きてはいけないと考えます。

 

そのため、自身をミカサに殺させ、同時にエルディア人が巨人化する現象をも消し去り、未来を仲間たちに託すことにしました。

 

そしてエレンは、ミカサによってエレンが好きだった故郷シガンシナ区の木の下に葬られたのでした。

 

【「進撃の巨人」のアニメを見る、漫画を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「進撃の巨人」を取り扱っている電子書籍サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいのが「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「進撃の巨人1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

②加入特典としてプレゼントされる600Pは、進撃の巨人以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、進撃の巨人のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「進撃の巨人」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【進撃の巨人の配信状況】
TVアニメ 進撃の巨人 season1~Final season

進撃の巨人 OAD

劇場版 進撃の巨人 紅蓮の弓矢

劇場版 進撃の巨人 自由の翼

劇場版 進撃の巨人 覚醒の咆哮

原作漫画 進撃の巨人1~34巻

原作漫画 進撃の巨人 悔いなき選択(リヴァイ過去編)

etc...

【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません

。

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「ONE PIECE」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

今回はエレンの目的や秘密にも触れつつ、エレンの最後について紹介しました。

 

エレンは、強大な始祖の巨人の力に振り回されたのも手伝い、世界の人々の8割を殺害する凶行に及びました。

 

全ては明かされませんでしたが、その行為はミカサやアルミンたち仲間を救うための行為。

 

もっと良い方法があるかもと考えてしまいますが、エレンはその未来を見ていたことから、きっと回避は不可能だったのでしょう。

 

そんな、過酷な運命に振り回されてしまったエレンの最後。

 

この記事が、複雑なエレンを行動を知るための、ヒントになれば幸いです。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ