秦(しん)の将軍一覧【 キングダム】!副官についてもご紹介

秦(しん)の将軍一覧【 キングダム】!副官についてもご紹介

 

春秋戦国時代の古代中国を舞台に、人々の壮大なドラマが繰り広げられる【キングダム】

 

後に秦の大将軍となる少年「信(しん)」を中心に、実際に存在した史実の出来事をフィクションを交えながら描いていきます。

 

今回は、そのキングダムの主な舞台となっている秦の将軍を一覧でご紹介します。

 

重要な秦の将軍を中心に、できる限り多くの将軍一覧を記載しましたので参考にしてください。

 

※以下からはキングダムのネタバレが含まれています。

 

Sponsored Link

 

目次

【秦の将軍一覧】

 

【秦の将軍一覧表】
【将軍】【副官】
①王騎(おうき)騰(とう)
②李信(りしん)羌瘣(きょうかい)
③王賁(おうほん)番陽(ばんよう)
④蒙恬(もうてん)胡漸(こぜん)

愛閃(あいせん)

⑤蒙武(もうぶ)丁之(ちょうし)

来輝(らいき)

⑥騰(とう)録嗚未(ろくおみ)

他

⑦王翦(おうせん)亜光(あこう)

他

⑧楊端和(ようたんわ)バジオウ

他

⑨桓騎(かんき)摩論(まろん)

他

⑩蒙驁(もうごう)王翦(おうせん)

桓騎(かんき)

⑪麃公(ひょうこう)岳牙(がくが)
⑫壁(へき)馬仁(ばじん)
⑬張唐(ちょうとう)不明
⑭尚鹿(しょうかく)不明
⑮摎(きょう)不明
⑯白起(はくき)不明
⑰王齕(おうこつ)不明
⑱胡傷(こしょう)不明
⑲司馬錯(しばさく)不明
⑳袁夏(えんか)不明
㉑龍羽(りゅうう)不明
㉒青忠(せいちゅう)不明
㉓黒剛(こくごう)不明
㉔馬仁(ばじん)不明

 

秦で将軍を務めている人物は最新の64巻まで24名以上登場しています。

 

キングダムでの将軍は、基本10000人以上の軍隊を率いて軍の中心となる人物。

千人将や五千人将などの武将たちの上に立ち、大将軍の次に位置する軍の最高ランクの立場になっています。

 

以下では「秦の各将軍」について、重要な将軍を中心に詳細を記載していますので参考にしてください。(大将軍の部下には、将軍クラスの副官がいる場合がありますが、今回は一緒に紹介するためご了承ください)

 

Sponsored Link

 

【① 王騎(おうき)】

©原泰久・集英社
キングダム 15巻より引用

 

王騎は、旧六大将軍の1人。

「秦の怪鳥」と呼ばれて、中国全土から恐れられていた巨漢の男性。

しかしどこか飄々とした性格で、オカマの様な言葉遣いをします。

 

また信に将軍の心得を教え、師匠であると共に目標である人物。

 

一度は戦いから身を引いていましたが、趙との戦いに復帰した際、趙の三大天であった李牧の策略に嵌り、同じく三大天の龐煖(ほうけん)との一騎打ちの後に死亡しました。

 

けれども死後もその意志は信に伝えられ、また残存部隊は副将「騰(とう)」が引き続き、死後も周りに強い影響力を与えています。

 

【② 李信(りしん)】

©原泰久・集英社
キングダム 35巻より引用

 

李信は、物語の主人公である青年。

奴隷の身分から兵士となり、その後いくつもの戦果を上げて驚異的なスピードで出世しています。

 

そして、趙の鄴(ぎょう)を巡る戦いで、ついに将軍へと出世。

李との姓を手に入れ、信から李信へと名前を変えました。

 

李信の強さは、追い詰められた時に発揮する底力。

それにより、驚異的な力を持つ敵将軍たちを打ち倒していきました。

 

また李信は、飛信隊と呼ばれる歩兵を主力とした叩き上げの部隊を率いています。

筆頭副官として、伝説の暗殺集団出身の女性「羌瘣(きょうかい)」がおり、不思議な呼吸法を用いる人間離れした戦闘法で何度も飛信隊のピンチを救っています。

 

Sponsored Link

 

【③ 王賁(おうほん)】

©原泰久・集英社
キングダム 35巻より引用

 

王賁は、信のライバル的な立場の将軍です。

名門の王一族出身の堅物エリートで、得意は常に鍛錬を続けている槍。

 

また大将軍となっている王翦(おうせん)の子供ですが、その関係はあまり良好ではありません。

 

部隊として、貴族出身の兵士たちを中心に組織された玉鳳隊(ぎょくほうたい)を率いています。

平民出身の信には良く反発していますが、信の活躍には少しずつ理解を…。

 

そして王賁は、信とほぼ同じペースで出世を続けて、同じく鄴(ぎょう)を巡る戦いの後に将軍になります。

 

【④ 蒙恬(もうてん)】

©原泰久・集英社
キングダム 17巻より引用

 

蒙恬は、王賁と同じく信のライバル的な立場の将軍です。

父親に蒙武、祖父に蒙驁を持つエリート一家ですが、本人は親に似ず人懐っこい性格。

 

ライバルであるはずの信や王賁たちとも友好的です。

 

戦い方は、敵の攻撃を巧みにさばく柔軟な剣術。

 

同じく戦況も的確に見抜く戦術眼を持ち、楽華隊(がくかたい)を率いてさまざまな戦場で活躍。

鄴(ぎょう)を巡る戦いでは、臨時で2万もの兵士を指揮する将軍的な立場を担い、大きな成果を上げました。

 

そして戦いの後には信たちと同じく、正式な将軍へと任命されています。

 

【⑤ 蒙武(もうぶ)】

©原泰久・集英社
キングダム 29巻より引用

 

蒙武は、元は「嬴政(えいせい)」を葬り秦国を手に入れようとしていた大臣「呂不韋(りょふい)」の側近です。

 

荒々しい性格で絶大な力を持つ剛のタイプの将軍。

凄まじい勢いで敵を打ち破る攻撃力は、さまざまな戦場で大きな活躍を示しています。

 

そして合従軍の戦いでは、楚の総大将「汗明(かんめい)」を打ち破る活躍を見せ、新たな六大将軍の地位をえており、秦の中心的である将軍になっています。

 

「蒙驁(もうごう)」将軍を父に持ち、息子が「蒙恬(もうてん)」。

 

不器用な性格から、家族関係は決して仲良くはありませんが、蒙恬が目の前で重傷を負った時には怒りをあらわに…。

 

蒙驁の最後にも、父親との思い出を思い出して彼なりの別れを告げています。

 

【⑥ 騰(とう)】

©原泰久・集英社
キングダム 26巻より引用

 

騰は、王騎の副官を務めた将軍。

王騎に才能を認められた傑物で、どこか掴み所のない性格と、剣を螺旋状の軌跡で扱う独特な剣術が特徴です。

 

王騎の死後は、その跡を継ぎ部隊を率いていました。

 

しかし合従軍との戦いで、楚軍第一将であった臨武君を討ち取る武力。

 

その後も、先まで見通す戦術眼も発揮したことで、その実力は大きく認められ、大将軍になった後に、新たな六大将軍にも任命されました。

また副官的な立場である元王騎軍の部隊長たちも猛者ばかり。

 

筆頭の「録嗚未(ろくおみ)」をはじめ、将軍クラスの実力者です。

 

【⑦ 王翦(おうせん)】

©原泰久・集英社
キングダム 46巻より引用

 

王翦は、「蒙驁(もうごう)」の副官だった将軍。

名門王一族の当主で、戦略を立てる能力は昔から高く評価されていた実力者です。

 

しかし自分の国を作る野望がある危険人物として、長く冷遇されていました。

 

常に仮面をかぶりその真意が読みずらいですが、凄まじい戦術眼を持ち、無駄のない戦い方で相手の裏をかき戦闘で勝利。

函谷関防衛戦では、危機に援軍に現れて函谷関を守った成果を…。

 

鄴(ぎょう)を巡る戦いでは、総大将にまで任命され、難攻不落と言われた鄴の城をまさかの方法で奪取することに成功しました。

 

そして新たな六大将軍になりましたが、その本心はいまだ不明。

 

Sponsored Link

 

【⑧ 楊端和(ようたんわ)】

©原泰久・集英社
キングダム 46巻より引用

 

楊端和は、秦の西部に位置する山の民の王です。

 

若く美しい女性でありながら、多くの対立する部族であった山間民族を纏め上げるカリスマ性を持ち、「山界の死王」と呼ばれて恐れられています。

 

元は秦とは交流がありませんでしたが、合従軍との戦いで秦の危機を救ったことから、秦の将軍の地位を与えられ、その後は六大将軍にも任命されました。

軍としては不思議な仮面を付けた山間民族たちが主力。

 

山間民族はそれぞれが特殊な技能を持ち、その腹心である「バジオウ」・「タジフ」・「シュンメン」たちは恐らく将軍クラスの立場だと思われます。

 

【⑨ 桓騎(かんき)】

©原泰久・集英社
キングダム 46巻より引用

 

元野党団のリーダーで、他の野党団を吸収して勢力を伸ばしてきた人物。

「蒙驁(もうごう)」の副官を務めたのち、戦果を認められて新たな六大将軍に任命されています。

 

戦い方は正攻法ではなく、奇襲や伏兵などの手段を多く使用。

敵の弱点を見抜く鋭い目を持ちますが、「首切り桓騎」と呼ばれて非戦闘員の人々をも殺傷する残虐な手段を用いてでも勝利を目指す冷酷な人物です。

 

過去には残虐な行動を起こす秘密がある様子。

 

部下に「黒桜(こくおう)」・「雷土(らいど)」・「摩論(まろん)」「ゼノウ」・「厘玉(りんぎょく)」などの野盗上がりの部下たちを持ち、それぞれが現在は将軍クラス。

 

【⑩ 蒙驁(もうごう)】

©原泰久・集英社
キングダム 18巻より引用

 

「白老」と呼ばれる大将軍。

 

定石的な戦い方をする穏やかな雰囲気の老人ですが、人を見る目は確かで「桓騎(かんき)」や「王翦(おうせん)」の才能を見抜き副官に採用しています。

 

また蒙武の父であり、実は強力な武の力を持ちます。

かなりの苦労人で、斉国の生まれながら各国を放浪して秦にてようやく才能を開花。

 

けれども、その後も六大将軍の影に隠れて長い間戦場に身を置いていました。

 

【⑪ 麃公(ひょうこう)】

©原泰久・集英社
キングダム 7巻より引用

 

戦いを炎の強弱で判断する本能型と呼ばれる、戦好きで好戦的な大将軍。

そのため生涯の多くを戦場で過ごしていました。

 

また率先して部隊の先頭に立ち敵への突入も行い、その武力は王騎にも認められており、戦略を無視した戦い方をすることで多くの被害を出すも、それをカバーする大きな戦果を挙げています。

 

蛇甘平原(だかんへいげん)で魏の将軍「呉慶(ごけい)」を打ち取る戦果を挙げ、合従軍でも趙三大天「李牧(りぼく)」の作戦を見抜く活躍を見せるも、同じく趙三大天「龐煖(ほうけん)」に一騎打ちで敗れ死亡。

 

その際、龐煖の腕を折る底力を見せ、所持する盾を信に渡しています。

 

【⑫ 壁(へき)】

©原泰久・集英社
キングダム 51巻より引用

 

秦の大臣である「昭文君(しょうぶんくん)」の側近。

 

基本戦術を中心に使う堅実な戦い方が得意で多くの戦場に参加。

大きな戦果こそ少ないも、出世も堅実に上げて大将軍を目標にしています。

 

そして屯留の反乱軍の時点で将軍まで出世して鎮圧軍総大将として戦い、鄴(ぎょう)攻めにおいても橑陽(かくりょう)攻めの重要な役割を…。

 

また信とは、物語の始まりである「成蟜(せいきょう)」の乱からの知り合いで仲が良いです。

 

Sponsored Link

 

【⑬ 張唐(ちょうとう)】

©原泰久・集英社
キングダム 26巻より引用

 

15歳から50年もの長い間戦場で戦ってきた大将軍。

 

頑固おやじ風の強面老将で、合従軍との戦いにおいて函谷関防衛に参加します。

 

しかし韓軍の攻撃で遅効性の毒に被弾。

 

最後は「桓騎(かんき)」の奇襲に付いていき、韓の大将軍「成恢(せいかい)」を打ち取ったのち死亡します。

 

【⑭ 尚鹿(しょうかく)】

©原泰久・集英社
キングダム 39巻より引用

 

壁とは幼馴染で仲の良い将軍です。

 

信の初陣では千人将軍でしたが、毐国の反乱鎮圧のときには壁同様将軍の地位まで昇格。

 

壁の願いで、反乱軍鎮圧に参加しています。

 

落ち着いた雰囲気の知的な男性。

 

【⑮ 摎(きょう)】

©原泰久・集英社
キングダム 15巻より引用

 

旧六大将軍のなかで唯一の女性。

 

「嬴政(えいせい)」の曽祖父であった昭王の隠し子で戦の天才。

 

100の城を落としたら王騎と結婚の約束をしていましたが、100個目の城を落とす戦いで趙の三大天「龐煖(ほうけん)」と戦い殺害されます。

 

【⑯ 白起(はくき)】

©原泰久・集英社
キングダム 27巻より引用

 

旧六大将軍の筆頭とされている人物。

掴みどころのない戦いをするといわれていますが、その詳細は不明。

 

部下の反対を押し切り、40万人の趙兵の捕虜を生き埋めにした長平の大虐殺を起こしています。

 

最後は自害したらしいですが、その詳細も不明。

 

【⑰ 王齕(おうこつ)】

©原泰久・集英社
キングダム 29巻より引用

 

旧六大将軍の一人。

 

高い戦闘力を持つ猛将軍とされていましたが、楚に侵攻した際、楚の将軍「汗明(かんめい)」に敗れて逃げ去ったとされています。

 

【⑱ 胡傷(こしょう)】

©原泰久・集英社
キングダム 46巻より引用

 

旧六大将軍の一人。

6人の中で唯一の知略型の武将で、六大将軍の戦略を一手に引き受けて操っていたといわれています。

 

秦軍総司令の「昌平君(しょうへいくん)」の師であり、「王翦(おうせん)」の軍略の才を大きく認めていた人物。

 

Sponsored Link

 

【⑲ 司馬錯(しばさく)】

©原泰久・集英社
キングダム 10巻より引用

 

旧六大将軍の一人。

 

多くの戦場で活躍したといわれていますが、詳しい詳細は不明。

 

【⑳ 袁夏(えんか)】

©原泰久・集英社
キングダム 34巻より引用

 

「成蟜(せいきょう)」に付き従い、屯留(とんりゅう)に侵攻した趙軍と戦った将軍。

 

一度は趙軍を退けますが、その後の反乱に巻き込まれて殺されてしまいました。

 

【㉑ 龍羽(りゅうう)】

©原泰久・集英社
キングダム 34巻より引用

 

成蟜(せいきょう)に付き従い、屯留(とんりゅう)に侵攻した趙軍と戦った将軍。

 

しかしその後、成蟜を裏切り屯留反乱軍に加わった後、反乱軍大将を務めます。

 

【㉒ 青忠(せいちゅう)】

©原泰久・集英社
キングダム 59巻より引用

 

鄴(ぎょう)への食糧を運ぶ水軍を率いていた将軍。

 

迎撃に現れた趙の水軍に対して、力業で向かっていきますが…。

 

【㉓ 黒剛(こくごう)】

©原泰久・集英社
キングダム 5巻より引用

 

丸城を守っていた戦好きの猛将軍です。

 

「星眼黒龍」と呼ばれていた隻眼の将軍でしたが、魏の将軍「呉慶(ごけい)」によって撃たれてしまったため、詳しい詳細は不明。

 

【㉔ 馬仁(ばじん)】

©原泰久・集英社
キングダム 39巻より引用

 

屯留の反乱で壁の副官を務めた人物。

 

毐国の反乱鎮圧のときには鎮圧軍の大将を務めています。

 

【「キングダム」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「キングダム」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「キングダム(1~最新巻まで)」無料購読できる。
②加入特典としてプレゼントされる600Pは、キングダム以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、キングダムのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「キングダム」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

今回は、キングダムの中心となる秦国における将軍の一覧を紹介しました。

 

秦は物語において個性的な将軍が多く登場しており、さまざまな物語を形成しています。

 

主人公の信こそ中心でありますが、どの将軍もそれぞれの目的のために奔走しており、それが絡み合う戦いは非常に魅力です。

 

キングダムは今後も秦が中国統一するまでの、複雑なストーリーが続くと思われるので、一度この一覧で秦にどんな将軍が存在していたか確認してみるのも面白いかもしれませんよ。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ