ゴジラシリーズの見る順番!全36作品の見方をご紹介

ゴジラシリーズの見る順番!全36作品の見方をご紹介

 

特撮映画の代表作といっても過言ではない「ゴジラシリーズ」

 

今回はそのゴジラシリーズの見る順番をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【ゴジラシリーズを見る順番】

 

【ゴジラシリーズの見る順番】
【作品名】 【公開日】
ゴジラ 1954年
ゴジラの逆襲 1955年
キングゴジラ対ゴジラ 1962年
モスラ対ゴジラ 1964年
三大怪獣 地球最大の決戦 1964年
怪獣戦争 1965年
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 1966年
怪獣島の決戦 ゴジラの息子 1967年
怪獣総進撃 1968年
ゴジラ・ミニラ・ガバラ・オール怪獣大進撃 1969年
ゴジラ対へドラ 1971年
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 1972年
ゴジラ対メガロ 1973年
ゴジラ対メカゴジラ 1974年
メカゴジラの逆襲 1975年
ゴジラ 1984年
ゴジラVSビオランテ 1989年
ゴジラVSキングギドラ 1991年
ゴジラVSモスラ 1992年
ゴジラVSメカゴジラ 1993年
ゴジラVSスペースゴジラ 1994年
ゴジラVSデストロイア 1995年
ゴジラ2000 ミレニアム 1999年
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 2000年
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 2001年
ゴジラ×メカゴジラ 2002年
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS 2003年
ゴジラ FINAL WARS 2004年
シン・ゴジラ 2016年
GODZILLA怪獣惑星(アニメ) 2017年
GODZILLA決戦機動増殖都市(アニメ) 2018年
GODZILLA星を喰う者(アニメ) 2018年
GODZILLA(ハリウッド版) 1998年
GODZILLAゴジラ(モンスターバース) 2014年
GODZILLA KING OF MONSTERS(モンスターバース) 2019年
godzilla.vs.kong(モンスターバース) 2020年5月予定

 

●見る順番としては上記のリストように視聴していくのがお勧めです。

 

●ゴジラシリーズは【昭和ゴジラ・平成ゴジラ・ミレニアムシリーズ・2010年代・アニメ版・ハリウッド版・モンスターバースシリーズ】という細かなジャンルで分けられています。

 

昭和ゴジラは①~⑮まで平成ゴジラは⑯~㉒までミレニアムシリーズは㉓~㉘まで㉙は2010年代アニメシリーズは㉚~㉜までハリウッド版は㉝モンスターバースシリーズは㉞~㊱までといったように時代、ジャンル、製作者ごとになっています。

 

●基本的に1作品完結のストーリー構成がほとんどですが、①~⑮までの昭和ゴジラに関しては話がつながっているので、①~⑮は順番を変えずに視聴するのをお勧めします。

この昭和ゴジラ以外はストーリーに関連性があまり見られませんのでどの順番でも物語的には問題ありませんが、は人類とゴジラにとって重要な作品となっているので、昭和ゴジラは最初に視聴していたほうがいいでしょう。

 

㉝~㊱に関しては、日本で製作されたものではなく、海外で作成された作品で日本のゴジラ像とは少し違うとらえ方で描かれていますので最後に視聴するのが良いでしょう。

 

以上のことを踏まえると上記リスト順に視聴していくのがベストではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

【ゴジラ 興行収入ランキングTOP5】

 

【興行収入ランキング】と共に「ゴジラ配信している動画サイト」もご紹介しています。

 

各動画サイトでは「お試し期間(〇日間無料)」を設けており、その期間内なら無料視聴することができます。

 

継続利用するつもりがない人は、その期間内に解約すれば料金がかかる事はないので、この機会にご利用を検討してみてください。

 

5位【ゴジラ×メカゴジラ】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【動員数】 【興行収入】
170万人 19億1000万円

 

1974年にもゴジラ対メカゴジラが上映されていましたが、なぜ2002年に上映された今作がランクインしているかというと、この作品は「新世紀エヴァンゲリオン」に影響を受けているような演出があり、エヴァンゲリオンファンが刺さったのでしょう。

 

さらにゴジラでは珍しいスピーディーなアクションも取り入れておりロボットが好きな人からの支持も大きかったのではないでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

4位【ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【動員数】 【興行収入】
240万人 27.1億円

 

本来この作品はゴジラシリーズ史上上位に入るほどの恐ろしく描かれており、とても人気ランキングに入るほどの作品ではなかったようです。

 

物語としては申し分ないほど面白い作品なのですが、泣き出す子供が続出し、本来予定になかった子供に人気のアニメ「とっとこハム太郎」を急きょコラボするという謎コラボが実現し、その甲斐があって動員数も持ち直し見事ランキングに入りました。

 

 

Sponsored Link

 

3位【GODZILLA KING OF MONSTERS】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【動員数】 【興行収入】
218万人 32億円

 

ゴジラのキャラクターに基づいてアメリカで制作されたSF映画として公開され、日本のゴジラのイメージを違う形で描かれ斬新さが話題となり世界的に有名になりました。

 

日本で公開された初日から2日間で3動員数33万人をこえ、映画観客動員数ランキングで初登場1位を取るなど大ヒットとなりました。

 

 

Sponsored Link

 

2位【GODZILLA(ハリウッド版)】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【動員数】 【興行収入】
360万人 51億円

 

この作品はハリウッドで制作され、1998年の発表された当時は世界的にニュースなどでも取り上げられ話題となっていました。

 

巨額な製作費をかけて大掛かりな映画となりましたが、今後ゴジラシリーズとして海外でも作られるきっかけとなった作品になりました。

 

 

Sponsored Link

 

1位【シン・ゴジラ】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【動員数】 【興行収入】
560万人 82.5億円

 

日本で長年制作されたゴジラシリーズの中でも興行収入、観客動員数共に飛びぬけていた為、文句なしの№1です。

何故ここまで人気が出たかというと、この作品で監督を務めた「庵野秀明」の存在が大きかったのではないでしょうか。

 

彼は社会現象を巻き起こした大人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の監督で、シン・ゴジラの監督を務めることが発表された際もかなり話題となっていました。

上映前の段階ですでに騒がれていただけに動員数・興行収入共に一気に跳ね上がったのは言うまでもありません。

 

 


 

いかがでしたか?

 

長きにわたり上映され続けるゴジラシリーズ。

 

この記事を参考にゴジラシリーズ最初から視聴してみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link

   

関連コンテンツ