itのピエロ役の俳優!歴代ペニーワイズをご紹介

itのピエロ役の俳優!歴代ペニーワイズをご紹介

 

「IT/イット」・「IT/イット”それ”が見えたら、終わり」・「IT/イットTHE END”それ”が見えたら、終わり」のITシリーズに登場する【ペニーワイズ】

 

白塗りの不気味な笑みを浮かべる殺人鬼で、その姿に強烈な恐怖を視聴者に植え付け、ホラー映画史上最恐のピエロと感じている人も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな「ペニーワイズ」を演じた歴代俳優についてご紹介しますので参考にしてください。

 

Sponsored Link

 

【恐怖のピエロ「ペニーワイズ」を演じた俳優たち】

 

そもそも「IT/イット”それ”が見えたら、終わり。」はリメイク作品となっており、今回の作品以前に1990年代に上映されていた作品で、「ペニーワイズ」を演じているのは前作(90年代)と今作(リメイク版)と2人います。

 

下記にて俳優についてご紹介していきます↓

 

 

【IT/イット】

参照元URL https://twitter.com/

 

【ペニーワイズ役】

参照元URL https://twitter.com/

 

【プロフィール】
【名前】 ティム・カリー
【生年月日/星座】 1946年4月19日/牡牛座
【血液型】 O型
【出身地】 イングランド
【身長】 175㎝

 

【出演作品】
【分類】 【作品名】
映画 ロッキー・ホラー・ショー
映画 タイムズ・スクエア
映画 アニー
映画 レジェンド/光と闇の伝説
映画 殺人ゲームへの招待
映画 レッド・オクトーバーを追え
映画 IT
映画 オスカー
映画 ホーム・アローン2
映画 三銃士
映画 シャドー
映画 コンゴ
映画 マペットの宝島
映画 ザ・タイタニック
映画 チャーリーズ・エンジェル
映画 最新絶叫計画
映画 愛についてのキンゼイ・レポート
映画 アメイジング・ワールド/勇士の帰還
映画 ムーンプリンセス・秘密の館とまぼろしの白馬
映画 バークアンドヘア

 

●牧師の父と学校秘書を両親に持つティム・カリーは、バーミンガム大学とケンブリッジ大学で演劇や英文学を学び舞台への道を歩み始めます。

 

大学卒業後、「ロッキー・ホラー・ショー」というミュージカルで、フルター博士役を演じ奇妙な化粧とランジェリー姿で踊る演技が絶賛され、それを機に様々な映画に出演するようになりました。

 

また、ペニーワイズ役では、カラフルな衣装に白塗りの顔の、まさしくピエロ特有の姿で子供達を殺す殺人鬼役の演技ではその演技力の高さから視聴者に恐怖をうえつけ、90年代最恐のホラーキャラとなりました。

 

Sponsored Link

 

「IT/イット”それ”が見えたら、終わり。」「IT/イット THE END」

 

参照元URL https://www.youtube.com/

 

【ペニーワイズ役】

参照元URL https://twitter.com/

 

【プロフィール】
【名前】 ビル・スカルスガルド
【生年月日/星座】 1990年8月9日/しし座
【血液型】 ???
【出身地】 スウェーデン
【身長】 192㎝

 

【出演作品】
【分類】 【作品名】
映画 White Water Fury
映画 アーン 鋼の騎士団part2愛と戦いの果てに
映画 シンプル・シモン
映画 青空の背後
映画 シーモンとオークの木
映画 アンナ・カレーニナ
映画 ヴィクトリア
映画 ダイバージェントFINAL
映画 IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。
映画 ムーミン谷とウィンターワンダーランド
映画 デッドプール2
映画 アトミック・ブロンド
映画 IT/イット THE END
ドラマ Livet i Fagervik
ドラマ ヘムロック・グローヴ
ドラマ キャッスルロック

 

●ビル・スカルスガルドは芸能人一家の4男で、10歳の時に「ホワイト・ウォーター・フューリー」で長編映画デビューを果たします。

 

その後、大学へは進学せず父(ステラン)や兄達と同じ俳優への道を選び、その後映画「シンプルシモン」で日本でも広く名を知られ、「ダイバージェントFINAL」、「アトミック・ブロント」などハリウッド大作に主演するなど人気俳優の仲間入りを果たします。

 

「IT/イットー”それ”が見えたら、終わり。」のペニーワイズ役では、時折両目が外側に向くところがあったのですが、CGでもコンタクトを使用したわけでも無くビル自身が本当に演じているもので、中々出来ることではなくビルの努力のたまものです。

 

こうしたビルの好演があり、怖くて魅力的なペニーワイズになったのでしょう。

 

2019年11月1日には日本で公開となり、続投となったビル・スカルスガルドの好演に期待が高まっています。

 


 

いかがでしたか?

 

2019年11月1日から「IT/イットTHE END ”それ”が見えたら、終わり。」(R15指定)が日本公開されます。

 

今回の記事を参考に「IT/イット」シリーズを見直し、11月1日に最高のホラーを味わってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ