ソーの斧(ストームブレイカー)の強さやスペックについて!作られた経緯もご紹介

ソーの斧(ストームブレイカー)の強さやスペックについて!作られた経緯もご紹介

 

アメコミに登場するキャラクターとして屈指の人気をほこるソーの活躍を描いた「マイティー・ソー」シリーズ。

 

2011年に第1作が公開されており、2013年・2017年にも続編が制作されている大人気シリーズとなっています。

 

その主人公であるソーは北欧神話のトールをモデルにしたキャラクターで、ムジョルニアやストームブレイカーといった斧を武器に戦います。

 

今回はそんな「マイティー・ソー」シリーズの中でソーが使う斧のスペックについてご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

ソーが持つ斧「ストームブレイカー」について

 

ストームブレイカーとは

 


ソーが現在使っている武器が「ストームブレイカー」と呼ばれる巨大な斧です。

 

もともと「ムジョルニア」という小型の斧を使っていたソーでしたが、実の姉のヘラとの戦いでヘラの手によって壊されてしまいました。(ムジョルニアについては後述)

 

「ムジョルニア」に代わって新しく作られた「ストームブレイカー」は半身ほどもある大きな斧で、柄には知性をもつ木であるグルートの枝が使われています。

 

怪力の持ち主であるソーとの相性は抜群で、両手で持って体全体を使って振ることでかなりの威力の攻撃を放つことができます。

 

ソーは「ストームブレイカー」を投げて攻撃することも得意としているほか、アスガルドと他の惑星をつなぐビフレストも展開できるといった様々な用途に使われます。

 

Sponsored Link

 

ストームブレイカーの神話的な背景

 

ソー (Thor) は北欧神話に登場する同名の神・トール (Thor) がモデルとなっていて、登場するキャラクターや武器なども北欧神話になぞらえているものが多いです。

 

ソーの「ムジョルニア」は「ミョルニル」という伝説の斧がモデルになっていますが、「ストームブレイカー」にはモデルがなく映画オリジナルの要素となっています。

 

「ミョルニル」はすさまじい威力があり、投げても持ち主の手に戻ってくるという点では「ストームブレイカー」と共通する点があるようですね。

 

「ストームブレイカー」を作ったドワーフ族の職人のエイトリは、「ミョルニル」の製造者として兄のブロックとともに同じ名前で北欧神話に登場していて、優れた武器を競ってつくっていた中で生まれた斧のようです。

 

このように北欧神話を理解していると、より作品を楽しめるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

ソーのムジョルニアが破壊され、ストームブレイカーを作った経緯

 

ムジョルニアが破壊されストームブレイカーを作るまで

 

 

ソーの父であるオーディンがロキによって力を奪われ、ソーは父を追って地球へとやっていきます。

 

地球に着いたソーたちを待っていたのは、実の姉であるヘラでした。

 

突然攻撃をしかけてくるヘラに対し「ムジョルニア」を投げて応戦しますが、ヘラに片手でいともたやすく防がれただけでなく粉々に破壊されてしまいます。

 

それからしばらくの間は自身の雷神としての力で戦いを続けるソーでしたが、サノスという絶対的な力をもつ敵を前に新たな斧を作ってもらうことに。

 

そこでソーが向かったのは「ムジョルニア」を作ったドワーフ族の職人が住む惑星・ニダベリア。

 

サノスの手によってすでに壊滅させられていたニダベリアでしたが、たまたま生き残っていた職人のエイトリの手によって「ストームブレイカー」は完成しました。

 

ムジョルニアが破壊されるまでの経緯は「マイティーソー バトルロワイヤル」で、ストームブレイカーが作られた経緯は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で描かれていますので興味のある方は視聴してみてください。

 

Sponsored Link

 

ムジョルニアの復活

 

「アベンジャーズ」シリーズの集大成となった「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、破壊されたはずの「ムジョルニア」が復活します。

 

タイム泥棒作戦によって、ソーが2013年のムジョルニアを現代へと呼び出したからです。

 

ムジョルニアとストームブレイカーを両手に持って戦うソーですが、サノスには一歩およばず。

 

一転してピンチに追い詰められたソーを救ったのは、ムジョルニアを持ったキャプテン・アメリカでした。

 

ムジョルニアは高潔な精神の者にしか持てない斧で、作中で持てるのはソーともう一人の雷神であるベータ・レイ・ビルだけだと思われていましたが、なんとキャプテン・アメリカにも扱えるようですね。

 

Sponsored Link

 

【マイティーソーシリーズ 無料視聴方法】

 

「マイティーソー」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「マイティーソー」が約1カ月間無料視聴することができる。
「お試し期間中」なら「マイティーソー」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「マイティーソー」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】

【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「マイティーソー」の配信状況】
マイティーソー

マイティーソー ダークワールド

マイティーソー バトルロワイヤル

【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。

 

 

 


 

以上、ソーの武器である「ストームブレイカー」の詳細についてご紹介してきました。

 

「マイティー・ソー」を含むアベンジャーズシリーズはどれも人気の高い作品で、これからも続編が作られていくようです。

 

そんな「マイティー・ソー」シリーズをU-NEXTにてまとめて視聴するのも良いのではないでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ