トランスフォーマーを見る順番(2019年)!映画シリーズの正しい見方をご紹介!

トランスフォーマーを見る順番(2019年)!映画シリーズの正しい見方をご紹介!

 

【トランスフォーマーを見る順番】

 

「トランスフォーマー」2007年公開

「トランスフォーマー/リベンジ」2009年公開

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」2011年公開

「トランスフォーマー/ロストエイジ」2014年公開

「トランスフォーマー/最後の騎士王」2017年公開

 

●トランスフォーマーを見る順番は「公開順①→②→③→④→⑤」視聴するのがセオリーです。

 

●見る順番から省いていますが「バンブルビー」というスピンオフ作品があります。

ストーリーは、第1作目「トランスフォーマー」の前日譚となります。

トランスフォーマーシリーズとの物語の繋がりがなく、もし見るのであればどのタイミングで見ても問題ありません。

 

Sponsored Link


【トランスフォーマー 各作品紹介】

 

「トランスフォーマー」

 

2007年公開作品。

惑星サイバトロンでは、「オートボット」と「ディセプティコン」という機械生命体が住んでいた。

 

彼らはトランスフォーマーと呼ばれ、「オールスパーク」という貴金属に魂を入れ込む物質により誕生した生命体。

 

しかし、「オールスパーク」を巡りトランスフォーマーたちは、悪の軍団「ディセプティコン」と正義の戦士「オートボット」という2つの組織に分かれ争いが起こってしまう。

 

その結果、惑星サイバトロンは滅びてしまい「オールスパーク」は宇宙のどこかへと消えてしまった。

 

時が流れ、遠く離れた地球では、少年「サム・ウィトウィッキー」が中古車を購入し、サムの憧れの女性「ミカエラ」をドライブに誘い車に乗り走り出したらなんと、突然車が変形。

それは正義の戦士「オートボットのバンブルビー」だった。

 

この出会いをキッカケに、地球のどこかに落ちたとされる「オールスパーク」を狙う悪の軍団「ディセプティコン」から狙われることに。

 

「オールスパーク」を巡る戦いに巻き込まれたサム。

また地球の運命のカギを握るのも実はこのサムなのです。

 

 

 

「トランスフォーマー/リベンジ」

 

2009年公開作品。

第1作から2年後の物語です。

 

第1作の続編となる今作は悪の軍団のリベンジ戦で、正義の戦士「オートボット」がアメリカ軍と協力し悪の軍団「ディセプティコン」の残党を倒していくもの。

 

また、サムの状況も変化しており大学に進学し、地元を離れ寮生活をしながらキャンバスライフをおくっていました。

 

大きな変化は、サムが「オールスパーク」の欠片を手にした時「古代サイバトロン語」が欠片の力によって脳裏に浮かぶようになっていたこと。

 

前作では13体しかいなかったトランスフォーマーも2作目では60体以上の登場となりスケールも格段に上がっています。

 

 

Sponsored Link

 

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」

 

2011年公開作品。

第3作では、新たな悪のトランスフォーマーが現れることになります。

 

宇宙を彷徨っていた「オートボット」のセンチネル・プライムは月にぶつかり命を落とすところをオプティマスに救われる。

 

しかし、裏では「メガトロン」と繋がっており悪に寝返ってしまう。

 

センチネルの計画によって悪の軍団「ディセプティコン」が地球へ襲来することとなる。

 

一方サムは新しい彼女と同棲生活をし、新しい仕事を始めましたが、その仕事で宇宙開発計画中止の書類を見てしまったことで「ディセプティコン」に狙われてしまうことに。

 

 

 

「トランスフォーマー/ロストエイジ」

 

2014年公開作品。

第4作目はセンチネルとの戦いから5年後の物語。

 

第3作まで主人公として奮闘してきたサムから「ケイド・イエーガー」になり新たな物語としてスタートしました。

 

人類を救うために頑張ってきたオートボットでしたが、悪の軍団ディセプティコンを倒した後、オートボット含むトランスフォーマー達を地球から追い出すことを支持する人々が増え迫害を受けるようになる。

 

そんな中、オートボットのリーダー「オプティマス・プライム」は反トランスフォーマ組織の襲撃によって戦闘不能状態になってしまった。

 

しかし、負傷したオプティマスを修理工を営むケイドが救い、ここから運命の歯車が動き出します。

 

回復したオプティマスは仲間たちとともにオートボットを破壊している企業に乗り込み工場を破壊するも、そこに登場した人造トランスフォーマーに襲われてしまいます。

 

さらに賞金稼ぎのトランスフォーマー・ロックダウンも登場し三つ巴の戦いへと発展していくことになります。

 

 

 

「トランスフォーマー/最後の騎士王」

 

2017年公開作品。

第5作からは前作の戦いでオプティマスは宇宙に旅立ち数年の時が流れたころの物語となっています。

 

人類とトランスフォーマーの争いは激化していくなか、新たにオートボットのリーダーとなった「バンブルビー」は、対トランスフォーマー部隊「TRF」とディセプティコンと激戦を強いられていました。

 

一方惑星サイバトロンが地球に急接近していることが判明し、バンブルビーはこの危機から地球を救うためにはオートボットの騎士がアーサー王に授けたとされる杖が必要だということを知ります。

 

その杖をめぐりさらに激闘を繰り広げる中、突如オプティマスが帰還。

しかしオプティマスはクインテッサ人によって洗脳された悪の存在となっていたのです。

 

さらにクインテッサ人は地球を滅亡させ惑星サイバトロンを復活させようと目論んでおり、バンブルビーはケイドとともに人類を救うため立ち上がる。

 

 

Sponsored Link


【トランスフォーマーシリーズを見るならU-NEXTがおすすめ】

 

U-NEXTでは、トランスフォーマーシリーズの映画全作品の視聴が可能となっています。

 

① トランスフォーマー

トランスフォーマー/リベンジ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

トランスフォーマー/ロストエイジ

トランスフォーマー/最後の騎士王(要ポイント 540P)

 

①②③④の作品は見放題作品、は見放題対象外作品となりポイントが必要な有料コンテンツになります。

 

 

 

おすすめする理由:上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「トランスフォーマーシリーズ」を期間限定(31日間)で無料視聴することができる。

 

おすすめする理由:U-NEXTでは「31日間無料トライアル」に登録すると加入特典として600ポイントのプレゼントが受け取れるので、このポイントを利用するとも無料で楽しむ事ができる。

 

 

詳しくは、以下で視聴するまでの流れを記載していますので参考にしてください↓

 

U-NEXT】

 

▼「トランスフォーマー シリーズ」の配信状況

トランスフォーマー(~2019年9月19日 23:59まで配信)

トランスフォーマー/リベンジ(~2019年9月19日 23:59まで配信)

トランスフォーマー・ダークサイド・ムーン(~2019年10月4日 23:59まで配信)

トランスフォーマー/ロストエイジ(~2019年9月19日 23:59まで配信)

トランスフォーマー/最後の騎士王 (~2019年9月30日 23:59まで配信 要540P)

 

▼U-NEXTで「トランスフォーマーシリーズ 」を無料でみる流れ(未登録の方のみ)

1:U-NEXTの公式サイトへいき「まずは31日間無料体験」のボタンから登録。

2:登録後、ページ上部の検索窓にて「トランスフォーマー」で検索。

3:「トランスフォーマー」の作品が出てくるので、見たい作品をクリックし視聴する。

 

 

 

▼U-NEXTの特徴

●利用料金:月額1990円(税別)

●無料お試し期間:「31日間無料トライアル」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)

●配信ジャンル:洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、雑誌、漫画、ラノベ、書籍

●こんな人におすすめ:洋画、海外ドラマ、アニメを中心によく見る人

 

▼U-NEXTの長所

●映像作品約90000本(見放題作品)を無料で視聴することができる!

●海外映画配信数が断トツ!

 

※最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

※「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間月額料金が無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。

 

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

トランスフォーマーシリーズは、作品が進むにつれスケールが壮大になっていき、物語も複雑になっていきます。

 

シリーズ1作目から公開順に視聴していかないと訳がわからなくなってくるので、上記でご紹介した順番を参考に視聴してみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ