リディックの見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

リディックの見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

 

「リディック」シリーズはアメリカで制作・公開され、2000年に上映された「ピッチブラック」を皮切りに2004年に「リディック」、そして2013年に続編「リディック・ギャラクシーバトル」とシリーズ化されている2000年代を代表するSF映画です。

 

また、作品に登場するリディック役は、「ワイルドスピード」でおなじみの俳優・ヴィン・ディーゼルが演じています。

 

この作品は世に彼の名前が知られるキッカケとなった「出世作」です。

 

今回はそんな「リディック」シリーズの見る順番をご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【リディック 映画シリーズを見る順番】

 

【リディックシリーズの見る順番】
【分類】【作品名】【公開日】
映画ビッチブラック2000年12月
映画リディック2004年8月
映画リディック・ギャラクシーバトル2013年3月
映画リディック4(仮題)未定

 

●「リディック」シリーズの見る順番は上記の様に公開順で視聴していくのがセオリーです

 

●タイトルが明らかに①は違いますが、が記念すべき最初のリディック一作目です。

の4年後が描かれていますので、から見てもストーリーは楽しめますが、リディックの世界観から入るのはやはりから見ていくとより楽しんでみることが出来ます。

そして公開順に時間が進行していますので順番をごちゃごちゃに視聴してしまうと、世界観やリディックのこれまでの展開が把握できなくなってしまうのでお勧めできません。

各作品はそれほど物語上深いつながりはありませんので「ここを見なければわからなくなる」といったことはありませんが、公開順ににリディックの部署的なものが変わっていっているので、上記の順番で視聴するのが最もお勧めです。

 

Sponsored Link

 

【リディック 映画シリーズ無料視聴方法】

 

「リディック」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「リディック」が約1カ月間無料視聴することができる。
上記配信サービスの「お試しキャンペーン」を交互に利用すると、約1カ月間「リディック」の視聴が堪能できる!

※U-NEXTお試し期間31日

「お試し期間中」なら「リディック」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!

 

以上が、上記配信サービスで「リディック」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】

【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「リディックシリーズ」の配信状況】
ピッチブラック

リディックーギャラクシー・バトル

【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。

 

 

 

【リディック 映画シリーズ各作品詳細】

 

【ピッチブラック】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2000年12月
【視聴時間】2時間(ディレクターズカット版)
【監督】デヴィッド・トゥーヒー
【キャスト】リチャード・B・リディック/ヴィン・ディーゼル

キャロリン・フライ/ラダ・ミッチェル

ウィリアム・J・ジョンズ/コール・ハウザー

アブ・アル・ワリド/キース・デイヴィッド

パリス・P・オーグルビー/ルイス・フィッツジェラルド

 

【あらすじ】

凶悪犯を移送中の宇宙船が突如事故にあい、急遽未知の惑星に不時着します。

 

凶悪犯含む生存者たちは惑星を探索しながらサバイバル生活を強いられてしまう。

 

探索開始した後、以前この惑星で生活していた調査隊の基地を発見し、そこでこの惑星にいるエイリアンの存在を知ることに…

 

【見どころ】

「リディック」シリーズの記念すべき第1作目。

 

主人公のリディックは正義のヒーローではなく凶悪な犯罪者でその性格や設定が元来のエイリアンとは違う新たな存在を確立したSFアクション・スリラーが誕生しました。

 

また、主人公・リディックを演じていたのは、ワイルドスピードシリーズでも有名な俳優・ヴィン・ディーゼルで、この作品は彼の出世作となった貴重な作品です。

 

Sponsored Link

 

【リディック】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2004年8月
【視聴時間】1時間58分
【監督】デヴィッド・トゥーヒー
【キャスト】リディック/ヴィン・ディーゼル

エアリオン/ジュディ・デンチ

ロード・マーシャル/コルム・フィオール

ディム・ヴァーコ/タンディ・ニュートン

ヴァーコ/カール・アーバン

 

【あらすじ】

前作「ピッチブラック」で壮絶なサバイバルからエイリアンの都の戦いを経て何とか脱出することが出来たリディック。

 

その壮絶な脱出劇から4年が経過し、相変わらず賞金稼ぎに追われるリディックは自分に懸賞金をかけた人物を追ってへリオン第1惑星へと向かいます。

 

しかし、ヘリオン第1惑星は侵略者ネクロモンガーの攻撃にさらされていたのです。

 

リディックに懸賞金をかけたエアリオンはリディックに星を救ってほしいと頼みますが…。

 

【見どころ】

B級映画ながら大ヒットとなった前作の続編となります。

 

今作からは制作の方向性を一新し、スリラー要素がなくなり、アクション要素をふんだんに盛り込んだSFアクション作品となっています。

 

主人公リディックは前作に引き続きヴィン・ディーゼルが続投となりましたが、主人公以外の配役は一新され新たな作品の扱いでの公開となりました。

 

【リディック ギャラクシー・バトル】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2014年3月
【視聴時間】1時間59分
【監督】デヴィッド・トゥーヒー
【キャスト】リディック/ヴィン・ディーゼル

サンタナ/ジョルディ・モリャ

ボス・ジョンズ/マッド・ネイブル

ダール/ケイティ・サッコフ

ディアス/ディブ・バウティスタ

モス/ボギーム・ウッドバイン

ルナ/ノーラン・ジェラード・ファンク

ヴァーコ/カール・アーバン

 

【あらすじ】

武装集団ネクロモンガーの指導者となったリディック。

 

しかし、仲間の裏切りによって未開の惑星に置き去りにされてしまい、またもサバイバル生活を強いられることになります。

 

さらにリディックの懸賞金目当てにやってきた雇い兵たちも現れ…。

 

【見どころ】

今作でも主人公・リディックを演じたヴィン・ディーゼルはリディックの孤独などをより深く演じる為に、自ら森の中で暮らして役作りに挑んだというエピソードがあるほど、作品に対する情熱を感じられます。

 

見どころはなんといってもリディック等が繰り広げるサバイバルアクションシーンは圧巻の映像で、スリル溢れるストーリーは息をするのも忘れてしまうほどです。

 

Sponsored Link

 

【Furya(仮)】

 

【公開日】未定
【視聴時間】
【監督】デヴィッド・トゥーヒー
【キャスト】未発表

 

【製作進行中】

脚本は2019年の段階で完成しており、これまでシリーズで主役・リディックを演じてきたヴィン・ディーゼルがプレゼントとして受け取ったようです。

 

現段階では「企画進行中」とのことで、公開日やキャストも未定の状態、さらにコロナ過もありずいぶん先になってしまう可能性も否定できません。

 

今回予定されているシリーズ4作目でもリディック役はヴィンが続投する期待が高まりますが、現在では「ワイルドスピードシリーズ」や「トリプルX」などの大作に出演する人気俳優となった彼のスケジュール次第では…との見解もあります。

 

いずれにしてもこれほどシリーズ化ともなっている作品ですので、今後の発表を期待しながら待ちたいと思います。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、「リディック」シリーズを順番にご覧いただいてSFアクションを堪能してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ