リングを見る順番!映画のフル視聴方法もご紹介!

リングを見る順番!映画のフル視聴方法もご紹介!

 

【リングシリーズの見る順番】

 

「リング」(1998年1月公開)

「リング2」(1999年1月公開)

「リング0 バースデイ」(2000年1月公開)

「らせん」(1998年1月公開)

「貞子3D」(2012年5月公開)

「貞子3D 2」(2013年8月公開)

「貞子」(2019年5月公開)

 

●以上がオススメの見る順番になります!

 

●「貞子」は鈴木光司の「タイド」という小説の実写映画化作品で、「リング」シリーズの完結編になります。

 

●ちなみに、「リング」と同時上映で公開された続編が「らせん」です。

 

しかし、「らせん」は原作に沿った続編ではあったものの、あまり評判良くない続編でした。

 

ですから、「リング」→「リング2」→「リング0」と見た後で、「リング2」のパラレルワールドの作品として「らせん」を視聴することをオススメします。

 

 

「リング」シリーズには以下のクロスオーバー作品もあります。

クロスオーバー作品

「貞子vs伽椰子」(2016年6月公開)

 

●こちらは「リング」と「呪怨」のクロスオーバー作品になります。

 

●この作品だけみても十分内容がわかるようになっていますので、どのタイミングで視聴しても構いません。

 

 

「リング」シリーズにはアメリカでリメイクされた以下の作品があります。

アメリカ版 リメイク作品

「ザ・リング」(2002年11月公開)

「サ・リング2」(2005年6月公開)

「ザ・リング/リバース」(2018年1月公開)

 

●アメリカ版「リング」は日本版の「リング」シリーズをすべて見た後に見るのをオススメします。

●また、アメリカ版「リング」は上記の順番で見るのがおすすめです。

 

●以降でご紹介する【各作品詳細】と共に「リングを配信している動画サイト」もご紹介しています。

各動画サービスでは「お試し期間(〇日間無料)」を設けており、その期間内なら無料視聴することができます。

継続利用するつもりがない人は、その期間内に解約すれば料金がかかる事はないので、この機会にご利用を検討してみてください。

 

Sponsored Link

 


 

【リングシリーズ 各作品紹介】

 

【リング】

 

 

都市伝説について調べていたテレビ局のディレクター浅川玲子は見たものを一週間後に殺す「呪いのビデオ」のことを知る。

 

実は玲子の命も数日前に奇妙な死に方をしていたのだが、その姪と「呪いのビデオ」に関わった噂のある男女は同じ日の同じ時刻に死んでいた。

 

玲子は「呪いのビデオ」について調査を進めていくうちに自分もまた「呪いのビデオ」を見てしまう。

 

 

【リング2】

 

 

謎の死を遂げた高山竜司の恋人である高野舞は「呪いのビデオ」の存在を知る。

 

そして浅川玲子の後任で「呪いのビデオ」の調査をしている岡崎と共にビデオについて調査を進めていく。

 

そして舞は身を隠していた玲子と玲子の息子の洋一と出会う。

 

しかし陽一には貞子の怨念が憑りついてしまっていた。

 

陽一を救うために舞は貞子の故郷である大島へと向かうのだった。

 

 

【リング0 バースデイ】

 

 

呪いのビデオ事件から30年前。

 

事件では怨霊として登場した貞子が生きていた頃の物語。

 

18歳の山村貞子は女優として東京の劇団「飛翔」に所属していた。

 

劇団では主演女優の葉月愛子が謎の死を遂げ、代役として貞子が主演女優となることが決まる。

 

同じ頃、貞子の母親である志津子の超能力実験で婚約者を亡くした新聞記者の宮地彰子は婚約者が死んだのは貞子の超能力であると考えて貞子を追っていた。

 

 

【らせん】

 

 

変死した高山竜司の友人である安藤満男は竜司の解剖を担当することになった。

 

死因は肉腫によって心臓への血流が停止した心不全だったが、胃の内容物に不審なものが混ざっていた。

 

それは暗号のような数列が書かれた一片の紙だった。

 

その後、竜司の元助手高野舞から彼が「呪いのビデオ」の調査を浅川という男と行っていたことを知る。

 

浅川は竜司の死後に妻子も失い、廃人同然となっていた。

 

安藤は浅川が記していた事件に関する手記を手に、医師の仲間である宮下と共に調査に乗り出す。

 

 

【貞子3D】

 

 

教師・鮎川茜が勤務する女子高では「呪いの動画」がうわさになっていた。

 

その動画は、男が首を絞められる映像のあとに「お前じゃない」という声が流れ、それを見たものは死んでしまうという。

 

茜の教え子、典子は動画捜しに躍起になっていたが、ついに動画を発見して動画を再生し、マンションから転落死してしまう。

 

彼女の変死事件の捜査から、動画を閲覧した後に変死した人間が複数いることがわかる。

 

 

【貞子3D 2】

 

 

呪いの動画事件から5年後、茜には娘の凪が生まれていた。

 

しかし茜は凪の産後に死亡してしまい、夫の安藤孝則は妹の楓子に凪の世話を頼む。

 

やがて呪いの動画事件が再び起こり始める。

 

楓子はそれが凪の周囲で怒っていることに気が付き、調査を始めるのだった。

 

過去の呪いの動画事件の死の連鎖はまだ終結してしていなかったのだ。

 

 

【貞子】

参照元URL https://twitter.com/

 

 

安藤孝則はCG制作会社の上司からある動画の加工を頼まれる。

 

それには男が首つり自殺する様子が映されていた。

 

そして孝則の恋人で彼の子どもを妊娠している茜は偶然その動画を彼の部屋で見てしまう。

 

動画に映っていた男に茜は見覚えがあった。

 

彼は柏田誠二。

 

連続殺人罪で死刑になったはずの男だった。

 

 

【貞子vs伽椰子】

 

 

大学生の倉橋有里は親友の夏美に彼女の両親の結婚式のビデオのダビングを頼まれる。

 

そのことで偶然「呪いのビデオ」を入手してしまい、それを夏美が見てしまう。

 

2人は除霊をしようと試みるが失敗。

 

有里は夏美を救うために自分も「呪いのビデオ」を見て呪いにかかる。

 

同じ頃、入ると死ぬという「呪いの家」に入ってしまった高木鈴花は彼女を助けようとして犠牲になった両親のおかげで逃げ延びていた。

 

しかし彼女呪いは解けたわけではなかった。

 

「呪いのビデオ」と「呪いの家」の呪いから少女たちを救いたい霊能者の常盤経蔵と助手の珠緒は呪いの元凶である貞子と伽椰子を戦わせるという奇策を思いつくのだった。

 

 

【ザ・リング】

 

 

ベッカはテープをみると「あと7日」という死の予告の電話がきてその通りに死ぬという噂話をケイティから聞く。

 

その噂通り、数日後、テープを見たケイティは自宅で死んでいた。

 

ケイティの母親から娘の死の真相を調べてほしいと頼まれたレイチェル・ケラーはその調査の過程で「呪いのビデオ」を見てしまい、呪いにかかってしまった。

 

レイチェルは夫のノアと共にこの「呪いのビデオ」について調査を始める。

 

そして彼らは呪いの元凶であるサマラの存在へと行きつくのだった。

 

 

【サ・リング2】

 

 

サマラから逃れるためにエイダンと共にシアトルから明日とリアへと引越してきたレイチェル。

 

しかしサマラの呪いは終わっていなかった。

 

町では顔が異様に歪んだまま死んでいる男が発見され、彼の家には「呪いのビデオ」があった。

 

それからレイチェルのまわりでは怪現象が起こり始め、レイチェルはサマラの実母のエヴリンに会いに行くのだった。

 

 

【ザ・リング/リバース】

 

 

見ると必ず7日後に死ぬと言われる「呪いのビデオ」を見てしまったジュリア。

 

彼女は自分にかけられた呪いを解くために恋人のホルトとともに「呪いのビデオ」について調べ始める。

 

彼らはやがてサマラという一人の少女がこの呪いに関わっていることを知るが、それはさらなる恐怖の始まりでしかなかった。

 

 


 

2019年5月にいよいよ完結編の「貞子」が公開された「リング」シリーズ!

 

完結編を見るまえにこれまでの「リング」シリーズをおさらいしてみてはいかがでしょうか?

 

その時には今回紹介した「リング」シリーズの見る順番を参考してみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ