リーアムニーソン主演映画のおすすすめランキングBest10

リーアムニーソン主演映画のおすすすめランキングBest10

 

1952年生まれ、俳優として活動を開始してから既に30年以上、60歳を越えながらハリウッドで活躍する俳優「リーアム・ニーソン」

 

今やアクション俳優として数多くの作品に出演しており、そのカッコよさからリーアムニーソンのファンになった人も多いかと思います。

 

最近では、アクション映画出演が多いので「強くて渋いおじさん」というイメージがありますが、それだけではない姿を見せている作品もたくさんあります。

 

今回は「リーアム・ニーソンが主演を務める映画作品をランキング形式」でいくつかご紹介します。

 

Sponsored Link

【リーアムニーソン主演映画おすすめランキングBest10】

 

ランキングと共に「リーアムニーソン主演作品配信している動画サイト」もご紹介しています。

各動画サービスでは「お試し期間(〇日間無料)」を設けており、その期間内なら無料視聴することができます。

継続利用するつもりがない人は、その期間内に解約すれば料金がかかる事はないので、この機会にご利用を検討してみてください。

 

第10位 【特攻野郎Aチーム THE MOVIE】

 

 

【公開日】

2010年

 

【視聴時間】

117分

 

【国】

アメリカ

 

【監督】

ジョー・カーナハン

 

【キャスト】

 ハンニバル”ジョン・スミス大佐/リーアム・ニーソン ”フェイス”テンプルトン・ペック中尉/ブラッドレイ・クーパー 他

 

・作品紹介

「デカいことヤローぜ。」をキャッチコピーとした1983年の同名テレビシリーズの映画版。

とある任務の中で濡れ衣を着せられ懲役していたアルファ部隊。

自身の潔白を証明するべく、追跡をかわしながら真実を追い求めるアクション大作となっています。

 

 

Sponsored Link

第9位 【フライト・ゲーム】

 

 

【公開日】

2014年

 

【視聴時間】

107分

 

【国】

アメリカ、フランス

 

【監督】

ジャウマ・コレット=セラ

 

【キャスト】

 ビル・マークス/リーアム・ニーソン ジェン・サマーズ/ジュリアン・ムーア 他

 

・作品紹介

飛行機に乗り込んだ一人の航空保安官のもとに殺人予告と大金の要求が書かれたメールが届く。

人質は同じ飛行機に乗り合わせた100人を超える乗客、そして同様に100人を超える飛行機内の容疑者から犯人を捜すサスペンス映画。

各国で高い評価を獲得している作品です。

 

 

Sponsored Link

第8位 【誘拐の掟】

 

 

【公開日】

2014年

 

【視聴時間】

114分

 

【国】

アメリカ

 

【監督】

スコット・フランク

 

【キャスト】

 マット・スカダー/リーアム・ニーソン ピーター・クリスト/ボイド・ホルブルック 他

 

・作品紹介

リーアム・ニーソンがアルコール依存症の探偵を演じたサスペンス映画。

ある事件の誘拐犯を見つけてほしいと相談を受けるが、事件はただの誘拐では終わらなかった。

リーアム・ニーソン主演作としては珍しくアクション控えめな作品ですが、その分サスペンスとしての色が濃く見応えのある作品となっています。

 

 

Sponsored Link

第7位 【ダークマン】

 

 

【公開日】

1990年

 

【視聴時間】

96分

 

【国】

アメリカ

 

【監督】

サム・ライミ

 

【キャスト】

 ペイトン・ウェストレイク/ダークマン/リーアム・ニーソン ジュリー・ヘイスティングス 他

 

・作品紹介

殺し屋に襲われ命の危機に瀕した科学者ペイトンの復讐を描いたヒーロー映画。

全身に重度の火傷を負ってしまった主人公役で出ているため、本編のほとんどでリーアム・ニーソンはその顔を包帯で隠している不思議な作品です。

監督はその後「スパイダーマン」シリーズで人気を集めるサム・ライミ。

 

 

Sponsored Link

第6位 【アンノウン】

 

 

【公開日】

2011年

 

【視聴時間】

113分

 

【国】

アメリカ、ドイツ

 

【監督】

ジャウマ・コレット=セラ

 

【キャスト】

 マーティン・ハリス/リーアム・ニーソン ジーナ/ダイアン・クルーガー 他

 

・作品紹介

事故により記憶が曖昧になってしまったことから陰謀に巻き込まれる男を描いたサスペンス映画。

自分の正体を見つけられないまま事件へと挑むリーアム・ニーソンの苦悩が特徴的ですが、やはり彼ならではのアクションも満載な作品となっています。

 

 

Sponsored Link

第5位 【トレイン・ミッション】

 

 

【公開日】

2018年

 

【視聴時間】

105分

 

【国】

アメリカ、イギリス、フランス

 

【監督】

ジャウマ・コレット=セラ

 

【キャスト】

 マイケル・マコーリー/リーアム・ニーソン ジョアンナ/ヴェラ・ファーミガ 他

 

・作品紹介

セールスマン演じるリーアム・ニーソンが謎の女性から奇妙なゲームへの参加を求められるところから、陰謀に巻き込まれることになるサスペンスアクション。

監督は本作でリーアム・ニーソンと4度目のタッグとなるジャウム・コレット=セラ。

 

 

第4位 【ザ・シークレットマン】

 

 

【公開日】

2017年

 

【視聴時間】

103分

 

【国】

アメリカ

 

【監督】

ピーター・ランデズマン

 

【キャスト】

 マーク・フェルト/リーアム・ニーソン オードリー・フェルト/ダイアン・レイン 他

 

・作品紹介

1972年にアメリカで実際に起きたウォーターゲート事件の真相を描いたサスペンス映画。

事件の発端となる「盗聴」と、その後30年以上にもわたって正体不明であった事件の重要人物である通称「ディープ・スロート」、アメリカ史に残る大きな事件を描いた作品としてリーアム・ニーソンファンの間では高い人気を博しています。

 

 

第3位 【マイケル・コリンズ】

 

 

【公開日】

1996年

 

【視聴時間】

133分

 

【国】

イギリス、アイルランド、アメリカ

 

【監督】

二―ル・ジョーダン

 

【キャスト】

 マイケル・コリンズ/リーアム・ニーソン ハリー・ボランド/エイダン・クイン 他

 

・作品紹介

アイルランドの独立運動に力を注いだ男、マイケル・コリンズの姿を描いた実話。

主演のリーアム・ニーソン自身がアイルランド出身の俳優であり、ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞、ならびに主演男優賞の獲得にも至った作品でもあります。

 

第2位 【96時間】

 

 

【公開日】

2008年

 

【視聴時間】

93分

 

【国】

フランス

 

【監督】

ピエール・モレル

 

【キャスト】

 ブライアン・ミルズ/リーアム・ニーソン キム/マギー・グレイス 他

 

・作品紹介

さらわれた娘を取り戻すために奮闘する元CIA工作員の最強の父親の姿を描いた作品。

後に「96時間/リベンジ」「96時間/レクイエム」が公開された人気シリーズの第一作であり、リーアム・ニーソンの代表作とも言える作品です。

脚本には世界的な監督として名を知られるリュック・ベッソンが名を連ねています。

 

 

第1位 【シンドラーのリスト】

 

 

【公開日】

1993年

 

【視聴時間】

195分

 

【国】

アメリカ

 

【監督】

スティーヴン・スピルバーグ

 

【キャスト】

 オスカー・シンドラー/リーアム・ニーソン イザック・シュターン/ベンキングズレー 他

 

・作品紹介

第二次世界大戦時のドイツによるホロコーストからユダヤ人を救った男性を描いた実話。

三時間を超える長尺の本編は、ほぼ全編にわたってモノクロで描かれているのが特徴です。

監督は「E.T.」「インディ・ジョーンズ」シリーズでお馴染みのスティーブン・スピルバーグ。

 

 


 

いかがでしかた?

 

カッコいいおじさんで有名な俳優「リーアム・ニーソン」は様々な作品に出演しています。

 

これを機に、まだ見ていない作品がありましたら、是非ご覧になってみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ