スーパーマンを見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

スーパーマンを見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

 

スーパーマンは、1938年にアメリカでDCコミックスから登場しました。

 

スーパーマン作品は、映画、ドラマ、アニメ、ゲーム等様々な媒体で登場した人気のある作品で、未だ人気は衰えることを知りません。

 

今回そんなスーパーマンシリーズの映画について見る順番を解説していきます。

 

Sponsored Link

 

【スーパーマン 映画シリーズを見る順番】

 

【スーパーマンシリーズの見る順番】
【分類】【作品名】【放送・公開日】
映画スーパーマン1978年6月30日
映画スーパーマンⅡ1980年12月4日
映画スーパーマンリターンズ2006年6月21日
映画スーパーマンⅢ1983年6月16日
映画スーパーマンⅣ1987年12月19日
映画スーパーガール1984年7月19日
映画マン・オブ・スティール2013年8月30日
映画バッドーマン vs スーパーマンジャスティスの誕生2016年3月25日
映画スーサイド・スクワット2016年9月10日
映画ワンダー・ウーマン2017年8月25日
映画ジャスティス・リーグ2017年11月20日

 

●この作品は、上記のような順番で、見ていくのが分かりやすいです。

 

●1948年に連続活劇として3作品製作されていますが、見る順番としては1978年からのスーパーマンから身始めて構いません。

 

●スーパーマンリターンズでは、俳優が変更されています。

 

●マン・オブ・スティールは、今までのスーパーマンのストーリーを新たにリブートされた作品なので、ここから俳優がガラリと変わり一からのスタートとなります。

なので、話の全体が掴めればいいのであれば、マン・オブ・スティールから見てもいいかもしれません。

 

●ワンダーウーマンからジャスティス・リーグは、マン・オブ・スティールからスーサイド・スクワッドの時系列上で起きた出来事の作品です。

 

●スーパーガールは、スーパーマンシリーズのスピンオフ作品となっていますので、見なくても問題はありません。

 

Sponsored Link

 

【スーパーマン 映画シリーズ無料視聴方法】

 

「スーパーマン」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「スーパーマン」が約1カ月間無料視聴することができる。
「お試し期間中」なら「スーパーマン」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「スーパーマン」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】

【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「スーパーマン」の配信状況】
スーパーマン リターンズ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

マン・オブ・スティール

スーサイド・スクワッド

ワンダー・ウーマン

ジャスティス・リーグ

【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。

 

 

 

【スーパーマン 映画シリーズ各作品詳細】

 

【スーパーマン】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】1978年6月30日
【視聴時間】2時間24分
【監督】リチャード・ドナー
【キャスト】クラーク・ケント/スーパーマン: クリストファー・リーヴ

ロイス・ロイン: マーゴット・ギダー

ジョー=エル: マーロン・ブランド

レックス・ルーサー: ジーン・ハックマン

オーティス: ネット・ビーティー

イヴ・テッシュマッカー: ヴァレリー・ペイン

ジミー・オルセン: マーク・マクルーア

俳優がクリストファー・リーヴとなって初めての作品で、この俳優となってからのスーパーマンが一番知られています。

 

このシリーズの魅力は、スーパーマンとクラーク・ケントという二つの顔として生活をし、生活風景の描写とレックス・ルーサーの悪の企みを阻止するというスーパーマンとしての仕事の描写が非常に面白みのあるカットがあるということです。

 

この映画は、オリジナルとなって始めの作品なのでこの先に期待ができる作品です。

 

 

Sponsored Link

 

【スーパーマンⅡ】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】1980年12月4日
【視聴時間】2時間7分
【監督】リチャード・レスター
【キャスト】クラーク・ケント/スーパーマン: クリストファー・リーブ

ロイス・レーン: マーゴット・ギダー

レックス・ルーサー: ジーン・ハックマン

オーティス: ネッド・ビーティー

ゾッド将軍: テレンス・スタンプ

イヴ: ヴァレリー・ペリン

ボンド・アー: マリア・シェル

ララ: スザンナ・ヨーク

スーパーマンの続編となっており、悪役としてゾッド将軍が出てきます。

ゾッド将軍が一方的に破壊活動を始め、それを阻止するのが今回の物語です。

 

また、同僚の女性記者に自分がスーパーマンであることがバレてしまいます。

 

女性記者にバレてスーパーマンとクラーク・ケントは、どうなってしまうのかドキドキです。

今作も前作に引き続き面白いこと間違いないのでぜひ見てみてください。

 

 

Sponsored Link

 

【スーパーマンリターンズ】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2006年6月21日
【視聴時間】2時間34分
【監督】ブライアン・シンガー
【キャスト】クラーク・ケント/スーパーマン: ブライドン・ラウス

ロイス・レイン: ケント・ボスワース

レックス・ルーサー: ケヴィン・スペイシー

リチャード・ホワイト: ジェームス・マースデン

ジェイソン・ホワイト: トリスタン・レイク・リーブ

ペリー・ホワイト: フランク・ランジェラ

マーサ・ケント: エヴァ・マリー・セイント

キティ・コワルスキー: パーカー・ポージー

スーパーマンⅡの続編ではありますがスーパーマンの役の起用がクリストファー・リーヴではありません。

上映期間が2006年ということで俳優も大幅に変更されています。

 

故郷の星クリプトンの残骸が発見された事を聞き、愛するロイスに別れも告げずに旅立ってから5年後、物語はここから始まります。

宇宙の墓場から地球に帰還したスーパーマンは、地球が変わってしまっていることに困惑してしまいます。

 

スーパーマンが刑務所に連れていったレックス・ルーサーが法の整備不足で起訴できず、釈放されてしまいます。

レックス・ルーサーは、釈放後にスーパーマンの家「孤独な要塞」に忍び込み、クリプトンの科学の結晶であるクリスタルを盗み出します。

 

クラーク・ケントがデイリープラネット社に復帰した当日、ロイスは新型シャトルの飛行実験に立ち会うがルーサーが起こした停電のせいで命を落としかけスーパーマンに救われます。

 

次にルーサーは、自然博物館に忍び込んでクリプトナイトを盗み出します。

このクリプトナイトがスーパーマンを苦しめることになります。

 

この後スーパーマンは、クリプトナイトのせいで絶対絶命の状況になってしまいます。

スーパーマンは、絶対絶命な状況は乗り切れたのか?

前作同様にハラハラする展開からは、目が離せません。

 

 

Sponsored Link

 

【スーパーマンⅢ】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】1983年6月16日
【視聴時間】2時間3分
【監督】リチャード・レスター
【キャスト】スーパーマン/クラーク・ケント:クリストファー・リーヴ

ガス・ゴーマン: リチャード・プライアー

ラナ・ラング: アネット・オトゥール

ロイス・レーン: マーゴット・ギダー

ペリー・ホワイト: ジャッキー・クーパー

ジミー・オルセン: マーク・マクルーア

ロス・ウェブスター: ロバート・ヴォーン

ヴェラ・ウェブスター: アニー・ロス

スーパーマンリターンズから俳優が元に戻り、クリストファー・リーヴ起用となっています。

 

今回の悪役ウェブスターによってクリプトナイトを送りつけられてその影響でスーパーマンの善と悪の人格に分離されてしまうというシーンがあります。

善と悪のスーパーマンは、戦うことになるのですがこの戦いでどっちが勝利するのでしょうか?

そしてスーパーマンの迎撃を企んでいるウェブスターの計画の阻止はできたのでしょうか?

 

人格分離という演出でクリストファーリーヴが一人二役をやっています。

一人二役も見所の1つです。

演出にもこっていますので面白いことは、間違いありません。

是非見てみてください。

 

 

Sponsored Link

【スーパーマンⅣ】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】1987年12月19日
【視聴時間】1時間33分
【監督】シドニー・J・ヒューリー
【キャスト】スーパーマン/クラーク・ケント: クリストファー・リーヴ

ロイス・レーン: マーゴット・ギダー

レックス・ルーサー: ジーン・ハックマン

ペリー・ホワイト: ジャッキー・クーパー

ジミー・オルセン: マーク・マクルーア

レニー: ジョン・クライアー

デヴィッド・ウォーフィールド: サム・ワナメーカー

レイシー・ウォーフィールド: マリエル・ヘミングウェイ

今回はスーパーマンのクローンを作ってスーパーマンと戦わせるという物語です。

アメリカとソ連の軍縮交渉が中断され、核戦争の危機になります。

その最中にレックスの甥のレニーの協力で脱獄してしまいます。

 

その一方スーパーマンは、国連総会に参加し各国の核兵器廃絶に方向付けていました。

核兵器は、太陽に廃棄されることが決定されます。

 

レックスは、スーパーマンのクローンを作り、彼と戦わせることを企み廃絶される核兵器にその素を乗せて打ち込ませます。

その目論見は成功し、太陽の力を持ったクローンが誕生し、スーパーマンと戦うことになります。

 

クローンと対峙したスーパーマンはどのような戦いをしたのか?気になるところですね。

その結果は是非この作品を見て確かめてみてください。

 

 

【スーパーガール】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】1984年7月19日
【視聴時間】2時間4分
【監督】ヤノット・シュワルツ
【キャスト】カーラ・ゾエル / リンダ・リー / スーパーガール: ヘレン・スレイター

セレナ: フェイ・ダナウェイ

ザルター: ピーター・オトゥール

ジミー・オルセン: マーク・マクルーア

アルラー: ミア・フォロー

イーサン: ハート・ボックナー

初の女性主演のスーパーマン作品でスピンオフとして公開されました。

スーパーマンの従兄弟であるカーラ・ゾー=エルは、崩壊寸前のクリプトンからロケットで地球にやってきました。

 

ですが、故郷とは全くかけ離れた地球では一人孤独に耐えることになります。

スーパーマン同様、怪力、スピード、難攻不落、飛行能力、超人的に鋭い感覚の持ち主です。

 

自分でこの力を制御できない上に自制心もないためスーパーマンより危険な存在となっています。

地球のことができていないため阻害感に苦しみます。

そんな彼女の自分探しはうまくいくのでしょうか?

 

この地球に降り立った時から絶え間ないアクションを繰り広げますが、そのアクションシーンは圧巻です。

是非見て確かめてみてください。

 

 

【マン・オブ・スティール】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2013年8月30日
【視聴時間】2時間23分
【監督】ザック・スナイダー
【キャスト】クラーク・ケント/スーパーマン: ヘンリー・カヴィル

ロイスレイン: エイミー・アダムス

ゾッド将軍: マイケル・シャノン

ジョナサン・ケント: ケビン・コスナー

マーサ・ケント: ダイアン・レイン

ペリー・ホワイト: ローレンス・フィッシュバーン

フォオラ=ウル: アンチュ・トラウェ

スワンウィック将軍: ハリー・J・レニックス

スーパーマンシリーズのリブート作品で、ここから俳優とシナリオが一新されます。

 

今作では、スーパーマンにヘンリー・ガウィルが起用されています。

地球から遠く離れた星クリプトンでジョー=エルとララ・ロー=ヴァンの間に100年ぶりの自然出産でカリ=エルが誕生し、カリ=エルはクリプトンのクーデターをきっかけに地球へとポットで送られます。

 

カンザスのジョナサン・ケントとマーサ・ケントがカリ=エルを見つけクラーク・ケントと名付け自分の子供のように育てました。

クラークは、自分の出生の秘密をつきとめるために各地を旅する生活を開始します。

 

クラークが見つけた宇宙船にコマンドキーをはめて起動すると実父のジョー=エルの意識がプログラムが残っており、クラークの出生を話します。

ホログラムのジョー=エルにスーツを渡され、自分の力の限界を確かめてみろと言われます。

 

その夜、ニュースで宇宙線が飛来したことが報道されます。

世界中の電波がジャックされ、ゾッド将軍にクラークを渡さないとお前たちに災いが及ぶと脅され、クラークはゾッド将軍に投降します。

 

ゾッド将軍は、人類を滅亡させるためにきたことを知りクラークはゾッド将軍を倒すために立ち上がります。

クラークは、ゾッド将軍を倒して人類を救うことができるのでしょうか?

 

今までのスーパーマンとは、全く違ったテイストで楽しめます。

是非見てください。

 

 

【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2016年9月10日
【視聴時間】3時間3分
【監督】デヴィット・エアー
【キャスト】フロイド・ロートン/デット・ショット: ウィル・スミス

ハーリーンクインゼル博士/ハーレイ・クイン: マーゴット・ロビー

ジョーカー: ジャレッド・レト

リック・フラッグ: ジョエル・キナマン

アマンダ・ウォラー: ヴィオラ・デイヴィス

ディガー・ハークネス: ジェイ・コートニー

チャト・サンタナ/エル・ディアブロ: ジェイ・フェルナンデス

ウェイロン・ジョーンズ/キラー・クロック: アドウェール・アキノエ=アグバエ

今回は別作品の主人公であるバッドマンが登場し、スーパーマンとバッドマンの夢の対決を見る事ができます。

 

バッドマンは、前作でのスーパーマンとゾッド将軍の戦いの被害で自社ビルを崩壊させられ、社員を多く失ったということからスーパーマンは危険だ認識し、倒そうと考えています。

そして、クリプトナイトがスーパーマンの弱点と知りクリプトナイトを仕込んだグレネードと槍を作りスーパーマンとの戦いに備えます。

 

この二人の勝負はどうなるのか?

そしてスーパーマンはこの後どうなるのか?

 

この対決の結果と結末は、本編を見て確かめてみてください。

 

 

【スーサイド・スクワット】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2017年8月25日
【視聴時間】2時間17分
【監督】パディ・ジェンキンス
【キャスト】ダイアナ/ワンダーウーマン: ガル・ガドット

スティーブ・トレバー: クリス・パイン

アンティオぺ: ロビン・ライト

エーリヒ・ルーデンドルフ総監: ダニー・ヒューストン

パトリック・モーガン卿: デビィット・シューリス

ヒッポリタ女王: コニー・ニールセン

イザベル・マル博士/ドクター・ポイズン: エレナ・アナヤ

エッタ・キャンディ: ルーシー・デイヴィス

スーパーマンの亡き後、アメリカ政府はメタヒューマン対策のための「スーサイド・スクワッド」という組織が新しく結成されます。

この組織は、刑務所の囚人が刑期の短縮と引き換えに所属しており、どれも曲者で個性派揃いのメンバーばかり。

根っからの悪党達が悪に立ち向かうという奇妙な構図が見れるこの作品の結末はどうなるのか?

 

この作品では、サイコパスの犯罪者でバッドマンの宿敵のジョーカーも登場しますので、バットマンファンにもおすすめの作品となっています。

 

 

【 ワンダー・ウーマン】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2017年11月20日
【視聴時間】2時間29分
【監督】ザック・スナイダー
【キャスト】ブルース・ウェイン/バッドマン: ベン・アフレック

クラーク・ケント: ヘンリー・ガウィル

ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン: ガル・ガドット

バリー・アレン/フラッシュ: エズラ・ミラー

アーサー・カリー/アクアマン: ジェイソン・モモア

ビクター・ストーン/サイボーグ: レイ・フィッシャー

ロイス・レイン: エイミー・アダムス

アルフレット・ペニーワース: ジェレミー・アイアンズ

ワンダーウーマンは、バッドマンvsスーパーマンジャスティス誕生にて初登場しました。

そして今回はワンダーウーマンの第1次世界対戦時の活躍を描いています。

 

アマゾン族の王女ダイアナが中心に物語が進んでいきます。

ダイアナは戦いの首謀者ルーデンドルフ総監を闘いの神アレスだと確信し、戦いの早期終結のために旅立ちます。

 

外の世界の異文化に戸惑いながらも仲間の力を借りつつ、最前線や要人の祝賀会に潜入し、ルーデンドルフを打倒することに成功します。

ですが戦いは終結せず、パトリック卿に成り代わっていたアレスがダイアナの前に現れ、人間の愚かさを説き人間を協力して一掃しようと持ちかけます。

 

人間に失望したダイアナは、籠絡しかけますが、仲間との会話を思い出し、人間の善の部分を思い出します。

人間の愚かさを理解した上で受け入れたダイアナは、真の力を解放してアレスとの決着をつけます。

 

ダイアナとアレスの決着の勝敗やダイアナの真の力の詳細など気になるところです。

この結末は、本編をみて確かめてみてください。

 

【ジャスティス・リーグ】


参照元:https://www.amazon.co.jp/

【公開日】2017年11月20日
【視聴時間】2時間
【監督】ザック・スナイダー
【キャスト】ブルース・ウェイン/バッドマン: ベン・アフレック

クラーク・ケント: ヘンリー・ガウィル

ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン: ガル・ガドット

バリー・アレン/フラッシュ: エズラ・ミラー

アーサー・カリー/アクアマン: ジェイソン・モモア

ビクター・ストーン/サイボーグ: レイ・フィッシャー

ロイス・レイン: エイミー・アダムス

アルフレット・ペニーワース: ジェレミー・アイアンズ

バッドマンvsスーパーマンジャスティス誕生での戦いで信頼の重さを知ったバッドマンですが、戦いで出会ったダイアナ・プリンスとともに超能力などをもった超人を集め、破滅と創造を司る巨大な力を手に入れようとしているステッペンウルフとその手下のパラデーモンを迎え打つというストーリ―

 

このスーパーマンシリーズに今まで出たバッドマンやワンダーウーマンが出てくるということでキャスト人も大変なボリュームで、とても2時間の映画ではないように錯覚します。

是非見てみてください。

 

 


 

スーパーマンを時系列などを紹介してきました。

 

今回紹介した順番だと見やすいかと思いますので是非参考にしてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ