エイリアンシリーズを見る順番!時系列ついてもご紹介

エイリアンシリーズを見る順番!時系列ついてもご紹介

 

SFパニック映画の金字塔といえばエイリアンが出てくる映画が思いつくのではないでしょうか。

 

しかしエイリアンが出てくる映画といっても多数あり、有名な「エイリアン」や「エイリアンVSプレデター」などもあれば、劇場では公開されてないB級映画にもエイリアンが登場する作品も多数存在します。

 

今回は、色んなエイリアン映画の中でも本家と呼ばれるエイリアンシリーズ6作品の見る順番について紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【エイリアンシリーズを見る順番】

 

【エイリアンシリーズの見る順番】
【分類】【作品名】【放送・公開日】
映画エイリアン1979年5月25日(アメリカ)

1979年7月21日(日本)

映画エイリアン21986年7月18日(アメリカ)

1986年8月30日(日本)

映画エイリアン31992年5月22日(アメリカ)

1992年8月22日(日本)

映画エイリアン41997年11月28日(アメリカ)

1998年4月25日(日本)

映画プロメテウス2012年6月8日(アメリカ)

2012年8月24日(日本)

映画エイリアン:コヴェナント2017年5月19日(アメリカ)

2017年9月15日(日本)

 

●エイリアンシリーズは公開順で見ることをお勧めしております。

1~4までストーリーが続いており、この順番をバラバラに見てしまうとストーリーに統一性がなくなってしまいます。

また5作目のプロメテウスと6作目のエイリアン:コヴェナントは過去編のストーリーになり、5作目と6作目を逆に見てしまうと作品自体は面白いのですが、ストーリーに統一性がなくなってしまいます。

 

●エイリアンシリーズを見るとき、時系列で見たい方は5~6作目を見てから1~4作目を見ていただけると時系列で作品を楽しむことができます。

 

Sponsored Link

 

【エイリアンシリーズ 各作品詳細】

 

【各作品詳細】と共に「エイリアンシリーズ配信している動画サイト」もご紹介しています。

 

各動画サイトでは「お試し期間(〇日間無料)」を設けており、その期間内なら無料視聴することができます。

 

継続利用するつもりがない人は、その期間内に解約すれば料金がかかる事はないので、この機会にご利用を検討してみてください。

【エイリアン】

 

 

【公開日】1979年5月25日(アメリカ)

1979年7月21日(日本)

【舞台】西暦2122年 宇宙船ノストモロ号
【視聴時間】117分
【監督】リドリー・スコット
【キャスト】アーサー・ダラス/トム・スケリット

エレン・リプリー/̪シガニー・ウィーバー

ジョーン・ランバート/ヴェロニカ・カートライト 他

エイリアンシリーズの記念すべき1作目となり、「SF映画ベスト100」の第3位に選ばれた名作となっています。

 

宇宙船ノストモロ号が舞台となっていて地球に帰還するときに地球外生命体からの信号をキャッチして、調査に向かうが、その際調査隊の一人がエイリアンに襲われてしまい何とか宇宙船に戻ったクルーたちですが、エイリアンに襲われたクルーが卵を植え付けられており宇宙船の中で卵から成長したエイリアンと宇宙船のクルー達との命を懸けた闘いを描いた作品になります。

 

この作品は、主人公のエレン・リプリーが、色んな映画のヒロインのようにか弱く、強い男性に惹かれて従うような女性ではなく、男相手にも対等でエイリアンなどに対しても一人で戦う強い女性を描いており、公開された時代が男尊女卑の時代で男女差別を反対する運動もあったころなので、映画を通してこのような差別問題を訴えていたのかもしれません

 

 

Sponsored Link

 

【エイリアン2】

 

 

【公開日】1986年7月18日(アメリカ)

1986年8月30日(日本)

【舞台】 惑星LV-426
【視聴時間】 劇場版 137分

完全版 154分

【監督】ジェームズ・キャメロン
【キャスト】エレン・リプリー/シガニー・ウィーバー

ニュート/キャリー・ヘン

ビショップ/ランス・ヘンリクセン 他

エイリアンシリーズの2作目で、前作に何とか宇宙船から脱出できたエレンがコールドスリープから目覚めるところから物語が始まります。

 

エレンがコールドスリープから目覚めたのは宇宙船での闘いから57年の月日がたっており、宇宙船がエイリアンとの闘いにより爆発したことを誰にも信じてもらえずエレンは責任を取らされて宇宙飛行士の資格をはく奪され倉庫の作業員として働かされます。

 

そんなある日、小惑星LV-426に移住していた者たちとの連絡が途絶え調査隊が送られることになります。

しかしその惑星はかつてエイリアンの卵が大量にあった小惑星だったのです。

 

エレンは自分のトラウマとの闘いを終わりにするため再びエイリアンとの闘いするストーリーとなっています。

この作品の見どころは、前作では敵となるエイリアンは1体だったのに今回は1体でも怖いエイリアンが何十体といてエイリアンの大群と人間との闘いは迫力と恐怖は前作よりもすごいです。

 

また人の裏切りや絆など人間の感情がリアルに描かれている作品です。

 

Sponsored Link

 

【エイリアン3】

 

 

【公開日】1992年5月22日(アメリカ)
1992年8月22日(日本)
【舞台】流刑惑星フィオリーナ161(フューリー)
【視聴時間】劇場版 114分

完全版 145分

【監督】デヴィッド・フィンチャー
【キャスト】エレン・リプリー/シガニー・ウィーバー

ジョナサン・クレメンス/チャールズ・ダンス

ハロルド・アンドリュース/ブライアン・グローヴァー 他

エイリアンシリーズの3作目となる作品で、前作で惑星LV-426から脱出した後のストーリーで、極悪な囚人がいる流刑惑星フューリーに不時着したエレン達だが、着陸の衝撃で一緒に脱出したニュート達が死んでしまい泣き崩れてしまいます。

 

しかし脱出ポッドが不時着した原因はエイリアン・クイーンが植え付けた卵で、惑星フューリーでも植え付けられた卵が成長し、エイリアンが囚人たちを襲いエレンは囚人たちと協力しながら再びエイリアンとの闘いに挑む姿を描いた作品になります。

 

この作品の見どころは、今までのエイリアンが人間に寄生していたので人型のエイリアンとの闘いでしたが、今回は犬に寄生したため4足歩行の新しいエイリアンが登場することです。

 

このエイリアンの不気味な動きにはもはや恐怖しかありません。

エイリアンシリーズはこのように寄生する相手により姿が変わるのも特徴です。

 

 

Sponsored Link

 

【エイリアン4】

 

 

【公開日】1997年11月28日(アメリカ)
1998年4月25日(日本)
【舞台】実験宇宙船オーリガ
【視聴時間】109分
【監督】ジャン・ピエール・ジュネ
【キャスト】エレン・リプリー/シガニー・ウィーバー

アナリー・コール/ウィラノ・ライダー

ロン・ジョナー/ロン・パールマン 他

エイリアンシリーズの4作目となる作品で、前作でエイリアンクイーンと共に自ら命を絶ち長きにわたる闘いに終止符を打ったエレンでしたが、200年後の時代エイリアンクイーンの血が流れているエレンの血液を元にクローンを作り出しエイリアンクイーンを生み出す恐ろしい実験が行われ、エレンはクローンとして蘇り再びエイリアンとの闘いに身を投じるストーリーとなっています。

 

この作品の見どころは、復活したエイリアンクイーンがエレンのクローン実験の末、進化していてさらに進化したエイリアンクイーンから生まれた最恐のエイリアン「ニューボーン」が生まれることです。

 

狂暴性や強さは今までにないくらい迫力があり、たまに見せる愛らしい行動には少しかわいく見えます。

この作品は1990年代後半の作品で、時代の進化により映像やエイリアンの迫力が今までの作品と段違いですごいです。

 

 

【プロメテウス】

 

 

【公開日】2012年6月8日(アメリカ)
2012年8月24日(日本)
【舞台】惑星LV223
【視聴時間】124分
【監督】リドリー・スコット
【キャスト】エリザベス・ショウ/ノオミ・ラパス

メレディス・ヴィッカーズ

チャーリー・ホロウェイ/ローガン・マーシャル・グレイ 他

約15年ぶりとなるシリーズの5作目となる作品で、1作目の「エイリアン」の約30年前の時代が舞台でエイリアンが誕生した秘密を描いた作品となっています。

人類の起源の謎を探していた主人公の考古学者ショウとホロウェイは古代遺跡を発見し、そこに描かれていた惑星を調査するため宇宙船プロメテウスで惑星LV223へ出発するが、到着した惑星には不気味な生物がいて、さらに狂暴な生命体が船員を襲い謎の生命体との闘いを描いたストーリーになります。

 

この作品は15年ぶりの作品となり映像などの綺麗さに圧巻する作品です。

また綺麗な映像になったからこそエイリアンはより一層不気味な感じになり恐怖も倍増されています。

 

 

Sponsored Link

 

【エイリアン:コヴェナント】

 

 

【公開日】2017年5月19日(アメリカ)
2017年9月15日(日本)
【舞台】惑星LV223 宇宙船コヴェナント
【視聴時間】112分
【監督】リドリー・スコット
【キャスト】デヴィット/マイケル・ファスベンダー

ジャネット・ダニエルズ/キャサリン・ウォーターストン

テネシー・ファリス/ダニー・マクブライト 他

シリーズの6作目となる作品で、前作「プロメテウス」の続きで、1作目の「エイリアン」の前を描いた作品です。

移民計画で宇宙船コヴェナントが移民地へ行く途中に目的の移民地よりも近く人類が住むのに最適な惑星を発見し調査を始めます。

 

しかし、そこはプロメテウス号の事件が起きた惑星LV223であり、またしても人類はエイリアンがいる惑星に来てしまい、エイリアンや裏切り者のアンドロイドのデヴィットとの闘いを描いた作品になっています。

 

この作品は、1作目の「エイリアン」につながる作品で、エイリアンの進化をはっきり描いています。

また、1作目と同様に広大な世界での争いではなく、閉鎖的な空間での闘いがメインとなりいつ襲われるかわからない恐怖がリアルに描かれています。

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

色んなエイリアン映画がある中、本家と呼ばれるだけあってエイリアンの迫力がすごい作品になっています。

 

強い女性が主人公の映画は最近はよくありますが、エイリアンシリーズが初めて公開された時代では異例のキャスティングで、そんな所もこの映画が愛される理由の一つなのでしょう。

 

そんな今でも愛され続けているエイリアンシリーズを機会があれば、鑑賞してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ