ダイハードを見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

ダイハードを見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

 

アクション映画の人気作品「ダイ・ハード」

 

ブルース・ウィリス演じる主人公のジョン・マクレーン刑事の体を張った迫力あるアクションシーンに魅了した方も多いのではないでしょうか?

 

頼れる一面も備えつつ人間のだらしない部分も持ち合わせているので大変親しみやすいキャラクターで、運が良いのか悪いのか、毎回大事件に巻き込まれ、自身がボロボロになりながらも悪党と戦う様を描いた名作です。

 

そんな「ダイ・ハード」シリーズは、現時点で「全5作品」放映されています。

 

今回は、これからダイハードシリーズを視聴していく方に「ダイ・ハードシリーズの見る順番」をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ダイ・ハードシリーズを見る順番】

 

【ダイハードシリーズの見る順番】
【分類】【作品名】【公開日】
映画ダイ・ハード1989年2月4日
映画ダイ・ハード2 1990年9月21日
映画ダイ・ハード31995年7月1日
映画ダイ・ハード4.02007年6月29日
映画ダイ・ハード/ラスト・デイ2013年2月14日

 

●ダイハードシリーズは、「公開順」で見るのがおすすめです。

①→②→③→④→⑤の順番で「時系列」も整っています。

 

Sponsored Link

 

【ダイ・ハードシリーズ 各作品詳細】

 

【各作品詳細】と共に「ダイハード配信している動画サイト」もご紹介しています。

 

各動画サイトでは「お試し期間(〇日間無料)」を設けており、その期間内なら無料視聴することができます。

 

継続利用するつもりがない人は、その期間内に解約すれば料金がかかる事はないので、この機会にご利用を検討してみてください。

 

【ダイ・ハード】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【公開日】1989年2月4日
【舞台】ナカトミ・プラザ
【監督】ジョン・マクティアナン
【キャスト】ジョン・マクレーン/ブルース・ウィリス

ホリー・マクレーン/ボニー・ベデリア

アーガイル/デヴロー・ホワイト

アル・パウエル/レジナルド・ヴェルジョンソン

「ダイ・ハード」シリーズの1作目である、この作品は高層ビルが舞台となっています。

30階より下の階は封鎖され、テロリストに占拠されてしまったビルの中、1人だけ人質にならなかった主人公のジョン・マクレーン刑事が現状を打開するために奮闘していくという話です。

最初の作品ですが、外連味(けれんみ)がたっぷりで、即興的な相棒役であるアル・パウエルや、運転手役であるアーガイルなど個性豊かなキャラクターたちが登場し、非常に面白い作品に仕上がっています。

 

肝心のアクションシーンも非常に迫力があり、1作目ながらシリーズ中でも完成度が最も高いといっても過言ではないのではないでしょうか。

この1作目を見たら「ダイ・ハード」シリーズにどっぷりつかってしまうこと間違いなしの第1作目となっています。

 

 

Sponsored Link

 

【ダイ・ハード2】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【公開日】1990年9月21日
【舞台】ダレス空港
【監督】レニー・ハーリン
【キャスト】カーマイン・ロレンゾ/デニス・フランツ

トルドー/フレッド・トンプソン

レスリー・バーンズ/アート・エヴァンス

グラント/ジョン・エイモス

第2作目はダレス空港が舞台となり、テロリストからの要求を退けながら空港内や飛行機内の人を救っていく話となっています。

乗客の中にはジョンの妻もいるため、躍起になるジョンですがテロリストによって墜落させられてしまう飛行機もあり、犠牲者が大量に出ます。

そういった絶望的な状況の中でもジョンは味方の誰よりも早く事件に立ち向かっていくのがリーダー的かっこよさがあり魅力的だと思います。

 

そしてこの映画で忘れてはいけない存在が空港の警察を取り仕切っているカーマインです。

彼の最後のセリフが素晴らしいのですが、ここに書くとネタバレになってしまいますので、ぜひご自分の目でこの作品の魅力を確かめてみることをオススメいたします。

 

 

Sponsored Link

 

【ダイ・ハード3】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【公開日】1995年7月1日
【舞台】ニューヨーク市
【監督】ジョン・マクティアナン
【キャスト】ゼウス・カーバー/サミュエル・L・ジャクソン

サイモン・ピーター・グルーバー/ジェレミー・アイアンズ

カティア・タルゴ/サム・フィリップス

アーサー・ウォルター・コッブ警部/ラリー・ブリッグマン

3作目は妻と別居し堕落したジョンが、爆破予告のテロリストに指名されてしまい、爆破しない条件として様々な行動をさせられてしまうという話です。

この作品でのジョンは冒頭で二日酔いとなっており、今までのかっこいいイメージが台無しになってしまうほど堕落した人間になっています。

 

しかし強大な事件に立ち向かうことで、だんだん冴えてきて今までのような強い存在へと戻っていくギャップがたまらない作品となっています。

 

そしてこの作品で登場するゼウスというキャラクターは最初、ジョンに不信感を抱いているのですが、行動していくうちにどんどん友情が芽生えてきます。

使い古された展開ですが、演出が非常に巧妙でありふれた展開だとしてもぐっと来てしまう部分があります。

友情にアクションに爆破と様々な要素が詰まった第3作品目となっています。

 

 

Sponsored Link

 

【ダイ・ハード4.0】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【公開日】2007年6月29日
【舞台】アメリカ
【監督】レン・ワイズマン
【キャスト】マシュー・ファレル/ジャスティン・ロング

ルーシー・ジェネロ/メアリー・エリザベス・ウィンステッド

トーマス・ガブリエル/ティモシー・オリファント

マイ・リン/マギー・Q

ボウマン/クリフ・カーティス

4作品目はコンピューターによる犯罪に対処していく話となっています。

今までの作品でも機械音痴という設定が出ていたジョンですが、ここにきてコンピューターが相手となるのです。

この辺りはアナログ人間が強引な方法でデジタルを倒していくという構図で非常に心惹かれるものがあります。

 

今回の相棒役としてはハッカーであるマシューです。マシューはひ弱ですが、非常に高いハッキング能力を持ち合わせています。

マシューには素直な一面もあり、におわせる程度ですがジョンの娘との恋愛があるのではないかと思わせるようなシーンもあります。

マシューの成長など心温まるエピソードがありつつも、前作から12年で衰えの感じさせないアクションシーンも健在の要素の詰まった4作目となっています。

 

 

Sponsored Link

 

【ダイ・ハード/ラスト・デイ】

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

 

 

【公開日】2013年2月14日
【舞台】ロシア
【監督】ジョン・ムーア
【キャスト】ジャック・マクレーン/ジェイ・コートニー

ユーリ・コマロフ/セバスチャン・コッホ

イリーナ/ユーリヤ・スニギル

ヴィクター・チャガーリン/セルゲイ・コルスニコフ

今まではアメリカ国内で完結していたシリーズでしたが、5作目はスケールが大きくなりロシアが舞台となっています。

ジョンの息子のジャックがロシアで殺人を起こし捕まってしまい、ジョンがロシアへ行くところから始まります。

 

そしてロシアでもジョンのトラブルに会う能力は変わらず、相変わらず厄介ごとに巻き込まれていきます。

 

この作品は今まで仕事一筋だったジョンと、息子のジャックの親子の絆の話にもなっており、非常に感動的な話にもなっています。

もちろんアクションシーンも迫力満点で、見どころがたくさんある第5作目となっています。

 

 


 

今回は「ダイ・ハード」シリーズの見る順番についてご紹介していきましたがいかがだったでしょうか。

 

このシリーズはどの順番で見たとしても、違和感なく見ることができますし、物語も展開も非常に面白いのでおすすめです。

 

順番を気にせず過去作から見てもよいですし最新作から見るのも問題ないです。

 

皆さんも「ダイ・ハード」シリーズを見て、ブルース・ウィリスの体を張ったシーンのかっこよさを存分に味わってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

   

関連コンテンツ