鋼の錬金術師のアニメの違い!2003年版と2009年版の相違点をご紹介

鋼の錬金術師のアニメの違い!2003年版と2009年版の相違点をご紹介

 

「鋼の錬金術師」は2001年から2010年まで「月刊少年ガンガン」にて連載されていた荒川弘による人気漫画作品です。

 

この作品は日本のみならず全世界でも知られており、全世界で累計発行部数7000万部以上突破している人気ぶり。

 

アニメ化となったのは2003年と2009年に2作、劇場版2作が放送上映されています。

 

このアニメは実は2003年版と2009年版ではストーリーの内容に違いがありますので、実際に視聴した方は戸惑いを受けたに違いないでしょう。

 

そこで今回は、2003年版アニメと2009年版アニメの相違点や原作とアニメの相違点などをまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【2003年版アニメと2009年版アニメの違い】

 

それではここでは「鋼の錬金術師」のアニメ2003年版と2009年版の違いについてご紹介していきます。

 

以下では各ポイントごとにどこがどのように違うかを記載していきます。

 

【ストーリーの違い】

 

2003年版と2009年版の大きな違いは「オリジナルストーリー」か「原作に基づいたストーリー」かとなります。

 

ではどちらがオリジナルかと言うと2003年版がオリジナルストーリーで、2009年版が原作に沿った内容になっています。

 

「どちらが面白いのか?」という疑問がよく飛び交いますが、2つの作品を見比べた私の感想を言うと、どちらも面白いです!

 

原作に基づいた映像化を望むのであれば2009年版をおすすめします。

 

2003年版は当時原作が連載途中ということもあり、物語が進行するにつれアニメのオリジナルが中心になっていきアニメ最終回までオリジナル展開のまま完結となったので原作ファンにとっては驚きが大きかったのではないでしょうか。

 

【クオリティの高いオリジナルストーリー完成度】

 

上記でも記載したように2003年版は実際は原作に追いつきそうになってしまった為、オリジナルストーリーで展開していき、最終的にオリジナル完結となりましたが、原作にも負けないほどの完成度の高いストーリー性で、この物語展開もありだと思ってしまう程です。

 

またキャラクターに関しても原作には登場していないが活躍するなどもありました。

 

劇場版では2003年版アニメの最終回の続編として上映され、劇場版もオリジナルストーリーであるにも関わらず相当の完成度で映像も美しく描かれており、原作ファンは見る気がしないという方もいるかもしれませんが見ていて損はしないクオリティですので2003年版もおすすめです。

 

【最終的な終着点】

 

2003年版と2009年版では根本的に違うかに見えますが、どちらも見て比較すると最後は全く違う終わり方をしているのに、どちらも原作の物語の最後と同じ解釈となっている事には驚きを隠せませんでした。

 

普通、オリジナルストーリーで展開していったアニメの場合原作とは違う終わり方で内容も全く違うなんてことが多いのがオリジナル作品の傾向ですが、終わり方は違うのに行き着く解釈が同じと言うのは凄い事です。

 

以下のポイントではネタバレが含まれるところがあります。

 

【2003年版も2009年版も最終的には同じ終着点】

 

【2003年版のラスト】

主人公のエドが死に弟のアルが自信の命と引き換えにエドを蘇生しますが、今度はエドがアルを人体錬成します。

 

心理の扉を生きる為に抜けたエドはアルを取り戻す代償として「錬金術が存在しない世界へ行く事で錬金術を失うことになります」。

 

【2009年版ラスト】

最後のボスとの戦いで腕を失い負けそうになっている所でアルが自身の魂と引き換えにエドの右腕を錬成したおかげで何とか倒すことができました。

 

その後エドはアルを取り戻すため人体錬成を行い、その代償として「錬金術を使うという能力そのものの原理全てを引き換えにすること」でアルを取り戻しました。

 

上記の様に終わり方や設定は違いますが、どちらもエドが錬金術を失うというのは共通しているラストでしたので、おそらく原作者の中で最初からラストは決まっていたのでしょう。

 

【声優変更】

 

2003年版と2009年版では主要キャラクターのエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックはそのまま続投となりましたが、他のキャラクターに関しては大がかりに声優が変更となっています。

 

特にロイマスタングは大きな変更で、初代2003年版では渋く大人な印象のロイマスタングでしたが2009年版では若々しく、少し荒い感じのロイマスタングになっており新たなロイマスタングが誕生していました。

 

以下ポイントでは変更となったキャラクターの一部をご紹介します。

 

【2009年版で変更になった声優】

ロイ・マスタング/大川透→三木眞一郎

リザ・ホークアイ/根谷美智子→折笠富美子

ウィンリー・ロックベル/豊口めぐみ→高本めぐみ

スカー/置鮎龍太郎→三宅健太

ラスト/佐藤ゆうこ→井上喜久子

グラトニー/高戸靖広→白鳥哲

エンヴィー/山口眞弓→高山みなみ

グリード/諏訪部順一→中村悠一

など他にも多数変更されているので、心機一転された作品とも言えます。

 

Sponsored Link

 

【アニメと原作との違い】

 

上記まではアニメについて2003年版と2009年版の違いについて紹介してきました。

 

ここからは今度は原作とアニメの違いについてそれぞれ2003年版と2009年版で分けてまとめましたのでご覧ください。

 

【2003年版アニメ】

 

2003年版は序盤から中盤までは原作に沿ったストーリーとなっていましたが、後半では原作の要素が失われオリジナルストーリーが展開され、劇場版までオリジナルのまま完結に至りました。

 

また、2003年版アニメはシリアスな展開が多く、全体的に重苦しい感じがありますが、原作は逆にコミカルなシーンも取り入れ比較的見やすく描かれています。

 

2003年版に関してはオリジナル要素がほとんどですので違いはと言うと多々出てきますが、その中で一部以下のポイントでご紹介します。

 

【2003年版アニメと原作の違い】

 

【ホムンクルス】

原作ではホムンクルスは賢者の石から生成されており、自分たちがホムンクルスであることを誇りに思っている為その性格もどこか人を見下したような感じが見受けられましたが、2003年版ではホムンクルスは人体錬成の失敗作が原因で生まれたとあります。

 

2003年版のホムンクルスたちは人間に憧れを抱き、それゆえ人間にしてくれなかった人間を恨んでいる描写があり、そこが原作とは大きく違っています。

 

【錬金術】

錬金術に関しては、2003年版では異世界で死んだ人間の魂をエネルギーとしているという設定になっていますが、原作はそもそも異世界はありません。

 

【2009年版アニメ】

 

2009年版は原作を基に作られており、忠実に再現されています。

 

物語の内容もオリジナルを含むこともなく、23003年版とは全く違うテイストで描かれていました。

 

比較的ギャグ要素を取り入れシリアス展開を少なくしているのも特徴です。

 

【アニメ様に見やすい理解しやすい構成に!】

 

2009年版は原作に忠実に再現するようにしていますが、アニメの視聴者が出来るだけ分かりやすく、次も観たいと思ってもらえるようにセリフの入れ替えを行っています。

 

また、原作では主人公が登場しない回も多々ありますが、アニメではなるべく主人公を登場させるよう心掛けていたため、エルリック兄弟が登場しない回はほとんどありませんでした。

 

Sponsored Link

 

【鋼の錬金術師 旧・新アニメシリーズ無料視聴方法】

 

「鋼の錬金術師」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「dアニメ」です!

 

なぜ、「dアニメ」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
dアニメでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「鋼の錬金術師」が約1カ月間無料視聴することができる。
dアニメでは「鋼の錬金術師」の2003年版・2009年版どちらも配信している。
「お試し期間中」なら「鋼の錬金術師」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった他のアニメもついでに視聴可能!

 

以上が、dアニメで「鋼の錬金術師」を見るのにおすすめする理由です。

 

「dアニメ」の詳細についてはこちら↓

 

【dアニメストア】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「今すぐ無料おためし」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)440円(税込)
【配信ジャンル】
アニメ/声優/アニメ系ミュージカル
【「鋼の錬金術師」の配信状況】
鋼の錬金術師(2003年版)

鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST(2009年版)

OVA 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

登録から31日間無料で利用できますが、31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「31日間お試し」で見れる作品は対象作品のみです。dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

原作漫画、アニメ、アニメ劇場版、実写映画化と様々なジャンルでメディアライズ化されている「鋼の錬金術師」。

 

今回は2003年版アニメと2009年版あにめの違いなどの相違点をご紹介してきましたが、今回の記事で興味がわきましたら、原作だけ読んでいてこれからアニメを見ようかと思っている方は参考にしていただいて最初から視聴してみて下さい。

 

また、どちらかのアニメのみ視聴した方は是非もう一つのアニメも視聴し比較し見るのも新たな発見もあり面白いのではないでしょうか。

 

様々な見方で「鋼の錬金術師」を堪能してみて下さい。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ