トニト(雷)とは?【スパイファミリー】

トニト(雷)とは?【スパイファミリー】

 

「スパイファミリー」作中でアーニャがイーデン校で特待生になる為に奮闘している様が描かれますが、その中でよく「トニト」という用語は沢山登場しています。

 

この「トニト」とはなんなのか。

 

どんな意味があるの?など気になっている方もいると思います。

 

そこで今回は「トニト(雷)」についてご紹介していきますので参考にして下さい。

 

Sponsored Link

 

【トニト(雷)とは】

©遠藤達哉/集英社
SPY×FAMILY 9巻より引用

 

「ドノバン・デズモンド」に接触する為にイーデン校に入学したアーニャ。

 

特待生「インペリアル・スカラー」になってロイドと共に懇親会に出席すべく奮闘するアーニャですが、イーデン校では特待生になるには「ステラ(星)」という学業や芸術など様々な分野で好成績を残した者に与えられる勲章を8つ集めるという条件があり、色々と残念なアーニャは苦戦を強いられています。

 

ステラ(星)の獲得条件やインペリアルスカラーの解説はこちら

 

また、イーデン校では「ステラ(星)」の他に、「トニト(雷)」という制度もあります。

 

この「トニト(雷)」とは何かというと、簡単に言うと罰則という意味です。

 

イーデン校に相応しくない行動や言動をした場合、校則を破ったとみなし「トニト(雷)」という罰点与えられてしまいます。

 

【トニト(雷)を与えられてしまうと…】

この「トニト(雷)」は単なる罰点が増えて反省してね?という簡単なものではありません。

 

「トニト(雷)」を8つ貰ってしまうと強制退学になってしまう恐ろしい制度なのです。

 

ですので、特待生以前に学校にいられなくなってしまいますので絶対に「トニト(雷)」を与えられることは避けなければなりません。

 

Sponsored Link

 

【トニトをとってしまう条件とは】

©遠藤達哉/集英社
SPY×FAMILY 2巻より引用

 

上記でも触れましたように「トニト(雷)」8つで強制退学となってしまうこの制度は、作中でどんなことをしたら「トニト(雷)」が与えられるかいくつか判明しましたので、ここでご紹介します。

 

実際、よくある「こんなことで?」と思う行動でも「トニト(雷)」を与えられてしまうので、いかにイーデン校が厳しい罰則か分かるかと思います。

 

【トニト(雷)が与えられた事例】

「暴力行為」

イーデン校において暴力行為は厳しく禁じています。

暴力行為が判明した時点でトニト3つ与えられてしまいますので、絶対に避けたい行為。

トニト3つというと半分は持ってかれてしまいます。

 

「赤点」

基本的にハイレベルな学校名だけに赤点はもってのほかです。

作中では赤点1つにつき1つとなかなか厳しい罰則です。

教科4科目ありますので、中間、期末と2つとも全て赤点だった場合は強制退学ということになり、勉強が苦手なアーニャにとって非常に厳しい状態にあります。

 

「ハンカチ不所持(身だしなみ)」

常日頃エレガントに過ごさなければならないイーデン校では、身だしなみも勿論校則に入っています。

「シュラーク先生」、通称「トニトおばさん」という教師がいますが、彼女の自己判断で風紀が乱れていると断定した生徒には容赦なく「トニト(雷)」を与えるという非情な性格の持ち主。

彼女の手にかかり100人以上が退学に追い込まれたという噂もあるので、トニトおばさんに目を付けられると終わりを意味しています。

 

Sponsored Link

 

【アーニャの現在のトニトの数】

©遠藤達哉/集英社
SPY×FAMILY 9巻より引用

 

アーニャは2022年7月時点でトニトを与えられた数は2つです。

 

1個目はイーデン校入学式で、ダミアンをグーパンチで殴ってしまいます。

 

その際本来はトニト3つのはずでしたが、友人を傷つけられたという心情を語ったアーニャとヘンリーヘンダーソンの計らいでトニト1つで済むことが出来ました。

 

もう1つは通称「トニトおばさん」の餌食となってしまいました。

 

実はアーニャはハンカチを持っていましたが、ダミアンにハンカチを貸したためトニトをもらってしまいました。

 

アーニャは何枚か余分にハンカチを持っていると思い込んでいた凡ミスだったのですが、ダミアンの好感度は爆上がりしました。

 

【アーニャのクラスメイトでトニトが与えられた人は?】

現時点でアーニャの友達でトニトを与えられてしまっているクラスメイトはいません。

 

アーニャだけという事になっています。

 

アーニャがこれ以上トニトを与えられない様祈りたいものです。

 

【「スパイファミリー」の漫画・アニメを見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「スパイファミリー」を取り扱っている電子書籍サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にてご説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「スパイファミリー1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

②加入特典としてプレゼントされる600Pは、スパイファミリー以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」ならスパイファミリーはもちろん、他の見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「スパイファミリー」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

「スパイファミリー」に登場している「トニト(雷)」についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、作品を最初からご覧いただき「トニト(雷)」について再度確認してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ