ミドルブロッカー一覧【ハイキュー】!各校の全キャラクターをご紹介

ミドルブロッカー一覧【ハイキュー】!各校の全キャラクターをご紹介

 

ハイキュー主人公の日向翔陽のポジション【ミドルブロッカー】

 

「ミドルブロッカー」の役割は、コートの真ん中で相手の攻撃をブロックしたり、真ん中から早いスパイクを打ったりと攻撃も防御もする重要なポジションです。

 

作中では日向翔陽だけに限らず、各高に個性的で魅力的なミドルブロッカー達が登場しています。

 

そこで今回は、「ハイキュー」に登場している「ミドルブロッカー」をポジションとしているキャラクターを一覧でご紹介していきますので参考にしてください。

 

Sponsored Link

 

【ハイキュー ミドルブロッカー一覧】

 

【名前】【愛称・異名】【学校】
日向翔陽最強の囮烏野高校
月島蛍つっきー・クレバーブロッカー烏野高校
山口忠山口烏野高校
成田一仁不明烏野高校
松川一静まっつん青葉城西高校
金田一勇太郎らっきょヘッド青葉城西高校
沢内求不明青葉城西高校
茶屋和馬不明常波高校
渋谷陸斗不明常波高校
青根高伸不明伊達工業高校
鎌先靖志不明伊達工業高校
吹上仁吾不明伊達工業高校
森岳歩不明扇南高校
小安颯真不明扇南高校
馬門英治不明角川学園高校
温川良明不明角川学園高校
母畑和馬不明条善寺高校
飯坂信義不明条善高校
鳴子鉄平不明和久谷南高校
松島剛不明和久谷南高校
天童覚ゲスモンスター白鳥沢学園高校
川西太一雑食ブロック白鳥沢学園高校
柴田勇不明白鳥沢学園高校
黒尾鉄朗クロ音駒高校
犬岡走犬岡音駒高校
灰羽リエーフリエーフ音駒高校
鷲尾辰生不明梟谷学園高校
尾長渉不明梟谷学園高校
広尾倖児不明戸美学園高校
背黒昇彦不明戸美学園高校
千鹿谷栄吉ブロッコリー2号森然高校
角名倫太郎不明稲荷崎高校
大耳練不明稲荷埼高校
岩室橙吾不明椿原学園高校
当間義友不明椿原学園高校
志賀智也不明早流川工業高校
和倉久彦不明早流川工業高校
昼神幸朗不動の昼神鴎台高校
別所不明鴎台高校

 

Sponsored Link

 

【ハイキュー ミドルブロッカー人気ランキング】

 

第5位【日向翔陽】

 

 

【概要】

作品の主人公「日向翔陽」は、背が小さく周りから「ちび」呼ばわりされていましたが、持ち前の運動神経の良さで、コート上では「最強の囮」と言われるほど相手をすり抜けて攻撃します。

 

入学当初はウィングスパイカーがポジションでしたが、青葉城西との試合の際にミドルブロッカーのポジションに転じ、その後は、そのスピード感から「最強の囮」として成功しミドルブロッカーとして活躍しています。

 

第4位【天童覚】

 

 

【概要】

チームメイトに常に声をかけ明るい性格からチームのムードメーカ的存在。

 

相手の攻撃を読んで直感で動き攻撃を止める「ゲスブロック」を得意としています。

 

ネット際の一瞬の攻防をあっさり読んでそれに対応できる身体能力が飛びぬけていますが、直感で動くタイプなので不発で終わることもしばしば。

 

ですが、調子が乗ってくると一度覚られたら逃れられないほど粘着質で相手側にとっては非常にやりにくい相手です。

 

Sponsored Link

 

第3位【角名倫太郎】

 

 

【概要】

恵まれた体幹の持ち主で、ほとんどのスパイカーはコースの打ち分けを腕や肩を使いコースの変更を行っていますが、角名は同全体を使いコースの打ち分けを行っています。

 

相当な威力のまま打ち込まれますのでブロック一枚では追い付かない威力を持っています。

 

第2位【月島蛍】

 

 

【概要】

烏野バレー部で1年生ながら一番の高身長。

「たかが部活…」とどこか冷めた目で練習をしていた月島とバレーボールに熱中する日向や影山とはウマが合わず最初は対立ばかりしていました。

 

物語中盤からはそうした「たかが…」という月島が思う意図も判明し、バレーボールに本気で打ち込むようになり仲間たちと共に全国に向けて奮闘するようになります。

月島のプレースタイルはリードブロックを得意としています。

 

リードブロックとはセッターが上げたボールが上がってからブロックに飛ぶ技術のことで、これは他よりは一歩反応は遅くなってしまいますがコースの誘導やワンタッチを誘うなど相手に確実にストレスを与えミスを誘うもので執念深く、頭のいい月島にぴったりな手法と言ってもいい技術です。

 

白鳥沢学園高校との試合では、月島の執念深く相手のミスを誘うリードブロックが烏野を勝利に導きます。

 

「たかが部活…」と言っていた月島がガッツポーズをしていたシーンは涙が出たファンも多かったのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

第1位【黒尾鉄朗】

 

 

【概要】

不動の1位は納得の選手です。

 

音駒高校の主将で、ミドルブロッカーというポジションではありますが、オールラウンダーでもあります。

 

特に表立った技術などはありませんが、何を考えているか分かりずらく、烏野高校の主将「澤村」から食えない奴と評されているほどある意味怖い存在です。

 

かなりの頭脳派で、常に確実に勝利をつかむ方法を考えている言わば「曲者」と言えます。

 

プレースタイルはミドルブロッカーではありますが、高いレシーブ力や月島のブロックの師でもあるブロックなど様々なポジションもすぐにできる位高い技術を備えていますのでオールラウンダーです。

 

また、部活の後輩たちの面倒見もよく、頼りになるアニキ肌な彼は、主将としての素質も十分あります。

 

そして、1位になるだけあるのは、何と言ってもプレー中の黒尾がとにかくカッコいいことです。

鋭い目、試合の始まる前の「オレたちは血液だ…」にはゾクリとするほど魅力的です。

 

 

【ハイキューの漫画・アニメを見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「ハイキュー」を取り扱っている配信サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいのが「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ハイキュー1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

②加入特典としてプレゼントされる600Pは、ハイキュー以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、ハイキューのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ハイキュー」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

ハイキューに登場しているミドルブロッカーというポジションのキャラクターをご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、作品を最初から視聴。購読いただきポジションや技術など違った目線で楽しむことが出来るのではないでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ