オーシャンズシリーズを見る順番!8は何番目に見たらいいの?

オーシャンズシリーズを見る順番!8は何番目に見たらいいの?

 

【オーシャンズシリーズの見る順番】

 

「オーシャンズ11」2002年2月2日公開

「オーシャンズ12」2005年1月22日公開

「オーシャンズ13」2007年8月10日公開

「オーシャンズ8」2018年8月10日公開

 

●オーシャンズシリーズの見る順番は「公開順」で見るのがセオリーです。

●オーシャンズ8はオーシャンズ11のキャストをすべて女性キャストに変えてリブートした作品ですが、時系列では「オーシャンズ13」に続くストーリーになっています。

 

Sponsored Link


【オーシャンズシリーズ 各作品紹介】

 

「オーシャンズ11」

 

・あらすじ

凄腕の泥棒で詐欺師の「ダニエル・ダニー・オーシャン」がニュージャージーの刑務所から仮出所した。

彼は仮釈放中の規則を破って服役中に考えていた盗みの計画「カジノ強盗(1億6000万ドル)」をラスティ・ライアンに持ち掛けた。

 

ダニーとライアンは早速カジノ強盗をする準備にとりかかる。

馴染みの仲間集め・具体的な計画・道具収集を済ませ、いざ11人の犯罪のスペシャリスト集団はラスベガスのカジノの金庫破りに挑む。

 

しかし、強盗はそう簡単に上手くいかない。

なぜならカジノオーナーである「テリー・ベネディクト」、この人物が頭がキレッキレの曲者だ。

常に周りを警戒し、全てを見透かしているかのような男だ。

 

そんな男が経営するカジノ金庫にある1億6000万ドルを狙うが様々な困難が立ちはだかる。

 

 

・見どころ

本作の見どころはハリウッド映画定番の銃を使ったシーンや殺戮シーンを一切使わずに話を盛り上げるところ。

 

そしてこの作品が公開されたときには、特にジョージ・クルーニーやブラット・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツなどの豪華キャストに注目が集まりました。

オーシャンズシリーズの中でも初回作品である「オーシャンズ11」は、全4作品の中で1番面白かったとの声が多くあがっています。

 

 

 

「オーシャンズ12」

 

・あらすじ

ダニー・オーシャン率いるオーシャンズ11が「テリー・ベネディクト」のカジノから1億6千万ドルを盗み出してから数年後のお話・・・

彼らの前に突如ベネディクトが現れ、2週間以内に盗んだ金に利子をつけて返せと迫る。

 

盗んだ金と利子を返すためにオーシャンたちは動きづらくなったアメリカではなくヨーロッパで盗みを始める。

しかし彼らが盗もうとした金や宝石は「ナイトフォックス」という泥棒に先回りして盗まれていた。

 

ナイトフォックスは自分との勝負に勝てば、ベネディクトから請求されている金を全て肩代わりしてやると挑発し、オーシャンズはテスを加えた12人で勝負に挑む。

 

・見どころ

本作はシンプルな強盗劇だった前作とは異なり、複雑なストーリーとなっています。

注意深く見ていないと張り巡らされた伏線に気が付かないかもしれません!

 

そして前作の豪華キャストにさらにキャサリン・ゼタ・ジョーンズとパンサン・カッセルが加わり、さらに豪華になっています。

 

 

Sponsored Link

 

 

「オーシャンズ13」

 

・あらすじ

悪名高いホテル王「ウィリー・バンク」にオーシャンの仲間であるルーベンが裏切られる。

ルーベンはラスベガスに豪華なホテルを建設するパートナーとしてバンクと共に行動していたが、建設直前にまんまと裏切られ、そのショックで心筋梗塞になり倒れてしまった。

 

その話を聞いて裏家業から足を洗っていたオーシャンは怒りに震えていた。

ルーベンの仇を取る為、バンクの経営するカジノホテル「バンク」への報復強盗計画が始動する。

 

オーシャンと同じようにルーベンが倒れたことを聞きつけてやってきた仲間たちと共に「バンク」へと挑むが、高性能セキュリティコンピューター「グレコ」に阻まれてしまう。

絶体絶命のピンチに彼らは仇敵であるテリー・ベネディクトに協力を求めて13人で挑む。

 

・見どころ

本作では「オーシャンズ12」で復讐される立場だった人物が復讐する側のメンバーになり、ノリの良い明るく楽しい映画になっています。

そして今回はオーシャンの仲間だけでも13人も登場し、敵も合わせると20人近いキャストが重要な役割を持っているので、シーンが頻繁に切り替わります。

 

そしてテンポよくストーリが進んでいきますが、その中にたくさんの伏線がばらまかれています。

その伏線をラストシーンまでしっかりと回収するのがこの作品の面白さです!

 

 

 

「オーシャンズ8」

 

・あらすじ

ダニー・オーシャンの妹「デビー」が5年8カ月の服役の末に刑務所から出所した。

彼女は「二度と犯罪はしない」と語っていたにもかかわらず、出所してすぐに7人の犯罪プロフェッショナルを集結させた。

 

彼女の狙いはメトロポリタン美術館で行われるファッションの祭典「メットガラ」で高級な宝石を一挙に盗み出すというものだった。

 

世界一豪華で厳しいセキュリティを相手に、前代未聞の犯罪計画が実行されるが、デビーの目的は宝石を盗み出すことだけではなかった。

 

・見どころ

本作も今までのオーシャンズシリーズ同様、豪華キャストに注目です。

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ポナム・カーターなどの有名女優が共演します。

 

さらにシンガーソングライターのリアーナもチームの一員として登場します。

さらに、豪華なロケ地にも注目です。

 

強盗の舞台となるのはニューヨークの「メトロポリタン美術館」、あの有名な美術館で撮影されています。

 

そして今回は主要キャストが女性ということもあって、女優陣が着こなすファッションも見どころとなっています。

 

 

Sponsored Link


 

【オーシャンズシリーズを見るならU-NEXTがおすすめ】

 

U-NEXTでは、オーシャンズシリーズの映画全作品の視聴が可能となっています。

 

オーシャンズ11

オーシャンズ12

オーシャンズ13

オーシャンズ8 (要ポイント 540P)

①②③の作品は見放題作品、は見放題対象外作品となりポイントが必要な有料コンテンツになります。

 

 

 

おすすめする理由:上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「オーシャンズシリーズ」を期間限定(31日間)で無料視聴することができる。

 

おすすめする理由:オーシャンズシリーズを全部配信している。

 

おすすめする理由:U-NEXTでは「31日間無料トライアル」に登録すると加入特典として600ポイントのプレゼントが受け取れるので、このポイントを利用するとも無料で楽しむ事ができる。

 

 

詳しくは、以下で視聴するまでの流れを記載していますので参考にしてください↓

 

U-NEXT】

 

▼「オーシャンズシリーズ 」の配信状況

オーシャンズ11(~2019年8月31日 23:59まで配信)

オーシャンズ12(~2019年8月31日 23:59まで配信)

オーシャンズ13(~2019年8月31日 23:59まで配信)

オーシャンズ8(~2019年11月27日 23:59まで配信 要540P)

 

▼U-NEXTで「オーシャンズシリーズ 」を無料でみる流れ(未登録の方のみ)

1:U-NEXTの公式サイトへいき「まずは31日間無料体験」のボタンから登録。

2:登録後、ページ上部の検索窓にて「オーシャンズ」で検索。

3:「オーシャンズ」の作品が出てくるので、見たい作品をクリックし視聴する。

 

 

 

▼U-NEXTの特徴

●利用料金:月額1990円(税別)

●無料お試し期間:「31日間無料トライアル」に登録してから31日間(初回登録の方のみ)

●配信ジャンル:洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、雑誌、漫画、ラノベ、書籍

●こんな人におすすめ:洋画、海外ドラマ、アニメを中心によく見る人

 

▼U-NEXTの長所

●映像作品約90000本(見放題作品)を無料で視聴することができる!

●海外映画配信数が断トツ!

 

※最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

※「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間月額料金が無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。

 

 


 

豪華なキャストに、あるとわかっているのに騙されてしまう定番のどんでん返しで魅力いっぱいのオーシャンズシリーズ!

興味を持った方は今回ご紹介した見る順番を参考にして、動画を視聴してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

   

関連コンテンツ