ソーが持つハンマーの名前やスペック!

ソーが持つハンマーの名前やスペック!

アベンジャーズの一員であり、MCUキャラクターの中でも人気が高い「マイティーソー」。

ソーと言えば豪快かつ持ち前のパワーで敵を次々と倒してくれるキャラクターです。

 

ソーの力を十分に発揮させるには相方である武器「ハンマー」が必須、これがなくては「マイティ―ソー」は成立しません。

今回は、このハンマーについて名前や能力などについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link


【ソーが持っているハンマーの名前は?】

 

ソーが持つハンマーの名前は「ムジョルニア」と呼ばれています。

このハンマーのモデルとなったのは、北欧神話の雷神トールが持っていた「ミョルニル」と呼ばれる鎚です。

 

ミョルニルという言葉には古ノルド語で「粉砕するもの」という意味も込められています。

ミョルニルの別名は、雷神トールが持っていたこともあり「トールハンマー」という呼ばれ方もしていて、こちらの方は聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

モデルとなった「ミョルニル」の特徴(スペック)として

 

・思う存分打ち付けても壊れない

・投げても的を外さず手元に戻ってくる

・柄が短い

・自在に大きさを変えて携行できる

・ミョルニルを扱うには専用の手袋が必要

 

などがあります。

 

映画の中でも「ムジョルニア」は「ミョルニル」を彷彿とさせる描写が数多くあるので、モデル通りのスペックを持ち合わせている事があわかります。

ソーは設定上、神々の国アスガルドの第1王子であり、これは北欧神話における雷神トールのモデルとなっているため、ソーの武器としてこのハンマーが出てくるのも必然と言えますね。

 

Sponsored Link


【ムジョルニアのスペック】

 

さて、由来となった「ミョルニル」の話から改めて「ムジョルニア」の具体的な能力などについてご紹介していきます。

 

まず「ムジョルニア」は、映画でオーディンが「惑星ニダベリアの心臓から作られた」と言っています。

 

そして、オーディン曰く「全てを滅ぼし想像する力を秘めている」と全てを知っている発言をしているので、ムジョルニア作成時にオーディンが関わっているのは間違いなさそうです。

映画では素材名まで出ていませんでしたが、原作では「ウル」と呼ばれる金属でできているとの記載があります。

 

「ウル」の硬度はマーベルコミックで度々出てくる合金「アダマンチウム並(世界最高峰の硬度を持つ金属)」と言われ、このアダマンチウムはX-MENに登場するウルヴァリンの爪の素材ともなっています。

これらを合わせて考察すると「惑星ニダベリアの心臓から作られた」というのは「ウルを使用して作られた武器にオーディンが何らかの魔法をかけて作られた武器」と解釈できますよね。

 

そんな「ムジョルニア」が有している能力は以下の通りです↓

 

・雷や嵐などの天候操作

・稲妻を発生させ打つ

・エネルギーの放射と吸収

・飛行能力

・物質操作

・次元間/時間軸の移動

 

ネタバレになってしまいますが、「ムジョルニア」は「アベンジャーズ/インフィニティウォー」の敵キャラ「ヘラ」に跡形もなく破壊されてしまいます。

代わりに、ソーの新しい武器「ストームブレイカー」という名の斧を扱うこととなります。

「ストームブレイカー」は、「ムジョルニア」と同等/それ以上の力を持ち合わせており、新たに「虹の橋(宇宙の移動)」の力が加わりました。

 

Sponsored Link


【ムジョルニアはソーしか持てない?】

 

ムジョルニアは基本的にとてつもなく重く、高潔な心の持ち主でないと持ち上げることは出来ません。

怪力自慢のハルクでも持ち上げることはできなかったので、腕力だけでは持ち上げる事ができないのは証明されています。

 

しかし、映画では「ヴィジョンやキャプテンアメリカ」が持ち上げていたので、ソーだけしか持てないという訳でもありません。

 

持つ条件に関しては「高潔な心の持ち主であること」なので、汚れのない心の持ち主であれば持つ事は可能という事です。

第1作目では力を失って人間と化してしまい、心が乱れていたソー自身もムジョルニアを持ち上げることが出来ていません。

 

後に人々を守ろうとしたソーを持ち主と認めたムジョルニアは再びその力をソーに与えています。

このように、ソー自身でも心が汚れている状態だと持つ事はできませんでした。

 

Sponsored Link


 

ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、このムジョルニアはマイティーソー3作品においてずっとソーの側にいるわけではありません。

 

お互い認め合いながらも様々な理由で離れたり、またソーの元に戻ってきたりと、まるで恋愛のような過程を繰り返します。

 

そんな彼女のような親友のような存在のハンマー「ムジョルニア」の気持ちになりながらソー作品を見返してみると面白い発見がありそうです!

Sponsored Link

   

関連コンテンツ