地獄楽の簡単なあらすじ!物語で重要な用語やキーポイントも解説

地獄楽の簡単なあらすじ!物語で重要な用語やキーポイントも解説

 

「週刊少年ジャンプ+」にて2018年~2021年まで連載されていた空前の大ヒット作品【地獄楽】

 

「地獄楽」は原作は既に作品は完結されましたが、最終話が更新された2021年1月25日にアニメ化制作が発表され、それを「呪術廻戦」を制作したことでも有名な「MAPPA」が担当することになりました。

 

現在はまだ放送日は未定ですが公式にてアニメーションPVが公開されており着々と進んでいるのが分かります。

 

そんな「地獄楽」ってどんな作品なのかわからない方も沢山いると思いますので、今回は「地獄楽」の簡単なあらすじなどをご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【地獄楽の物語】

©賀来ゆうじ/集英社
地獄楽 1
巻より引用

 

「地獄楽」は、生と死を深く考えさせられる作品でもあり、息をするのも忘れそうな戦闘シーンは何とも言えない圧迫感と威圧感があり、読んでいるこちらまで気づけば冷や汗をかいているほど、高い再現度で描かれている作品です。

 

以下からは、そんな「地獄楽」のあらすじを簡単にご紹介していきますのでご覧ください。

 

▼あらすじはこんな感じ▼

時代は江戸時代。

 

最強の忍「がらんの画眉丸(がびまる)」は、ある理由で抜け忍となり囚われ、生に執着がなく死を心待つ日々を送っていましたが、幾度となく刑を執行されるも超人的な体を持った彼は、どんな刑であろうと死ぬことはできませんでした。

 

ある時、打ち首執行人「山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)」に出会い佐切は自分を殺すことが出来ると直感した瞬間、村に置いてきた妻への愛を思い出し、自分に生への執着があることを確信します。

 

佐切はそんな「画眉丸」に無罪放免になる条件を提示します。

 

その条件とは、おとぎ話と噂される極楽浄土の島で不老不死の仙薬を手に入れ持ち帰ること。

 

「画眉丸」はもう一度妻に会うため、生きる道を選択し極楽浄土行きを決意します。

 

「画眉丸」と同じ死罪人達とそのお目付け役の打ち首執行人(山田一門)を連れ、極楽浄土の島へと船を進めることに…。

 

しかし、その島は極楽浄土とは程遠く化物が住まう謎の島だったのでした。

 

「画眉丸」を始め死罪人たちは仙薬を手にし生きて島から出る為、島に住まう天仙と呼ばれる者たちと戦うことになっていきます。

 

以上が簡単なあらすじとなっており、解説すると↓

 

不老不死の仙薬を手に入れ帰還すると無罪放免という条件で集められた「死罪人」と、お目付け役の「打ち首執行人」たちが、極楽浄土の島で謎の存在と遭遇し戦いを繰り広げるバトルロワイヤル形式のダークファンタジー作品です。

 

この作品は、現実では考えにくい「極楽浄土(あの世)」、「不老不死」というキーワードに人間の生と死を題材とした独特な世界観を描き、作中では宗教に関する専門用語なども登場しより深みが増しています。

 

またキャラクターの人間らしさ、その逆に天仙の人間とはかけ離れた感覚を見事に描かれ、風景なども目を見張る美しさや激しいアクションも見事に再現されており物語をより際立たせています。

 

以下からは、そんな「地獄楽」の押さえておきたいポイントごとにまとめましたのでご覧ください。

 

Sponsored Link

 

【地獄楽のキーポイント】

 

【死罪人】

©賀来ゆうじ/集英社
地獄楽 1巻より引用

 

「地獄楽」での時代背景は江戸時代ですので、現代では理解できない事柄が度々登場しています。

 

特に主人公の「画眉丸(がびまる)」は死罪人となっていて「死罪人」と聞いてピンとこない方もいたでしょう。

 

極楽浄土と噂される地に不老不死の薬(仙薬)を求めて幕府は何度も調査団を向かわせましたが、無事に帰って来たものはなく、唯一生還した人間は全身から花を咲かせた廃人となっていたのでした。

 

その地には仙薬があるに違いないと確信した幕府は死んでもいい人間をその地に送り込むことを決めます。

 

死んでもいい人間とは、窃盗、殺人など重罪を犯した人間のことで、今現在で言う死刑判決を言い渡された存在のこと、このような人物の事を「死罪人」と言っています。

 

作中ではこの死罪人たちが活躍し、物語でもっとも重要な人物たちですので押さえておきましょう。

 

【死罪人のキャラクター】

 

【がらんの画眉丸(がらんのがびまる)】

元石隠れの抜け忍。超人的な肉体の持ち主。

妻にもう一度会うため仙薬を探します。

 

【亜左弔兵衛(あざちょうべい)】

伊予の山奥に賊の村をもつ人物。

通り名は「賊王」と呼ばれており、残忍な性格。

 

【民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)】

「八州無双の剣籠」という異名を持つ剣豪で、後世に自身の名を残すことを目的としています。

 

【いがみの慶雲(いがみのけいうん)】

百本狩りと呼ばれている荒法事で、武具に異常なまでの執着をもち、武芸者たちを殺して武具を集めていました。

 

【ヌルガイ】

「山の民」の最後の生き残りで、幕府に賛同しない逆賊という扱いを受け死罪人となってしまいました。

 

【法流坊(ほうるぼう)】

数えきれないほどの罪を犯している「殺しの念仏」という異名を持つ僧侶です。

 

【あか絹(あかぎぬ)】

男を誘惑し殺した後食べていたことから「人喰い花魁」と呼ばれています。

 

【傾主の杠(けいしゅのゆずりは)】

「領主の杠」と呼ばれるくのいちの女性。

冷徹な性格で、基本的に自分の利益でしか動かない人物ですが、優しい一面もあります。

 

【茂籠牧耶(もろまきや)】

新興宗教の教師で集団洗脳してテ幕府を滅ぼそうと企んでいました。

 

【陸郎太(ろくろうた)】

刀も通さない強靭な体を持っている大巨人です。

 

Sponsored Link

 

【打ち首執行人(山田浅ェ門)】

©賀来ゆうじ/集英社
地獄楽 1巻より引用

 

個性的な罪人たちのお目付け役として極楽浄土の地に共に同行するのは、打ち首執行人と呼ばれる死刑執行人です。

 

現在の死刑は絞首刑となっていますが、江戸時代での死刑とは現在では廃止された斬首刑を行っていました。

 

その執行人を務めていたのは「山田浅右衛門」通称「山田一門」。

 

作中では罪人たちが島で良からぬことを考えた時にはすぐに斬首する監視役として一緒に島に同行しますが、一見頭が固く融通性のない彼らに見えますが、物語が進むにつれ罪人との関係性などが少しずつ変化していきます。

 

罪人たちに引けを取らない個性豊かなキャラクターばかりで作品において罪人と同様に重要な存在となっています。

 

1人の罪人に対して1人のお目付け役ですが、作中後半では幕府から追加導入された執行人が登場しましたので総勢13人となっています。

 

以下で山田一門を簡単にご紹介していきます。全て山田浅ェ門ですので、以降の名前のみ記載いたします。

 

【佐切(さぎり)/試一刀流十二位】

山田家の娘で、女性でありながら一流の剣技の才能を持ちますが、人を斬首する職に悩み苦しんでいます。

画眉丸の監視役。

 

【付知(ふち)/試一刀流九位】

解剖が得意な剣士で、剣士というよりは学者の様な人物で、いつも解剖道具を所持しています。

民谷巌鉄斎の監視役。

 

【仙汰(せんた)/試一刀流五位】

気弱で優しい剣士で常に書物を持って歩く勉強家。

杠の監視役。

 

【典坐(てんざ)/試一刀流十位】

同じく山田一門の士遠に救われた過去があり憧れを抱いていました。

ヌルガイの監視役。

 

【桐馬(とうま)/試一刀流段位未定】

罪人の亜佐弔兵衛の実の弟で、山田家に潜入し短期間で執行人代行免許をとるという才能ある人物。

亜佐弔兵衛の監視役。

 

【士遠(しおん)/試一刀流四位】

盲目の剣士ですが、ずば抜けた嗅覚と音で相手の動きを見ることが出来ます。

島では主にヌルガイと行動を共にしています。

 

【十禾(じっか)/試一刀流三位】

無気力で何を考えているか分からない少し怖い印象を持つ剣士。

 

【衛善(えいぜん)/試一刀流一位】

一門を支える存在として育成に力を入れており門下生から頼られるアニキ的存在。

陸郎太の監視役。

 

【源嗣(げんじ)/試一刀流八位】

侍としての規律を重んじる一方で実は女性に弱いという欠点があります。

茂籠牧耶の監視役。

 

【期聖(きしょう)/試一刀流十一位】

合理的な考えを持つ頭の良い人物ですが少し冷たい言い方をするところがあります。

慶雲の監視役。

 

【殊現(しゅげん)/試一刀流二位】

独川将軍にも認められる実力の持ち主で、情に厚く正義感が強い。

 

【清丸(きよまる)/段位なし】

山田一門が定める年齢に達していない為段位は持っていませんが、免許皆伝相当の実力の持ちぬし。

 

【威鈴(いすず)/段位なし】

源嗣の実の妹。

大柄な女性で段位はありませんがかなりの実力の持ち主です。

 

Sponsored Link

 

【神と崇められた存在「天仙」】

©賀来ゆうじ/集英社
地獄楽 3巻より引用

 

「地獄楽」では、この存在極楽浄土の島「神仙郷」を支配している7人の仙人「天仙様」と呼ばれる存在と罪人たちとの戦いが最大の見どころとなっています。

 

「天仙」とは?と疑問に思う方も多いと思いますが、「天仙」は植物と気(タオ)を掛け合わせて生み出された言わば人造人間の様な存在で、この島の島民からは神と崇められてきました。

元々は仙道を極めて神となった1人の仙人が7人に分裂している為、全ての天仙様の顔は同じ顔同じ声です。

 

驚異的な再生能力や異常なまでの戦闘能力は不老不死の研究過程で作り出したとされています。

 

罪人たちは仙薬を手に入れる為にはこの天仙様との戦いは避けられません。

 

「地獄楽」の作品において最大の敵と言えますので押さえておきたい存在です。

 

天仙様は1人の仙人が7つに分裂しています。

 

それぞれ不老不死の研究をし、役割があります。以下ではその7人の天仙様を簡単にご紹介します。

 

【蓮(りえん)】

蓮の花の天仙で、天仙たちをまとめる首領です。

 

【菊花(ジュファ)】

菊の花の天仙。性交で不死を目指す研究するため、主に男性の姿をしています。

 

【桃花(タオファ)】

菊花と共に性交で不死を目指す研究しており、主に女性の姿をしています。

 

【朱槿(ヂュジン)】

ハイビスカスの花の天仙で呼吸で不死を目指す研究しています。

 

【牡丹(ムーダン)】

牡丹の花の天仙でつぼや内臓の氣で不死を目指す研究をしています。

 

【蘭(らん)】

蘭の花の天仙で体操によって不死を目指す研究をしています。

 

【桂花(グイファ)】

金木犀の花の天仙で瞑想により不死を目指す研究をしています。

 

Sponsored Link

 

【極楽浄土の島と用語】

©賀来ゆうじ/集英社
地獄楽 1巻より引用

 

「地獄楽」のメインの舞台となる「極楽浄土の島」は勿論ですがあの世ではありません。

 

船で行ける孤島にありますが、何故そんな呼び名なのかというと、作中では美しい花々の景色があり、どこかしらか歌が聞こえるというまさに人間が想像する天国のイメージの風景が広がっていることからその様な名前の噂が広がったのでしょう。

 

実際は「神仙郷」という島で、7人の天仙という神の様な存在が住まう最も危険な島です。

 

また、「地獄楽」では独特な世界観が描かれており「タオ」や「丹」などといった聞きなれない言葉が飛び交います。

 

以下でこの「タオ」と「丹」という用語について簡単にご紹介しますので押さえておくと「地獄楽」が楽しく読むことが出来る助けにますので参考にしてみて下さい。

 

【タオ】

万物に溢れる力のことで、人間世界では「氣」の様なものです。

命を削って超人的な力を発することができる生命エネルギーと言えます。

 

このタオを極めることで神に近い力を得ることが出来ますが、普通の人間が使用した場合最悪死に至ります。

作中では画眉丸が使用した際は危うく命を落とすところでした。

 

また、このタオは5つ属性があり「木」「火」「土」「金」「水」となっていてこれには相性があります。

 

相性が良いものと組むと回復をしたり力を増したりしますが、逆に相性が悪いとその逆が生じます。

 

【丹(たん)】

今作で罪人たちが探し求める不老不死の仙薬の事をこの島では「丹」と呼んでいます。

人間と花と融合させタオを抽出して仙薬ができますので、タオが強い人間ほど良質な薬ができるのだそう。

 

【「地獄楽」の漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「地獄楽」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「地獄楽(1~最新刊まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
②加入特典としてプレゼントされる600Pは、地獄楽以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、地獄楽のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「地獄楽」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

「地獄楽」のあらすじについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、作品を最初からご覧いただきこの独特の世界観と、キャラクター、絵風の美しさなど堪能してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ