ハーマイオニーの現在の年齢や活動!【2020年】

ハーマイオニーの現在の年齢や活動!【2020年】

 

ファンタジー映画の名作「ハリーポッター」に全作出演し大人気女優となった「ハーマイオニー・グレンジャー」こと「エマ・ワトソン」。

 

賢者の石から見ている人は、エマワトソンの成長を親の様に見ていたのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ハリーポッターシリーズでのエマ・ワトソンの成長、現在の彼女はどのような活動をしているのかご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【ハーマイオニーことエマワトソンのこれまでの軌跡】

 

【ハーマイオニー・グレンジャー/エマ・ワトソン】

参照元URL https://twitter.com/

【生年月日】【国籍】
1990年4月15日イギリス
【出生地】【民族】
フランス:パリイギリス人

 

【ハリーポッターシリーズ(2001年~2011年) 11歳~21歳】

 

[ハリーポッターと賢者の石]2001年

参照元URL https://twitter.com/

記念すべき第1作目で主人公・ハリーポッターの友人となる、ちょっと絡みにくい優等生を演じたエマ・ワトソン。

当時11歳で知的で正義感が強くとてもキュートな役がハマっていてあっという間に大人気になりました。

 

[ハリーポッターと秘密の部屋]2002年

参照元URL https://twitter.com/

第2作目では、エマ・ワトソンは12歳でした。

ホグワーツ魔法学校のどこかにあるという秘密の部屋。

 

その扉が開かれたと突然壁に血文字が現れ次々と怪事件が起こっていく展開になっていきますが、この作品ではハーマイオニーは石にされてしまいますが、ハリーやロンができないことをサポートするなどハリーやロンにとって欠かせない存在となった作品です。

 

[ハリーポッターとアズカバンの囚人]2004年

参照元URL https://www.youtube.com/

3作目ではエマ・ワトソンは14歳です。

この作品ではハーマイオニーは時間を行き来できる「逆転時計」を使い大活躍していました。

 

時間を行き来してハリーが暴走するのを抑えたり、機転の利いた判断も知的なハーマイオニーだからこそ出来ることでエマ・ワトソンは見事に演じていました。

 

Sponsored Link

 

[ハリーポッターと炎のゴブレット]2005年

参照元URL https://twitter.com/

第4作目、エマ・ワトソン15歳。

物語後半に最大の敵、ヴォルデモート卿が復活するという大きな展開を迎える作品でした。

まだ幼さが残っているものの、大人っぽいドレス姿を披露するなど徐々に大人になっていくハーマイオニーが必見です。

 

[ハリーポッターと不死鳥の騎士団]2007年

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

第5作目、エマ・ワトソン17歳。

第1作目から比べるとすっかり大人びてきているのが目に見えてわかります。

ハーマイオニー個人の活躍はこの作品ではこれっていったのはないですが、シリーズの中では非常に人気の高い作品で、テレビ放送のリピートもとても多い。

 

ヴォルデモート卿に対抗すべく結成されたベテラン魔導士達「不死鳥の騎士団」の活躍がメインとなっており物語としては見所満載でした。

 

[ハリーポッターと謎のプリンス]2009年

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

第6作、エマ・ワトソン19歳。

ここからは原作のハーマイオニーの設定年齢よりエマ・ワトソンの方が上となっていきます。

 

物語のダイナミックさや物語もより深くなってきたシリーズでしたが、なんといってもこの作品では思春期を迎えたハリーやロン、ハーマイオニーなどそれぞれのキャラクターの恋心など心の動きが強調されていたように思います。

ハーマイオニーがロンに嫉妬している姿などは新鮮で愛くるしく必見です。

 

[ハリーポッターと死の秘宝1・2]2010年・2011年

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

最終章2部作、エマ・ワトソン21歳。

シリーズ完結となる2部作ではすっかり大人の姿になったハーマイオニーはとても美しい女性へと成長しました。

物語としては遂にヴォルデモート卿と直接対決!

最後までハリーに寄り添い支える姿に友情の素晴らしさを感じさせてくれます。

 

さらにハーマイオニーをこんなに魅力的表現できたのはエマ・ワトソンだったからではないでしょうか。

 

最終章まで演じ切り、女優として確立された彼女はその後、ハーマイオニー役だった子ではなくエマ・ワトソンとして輝かしく活躍していきます。

ちなみに、2007年では「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」上映と同時期に「バレエ・シューズ」という作品に出演、さらに2008年に公開された「ねずみの騎士デスペローの物語」では声優にも挑戦しハリーポッターシリーズ以外にも意欲的に活動していました。

 

Sponsored Link

 

【ハリーポッターシリーズ以降の活躍(2011年~2018年) 21歳~29歳】

 

ハリーポッターシリーズ完結後も活躍し続けるエマ・ワトソン。

以下ではその後どのようなに活躍していたかをご紹介します。

 

「ウォール・フラワー」2012年

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

この作品での熱演で認められ、数々の賞にノミネートされました。

[ピープルズ・チョイス・アワード]や[ティーン・チョイス・アワード]など受賞しました。

 

「ブリングリング」2013年

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

この作品は賛否両論な評価がありましたが、彼女の演技に関しては高く評価され、様々な評論家たちに認められたこととなります。

 

「ノア・約束の舟」2014年

参照元URL https://www.amazon.co.jp/

この作品では人妻を演じ、新たな彼女の可能性を感じた作品となりました。

 

[2016年から1年間]

順調に活躍している中自身の女優としての成長の為、女優業を休止しました。

 

「美女と野獣」2017年

https://twitter.com/EmmaWatson/status/818140344894230529

ディズニー実写映画でヒロイン役「ベル」を演じ、エマ・ワトソンの代表作となった作品。

興行収入が12億ドル、日本円で約1200億の高い収入となり、この記録は「スターウォーズ/最後のジェダイ」を次ぐ記録となりました。

 

Sponsored Link

 

【エマ・ワトソンの現在(2019年現在) 29歳】

 

29歳になったエマ・ワトソンの現在はというと、なんと女優としての活躍ではなく、意外な活躍を果たしていました。

 

その活動とは、男女平等を訴える活動をしていました。”女性に対する格差や暴力が当たり前のように行われている実態があり、女性の権利について、男女公正である為に尊厳のある世界を”とスピーチしている姿がありました。

 

さらに、女優の仕事を続けながらも勉学に励み大学に進学した彼女のIQはなんと138。平均のIQは100と考えると相当高い数値です。

 

知的で演技力、容姿もパーフェクトな彼女の今後にも期待したいですね。

 

https://twitter.com/EmmaWatson/status/1164143968986259456

 

 

 


 

いかがでしたか?

 

映画ハリポッターシリーズで一躍人気女優となったハーマイオニー役のエマ・ワトソンは今も劣らず活躍し続けています。

 

この記事を参考にハリーポッターは勿論、エマ・ワトソンのその後の活躍した作品も視聴してエマ・ワトソンの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ