ロンの現在はどうなってる?ハリーポッター以降の活躍【2020年】

ロンの現在はどうなってる?ハリーポッター以降の活躍【2020年】

 

ハリーポッターシリーズでロン・ウィーズリーを演じていたルパート・グリントですが、ハリーポッター完結後あまりメディアで見なくなった人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、一体彼は現在何をしているのか、彼のその後の出演作品などをご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【ロン・ウィーズリーことルパート・グリントの現在の活動は?】

 

【ロン・ウィーズリー/ルパート・グリント】

参照元URL https://twitter.com/

【生年月日】【国籍】
1988年8月24日イギリス
【出生地】【民族】
イングランド・ハートフォードシャー州:ワットン・アト・ストーンイギリス人

 

 

【ハリーポッターシリーズ(2001年~2011年) 13歳~23歳】

 

[ハリーポッターと賢者の石]2001年

参照元URL https://twitter.com/

第1作目から登場しているルパート・グリントはこの作品では13歳でした。

 

ハリーとは魔法学校へ向かう列車の中でハリーが大量のお菓子を買ったことがキッカケで急速に仲良くなったのにはお茶目でほほえましくありました。

ロン・ウィーズリーは純血魔法族ウィーズリー家の6男で、優秀な兄が5人、妹が1人と賑やかな家族で、ロンは期待される状況になれておらず、プレッシャーがかかると残念な人物。

 

ハリーやハーマイオニーを困らせるところもあるが何故かほっとけない人物で、この作品時はなんとも可愛らしいマスコットキャラクター的な存在でした。

 

[ハリーポッターと秘密の部屋]2002年

参照元URL https://twitter.com/

第2作目では、ルパート・グリントは14歳でした。

 

ホグワーツ魔法学校のどこかにあるという秘密の部屋。

その扉が開かれたと突然壁に血文字が現れ次々と怪事件が起こっていきます。

その際、ハーマイオニーが石化されてしまいますが、トム・リドルの日記へと展開されていきます。

 

ロンはというと、ハリーと魔法学校へ行く汽車に乗り遅れてしまい、ロンの父親の車に乗って試行錯誤するうちに自身の杖を折ってしまい、その後もドラコからハーマイオニーを守るために魔法を使うも、杖が折れていたため自分に”ナメクジくらえ”がかかってしまい残念な姿になるなど散々で、良いとこなしですがハリーポッターシリーズでは必要不可欠な存在になっていきます。

 

Sponsored Link

 

[ハリーポッターとアズカバンの囚人]2004年

参照元URL https://twitter.com/

3作目ではルパート・グリントは16歳です。

 

この作品では、ハリーの伯父にあたる「シリウス・ブラック」がアズカバンから脱獄したことから始まりますが、この脱獄したキッカケを作ったのは本人は知る由もない事ですが、賞金でエジプト旅行に行った際に新聞に取り上げられており、その記事を見たシリウスが脱獄を決意したとか…。

 

その理由は、ロンが飼っているネズミは実はヴォルデモートの配下のペティグリューだったのです。

 

今作では、最悪の結末からハーマイオニーの逆転時計によって最高の結末に導く物語構成となっており、ハリーとハーマイオニーが大奮闘する展開で、ロンの活躍はほとんどないに等しいですが、やはりいないだけで寂しく感じる存在へとなっていました。

 

[ハリーポッターと炎のゴブレット]2005年

参照元URL https://twitter.com/

第4作目、ルパート・グリント17歳。

 

この作品から物語は大きく展開していきます。いままで魔法学校生徒で亡くなることは前シリーズではなかったのですが、物語後半に最大の敵、ヴォルデモート卿が復活し、ハリーを助けるために一人の生徒が死んでしまうというエピソードがあり衝撃のラストとなりました。

 

今作品では3大魔法学校対抗試合が行われることになりましたが、この試合は非常に危険が伴う為16歳以下の生徒は出場できないことが伝えられたのですが、なぜか炎のゴブレットの中からハリーの名前が入っていたことから、ロンと喧嘩になってしまいます。

その後、ハリーが自身で入れたものではないと誤解が解けた段階で無事仲直りしていました。

 

また、物語中盤では、ロンとハーマイオニーの気持ちのすれ違いが勃発するなど、ロンの周りではいろいろな意味で展開していました。

 

だいぶ姿は大人になってきましたが、役どころが鈍感さや幼さを上手く演じていたように思います。

 

[ハリーポッターと不死鳥の騎士団]2007年

参照元URL https://blog.goo.ne.jp/

第5作目、ルパート・グリント19歳。

 

第1作目から比べるとすっかり大人で、小さなロンが面影がなくなってきていました。

 

この作品に関しては、主にハリーの伯父・シリウス・ブラック率いる「不死鳥の騎士団」がメインとなっており、シリーズの中では非常に人気の高い作品で、テレビ放送のリピートもとても多い。

 

ヴォルデモート卿に対抗すべく結成されたベテラン魔導士達「不死鳥の騎士団」の活躍がメインとなっており物語としては見所満載でした。

ロンの活躍というのはあまりないにしても、見どころとしてはハリーが魔法省から尋問を受ける際もずっと疑う事無く信じ続けていました。

 

気づけばロンは頼れる人物へと変わっていたのはこの時期ではないでしょうか。その演じ分けもシリーズを追うごとに進化しているようです。

 

[ハリーポッターと謎のプリンス]2009年

参照元URL https://twitter.com/

第6作、ルパート・グリント21歳。

 

物語はついにヴォルデモートが動き出し、ドラコもデスイーターとなってしまったりと怒涛の展開を迎えるシリーズとなりました。

ハリーに好きな人が出来て相手はロンの妹・ジニー。

勿論ロンは心穏やかではありません。

 

そんな絶妙な兄心をしっかりと演じていました。

 

[ハリーポッターと死の秘宝1・2]2010年・2011年

参照元URL https://twitter.com/

最終章2部作、ルパート・グリント23歳。

 

シリーズ完結となる2部作では物語も息もつく間もないほど目まぐるしく展開していきました。

物語としては遂にヴォルデモート卿と直接対決となり、ロンはすっかり頼りがいのある魔法使いになっていました。

 

頭ではハーマイオニーには敵わないので、体でカバーする精神が見る人を引き付けていました。ハリーが氷の水の中で死にそうになっているところを助け、自分が代わりに水の中へ潜るなどでハリーのピンチを救ってきました。

 

ハリーポッターシリーズは年々進むごとに息の詰まるような展開が多くなっていく中でロンのユーモア含めた言葉などでハリー達を和ませてくれていました。

 

そんなキャラクターを演じれたのはルパート・グリント以外ありえないでしょう。

最終章までロンを演じ切り、俳優として成長した彼の今後が楽しみになりました。

 

Sponsored Link

 

【ハリーポッターシリーズ以降の活躍(2011年~2018年) 23歳~30歳】

 

ハリーポッターシリーズ完結後、日本では表立ってテレビで見ることが少なくなっていましたが、調べてみたところ俳優として活躍していました。

以下ではその後どのようなに活躍していたかをご紹介します。

 

 

「バレット・オブ・ラヴ」2013年 カール役で出演!

 

「Postman pat:the movie」2014年 ジョシュ役で声優に挑戦!

 

「ムーンウォーカーズ」2015年 ジョニー役で主要キャストに抜擢!

 

「Sick Noteシリーズ」2017年

https://twitter.com/natalieogawa1/status/1149937841192837120

海外ドラマシリーズでダニエル・グラス役でメインキャストに!

現在は海外ドラマでの出演が多くこちらで活躍中。

 

Sponsored Link

 

【ルパート・グリントの現在(2019年現在) 30歳】

 

30歳になったルパート・グリントの現在はというと、映画俳優というよりはテレビドラマが多めのようです。

 

久しく彼の噂を聞くことがなかったので心配していた人も多かったのではないでしょうか…。

 

また、現在本人は独身ですが、女性の噂は絶えない人物で過去に付き合っていたとしている女性は今までに複数確認できています。

 

現在では2011年から交際スタートしている「ジョージア・グルーム」が彼女で、2020年4月11日に妊娠している事が発表され、このまま結婚する事になるでしょう。

 

 

 

 


 

いかがでしたか?

 

映画ハリポッターシリーズで一躍有名俳優となったルパート・グリントは今も俳優として活躍し続けていました。

 

この記事を参考にハリーポッターは勿論、ルパート・グリントのその後の活躍した作品も視聴してルパート・グリントの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか

Sponsored Link

   

関連コンテンツ