チェンソーマンのアキが銃の悪魔(魔人)になった理由は?マキマの目的と復讐者の末路

チェンソーマンのアキが銃の悪魔(魔人)になった理由は?マキマの目的と復讐者の末路

 

「チェンソーマン」に登場する銃の悪魔は、早川アキにとって因縁の相手で本作最大の敵です。

 

一瞬で何万人も殺すほど凶悪な悪魔で、全てのデビルハンターが殺したがっている悪魔でもあります。

 

今回はそんな銃の悪魔とアキの因縁について紹介していきますので、作品を読む際の参考にしてみてください。(※ネタバレ注意)

 

Sponsored Link

 

【アキの因縁の相手「銃の悪魔」】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 9巻より引用

 

銃の悪魔は13年前にアメリカに出現し、世界中に甚大な被害をもたらした悪魔です。

 

人類が知りうる悪魔の中では最強クラスの悪魔であり、その討伐は全てのデビルハンターにとっての悲願であるといえるでしょう。

 

そんな「銃の悪魔」について、まずは順番に紹介していきます。

 

【5分で120万人弱を殺害】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 2巻より引用

 

銃の悪魔は世界各地に現れており、たった5分の間に120万人弱が犠牲になっています。

 

日本には26秒間上陸して、6万人弱を殺害。

 

それ以来、銃の悪魔は姿を消していて、どこに潜伏しているのかすら分かっていません。

 

数キロ圏内の特定の条件(年齢や性別、誕生月など) の人間に対し、回避不能な銃弾を打ち込むという異次元の能力をもっています。

 

【名前が恐れられている悪魔ほど強い】

悪魔には必ず名前があり、その名前が恐れられている悪魔ほど強い力があります。

 

銃の悪魔が現れた13年前には銃を使った事件や戦争が頻発していて、銃に対する恐怖が最高潮に達していました。

 

銃の悪魔の出現後は悪魔そのものに対する恐怖が高まり、全ての悪魔の力が強くなるなど、その影響は計り知れません。

 

現在では銃の悪魔の力を少しでも弱めるため、銃の所持が世界的に禁止されています。

 

Sponsored Link

 

【肉片を使うことで居場所を特定できる】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 2巻より引用

 

13年前から姿を消している銃の悪魔の居場所を見つけるには、銃の悪魔の肉片を集め、その行き先をたどる必要があります。

 

銃の悪魔の移動速度は身体が焦げ落ちるほど速いため、その肉片は世界中に散らばっています。

 

強大な力をもつ銃の悪魔は再生力も高く、ある程度の肉片が集まれば元の体の場所に戻って再生しようとするのです。

 

肉片どうしは引き寄せ合うため肉片の場所を特定することは容易ですが、銃の悪魔の肉片を他の悪魔が食べると凶暴化するため、強力な悪魔を倒し続けることでも入手できます。

 

【銃の悪魔は拘束されていた】

所在すらも分かっていなかった銃の悪魔は、すでに倒され拘束されていたことが物語の後半で明らかになりました。

 

ソ連軍が銃の悪魔をはじめて視認した時には、何者かの手によって倒された後だったようです。

 

以降は、ソ連やアメリカをはじめとした各国が銃の悪魔の肉体を分けて拘束していましたが、マキマ(支配の悪魔)を倒すために復活することになります。

 

Sponsored Link

 

【アキの家族も銃の悪魔の犠牲者】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 2巻より引用

 

アキと銃の悪魔との因縁は、アキの家族が銃の悪魔の犠牲になったことから始まっています。

 

銃の悪魔が日本に現れたとき、アキはたまたま家の外にいたため助かりましたが、家の中にいた両親と弟はアキの目の前で死亡してしまいした。

 

それ以来、アキは銃の悪魔に復讐することだけを考えており、銃の悪魔の肉片をもつことが唯一許されている公安に入ることを決意。

 

「銃の悪魔を殺せれば他のことはどうでもいい」とさえ言うほど、銃の悪魔を憎んでいます。

 

【銃の悪魔を殺せるのは頭のネジがぶっ飛んでるヤツ】

アキの師匠の岸辺いわく「悪魔が恐れるデビルハンターは、頭のネジがぶっ飛んでるヤツ」で、銃の悪魔を殺せるのも頭のイカれたデビルハンターだけです。

 

というのも、悪魔は恐怖をエネルギー源としてしまうので、悪魔の攻撃を全く怖がらないデビルハンターこそが適任なのです。

 

アキは一見すると頭のネジが飛んでるように見えますが、根は普通の青年なので、銃の悪魔と戦っていれば敗北していた可能性が高いでしょう。

 

Sponsored Link

 

【アキはなぜ銃の魔人になったのか?】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 9巻より引用

 

マキマとの戦いで瀕死の重傷を負った銃の悪魔は、アキの死体を乗っ取って「銃の魔人」となります。

 

銃の魔人はデンジとパワーのもとに向かい、最終的にはデンジの手で殺されてしまいました。

 

アキの死体が銃の悪魔に乗っ取られたのは、「支配の悪魔」であるマキマの力が原因なのでしょう。

 

ここからは、マキマがアキを使って銃の魔人を作り出した理由に迫っていきます。

 

【デンジにアキを殺させるため】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 10巻より引用

 

マキマこと支配の悪魔は、デンジにアキを殺させるために、アキを銃の魔人に仕立て上げました。

 

マキマは「銃の悪魔は近くにあった死体に乗り移った」としか言っていませんが、アキの死体を使ったこともデンジのもとへ向かったことも、全てはマキマの能力によるものでしょう。

 

ここで気になるのは、「なぜマキマはデンジにアキを殺させるように仕向けたのか」という点です。

 

これを説明するには、マキマの目的を知る必要があります。

 

マキマの目的は「死や戦争のない理想の世界を作ること」で、そのためにチェンソーの悪魔の力を利用しようとしていました。

 

チェンソーの悪魔は特別な悪魔で、チェンソーの悪魔に食べられた悪魔の名前の存在は消えてしまうのです

 

悪魔の存在がなくなるということは、その恐怖の象徴となるもの(核兵器や病気等)そのものの記憶が人間の中から無くなります。

 

つまり、チェンソーの悪魔を利用し、恐怖の象徴となるもの全てを無くし、真の平和を作ろうと考えていたのです。

 

マキマには「格下の相手を支配する力」があるので、チェンソーの悪魔との勝負に勝って支配しようと企んでいました。

 

しかし、チェンソーの悪魔は「デンジが普通の生活をする代わりに、デンジに心臓をあげる」という契約によって、デンジの心臓となったままなので、本当のチェンソーの悪魔と勝負する事はできません。

 

そこでマキマは、デンジがアキを殺さなければならない状況を作り出して、デンジとチェンソーの悪魔の契約を破棄させようとしました。

 

契約が破棄されれば、デンジからチェンソーの悪魔が離れ、本当のチェンソーの悪魔と戦う事ができます。

 

結果、デンジから普通の生活を取り上げることに成功し、契約を破棄させたのでした。

 

【マキマの策略】

デンジから普通の生活を奪ったマキマの策略はとても狡猾で、アキを殺させたことすら最初の一手に過ぎません。

 

パワーを殺すための手助けをさせたり、過去に殺した父のことを思い出させたりと、全く容赦がありませんでした。

 

原作を振り返ってみると、マキマはデンジと出会った当日にアキと引き合わせており、かなり前からこのシナリオを思い描いていたことがうかがえますね。

 

【名前の由来について】

アキ (Aki) の名前は、世界的に有名な自動小銃のAk-47に由来しています。

 

アキが銃の魔人となってデンジに殺されるという設定は、キャラクターデザインの段階から決まっていたようですね。

 

マキマは木(キ)を取り除くとママとなり、デンジがかつて木を切る仕事をしていて、母親の愛情に飢えていたことから名付けられています。

 

Sponsored Link

 

【チェンソーの悪魔の力を弱めるため】

 

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン 89話より引用

 

マキマのもう一つの狙いは、チェンソーの悪魔の力を弱めることでした。

 

チェンソーの悪魔は、マキマや武器の悪魔たちが束になっても敵わないほど強力な悪魔。

 

倒すにはチェンソーの悪魔を弱くすることが必須でした。

 

悪魔の力は名前が恐れられているほどに強くなりますが、逆に言うと、人に恐れられない悪魔の力は弱くなっていくということ。

 

銃の魔人を倒したことによってチェンソーマンは正真正銘のヒーローとなり、チェンソーの悪魔を恐れる人間は一人もいなくなったのです。

 

チェンソーの悪魔は人からも悪魔からも恐れられていたため強い力をもっていましたが、かなり弱体化してしまったのでした。

 

 

【「チェンソーマン」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「チェンソーマン」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「チェンソーマン1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、チェンソーマン以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「チェンソーマン」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使えるので、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

例えば最近の人気作であれば、電子書籍なら「鬼滅の刃」・「呪術廻戦」・「進撃の巨人」。

 

映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」などにも利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 


 

以上、「チェンソーマン」の銃の悪魔とアキの因縁について紹介してきました。

 

銃の悪魔とアキはどちらも重要なキャラで、両者の因縁もかなり深いです。

 

この記事を読んでから原作を読み返してみると、新しい発見があるかもしれませんよ!

Sponsored Link

   

関連コンテンツ