更木剣八(ざらきけんぱち)の卍解【ブリーチ】!始解から最終形態までの流れをご紹介

更木剣八(ざらきけんぱち)の卍解【ブリーチ】!始解から最終形態までの流れをご紹介

 

護廷十三隊十一番隊隊長【更木剣八(ざらきけんぱち)】

 

護廷十三隊の隊長になるために必要な条件の一つは卍解を習得していることですが、護廷十三隊の中で卍解を習得せずに隊長の座についた人物が更木剣八というです。

 

彼はただただ強く負け知らずのキャラクターで、作中の中でも強さのみが魅力として描かれます。

 

彼の強さは際限無く、敵がいくら強くとも、相手がどれだけパワーアップしようとも、関係なく潜在的な強さによって最終的には勝利を収めます。

 

その強さゆえに圧倒的に勝ってしまうことに悲しみを感じ、無意識に自分の本当の力をセーブするようになってしまいました。

 

そんなセーブしてしまっていつしか発揮できなくなってしまった本来の力を取り戻し、さらには始解・卍解まで取得し、敵なしの強さを手に入れてしまうキャラクターです。

 

今回は更木剣八の斬魄刀の始解や卍解について解説していきますので、ぜひ参考にして見てください。

 

Sponsored Link

 

【更木剣八について】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 12巻より引用

 

【本名は更木剣八ではない⁉︎】

まず彼は元々名前はありません。

彼の更木剣八という名前の由来は出身地である“更木“(この土地は流魂街で一番治安が悪い地域)と代々最強の死神に受け継がれる“剣八“という称号を組み合わせてついた名前なのです。

剣八というのは幾度と切り殺されても絶対に倒れないという意味があります。

 

【主人公をも越える霊力!】

そして眼帯を付けている理由は己の底なしの霊力を抑制するためです。

これは戦闘を楽しむ戦闘狂である彼が相手とギリギリの勝負ができるようにという意味があります。

要するに、眼帯なしの霊力は未知数であり、その霊力全開の状態で相手になる敵がいないのです。

 

【破格の強さの十一番隊隊長】

先ほども紹介した通り彼は隊長就任時、全隊長の中で唯一始解も卍解も修得していない人物でした。

しかしながらその強さは他の隊長を圧倒するほどの実力を持ち、ダメージを負っているかつ眼帯を付けている状態であるのに隊長を2人を相手にするというほどの強さがあります。

 

ちなみに彼が肉弾戦を好むため、彼が隊長である十一番隊では直接攻撃系の斬魄刀ではいけないという暗黙のルールが存在します。

 

これら全てが彼の強さを証明しています。彼は単純な戦闘能力の高さで言えばBLEACHに出てくるキャラクターの中で一番だと言えるでしょう。

 

Sponsored Link

 

【更木剣八の始解「野晒(のざらし)」】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 64巻より引用

 

始解によって斬魄刀の形状が変化し大きな斧の形に変化を遂げます。

その斧の形状をした斬魄刀はかなり大柄な彼の体を遥かに上回る大きさをしています。

 

解合は“呑め“。

 

柄の部分には包帯が巻かれ鍔はありません。

どことなく黒崎一護の斬魄刀“斬月“の最初の姿に似ているような気もします。

 

というのも斬魄刀の大きさは霊力に比例します。ですから彼の斬魄刀も黒崎一護の斬魄刀も巨大化して似ることは必然的だったのかもしれません。

 

更木剣八の始解が描かれたのは物語の終盤「更木剣八VS星十字騎士団グレイミィ戦」でした。

 

グレイミィは想像したものが全て現実となってしまうという能力を持っており、これはほぼ無敵に近いような能力です。

 

しかしグレイミィの想像を上回る戦闘をしてくる更木剣八は、終始戦況は優勢であり、ダメージを受けても怯まずグレイミィを淡々と追い詰めていきます。

全てが一撃必殺とも思えるグレイミィの攻撃を彼は難なく打ち破ってしまうのです。

 

追い詰められたグレイミィは最終奥義のような形で隕石を想像し作り上げてしまいます。

その隕石は戦場であった瀞霊廷を全て吹き飛ばす威力を持っていました。

グレイミィの味方の滅却師すらも逃げようとする隕石の大きさがあり、敵味方関係なくただ彼を倒すためだけの技でした。

 

この隕石を見て更木剣八はなんと「そいつはまだ斬ったことが無いや 嬉しいなァ」と言い、一瞬も臆することはなくこの言葉を放ちこの不気味な笑顔を浮かべ、野晒の一太刀でこの隕石を叩き斬ってしまい不可能に思えた隕石落下を阻止しました。

 

戦いの終わりは化け物じみた更木剣八の強さを上回る体を手に入れようとしたグレイミィの体が耐えきれず崩壊し、剣八は勝利します。

 

これが意味する事実は想像できないほど更木剣八は強いということです。

 

一撃で終わるはずの攻撃を何回も打破され、渾身の最終奥義は一閃されてしまい、彼を上回る強さの肉体を得ようとしたら体の許容限界。全てがグレイミィの想像外の事態です。

 

卍解したわけでも無いのに、誰も理解できないような強さを始解によって手に入れてしまいました。

 

Sponsored Link

 

【更木剣八の卍解「名称不明)」】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 73巻より引用

 

彼の卍解は作中一回しか登場しません。さらに卍解名も明かされてしません。

 

卍解をすると、肌は赤黒く染まり、顔には鬼のようなツノが2本生え、白目をむいて額には黒い模様が入り、まさに鬼のような凶暴な見た目へと変化します。

 

しかしながら斬魄刀には一切の変化はなく、卍解したシーンでは以前に折られたままの“野晒“を戦闘で使っていました。

 

更木剣八の卍解が描かれたのも物語の終盤「更木剣八VS星十字騎士団ジェラルド戦」です。

 

ジェラルドによって瀕死状態まで追い詰められますが、卍解によって起死回生、ジェラルドの瀞霊廷のどの場所からでも見えるほどの大きさまで巨大化した体の腕を彼は一刀両断してしまいます。

 

しかし余りにも強すぎる力ゆえに、想像することのできないほど強靭な肉体を持った剣八の体すらも耐えられず、剣を振るった腕がもげてしまいます。

卍解の異常な力に体が全く追いついていません。

 

さらには自我も失ってしまい、味方からの呼びかけにも反応せずただ、敵を倒すことのみに集中してしまいます。まさにその形相は狂人そのものです。

 

この卍解は瀕死の状態で得たばっかのまだ未熟な卍解だと言えるでしょう。

修行を積めば、自我のコントロールを可能にし、自らの攻撃によって自分の体が耐えられないということもなくなるでしょう。

 

ちなみに、またこの卍解も黒崎一護に似ている点があるのはお気づきでしょうか。

 

藍染惣右介との決着をつける空座決戦編では、黒崎一護が最後の卍解として、斬月と同化するという卍解を披露しました。

この斬魄刀所有者に影響を及ぼす点では似ている点であります。

 

作中では明確に説明はされていませんが、彼の卍解は黒崎一護のその卍解と同じようなものだと考えられます。

 

斬魄刀の力を自分の体内に取り込み、力によって戦闘を可能にするという能力だと考えられます。

ですから、彼の斬魄刀は折れた状態の野晒であり、ただの刀になったということなのでしょう。

 

彼の能力について何点か黒崎一護と似ている点を紹介しましたが、他にも黒崎一護と対比して描かれているシーンが何個かあります。

 

更木剣八と黒崎一護の対極に位置しているように見えてどこか似ている存在のようにも思えます。

 

強さやポテンシャルで言えば主人公超えです。

最終局面で卍解という最終奥義的な力を得るというのも主人公にはよくあるパターンです。

これらのことを含めて考えると、彼は裏主人公的な立ち位置なのかもしれません。

 

【卍解によって見えてきた剣八の斬魄刀】

*この内容は考察になります。

 

彼の卍解するシーンでは死神のやちるの「剣ちゃんがあたしをちゃんと使えば」という言葉から始まり、彼は卍解を修得します。

“あたしを使えば“というワードはとても不思議な表現です。

やちるとは護廷十三隊十一番隊副隊長の草鹿やちるのことです。彼女はいつも更木剣八の肩に乗り行動を共にしている人物です。

 

彼女と剣八の出会いは彼が若いころ何人もの人を斬り殺し疲れて座っているところにやっちるがどこからともなく現れたという場面です。

彼女が彼の斬魄刀に触れているシーンや先ほどの発言から、やちるは彼の斬魄刀の具象化した姿なのではないかとも考えられます。

 

ではなぜ剣八以外にもやちるが見えているのでしょうか。

 

そもそも斬魄刀の本来の姿は他人に見えることはなく、普通は所有者の精神世界の中でしか見ることができません。

しかし、彼は説明してきた通り普通ではありません。

異常な霊力によって斬魄刀の本来の姿が具象化してしまったのでは無いかとも考えることができるのでは無いでしょうか。

 

霊力の強さゆえに1人の人が作り出されたと言っても不思議ではありません。

彼女が斬魄刀を使って戦うシーンがあります。もし斬魄刀の具象化によって生み出された人物なのであれば、斬魄刀を扱うのはおかしいという考えもあると思います。

しかし彼女の斬魄刀の始解はトリッキーな能力をしています。

 

彼女の始解は刀に形状に変化はなく、生き物を生成しているという唯一無二の能力です。

似たような能力を持っているキャラクターも存在しますが、生き物を生み出しているというのは彼女唯一人です。

そういった特別性からも彼女が斬魄刀の具象化によって生み出された存在だということを暗示しているのでは無いでしょうか。

 

【「BLEACH(ブリーチ)」漫画/アニメを見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「BLEACH」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「BLEACH1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

加入特典としてプレゼントされる600Pは、BLEACH以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、BLEACHアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「BLEACH」の漫画を読む、アニメを見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません

 

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

以上、今回は更木剣八について解説してきました。

 

解説し忘れたわけではなく、彼には技がありません。というのも、彼が刀を一振りするだけで勝ててしまうほどの強さを持っているからです。

 

今回は始解・卍解についての解説をしましたが、これらの力を手にするのは物語のかなり終盤です。それまでは本来の力を発揮していない状態での戦闘が多くあります。敵なしの強さを見ることができます。

 

最後に更木剣八は十一代目の“剣八“であることはご存知でしょうか。

 

説明した通り“剣八“という名は受け継がれているのです。

その真相は全て一代目“剣八“にあります。

 

“剣八“の謎めいた過去はBLEACHを読んで確認してみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ