黒崎一心(志波一心)の斬魄刀【ブリーチ】!始解から卍解までの流れをご紹介

黒崎一心(志波一心)の斬魄刀【ブリーチ】!始解から卍解までの流れをご紹介

 

元十番隊隊長【志波一心(しばいっしん)】

 

現在十番隊隊長は日番谷冬獅郎が務めていますが、その前の隊長は主人公・黒崎一護の父である「志波一心」です。

 

当時、隊長を務めていた頃は「志波一心」という名前でしたが、隊長を引退してからは黒崎一護の母である黒崎真咲と出会い、苗字をもらって「黒崎一心」という名前になりました。

 

黒崎一心は登場回数は少ないものの物語終盤で活躍し、斬魄刀や技を披露するシーンがあります。

 

今回は黒崎一心の斬魄刀の始解・卍解について解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

【黒崎一心(くろさきいっしん)の斬魄刀 剡月(えんげつ)】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 60巻より引用

 

解合は「燃えろ」です。

 

彼の斬魄刀の始解状態はあまり変化せず、基本的な刀の形状をしています。

 

始解で様々な形状に変化する他の隊長達と比べると、逆に珍しいかもしれません。

 

さらには少し刀身はは広く、一護の初期の段階の斬月の面影があります。

 

斬魄刀の前提の知識として霊圧の大きさが刀身の大きさに比例します。

ですので、普通の刀より大きめの彼の斬魄刀は、それだけで彼が強いということの証明になっています。

 

解合や文字からもわかると思いますが、剡月は炎熱系の斬魄刀です。

 

山本元柳斎重國と似たような斬魄刀の能力ですが、山本総隊長ほどの派手さはなく、刀身に炎を纏うというシンプルな能力です。

 

一護のお父さんであることを考えると、どちらかというと斬魄刀の能力を主軸に戦うということよりも、自分の戦闘能力の高さを軸に戦っていくという戦闘スタイルなのでしょう。

 

なので複雑な能力はなく、彼が持っている力が発揮されるこの斬魄刀は彼にピッタリということなのでしょう。

 

逆にこの見た目をしていて、細かな鬼道系の能力を使ったチマチマした戦闘は見たくないですね。

 

彼の斬魄刀にはパワーアップする方法があります。

それは“自分の血を拭きかきける“ことです。

吹きかけることで、斬魄刀に纏われているほの卯を巨大化することができます。

 

大道芸のサーカスでよく見るようなものです。その炎は刀身の何倍もの大きさになり、相手に炎の斬撃として飛ばすことも可能です。

 

Sponsored Link

 

【剡月の技 月牙天衝(げつがてんしょう)】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 47巻より引用

 

これは一護が使っている月牙天衝と同じです。

正しくは、この一心から一護が受け継いだという方がいいでしょう。

 

能力はほぼ同じで、霊圧を纏った斬魄刀で相手に斬りつけるという技です。

 

ちなみに、一護は修行の末に月牙天衝を飛ばせるようになっていましたが、一心が飛ばせるかは明らかになっていません。

 

【剡月の技 顎割(あぎとわり)】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 21巻より引用

 

この技は虚を一刀両断した技です。

 

虚と言っても普通の虚ではありません。

最愛の妻である真咲を殺したグランドフィッシャーを斬った技です。

 

知能のある虚は戦闘能力も高いのですが、そんなことも関係なく一撃にして真っ二つに叩き斬ってしまいました。

 

まだ未熟であった一護もこのグランドフィッシャーを仕留め損ねています。

 

全ての敵討ちのようなシーンでした

 

Sponsored Link

 

【黒崎一心の技 鬼デコピン】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 46巻より引用

 

この技は剡月による技ではありませんが、彼の列記とした一つの技です。

 

この技は中指に霊圧を溜め込んでデコピンのようにして弾くと同時に霊圧を飛ばします。

 

空座決戦編で藍染惣右介に対して使用された技です。

 

ただのデコピン強化版と言ってしまえばそこまでですが、この鬼デコピン、幾つものビルを弾き飛ばすほどの威力を持っています。

 

【黒崎一心(くろさきいっしん)の卍解】

© 久保帯人/集英社
BLEACH 60巻より引用

 

彼の卍解は作中描かれることはありませんでした。

 

しかし、藍染惣右介から彼の卍解について少し説明がされています。

「彼の卍解は肉体への負担が大きい。あの傷では卍解まではできまい」と言われています。

 

この発言から予想すると、彼の卍解は始解と同様炎を主軸にしたスタイルかつ、刀身だけではなく体全体にも炎を纏うようなスタイルなのではないでしょうか。

 

日番谷隊長の卍解は、自分の氷で体が凍てついてしまうほどの、氷の量を操る能力です。

日番谷隊長の卍解も体への負担が大きく、タイムリミットによって彼の卍解は制限されています。

このことを踏まえて考えると、氷が炎になったような似た能力を使えるようになるのではないでしょうか。

 

しかし一心はあくまで近接戦闘のスタイルです。その能力を活かした接近戦がもしかしたら見られていたかもしれません。

 

Sponsored Link

 

【「BLEACH(ブリーチ)」漫画/アニメを見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「BLEACH」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。

そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「BLEACH1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。

加入特典としてプレゼントされる600Pは、BLEACH以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、BLEACHアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「BLEACH」の漫画を読む、アニメを見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません

 

 

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

以上、黒崎一心について解説していきました。

 

まず彼が元々死神だったことに驚いた人も多いでしょう。

 

そして、妻の真咲は純血の滅却師。その間に生まれた一護。主人公として申し分ない、凄すぎる血を引いています。

 

この二つの種類の血を引いているからこそ、彼の強さはあったのです。

しかし、これはただ強くて凄いというだけではなく、物語の終盤では、この二種類の血を引いているということがストーリーを進めていく鍵になります。

 

もしかすると、このBLEACHという物語を始めたのは主人公の一護ではなく、黒崎一心だったのかもしれません。

 

BLEACHの終盤に巻き起こる黒崎一護の親との関係性をぜひ自分の目で確かめてみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ