羽宮一虎(はねみやかずとら)の過去!【東京リベンジャーズ】

羽宮一虎(はねみやかずとら)の過去!【東京リベンジャーズ】

 

『週刊少年マガジン』にて連載されている『東京卍リベンジャーズ』は、アニメ化や舞台化、実写化など話題に事欠かない作品であり、『新宿スワン』で有名な和久井健先生の作品です。

 

『東京卍リベンジャーズ』の特徴の一つは、多くの魅力的なキャラクター達。

 

今回は、そんなキャラクター達の中から羽宮一虎に注目し、その過去についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【羽宮一虎について】

 

羽宮 一虎(はねみや かずとら)

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 5巻より引用

【所属】【学校】
東京卍會、芭流覇羅大溝中学校
【年齢】【生年月日】
過去 15歳

現代 27歳

1990年9月16日
【身長】【体重】
174cm60kg
【通称】
【趣味・特技】
人の爪を剝がすこと
【イメージカラー】
黄色

 

羽宮一虎は東京卍會の創設メンバーの一人であり、後述する事件が原因で少年院に入っていた人物です。

 

非常に残忍かつ破綻した性格の持ち主であり、東京卍會とマイキーこと佐野万次郎を一方的に敵視。

 

少年院出所後は、東卍を潰してマイキーを殺害することを目的に、芭流覇羅に入隊しました。

 

なお、”首のない天使”こと芭流覇羅では、実質的なトップである副総長「半間」に次いでNo.3の立場です。

 

【羽宮一虎の過去】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 5巻より引用

 

東京卍會が発足した2013年、羽宮一虎は創設メンバーとして名を連ねていました。

 

”マイキー”こと佐野万次郎を中心に、ドラケン、パーちん、三ツ谷、場地、羽宮の6名が東卍の創設メンバーであり、羽宮は場地と共に”特攻隊”の役割を務めています。

 

比較的喧嘩っ早い性格の持ち主として描かれている羽宮は、他の東卍メンバーらを「ヌルい」と評していました。

 

Sponsored Link

 

【バイク屋襲撃】

 

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 6巻より引用

 

東京卍會の発足以降、総長でありながら唯一原付を乗り回していたマイキー。

 

そんな彼を見るに見かねた羽宮は、CB250T(バブ)を盗もうと考え出しました。

 

実行に当たっては、場地に協力を仰いでおり、無理やり言いくるめる形で巻き込んでいます。

 

羽宮らがバイク盗のために忍び込んだのは、「S・S MOTOR」というバイク屋。

 

彼らは店の奥でカスタム済のバブを見つけ、用意していたチェーンカッターを用いて盗みにかかりました。

 

【歪んだ倫理観】

マイキーの喜ぶ顔見たさに、罪悪感を一切感じることなくバイク盗に手を染めた羽宮。

 

同行した場地はギリギリまで窃盗に反対しましたが、羽宮は悪びれる様子を見せず、「言わなきゃいい」の一点張りでした。

 

友人を想う気持ちは持っているものの、歪んだ倫理観の持ち主であるようです。

 

【想定外の人物】

 

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 6巻より引用

 

チェーンカッターを用いてバイクを盗み出し、店外へ出ようと試みた2人。

 

場地がバイクを押し始めると、羽宮はシャッターを開けるため駆けだしました。しかし、運の悪いことに、バイクを押す場地のもとに店主が現れます。

 

店主の右手にはスパナが握られており、丸腰ゆえに焦る場地。

 

しかし、現れた店主の顔をよく見ると、なんと相手はマイキーの兄「佐野真一郎」でした。

 

盗みに入った店が真一郎の店だったことが明らかになったその時、真一郎の背後には羽宮の姿が。

 

相手がマイキーの兄だとは露知らず、羽宮は全力でチェーンカッターを振り下ろしました。

 

Sponsored Link

 

【真一郎の死】

 

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 6巻より引用

 

バイク屋の店主がマイキーの兄だとは知らず、後頭部をチェーンカッターで殴打した羽宮。

 

直後に場地から真実を知らされた羽宮は、大きな動揺を見せます。

 

そんな彼が言い放ったのは、「マイキーを殺さないと」という言葉でした。

 

マイキーのためを想って行動していた羽宮は、自分自身がそのマイキーの家族を奪ったという事実に耐え切れなかった様子。

 

その結果として、「マイキーを殺す」という歪んだ結論に至ってしまったようです。

 

【羽宮のその後】

真一郎の死により、少年院行きが決定した羽宮。

 

少年院出所後も「マイキーを殺す」という羽宮の決意は変わっておらず、一方のマイキーも、兄の仇である羽宮を許すことが出来ない様子。

 

二人の確執はやがて「東京卍會vs芭流覇羅」という大規模な抗争へと発展します。

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


 

以上、『東京卍リベンジャーズ』の羽宮一虎の過去をご紹介しました。

 

本記事が『東京卍リベンジャーズ』をより楽しむための一助となれば幸いです。

 

この記事を読んで気になった方は、是非作品をチェックしてみてくださいね。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ