マイキーの強さの秘密!【東京リベンジャーズ】

マイキーの強さの秘密!【東京リベンジャーズ】

 

『週刊少年マガジン』にて連載されている『東京卍リベンジャーズ』は、アニメ化が大成功をおさめ、実写映画も公開中の大人気作品です。

 

作者は『新宿スワン』で有名な和久井健先生であり、第二のヒット作としての人気は留まるところを知りません。

 

今回は、そんな『東京卍リベンジャーズ』の”無敵のマイキー”こと佐野万次郎に着目し、強さの秘密をご紹介。

 

マイキーが圧倒的な強さを見せたシーンを振り返りつつ、強さの秘密を考察します!

 

Sponsored Link

 

【無敵のマイキー”瞬殺集】

 

まずは”無敵”と称される「東京卍會」総長”マイキー”佐野万次郎の強さをご紹介。

 

これまでにマイキーが沈めた相手を以下にまとめました。

 

「東京卍會」参番隊 清水将貴

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 1巻より引用

 

「東京卍會」の名を使い、上に無断で喧嘩賭博を主催していた人物です。

 

東卍の名を失墜させるような行為を行った”キヨマサ”こと清水将貴に対し、マイキーは一方的な暴力で失神にまで追い込みました。

 

 

「愛美愛主」総長 長内信高

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 3巻より引用

 

ボクシングの心得がある実力派 長内信高は、知性に欠けるものの、稀咲の手腕によって「愛美愛主」の総長にまで上り詰めた人物です。

 

そんな長内率いる「愛美愛主」は、堅気や性別を問わず暴力を振るう極悪チーム。

 

「東京卍會」の参番隊隊長”パーちん”こと林田春樹の親友が「愛美愛主」に狙われたことを受け、両チームは抗争状態へと突入します。

 

上述した通りボクシングの心得がある長内は、パーちんを一方的に蹂躙。

 

そんな実力者 長内でしたが、マイキーは蹴り一発で沈めてしまいました。

 

Sponsored Link

 

横浜の暴走族(東卍創設当時)

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 6巻より引用

 

「東京卍會」発足後間もない8月、マイキー達はツーリングに繰り出していました。

 

そんな中、マイキーが乗っていた原付がガス欠となり、じゃんけんで負けた場地がガソリンスタンドに行くことに。

 

そんな中、場地は横浜の暴走族に絡まれてしまいます。

 

相手は高校生であり、何より場地はたった一人。当然の如くピンチに陥りますが、駆けつけたのはマイキーでした。

 

マイキーは東卍創設当時から既に”最強”。高校生相手に一切物怖じせず、いつもの如く蹴り一発で沈めてしまいます。

 

 

「芭流覇羅」チョメ・チョンボ・羽宮一虎

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 7巻より引用

 

後に「血のハロウィン」と呼ばれる抗争にて、「芭流覇羅(バルハラ)」と戦っていた「東京卍會」。

 

「東京卍會」の創設メンバーにして、「芭流覇羅」No.3の羽宮は、対マイキー用に少年院でチョメ・チョンボをスカウトし、万全の態勢で抗争に臨みました。

 

しかしマイキーは、背後から羽交い絞めにされながらも3人をまとめて叩きのめし、圧倒的な強さを誇示しました。

 

Sponsored Link

 

「芭流覇羅」副総長 半間修二

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 7巻より引用

 

後に「血のハロウィン」と呼ばれる「東京卍會」と「芭流覇羅」との抗争の最中、羽宮一虎によって刺されてしまった場地圭介。

 

マイキーにとって羽宮は”兄 真一郎の仇”でもあり、怒りは頂点に達します。

 

「喧嘩はもう終わりだ」と発し、一直線に羽宮のもとへ向かうマイキー。

 

「芭流覇羅」の副総長 半間がマイキーの前に立ち塞がりますが、マイキーはまたも一発で相手をK.O。その後、何事もなかったかのようにまた歩き始めるのでした。

 

 

「黒龍」10代目総長 柴大寿

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 12巻より引用

 

後に「聖夜決戦」と呼ばれる12月25日-に行われた「東京卍會」と「10代目黒龍」の決戦にて、それぞれの総長が相まみえました。

 

マイキーを彷彿とさせる圧倒的強さを持った柴大寿は、先制攻撃でマイキーを殴り倒します。

 

一方のマイキーは、自身が食らった一発を「自分への戒め」と語り、次の一発で大寿をノックアウト。

 

”別格”と称された大寿でしたが、マイキーはその更に上をいく異次元の存在だったようです。

 

Sponsored Link

 

「天竺」総長 黒川イザナ

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 20巻より引用

 

これまで圧倒的な強さで相手を瞬殺してきたマイキーでしたが、「天竺」の総長である黒川イザナだけは事情が違いました。

 

イザナは(血の繋がりはなかったものの)真一郎やマイキーの”兄弟”であり、マイキーと同じく天才的な実力を持つ人物です。

 

「天竺」総長として暴力で全てをねじ伏せてきたイザナの実力は、”無敵”のマイキーをもってしても互角。

 

戦いはほとんど互角のまま進みましたが、最終的にはマイキーが勝利しました。

 

【”無敵のマイキー” 強さの根源】

 

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 14巻より引用

 

ここまでマイキーの戦いをまとめてきましたが、敗北は驚異のゼロ。

 

本当の意味で”無敵”であり、修羅の如く強さです。すがすがしいほどに負けがないマイキーですが、彼はなぜこれほどまでに強いのでしょう。

 

その強さの根源は「少年時代に空手を学んでいた事」です。

空手道場で師範をしているマイキーの祖父曰く、彼は”天才”。

少年時代のマイキーは、ろくな練習をせずして大人顔負けの蹴りを繰り出しており、確かに”天才”と表現する他ありません。

 

その一方で、身体能力と比べて精神面には脆さを抱えており、ドラケンのような”心”となる存在を欠くと、途端に揺らいでしまう”危うさ”も併せ持っているマイキー。

 

武道が幾度となくタイムリープを繰り返しても、辿り着いた”現代”にマイキーの笑顔はありませんでした。

 

無敵のマイキーが本当の意味で解放される日は来るのでしょうか。

 

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

以上、『東京卍リベンジャーズ』のマイキーの強さについてご紹介しました。

 

本記事が『東京卍リベンジャーズ』をより楽しむための一助となれば幸いです。

 

この記事を読んで気になった方は、是非作品をチェックしてみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ