マイキーとエマの関係性!【東京リベンジャーズ】

マイキーとエマの関係性!【東京リベンジャーズ】

 

『週刊少年マガジン』にて連載されている『東京卍リベンジャーズ』は、アニメ化が大成功をおさめ、実写映画も公開中の大人気作品です。

 

作者は『新宿スワン』で有名な和久井健先生であり、第二のヒット作としての人気は留まるところを知りません。

 

今回は、そんな『東京卍リベンジャーズ』の”マイキー”佐野万次郎と佐野エマとの関係性をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【マイキーとエマの関係】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 8巻より引用

 

相思相愛の関係にあるものの、お互い”恋人”への一線を踏み込めずにいたドラケンとエマ。

 

2人の関係は花垣武道や橘日向なども知るところであり、実質的にカップルのような関係です。

 

そんな中、なんと8巻66話でエマとマイキーが親しげにしている様子が描写されます。

 

たまたまその様子を目撃した武道と日向は、2人の関係の捜査を開始。

 

その結果、2人は兄妹関係にあったことが明らかになりました。

 

腹違いではあるものの、一つ屋根の下で共に暮らす血の繋がった兄妹のようです。

 

【ドラケンとエマ】

前述のように、ドラケンとエマは”恋人の一歩手前”の関係です。

 

どこからどう見てもお似合いの2人ですが、お互いにあと一歩が踏み出せない様子。

 

エマは比較的好意をオープンにしていますが、ドラケンは好意を口に出すタイプではないようです。

 

しかし17巻148話にて、ドラケンがマイキーにだけはエマのことが好きだと伝えていたことが明らかになりました。

 

Sponsored Link

 

【”マイキー”の由来はエマ為に】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 14巻より引用

 

「東京卍會」総長 佐野万次郎のあだ名”マイキー”は、妹 エマに関係するものでした。

 

母親に捨てられたエマは、万次郎や真一郎と同じく、佐野家の祖父のもとに預けられることに。

 

気丈に振舞いつつも、幼い身空ゆえに寂しさを抱えていたエマ。そんな彼女の心中を察した万次郎は「今日から俺”マイキー”になる」と宣言します。

 

”エマ”といういささか日本人離れした名前と合わせるべく、自身を”マイキー”と名乗ることに決めたマイキー。

 

エマは特に自身の名前を気にしてはいなかったようですが、マイキーの何気ない一言で寂しさは払拭されたようです。

 

成長したエマは、後に「さみしいと思ったことは一度もない」としています。

 

【エマの死を受けて】

稀咲の手によって命を落としてしまったエマ。

 

彼女と両想いの関係にあったドラケンはもちろん、マイキーも失意の底へと沈んでしまいます。

 

態度として表出しないものの、エマの誕生日に一緒に外出する程に兄妹仲が良かったマイキー。

 

結果的にマイキーは、稀咲の狙い通りぽっきりと心を折られてしまいました。

 

武道が幾度となくタイムリープを繰り返しても、巨悪化の道から外れなかったマイキーと「東京卍會」。

 

その背景にはエマの死も関わっており、マイキーにとって妹 エマの存在がいかに大きかったがわかります。

 

Sponsored Link

 

【佐野家と黒川イザナ】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 20巻より引用

 

「天竺」の総長にして「黒龍」8代目総長を務めた黒川イザナは、真一郎や万次郎と異母兄弟の関係にあり、エマとは実の兄妹である様子。

 

施設を訪ねてきた真一郎に懐き、真一郎に憧れて不良の道を志したイザナでしたが、ある時たまたま自身の実母を発見します。

 

イザナがパチンコにふける母に”なぜ自身を捨てたのか”問いただすと、返ってきたのは「アンタはアタシの子じゃないの」という答えでした。

 

なんとイザナは父親の方の連れ子。母だった人物は生みの親ではなく、”兄”と慕っていた真一郎はもちろん、エマすらも実の妹ではなかったのです。

 

イザナはそんな真実を吐露した後、絶望の淵に経ったまま短い生涯を終えました。

 

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

以上、『東京卍リベンジャーズ』のマイキーとエマについてご紹介しました。

 

本記事が『東京卍リベンジャーズ』をより楽しむための一助となれば幸いです。

 

この記事を読んで気になった方は、是非作品をチェックしてみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ