東京リベンジャーズで起こった事件や抗争まとめ!

東京リベンジャーズで起こった事件や抗争まとめ!

 

『週刊少年マガジン』にて連載されている『東京卍リベンジャーズ』は、アニメ化が大成功をおさめ、実写映画も公開中の大人気作品です。

 

作者は『新宿スワン』で有名な和久井健先生であり、第二のヒット作としての人気は留まるところを知りません。

 

今回は、そんな『東京卍リベンジャーズ』にで全ての起こった事件や抗争について、抗争の経緯や関係する人物・チーム等を解説していきます。

 

※以下ではネタバレも含まれますのでご注意ください。

 

Sponsored Link

 

【東京卍會の抗争(現代)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 1巻より引用

 

2017年7月1日に発生した、主人公 花垣武道の”リベンジ”のきっかけとなった抗争/事件です。

 

巨悪と化した「東京卍會」により、組織と関係のない一般人にまで被害が及びました。

 

犠牲者は武道の元彼女 橘日向とその弟 橘直人。祭りの最中、屋台を狙って突っ込んだトラックに巻き込まれ、亡くなってしまったようです。

 

武道はその日中に初のタイムリープを果たし、それ以降、壮大な”リベンジ”の幕が上がります。

 

なお、初回のタイムリープで直人に接触した武道は、直人に”2017年7月1日”という日付を覚えるよう伝えたことで、直人の運命を変えることに成功しました。

 

【「東京卍會」の内部抗争(12年前)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 3巻より引用

 

2005年8月3日 東京都渋谷区の駐車場にて発生した、「東京卍會」の”マイキー派”と”ドラケン派”による内部抗争です。

 

過去改変前の時間軸では、この抗争によって「東京卍會」副総長”ドラケン”こと龍宮寺堅が死亡してしまっています。

 

ドラケンの死によってマイキーの心に変化が訪れ、以降の東卍は巨悪化の一途を辿ることになりました。

 

この事件のきっかけは後述の抗争であり、裏で糸を引いていたのは稀咲鉄太です。

 

Sponsored Link

 

【8・3抗争(12年前)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 2巻より引用

 

上述の内部抗争と同じく、2005年の8月3日に発生した抗争です。

 

「愛美愛主(メビウス)」は、「東京卍會」より2個上の世代の、新宿を仕切っている暴走族です。

 

「東京卍會」の参番隊隊長”パーちん”こと林田春樹の親友が袋叩きにされたことが事の発端であり、”マイキー”佐野万次郎の一言により、8月3日の武蔵祭りで決戦が行われることとなりました。

 

しかしながら、抗争は前倒しで8月3日を待たずに始まってしまいます。ボクシング経験のある長内に押されるパーちんでしたが、最終的にはマイキーの一撃によって長内がダウンし、東卍の勝利となりました。

 

一方、事態はそこで収束せず、復讐を望んだパーちんが長内を刺したことで、雲行きが怪しくなってしまいます。

 

その日以降、傷害で逮捕されたパーちんを巡り、ドラケンとマイキーが完全に対立。

 

このまま内部抗争にもつれ込むかと思われた両者でしたが、武道の尽力によって事なきを得ました。

 

【8・3抗争本番】

武道の尽力により、”分裂”という最悪の事態は逃れた「東京卍會」。

 

一方、以前マイキーとドラケンによって”喧嘩賭博”を潰された「東京卍會」参番隊所属のキヨマサが復讐に燃えており、ドラケンを刺殺する気でいました。

 

そして8月3日の武蔵祭り当日、事態は二度目の「東京卍會」vs「愛美愛主」抗争にまで膨れ上がります。

 

抗争の混乱に乗じたキヨマサにより、ドラケンは腹を刺されてしまいますが、未来を知っていた武道の尽力により、今回の危機もなんとか乗り越えることが出来ました。

 

【羽宮一虎の事件(14年前)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 6巻より引用

 

「東京卍會」の創設期である2003年の夏に発生した事件です。

 

創設メンバーの一人である羽宮一虎は、場地圭介と共に、総長 マイキーの誕生日に「CB250T(バブ)」をプレゼントすることに。

 

2人にはまともにバブを入手するツテも金もなく、羽宮が選んだのは”強盗”でした。

 

夜な夜なバイク屋に忍び込んだ2人は、順調にカスタム済みのバブまで辿り着き、盗み出そうとします。

 

しかし、不幸にもその様子を店主に見られてしまい、動転した羽宮が店主を撲殺してしまったのです。

 

さらに不幸なことに、その店主の正体は”マイキー”こと佐野万次郎の兄 佐野真一郎でした。

 

この事件をきっかけに、羽宮一虎は少年院送致に。マイキーと羽宮の間には、深い確執が生まれることとなりました。

 

【羽宮のその後】

マイキーを喜ばせるための行動が、結果的にマイキーを悲しませることになってしまった羽宮。

 

元来歪んだ思考の持ち主だった彼は、今回の結果を”マイキーのせい”として認識し、マイキーや「東京卍會」そのものに憎悪を向けるようになってしまいます。

 

その結果、少年院出所後の彼は「芭流覇羅(バルハラ)」にNo.3として迎え入れられ、後述の「血のハロウィン」にて「東京卍會」を潰すべく敵対しました。

 

Sponsored Link

 

【血のハロウィン(12年前)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 7巻より引用

 

2005年10月31日に起こった、「芭流覇羅」と「東京卍會」による大規模な抗争です。

 

観戦として「灰谷兄弟」や「ガリ男」などの不良界隈における有名人が訪れているとともに、抗争の仕切りは「ICBM(池袋クリミナルブラックメンバーズ)」の阪泉が担当。

 

数百人規模の抗争とあって、注目度はかなりのものです。

 

乱戦形式で開戦したこの抗争は、結果として1名が死亡、1名が逮捕という悲惨なものに。

 

武道は「東京卍會」やマイキーを守る為に力を尽くしましたが、壱番隊隊長 場地圭介は命を落としてしまいました。

 

【聖夜決戦】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 12巻より引用

 

2005年12月25日に行われた、「東京卍會」と「黒龍(ブラックドラゴン)」による抗争です。

 

当初は武道、千冬、八戒、三ツ谷の4名と、「黒龍」の大寿、九井、乾の3名という4vs3の構図でしたが、「黒龍」を圧倒的な力とカリスマで再建した大寿の力は計り知れず、東卍側は押されてしまいます。

 

一方、決死の覚悟で大寿に向かっていった武道により、東卍側の士気が上がりました。

 

結果として、武道らはマイキーの到着まで耐えることに成功し、「東京卍會」vs「黒龍」の聖夜決戦は「東京卍會」の勝利で幕を閉じました。

 

【「黒龍」という組織】

元々「黒龍」はマイキーの兄 真一郎によって作られたチームであり、黒川イザナが総長となった8代目体制以降に悪の道へと染まりました。

 

斑目率いる9代目時代に創設当初の「東京卍會」によって潰された「黒龍」でしたが、九井と乾が大寿を担ぎ上げたことで復活を果たし、現在に至ります。

 

大寿は圧倒的な強さとカリスマで人望を集め、資金繰りは金を作る天才 九井一が担当。軍隊のような組織へと成り上がった「黒龍」でしたが、マイキー率いる「東京卍會」には及びませんでした。

 

Sponsored Link

 

【連続殺人事件(現代)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 13巻より引用

 

「聖夜決戦」終了後の時間軸で起きた殺人事件です。

 

「東京卍會」の松野千冬、柴八戒、三ツ谷隆、龍宮寺堅、羽宮一虎、林田春樹ら主要メンバーが全て殺され、その他のメンバーも全員が殺されてしまいました。

 

稀咲ですらも犠牲者に名を連ねており、一連の殺人事件の容疑者として”マイキー”こと佐野万次郎が指名手配されているとのこと。

 

マイキーの居場所を突き止めた武道でしたが、マイキーは自身の人生が苦しみだけだったと言い残して息絶えました。

 

Sponsored Link

 

【関東事変(12年前)】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 19巻より引用

 

2006年2月22日に勃発した「東京卍會」と「天竺」の抗争です。

 

この直前に起こった稀咲による佐野エマ殺害の影響でマイキー・ドラケンを欠いた状態の東卍。

 

半ば諦めムードだった東卍でしたが、ただ一人諦めなかった武道の影響で士気が上がり、東卍50人vs「天竺」400名の圧倒的不利な抗争「関東事変」が幕を開けました。

 

「天竺」有利で進んでいく抗争ですが、数で劣る東卍メンバーは個々人の強さでなんとか耐え忍びます。

 

そんな中、やはり駆けつけたのはマイキーとドラケンでした。失意の底にあった2人を奮い立てたのは橘日向。

 

日向は武道が”タイムリープ”によって孤軍奮闘していた事実を話し、2人を焚きつけます。

 

結果として、「天竺」総長の黒川イザナが死亡したことにより、「東京卍會」が抗争の勝者に。

 

また、その直後、武道の宿敵であった稀咲とも決着がつき、武道の当初の目的は達成されることとなりました。

 

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

以上、『東京卍リベンジャーズ』の事件や抗争についてご紹介しました。

 

本記事が『東京卍リベンジャーズ』をより楽しむための一助となれば幸いです。

 

この記事を読んで気になった方は、是非作品をチェックしてみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ