乾青宗(いぬいせいしゅう)過去!【東京リベンジャーズ】

乾青宗(いぬいせいしゅう)過去!【東京リベンジャーズ】

 

『週刊少年マガジン』にて連載されている『東京卍リベンジャーズ』は、アニメ化が大成功をおさめ、舞台化、実写映画化も決定している大人気作品です。

 

作者は『新宿スワン』で有名な和久井健先生であり、第二のヒット作としての人気は留まるところを知りません。

 

そんな『東京卍リベンジャーズ』の特徴の一つは、多くの魅力的なキャラクターです。

 

今回は、そんなキャラクター達の中から乾青宗に注目し、その過去についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【乾 青宗について】

 

【乾 青宗(いぬい せいしゅう)
 

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 9巻より引用

【所属】【学校】
東京卍會(壱番隊)
【年齢】【生年月日】
過去 16歳

現代 28歳

1989年10月18日
【身長】【体重】
177cm64kg
【通称】
イヌピー
【趣味・特技】
【イメージカラー】

 

乾青宗は、”相棒”のような存在である「九井一(ここのい はじめ)」と共に、「黒龍」所属の人物として登場しました。

 

「黒龍」には黒川イザナ率いる8代目の代から所属しており、イザナには有用な人物として高い評価を得ていたようです。

 

また、9代目時代に潰されてしまった「黒龍」の復活を成し遂げており、「黒龍」に並々ならぬ拘りを持っている様子が描かれました。

 

10代目「黒龍」の壊滅後は、11代目総長として花垣武道を推薦し、彼の下につく形で東卍へと下っています。

 

Sponsored Link

 

【乾 青宗の過去】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 18巻より引用

 

乾青宗は、前述のように常に九井一と行動を共にしてきた人物であり、黒川イザナに認められるほど優秀な人物です。

 

そんな青宗と九井の間には、大きく目立つ額の傷も関連した、とある過去が存在しました。

 

以下からは、青宗と九井の過去について解説していきます。

 

【乾邸の火事】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 18巻より引用

 

小学生の頃には既に友達同士だった青宗と九井。

 

青宗には5歳年の離れた姉「赤音」がおり、九井は赤音に対して恋心を抱いていました。

 

しかし、九井が赤音に想いを打ち明けた日、悲劇は起こります。

なんと乾邸で火事が起こり、赤音・青宗が中に取り残されてしまったのです。

 

青宗は九井によって救出されますが、額に大きな傷が残ることとなりました。

一方の赤音は救助が遅れ、全身に重度の火傷を負ってしまいます。

 

赤音の治療にかかる金額は4,000万。

彼女に想いを寄せていた九井は、犯罪に手を染めてまで金集めに奔走しますが、あえなく赤音は死亡してしまいました。

 

【乾とハイヒール】※12巻105話or18巻157話

105話にてハイヒールを履いた様子が描写され、読者の間で様々な考察が飛び交った乾。

 

作者の和久井先生が中学生の頃に流行っていたという事実から、「ファッション説」が力を持っていましたが、157話以降の赤音の件が明かされてからは、「赤音の形見説」も有力となっています。

 

九井は青宗に赤音の姿を重ねていましたが、青宗もまたハイヒールという形見を通して、赤音の姿を見ていたのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

【10代目黒龍結成】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 12巻より引用

 

赤音の死後、経緯は不明ですが九井と同じ”不良”の道に踏み込んだ青宗。

 

少年院出所後に9代目「黒龍」が壊滅していたことを知ると、10代目として「黒龍」を復活させようと誓います。

 

あてもなく「黒龍」復活を謳う青宗を見かねた九井は、自身の学校に”バケモノ”がいると話しました。

 

これまでタイマン負け知らずだった青宗は、その”バケモノ”こと柴大寿をシメるつもりで学校に向かいますが、ものの見事に返り討ち。

 

大寿に”可能性”を感じた青宗は彼をボスとして抱え上げ、九井も加えて「黒龍」復活の道を歩み始めます。

 

【武道の部下へ】

初代黒龍総長「佐野真一郎」に強い憧れと尊敬心を描いていた青宗は、格上に対しても臆することなく立ち向かう武道に、真一郎の姿を重ねました。

 

そして青宗は、武道に11代目「黒龍」を継がせると同時に、彼の部下として副総長に。

 

後の”関東事変”では、「東京卍會」の壱番隊隊員として参加しました。

 

Sponsored Link

 

【九井との決別】

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 18巻より引用

 

「黒龍」や「東京卍會」と常に2人でチームに所属していた九井・青宗でしたが、「天竺」が九井の能力に目を付けたことで、2人は道を違います。

 

「東京卍會」vs「天竺」の”関東事変”で敵同士として対峙した際は、金に執着する九井に「目ぇ覚ませよココ!」と叫び、赤音が既にこの世にいないのだという事実を突きつけました。

 

なお、”関東事変”後も2人の間に生まれてしまった溝が埋まることはなく、2人は完全に別々の道を歩むこととなりました。

 

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 


 

以上、『東京卍リベンジャーズ』の乾青宗について、過去を中心にご紹介しました。

 

本記事が『東京卍リベンジャーズ』をより楽しむための一助となれば幸いです。

 

この記事を読んで気になった方は、是非作品をチェックしてみてくださいね。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ