東京リベンジャーズと東京卍リベンジャーズの違い!

東京リベンジャーズと東京卍リベンジャーズの違い!

 

『新宿スワン』で有名な和久井健先生の最新作『東京卍リベンジャーズ』。

 

タイムリープと不良モノが合わさった本作は、アニメ化、実写映画化、舞台化を果たすほどの人気ぶりであり、『週刊少年マガジン』の看板漫画です。

 

そんな本作ですが、『東京卍リベンジャーズ』と『東京リベンジャーズ』のどちらが正式なタイトルなのでしょうか。

 

今回は、そんな『東京卍リベンジャーズ』のタイトルに注目し、アニメ版・漫画版の違いについて解説していきます。

 

Sponsored Link

 

【正式名称は『東京卍リベンジャーズ』】

 

和久井健先生の大人気作品『東京リベンジャーズ』ですが、正式名称は「卍」の入った『東京卍リベンジャーズ』の方です。

 

一方で、『東京卍リベンジャーズ』というタイトルを読み上げる際、「卍」は発音しません。

 

つまり、『東京卍(まんじ)リベンジャーズ』呼びではなく、『東京リベンジャーズ』呼びということですね。

 

漫画のタイトルとして表記する際は『東京卍リベンジャーズ』が正規のものですが、”卍”はあくまでデザイン上の表記のようです。

 

【東京卍會の”卍”とは?】

そもそも「東京卍會」の”卍”は、総長である”マイキー”佐野万次郎から取られた記号です。

 

マイキーは「東京万次郎會」として旗揚げする気だったようですが、チームの総意によってその名称は却下。

 

”万次郎”の名残という形で”卍”が残り、「東京卍會」に落ち着いたようです。

 

Sponsored Link

 

【漫画とアニメでタイトルが違う?】

 

漫画版では『東京卍リベンジャーズ』が正式名称だとご紹介しましたが、アニメ版は『東京リベンジャーズ』として”卍”抜きで放映されています。

 

”原作コミックとアニメ版のタイトルが違う”という現象は、有名どころであれば『ドラゴンボール』と『ドラゴンボールZ』や『金色のガッシュ』と『金色のガッシュベル』など、比較的よく見られる現象です。

 

これは、著作権や商標登録などの、いわゆる”大人の事情”が働いたケースや、アニメ視聴者層に合わせてタイトルの微変更を行うケースなどが考えられます。

 

詳細な事情は不明ですが、こと『東京リベンジャーズ』においては、漫画版との差別化やタイトルのややこしさを排除するために行われた後者のケースだったのではないでしょうか。

 

【ストーリー改変】

漫画原作のアニメで時折起こるのが、”アニメオリジナル”です。

 

アニメ版が漫画版に追いつきそうになった場合の尺稼ぎなどに用いられる”アニメオリジナル”ですが、原作ファンからの反感を買うことも多く、評価が分かれる手法だと言わざるを得ません。

 

一方のアニメ『東京リベンジャーズ』は、原作に忠実なストーリー展開が為されており、安心されたファンの方も多いのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

【略称は”東リベ”?”東卍”?】

 

ここまで『東京卍リベンジャーズ』と『東京リベンジャーズ』の違いについてご紹介してきましたが、略称は「東リベ」と「東卍(トーマン)」のどちらが正しいのでしょうか。

 

「東リベ」の場合はいかにも”略称”らしい響きであり、アニメ版・漫画版の両方で通じる略称です。

 

一方の「東卍」は漫画版のタイトル由来であり、また、作中に登場する組織「東京卍會」の略称としても使用されていますから、ややこしい印象を受けます。

 

そんな『東京卍リベンジャーズ』の略称問題に、公式アカウントの「東京卍リベンジャーズ【公式】(@toman_official)」が言及。

 

https://twitter.com/toman_official/status/1235758862772228097

 

記載の通り、”音の略”という意味では「東リベ」が正しいようですが、公式アカウントのIDには「toman(東卍)」とあります。

 

加えて、第三の勢力である「リベンジャーズ」派の存在まで明らかになり、より混乱が深まることとなりました。

 

Sponsored Link

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


 

以上、『東京卍リベンジャーズ』と『東京リベンジャーズ』の違いについてご紹介しました。『東京卍リベンジャーズ』をより楽しむための一助となれば幸いです。

 

この記事を読んで気になった方は、『東京卍リベンジャーズ』をチェックしてみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ