武道の名言、個人的にカッコいいと思ったセリフ【東京リベンジャーズ】

武道の名言、個人的にカッコいいと思ったセリフ【東京リベンジャーズ】

 

『東京卍リベンジャーズ』でタケミっちの愛称で知られる花垣武道は、本作の主人公です。

 

喧嘩は弱いものの、ヒロインであるヒナ(橘日向)を救うためならどんな相手にでも立ち向かっていきます。

 

無鉄砲だけど力強く、絶対に諦めない姿は読み進めていく度に、われわれ読者の心も惹きつけていきます。

 

色々な戦場を「力」ではなく「気持ち」で乗り越えてきた武道の言葉にはどれも説得力があり、東卍メンバーや敵対する相手までをも魅了していきます。

 

今回は、そんな武道の熱い言葉(名言)を集めてみましたのでご覧ください。

 

※この記事は、『東京卍リベンジャーズ』原作漫画のネタバレを含みます。

 

Sponsored Link

 

【武道の名言1】「もう二度と譲れねぇモンがあんだよ」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 1巻より引用

 

現代で自分が落ちぶれていく原因となったキヨマサ(清水将貴)との喧嘩賭博で勇姿を見せ、マイキー(佐野万次郎)に気に入られた武道。

 

翌日、武道の学校に乗り込んできたマイキーとドラケン(龍宮寺堅)を見たヒナが

 

「武道くんをボロボロにしているのはこの人だ」と思いマイキーをビンタ。

 

それに怒ったドラケンを武道が制止した際の発言。

 

勇気を出して自分を守ろうとしたヒナを見て、自分がヒナを守らなければならないのだと相手も選ばず気張った言葉が「もう二度と譲れねぇモンがあんだよ」。

 

【佐野万次郎・龍宮寺堅】

ドラケンはこの言葉を受け「ビッとしてたぜ?」と評価し、武道への見る目が少し変わるように感じて取れます。

 

その後3人は河原まで同行しますが、その際マイキーは、相手を選ばず無鉄砲に挑んでいく姿を「死んだ兄貴に似ている」と武道と亡き兄を重ねています。

 

この辺りから、マイキーは武道に少しずつ信頼を寄せていくようになるのではないでしょうか?

 

【武道の名言2】「(これはオレの人生の)リベンジだ」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 4巻より引用

 

愛美愛主(メビウス)との争いで、パーちん(林田春樹)は総長の長内信高をどうしても許せず刺します。

 

自首するといったパーちんの覚悟を尊重したドラケンと、ダチとして助けたかったマイキーとの間で東卍の解散を脅かす喧嘩となります。

 

その後、武道の仲介によってその喧嘩はおさまりますが、納得のいかないペーやん(林良平)率いる「マイキー派」により「8・3抗争」が勃発します。

 

その後、「8・3抗争」でキヨマサに刺されたドラケンを背負って走っている武道の前に、キヨマサらが現れ道を阻まれます。

 

現代の自分が逃げる人生を送るきっかけとなったキヨマサに立ち向かい、喧嘩賭博の「タイマンの決着をつけよう」と申し込んだ際の言葉。

 

満身創痍の中元凶(キヨマサ)へのリベンジを固く誓います。

 

【龍宮寺堅・橘日向・佐野エマ】

この決意を見たドラケンは「タケミっちに1億円‼︎」と武道の勝利を確信した発言をします。

 

ドラケンなりの武道を奮い立たせる台詞だとわかります。これに続いてヒナとエマも武道の勝利を確信します。

 

キヨマサにボロボロになりながら挑み続ける武道の勇姿にヒナは涙を流します。

 

Sponsored Link

 

【武道の名言3】「東卍を潰す! その為にオレが過去の東卍のトップになる!」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 5巻より引用

 

4度目のタイムリープを終え、現代に戻るとアッくん(千堂敦)は美容師の卵。

 

ヒナも生きておりナオト(橘直人)の協力を得て、現代のヒナに再会することに。

 

しかし喜んだのも束の間、その日の夜ヒナはアッくんの車に突っ込まれ死亡。

 

幾度タイムリープを重ねても尚、ヒナは稀咲の命令に殺害されるという最悪の状況が変わらないことに絶望したナオトに誓うように放った言葉。

 

強い意志を固めた武道は、次どんな手立てを打つかということだけを考えていることがわかる言葉です。

 

【橘直人】

あまりにも無茶なことを言い出す武道にナオトも思わず苦笑。武道の「ヒナを救えるためならどんな無茶でもする」

 

という姉に対する強い気持ちに心動かされ、ナオトが前向きになる様子が伺えます。

 

【武道の名言4】「オレが全員ぶっ飛ばす」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 7巻より引用

 

「名言」枠にするか悩んだのですが…。対芭流覇羅(バルハラ)戦で、序盤敵の多さに東卍メンバーが疲弊し始め、根をあげ始めます。

 

そんな時、この場で一番弱いと思われる武道が放った「オレが全員ぶっ飛ばす」。

 

思いがけない言葉に、周囲にいた東卍メンバーの士気が上がりここから戦いは形成逆転を見せます。

 

【龍宮寺堅・三ツ谷隆・他東卍メンバー】

「誰よりも弱い」と思われていた武道の言葉にドラケン、三ツ谷(三ツ谷隆)を含めた大勢の心が動きます。

 

弱くても誰よりも強い「気持ち」が、多くの人の士気を上げたということで、選ばせていただきました。

 

Sponsored Link

 

【武道の名言5】「どうしよう大好きだ」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 11巻より引用

 

黒龍(ブラックドラゴン)10代目総長柴大寿との「聖也決戦」の前に、ヒナの父親と遭遇。

 

不良とはかけ離れた家庭であるが故に武道との交際を反対される。

 

別れを切り出した際、何度もこれでいい、これでよかったんだと自分に言い聞かせるものの口をついて出たのがこの言葉でした。

 

こちらは武道の独り言ですが…。個人的にとても重みのある言葉でした。

 

【苦しい現実を受け止める花垣武道】

守りたい人を守るために突き放した武道の選択はとても大きなものだったのではないでしょうか。

 

「君は不良だ、娘を巻き込まないと言い切れるか?」というヒナの父親の気持ちも痛いほどわかるシーンでした…。

 

【武道の名言6】「頑張る事は辛くねぇよ、一番辛い事は…”孤独”な事だ」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 12巻より引用

 

「聖夜決戦」で、ボロボロになりながらも八戒(柴八戒)を立ち向かわせるために、大寿に向かい続けた武道の言葉。

 

ずっと大寿の暴力を一人で受け止めてきた八戒(実際は柴柚葉ですが)に「立ち向かっていく」ということは「殺す」ことではないと伝えます。

 

武道にとって孤独というのは、頑張るなんて気持ちにすらならない何よりもさみしいものなのでしょうね。

 

【柴八戒】

それまで、悪いと思いながらも自分が「暴力を二人分受けてきた」と嘘をついていた八戒が本当のことを話します。

 

男としてダサすぎる嘘と自分の弱さを認めすべて皆の前で告白します。

 

大寿に殴られるのと同じくらい勇気のいる告白だったんじゃないかと思います…。

 

Sponsored Link

 

【武道の名言7】「そんな嘘でオマエを見捨てねぇ‼︎  それが東卍だぁ‼︎

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 12巻より引用

 

「聖夜決戦」で自分の弱さを認めた八戒を「オレはもっとダサかった」と認めた武道。

 

すると三ツ谷も過去に自分が逃げたことを告白し出します。

 

誰でも弱く、ダサいことの一つや二つはある。東卍はそんなことで仲間を見捨てるチームではないと宣言。

 

【柴八戒】

今までずっと怯えていた八戒が東卍に戻ることを宣言。恐怖で「殺す」という選択以外余地がなかった八戒ですが、仲間、家族がいることを再認識した瞬間でした。

 

大寿に立ち向かっていき状況はよくなっていきます。

 

【武道の名言8】「勝てる勝てねぇじゃねぇんだよ‼︎」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 16巻より引用

 

横浜・天竺に襲撃を受けた後、エマの告白によって天竺の総長黒川イザナがマイキーの異母兄弟であることを知ります。

 

武道がそれを壱番隊に知らせる会議をしている最中、突如伍番隊(”風紀委員”として動く特務隊)隊長のムーチョ(武藤泰宏)に呼び出されボコボコに…。

 

気づくとそこには大寿から離脱した後壱番隊に加入したイヌピーとココも拘束されています。

 

そこでムーチョはイザナと少年院時代を過ごし、「S62(極悪の世代)」の一人だったことが判明します。

 

天竺にココの力が欲しいという旨で裏切られ、その際ココを天竺に渡すまいとしてムーチョに発した言葉。

 

戦闘では到底勝てないが、守るために「守り抜く」という「気持ち」で諦めないことを宣言。

 

【真一郎の面影を見た乾青宗】

これを見ていたイヌピーは、誰よりも憧れた真一郎(佐野真一郎)の面影を武道に見ます。

 

マイキーと同じく、勝ち負けにこだわらず相手を選ばず無鉄砲に挑んでいく武道に、ある種カリスマ性のようなものを感じ信頼を寄せていくことになるのでしょう。

 

Sponsored Link

 

【武道の名言9】「オレは一人でも引くワケにはいかねぇ!」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 17巻より引用

 

天竺と東卍の抗争がいよいよ本格し、「関東事変」当日、マイキーのことを徹底的に虚無にさせたい稀咲(稀咲鉄太)はエマを殺害します。

 

失意に落ちるマイキーとドラケンは抗争に不在。

 

この状況では天竺に東卍は負けると断言するイヌピーをよそに、絶対に揺るがない決意を東卍メンバーに見せた武道の言葉。

 

【壱番隊メンバー】

千冬(松野千冬)を筆頭にアッくん他壱番隊メンバーが、武道の揺るがない意志に見せられて賛同。

 

「逃げないねぇのはタケミチだけだった!」というアッくんの言葉に東卍メンバーも鼓舞され絶望的な状況に光が差し込むシーンです。

 

【武道の名言10】「オレにできる事は一つ‼︎ 諦めねぇ‼︎ 死んでも諦めねぇ事だ‼︎

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 19巻より引用

 

「関東事変」で拳銃を向けた稀咲に対し発した言葉。

 

銃口を向けられ頭に突きつけられている状態でも、「負けられねぇ理由」「認めてくれたみんな」「独りだった自分を救ってくれたみんな」を考えたら何も怖くない、助けなければならない人がたくさんいる。

 

今までで一番強い意志が感じられる涙なしでは読めないシーンです。

 

【稀咲鉄太・武藤泰宏・鶴蝶・松野千冬・九井一・他その場にいた全員】

全員の心に響くワードだと思います。口で言うだけなら誰でもできますが、銃口を前に堂々としていられる人はそういません。

 

こんなかっこいいやつにオレもなりたいと誰もが惚れてしまうのではないでしょうか?

 

【武道の名言11】「オレもっとあいつと向き合いたかった」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 21巻より引用

 

「関東事変」でトラックに轢かれ稀咲が亡くなったのち、千冬と二人で話している時の発言です。

 

武道自身は、何度もタイムリープすることで乗り越えてきましたが、稀咲は一度もタイムリープすることなく一度きりの人生で、ヒナと添い遂げるため現世でトップの不良に上り詰めました。

 

ヒナが好きで、ヒナが好きな武道をリスペクトしていた稀咲。

稀咲のことを憎みながらずっともがいていた武道ですが、もっと話し合えていたなら、もっと冷静だったら違う未来が見えていたのかも知れないと、宿敵を思いやれる切なく優しい心が表れています。

 

Sponsored Link

 

【武道の名言12】「オマエを絶ッ対ェ助けてやる‼︎万次郎」

©ken wakui/和久井健/講談社
東京卍リベンジャーズ 23巻より引用

 

過去を変え抜いた武道は、現代に戻ってくるとパーちんの結婚式に来ていました。

 

東卍メンバーにも会え、3ヶ月後には自身の挙式も控えているという超ハッピーエンドを迎えていました。

 

しかし、喜んだのも束の間、マイキーがいないことに気づきます。

 

12年前に埋めた未来の自分たちへ宛てた手紙を開けます。そこでマイキーが武道に宛てたビデオレターを発見します。

 

ヒナのドレス姿を見て、「幸せだと思ったらマイキー君の顔が浮かんで…」とハッとするのです。

 

その後、現代で梵天の首領マイキーと再会を果たした武道は、マイキーに撃たれ、瀕死の状態に。

 

それでも一人で全て抱えて、言葉にできない叫びを上げているマイキーの腕をしっかりと掴んで発した言葉。

 

マイキーがいたから幸せになれた、今度はオレがマイキーを幸せにする番なんだという武道の心が伺えます。

 

【佐野万次郎】

真一郎に叱られていることを彷彿とさせる武道の言葉に、堰を切ったように感情が溢れ出てくるマイキー。

 

ここで武道が過去に飛ばされるので、やはり過去を変えたい二人目のトリガーはマイキーだということがわかりました。

 

【関連記事】

東京リベンジャーズの簡単なあらすじ!どんな物語なのか簡潔に解説

東京リベンジャーズの身長や年齢や名前等、キャラのプロフィールをご紹介

東京卍會(トーマン)のメンバー一覧!

東京卍會(トーマン)の創設メンバー一覧!

愛美愛主(メビウス)のメンバー一覧!

芭流覇羅(バルハラ)のメンバー一覧!

黒龍(ブラックドラゴン)のメンバー一覧!

東京リベンジャーズの女キャラ一覧!

マイキーとドラケンの出会いや関係性!

マイキーの兄弟(兄妹)!家族関係についてご紹介

マイキーとエマの関係性!

マイキーが乗るバイクの名前!実在する車種名やスペックもご紹介!

マイキーの名言、個人的にカッコいいと思ったセリフ

場地圭介の名言、個人的にカッコいいと思ったセリフ

松野千冬と場地圭介の出会いや関係について!

ドラケンが死刑囚になった理由!

マイキーの過去!

マイキーの強さの秘密!

場地圭介(ばじけいすけ)の過去! 

松野千冬(まつのちふゆ)の過去!

羽宮一虎(はねみやかずとら)の過去!

柴八戒(しばはっかい)の過去!

稀咲鉄太(きさきてった)の過去!

乾青宗(いぬいせいしゅう)過去!

九井一(ここのいはじめ)の過去!

黒川イザナの過去!

東京リベンジャーズのチーム(組織)一覧!

東京リベンジャーズで起こった事件や抗争まとめ!

東京リベンジャーズと東京卍リベンジャーズの違い!

 

【「東京リベンジャーズ」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「東京リベンジャーズ」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「東京リベンジャーズ(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、東京リベンジャーズ以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、東京リベンジャーズのアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「東京リベンジャーズ」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

私は武道の言葉で何度泣いたかわからないくらい泣きました。

 

弱いながらも幾度となく挑み続ける姿勢や、タイムリープを重ねるごとに成長していく姿。

 

武道としては人生二度目。ずっと逃げてきたことを認め、一度きりの人生で逃げずに挑み続けるメンバーや宿敵を心から尊敬できる人間性がこのような熱い言葉を生むのでしょう。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ