ウマ娘のアニメに登場するグラスワンダーについて!どんなキャラなのか詳しくご紹介

ウマ娘のアニメに登場するグラスワンダーについて!どんなキャラなのか詳しくご紹介

 

アプリゲーム、アニメ、漫画と大人気のウマ娘の魅力の一つは、史実に基づいた物語を楽しめることではないでしょうか。

 

アニメ『ウマ娘』は競走馬の性格や見た目、レース中の競り合い、結果などを史実を基づいて描かれています。

 

史実を知った上でアニメを見ると、その細かさがよくわかります。

 

本日はそんなウマ娘の中でも、アニメにも登場し、1期の主人公、スペシャルウィークの同期でありライバルでもあるグラススワンダーをご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘のアニメに登場するグラスワンダーとは?】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

【登場アニメ】

ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービー OVA

うまよん

ウマ娘 プリティーダービー Season 2

【誕生日】【学年/寮】
2月18日中等部/美浦寮
【身長】【体重】
152cm増減なし
【スリーサイズ】【声優】
B77/W53/H84前田玲奈

 

グラスワンダーはトレセン学園ジュニアクラスC組に通うウマ娘です。

 

流暢な日本語を話したり、ランチに和食を選んでいるためわかりづらいですが、実はアメリカ生まれの帰国子女です。

 

スペシャルウィークの編入初日に同じクラスメートとしてセイウンスカイやエルコンドルパサーと一緒に初登場します。

 

外見は茶髪のさらっとしたロングヘアに、前髪には白色の模様があり、右耳には青色に赤いラインの入ったリボンをしています。

 

アニメ1話でスペシャルウィークやエルコンドルパサーはチームにまだ所属していませんでしたが、グラスワンダーは既にチーム「リギル」に所属しており、デビュー戦も既に終えていました。

 

ここからはグラスワンダーのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【穏やかな性格のグラスワンダー】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

グラスワンダーは穏やかでおっとりした性格で、クラスの中でも落ち着いたお姉さん的な存在です。

 

スペシャルウィークが次のレースにナーバスになって寝不足になった時に、自分の足のケガのことを話し「レースに出られるだけもラッキーぐらいの気持ちでいけば気楽ですよ」と気持ちが軽くなるようなアドバイスをしたり、普段からチームの仕組みのことや各ウマ娘の成績なども教えてくれる等、世話焼きな所もあります。

 

また、スペシャルウィークがダイエットのため、減量を始めた時に山盛りのごはんが中盛になっていることに気づいたり、チーム「リギル」の入部テストで走るエルコンドルパサーの走りを見ていい位置についていますと言ったり、凱旋門賞で走るエルコンドルパサーの走りがいつもと違うことをいち早く気づくなど、観察眼や洞察力に優れている部分もあります。

 

特に同期のことはしっかり見ていて、スペシャルウィークにとっても同期として頼れる存在です。

 

普段は穏やかなグラスワンダーですが、レースでは内に闘志を燃やし、勝ちたいという気持ちは他のウマ娘には負けていません。

 

次の章ではそんな一面が見れるグラスワンダーについてご紹介していきます。

 

【エルコンドルパサーとは特に仲良し】

グラスワンダーとエルコンドルパサーは、同じ帰国子女だからかいつも一緒にいるシーンが多いのですが、エルコンドルパサーへ対応は他のウマ娘に比べて少し違います。

 

スペシャルウィークの編入初日にエルコンドルパサーがスペシャルウィークに「ふ~ん、田舎者さんなんだ~」と言うとグラスワンダーが無言で背中をどつきます。

 

他にもエルコンドルパサーがスペシャルウィークの大敗したレースのことを話して痛いところを突いていると、間に割って入り、エルコンドルパサーを引きずりながらその場を立ち去ります。

 

よくエルコンドルパサーといるせいか、仲良くなると穏やかなグラスワンダーでもちょっと扱いが雑になるのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

【焦る復帰戦での悔しい思い】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

グラスワンダーは登場時から右足に包帯を巻いています。

 

骨折のため療養中で6話にてようやくトレーニング中の走る姿を見ることができます。

 

しかし、同期や大注目のサイレンススズカの活躍する姿をみてグラスワンダーは焦っていました。

 

そのため、復帰後の軽めの調整トレーニングメニューを無視して全力疾走で走ってしまいます。

 

それに気づいたトレーナーになぜメニューにないことをしたのか厳しく問われると、復帰レースに勝つために今のトレーニング内容では間に合わない、自分の足なら大丈夫と言います。

 

しかし、トレーナーは復帰戦以上にその後のG1レースでの勝利に向けて再びケガをしないよう今は焦らないように言うのでした。

 

焦るグラスワンダーの気持ちとトレーナーのグラスワンダーの今後を思っての厳しさは、お互いが分かり合えず歯がゆいシーンです。

 

そして、迎える復帰戦は毎日王冠です。

 

グラスワンダーの他にサイレンススズカ、エルコンドルパサー、ナイスネイチャも出走しています。

 

「10か月振りの無敗のジュニアチャンピオングラスワンダー」とアナウンスが流れ、グラスワンダーはゲートイン後も負けたくないと意気込みます。

 

グラスワンダーはスタート後、出遅れるものの後方から徐々に先頭のサイレンススズカに近づきます。

 

第3コーナーのカーブを曲がるとグラスワンダーが2番手にまで盛り返し、先頭を走るサイレンススズカに迫ります。

 

しかし、グラスワンダーはラストの直線で足が前に行かず、サイレンススズカと交わされたエルコンドルパサーについていけず失速してしまい、無敗の記録はここで終わってしまいます。

 

その後、地下馬道で待っていたトレーナーに「申し訳ありませんでした」と謝るグラスワンダーをトレーナーは抱きしめ「これでいい。次のG1でピークにもっていけばいい」と慰めるのでした。

 

ケガをして焦りながらもレースでは絶対に勝ちたいと燃えるシーンと負けて悔しいと涙するシーンは、普段は穏やかなグラスワンダーのレースに対しては感情をむき出しにしていることがわかります。

 

【怪我の辛さを知るグラスワンダー】

グラスワンダーはその後はケガをしたウマ娘を心配するシーンで登場します。

 

サイレンススズカにはケガの調子を心配したり、復帰戦までの焦る気持ちに共感しています。

 

アニメ第2期ではトウカイテイオーのケガ後のトレーニングシーンではシンボリルドルフと共に遠くから見守っています。

 

ケガをして復帰したウマ娘だからこそ、ケガをしてつらいウマ娘の気持ちがわかるのでしょう。

 

Sponsored Link

 

【グラスワンダー完全なる復帰】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

無敗のウマ娘ではなくなってしまったグラスワンダーでしたが、レースシーンは描かれていませんが、有馬記念では勝利をつかみます。

 

その後の宝塚記念でスペシャルウィークと共に出走することが決まります。

 

トレーナーとのわだかまりも打ち解け、レースに全力を注ぐことを決めるグラスワンダーですが、スペシャルウィークは違いました。

 

その頃のスペシャルウィークは骨折をしたサイレンススズカのことばかり気にしてレースに全く集中していませんでした。

 

ランチ、放課後、部屋でもサイレンスズカを心配してつきっきりのスペシャルウィークは宝塚記念もグラスワンダーのことも眼中にない状態で、グラスワンダーもそのことを感じ取っていました。

 

そして、迎える宝塚記念当日のスペシャルウィークは去年のサイレンススズカを振り返る実況も相まってサイレンススズカを想います。

 

一方、グラスワンダーはスペシャルウィークとの全力の勝負に闘気を練り、その気迫は青いオーラとなって身を包むまで集中し、マルゼンスキーとトレーナーを驚かせます。

 

スタート後、中団でグラスワンダーはぴったりとスペシャルウィークについて走ります。

 

サイレンススズカが走ったレースを走っていると実感するスペシャルウィークは途中、グラスワンダーの闘志に気が付いたか、左右を見渡します。

 

ちなみに、このシーンは史実からきており、実際にグラスワンダーに気づいたためかわかりませんがスペシャルウィークの鞍上、武騎手は左右を確認しています。

 

それでもスペシャルウィークはサイレンススズカならここで仕掛けるであろうというところで仕掛けますが、外からグラスワンダーも上がってきます。

 

直線で一騎打ちで並ぶと思いきや、グラスワンダーにとっての集中していない今日のスペシャルウィークは相手にならないと言わんばかりに並ぶ間もなく交わし、グラスワンダーが3馬身差で勝利しました。

 

レース直後、グラスワンダーは「私に全力で来てくれましたか」とスペシャルウィークに問いかけます。

 

このグラスワンダーの言葉をきっかけにサイレンススズカと一緒にレースに出ることが夢となってしまっていたスペシャルウィークは今一度自分の夢を見つめ直すのでした。

 

グラスワンダーにとってはここが主役並みに活躍し、優勝するシーンなのですが、スペシャルウィークが落ち込んでいるためBGMが悲しげになってしまっています。

 

しかし、ケガからの復帰、負けを経験するもグラスワンダーは宝塚記念で優勝し、トロフィーを受け取るときは本当に嬉しそうな顔をみせます。

 

【グラスワンダーの走り】

アニメでのグラスワンダーの印象的な走りは徹底的なマークです。

 

標的ときめたウマ娘にぴったりついて、最後の直線で標的のウマ娘が仕掛けるのと同時に仕掛け、最後に差して勝利する走りです。

 

アニメ第2期ではライスシャワーが天皇賞(秋)でメジロマックイーンを相手にこの走りで勝利していますが、その鬼気迫る走りを見てグラスワンダーは「運命的な何かを感じます」と言います。

 

これは史実が元ネタとなっており、競走馬グラスワンダーもライスシャワーも主戦騎手は同じく的場騎手です。

 

徹底的なマークして、最後にさして勝利する走りと的場騎手とのレースという同じ状況から運命を感じたのでしょう。

 

【アプリでは逆の立場】

宝塚記念はスペシャルウィークがサイレンススズカを思いすぎたから、レースにおろそかになってしまったという内容でした。

 

実はアプリではグラスワンダーもマルゼンスキーに対してそうなる描写があります。

 

史実でもそうなのですが、競走馬グラスワンダーはマルゼンスキーが亡くなった年の同じレースにてマルゼンスキーのような圧倒的な勝利をあげたため「マルゼンスキーの再来」と呼ばれています。

 

アプリでのグラスワンダーはマルゼンスキーしか眼中にないようなアニメでのスペシャルウィークのような状態でした。

 

一方でアニメではトレーニングのためグラスワンダーがマルゼンスキーに並走をお願いするシーンもあり、史実では叶わない二人の共演を見ることができます。

 

Sponsored Link

 

【勝負では優しくないグラスワンダー】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

その後の有馬記念では再びスペシャルウィークと共に出走し、並んでゴールするも写真判定の結果、鼻差で再びグラスワンダーが勝利します。

 

この時は泣いて喜んでいるため、ようやくスペシャルウィークと全力の勝負をし勝てたようです。

 

一方スペシャルウィークは勝ったと思っていたからか、結果に驚きを隠せず開いた口がふさがっていません。

 

史実でもこのレースは写真判定となり、一時はスペシャルウィークに鞍上していた武豊騎手も、スペシャルウィークが勝利したと思っていたそうです。

 

グラスワンダーが休養中ということもありましたが、アニメで描かれたスペシャルウィークとのレースは2戦2勝となり、たとえ主人公でも勝ちは譲りませんでした。

 

普段はスペシャルウィークに優しいグラスワンダーでしたが、勝負には優しくないようです。

 

【ラスボスかもしれなかった】

アニメ開始当初グラスワンダーはラスボスと囁かれていました。

 

なぜかというと主人公スペシャルウィークは史実の引退レースで敗れた相手がグラスワンダーだったからです。

 

その引退レースがアニメ13話で描かれた有馬記念なのですが、回想シーンだけのレースとなり、割と簡単にまとめられていました。

 

その為、ラスボスとは言い難い感じになってしまいました。

 

どちらかというと、ジャパンカップで戦ったブロワイエの方がラスボス感が強いですね。

 

ちなみに、グラスワンダーとスペシャルウィークはその後も二人とも仲良くしているようです。

 

アニメ第2期ではサイレンススズカがアメリカ遠征中のため、チーム外のスペシャルウィークはグラスワンダーといるシーンが多いです。

 

【2期でのグラスワンダーの食事量】

アニメ1期でのグラスワンダーの食事量は普通ぐらいの量だったのですが、アニメ2期から、スペシャルウィークと同じようにご飯の量が山盛りになっています。

 

実は、史実でのグラスワンダーは引退後から食事量が増えていたようで、放牧中に寝ながらタンポポを食べてたら太っていたという話があります。

 

また、太ったのもスペシャルウィークが引退した後だったようで、この辺を意識して2期でのグラスワンダーの食事量を増やしたのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

【実際にいた名馬「グラスワンダー」】

 


参照元:https://twitter.com/

 

グラスワンダーは実際の競走馬グラスワンダーがモデルとなっています。

 

アニメではスペシャルウィークのライバルとして登場しますが、史実でもライバルとして立ちはだかります。

 

ここからは「栗毛の怪物」と呼ばれた競走馬グラスワンダーについてご紹介していきます。

 

【デビューから輝かしい成績】

 

グラスワンダーは1995年のアメリカ、ケンタッキー州で生まれた外国産競走馬です。

 

父馬シルヴァーホークはイギリスとアイルランドでG3勝利やG1を2着という結果を残しています。

 

当時は種牡馬としてあまり注目されていなかったシルヴァーホークでしたが、その後は産駒が活躍を始め注目されるようになります。

 

母馬アメリフローラは出走経験はありませんでしたが、伯母馬にはアメリカの重賞に勝利した競走馬がいます。

 

グラスワンダーの名前の由来は馬主の冠名の「グラス」と初めて見た時の「ワンダフルな印象」を合わせてグラスワンダーと名付けられました。

 

1996年グラスワンダーは1歳にてアメリカのセリで落札され、日本のノーザンファームにやってきます。

 

当初からバランスの良い馬体と発達した筋肉を持つことから、競走馬としての今後が期待されていました。

 

また、トレーニングセンターで乗り役を落とした馬が突っ込んできても、グラスワンダーは動じない胆力を持つ馬でした。

 

翌年1997年に新馬戦でグラスワンダーはデビューします。

 

スタートが得意ではなかったようで、序盤はやや遅れたものの、すぐに先頭集団に追いつき、2着に3馬身差で勝利します。

 

その後のアイビーステークスは5馬身差で勝利、京成杯3歳ステークスは6馬身差で勝利、朝日杯3歳ステークスは馬場が荒れているにもかかわらず2馬身半差で勝利しました。

 

こうしてデビューした1997年は4戦中全勝で重賞にも勝利とレコードを残す無敗の競走馬となりました。

 

【異名とJRA賞】

グラスワンダーはレース中に騎手が鞭を入れる必要ないことも度々あり、ハイペースで後続を突き放す走りから「怪物」と呼ばれ始めます。

 

また、そのタイムも非常に好タイムで、その速さから現役のマルゼンスキーを彷彿とさせ「マルゼンスキーの再来」とも呼ばれます。

 

そして、その功績が認められ、JRA賞最優秀3歳牡馬に選出されるだけではなく、年度代表馬としても選ばれます。

 

2歳で選ばれることは異例でその後も選ばれた2歳牡馬はいません。

 

【外国産馬が史上初の有馬記念を勝ち取る】

 

その翌年1998年、次のレースにむけた調整の際に右後脚の骨折が判明します。

 

結果、秋まで療養することとなりました。

 

復帰戦は毎日王冠となり、このレースはアニメでも第1期6話にて描かれています。

 

このレースには当時5連勝中の逃げ馬サイレンススズカ、同じく1995年生まれの外国産馬で当時無敗のエルコンドルパワーも出走きていました。

 

以上の出走メンバーから毎日王冠はG2レースにもかかわらず、G1並の観客が訪れたそうです。

 

グラスワンダー当時は骨折した右後脚を庇って走るため、左前脚に骨膜炎の症状も出ており状態は決していいものではありませんでした。

 

スタート後は、後方で走り第3コーナーでサイレンススズカをとらえに先頭に近づき、並びかけますが、失速してしまい5着という結果となりました。

 

その後はアルゼンチン共和国杯に出走しますが、はじめての長距離ということもあってか6着という結果となり、ジャパンカップは回避することとなりました。

 

そして、1998年は年末の有馬記念を目標にするととなりました。

 

その後の最終調教では見違えるほど状態が向上し、デビュー時以上の馬体だったと言われています。

 

そして、臨む有馬記念にはダービー馬のスペシャルウィークとNHKマイルカップ制覇のエルコンドルパサーが出走しないものの、皐月賞と菊花賞を制したセイウンスカイ、前年天皇賞(秋)を制し、これが引退レースのエアグルーヴ、当年天皇賞(春)を制したメジロブライトが出走していました。

 

スタート後、グラスワンダーは中段を走ります。

 

第3コーナーより先方に進出し、残り200でセイウンスカイをさし、さしにくるメジロブライトをかわして半馬身差で勝利をおさめます。

 

これがグラスワンダーにとっての1年ぶりの勝利となりました。

 

残念ながらアニメでは描かれずグラスワンダーとトレーナーの会話でさらっと言及されるだけでした。

 

【偉業達成】

外国産馬の有馬記念優勝は史上初という偉業をグラスワンダーは達成しました。

 

また、7戦目での有馬記念優勝も史上初の最短キャリアでもありました。

 

【同期スペシャルウィークとの対決】

 

有馬記念の優勝で復活となったグラスワンダーでしたが、翌年1999年も右肩の筋肉痛や左目下の裂傷のため、次走は京王杯スプリングカップとなりました。

 

京王杯スプリングカップは4分の3馬身差でエアジハードに勝利しますが、安田記念ではそのエアジハードに鼻差で2着という結果となりました。

 

そして迎える宝塚記念でスペシャルウィークと初対決となります。

 

当時のスペシャルウィークは前年のダービーを制し1999年も3連勝中でした。

 

スタート後、中団を走るスペシャルウィークを追走する位置でグラスワンダーは走ります。

 

そして第3コーナーでスペシャルウィークのスパートに離されるも、残り200でグラスワンダーが差し、3馬身差でグラスワンダーが勝利します。

 

スペシャルウィークが後ろから差されるのはグラスワンダーが初めてでした。

 

そして、夏の休養明けの次走は昨年も復帰レースとなった毎日王冠です。

 

スタート後は中団で走り、最後の直線で先頭に立ちますが伸びず、写真判定の結果鼻差で3センチでグラスワンダーがなんとか勝利します。

 

その後は再びジャパンカップにむけ調整しますが、調子が悪いことから自走を有馬記念に切り替えます。

 

有馬記念には昨年下したスペシャルウィークも出走しており、約半年ぶりの対決となります。

 

スペシャルウィークはその間に天皇賞(秋)、ジャパンカップを勝利しておりこの有馬記念が引退レースとなっていました。

 

スタート後、グラスワンダーは中団で、スペシャルウィークは後方で走ります。

 

レースは超スローペースとなりましたが、グラスワンダーが仕掛けるとスペシャルウィークがそれに続き、2頭が競り合いながら前の馬を交わしそのまま並んでゴールしました。

 

直後はスペシャルウィークが勝利したと思われましたが、鼻差でグラスワンダーが勝利をあげます。

 

【JRAのCMで】

2012年JRAの宝塚記念CMにてグラスワンダーとスペシャルウィークとの初対決の1999年宝塚記念の様子が語られています。

標的はただ一頭、同期のダービー馬だった。

今行くか。いや、まだか。いや、今か。

一瞬の判断で未来を変えた、未知なる栗毛。

 

【再び偉業達成】

グラスワンダーは不調に苦しめられましたが、スペシャルウィークを下し、有馬記念を連覇します。

 

有馬記念の連覇は史上3頭目の偉業となりました。

 

この年のJRA賞はグラスワンダーの他にエルコンドルパサー、スペシャルウィークで悩まれ惜しくも選ばれませんでしたが、特別賞を受賞しています。

 

Sponsored Link

 

【引退と受け継がれるグラスワンダーの血統】

 

翌年2000年で5歳となったグラスワンダーは再び低迷してしまいます。

 

有馬記念後の調子は悪く、歩き方は骨折を疑うような状態でしたが日経賞に出走し、6着となります。

 

これにより天皇賞(春)と凱旋門賞の出走は白紙となり、次走の京王杯スプリングは9着、その後の宝塚記念は6着と最後の直線で伸びることができませんでした。

 

そして、宝塚記念後の検査にて足の骨折が判明し、宝塚記念をもって引退することが決まりました。

 

骨折の治療もあり、半年後に昨年連覇を果たした有馬記念の中山競馬場にて引退式が行われました。

 

グラスワンダーは前年の有馬記念優勝時の7番のゼッケンをつけ、完治していない骨折を考慮してその背中に誰ものせずファンの前を歩き引退式を終えました。

 

その翌年2001年種牡馬として北海道の社台スタリオンステーションにて種付けを行いはじめました。

 

2003年から2006年にかけては南半球でも種付けを行っています。

 

産駒フェルシアが2004年にデビューし、その年のフェアリーステークス制覇して以降、続々と産駒が成績を残しています。

 

【産駒】【主な成績】
マルカラスカル2006年中山大障害制覇、2008年中山グランドジャンプ
スクリーンヒーロー2008年ジャパンカップ制覇
セイウンワンダー2008年朝日杯フューチュリティステークス制覇
アーネストリー2011年宝塚記念制覇
メイショウマンボ

(母の父馬がグラスワンダー、グラスワンダーの孫にあたる)

2013年オークス制覇、秋華賞制覇、エリザベス女王杯制覇
モーリス

(スクリーンヒーローの産駒、グラスワンダーの孫にあたる)

天皇賞(秋)などG1を6勝し、2015年の年度代表馬に選出
ゴールドアクター

(スクリーンヒーローの産駒、グラスワンダーの孫にあたる)

有馬記念制覇

 

モーリス、ゴールドアクターは競走馬を引退し種牡馬となったため、グラスワンダーの血統はつながり続けています。

 

そして、現在は2020年に種牡馬を引退し、明和牧場で余生を過ごしています。

 

【グラスワンダーの本当の強さ】

輝かしいデビューを飾ったグラスワンダーは3歳以降はケガ、不調に苦しめられることが多い競走馬生活でした。

 

骨折で復帰後の毎日王冠では初の敗北を経験するも、持ち直し有馬記念を制覇し、右肩の不安と裂傷を負うも復帰後のレースでは接戦を繰り広げ、宝塚記念、毎日王冠、有馬記念連覇、万全ではないながらもレースに出走を続け、最後のレースでは骨折のためグラスワンダーは引退となりました。

 

主戦騎手の的場騎手も「グラスワンダーの本当の強さを皆さんにお見せすることができなかったのが残念でなりません」と言っていたようにケガがなければ未知なる強さはどこまでつづいたのでしょう。

 

しかし、そんな逆境に立たされても勝利をつかんだグラスワンダーは多くの人から愛されており、身体に障害や病気を抱える同じような境遇の人に頑張る気持ちを起こしてくれる存在だったそうです。

 

【ウマ娘シリーズ 無料視聴方法】

 

「ウマ娘」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」です!

 

なぜ、「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「ウマ娘」が約1カ月間無料視聴することができる。
上記配信サービスの「お試しキャンペーン」を交互に利用すると、約3カ月半「ウマ娘」の視聴が堪能できる! ※(例)U-NEXTお試し期間31日終了後⇒Amazonプライムビデオお試し期間30日終了後⇒dアニメお試し期間31日終了後⇒FODお試し期間2週間
「お試し期間中」なら「ウマ娘」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!
 

以上が、上記配信サービスで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。
   
 
【Amazonプライムビデオ】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の利用料金】
「30日間無料トライアル」に登録してから30日間
(初回登録の方のみ)
月額プラン:月500円(税込)

年会費プラン:年4900円(税込)

※月額で払うか年で払うかのどちらかを選べます。
【配信ジャンル】
洋画/邦画/国内ドラマ/海外ドラマ/アニメ/音楽/お笑い/バラエティ etc...
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー(レンタル)

ウマ娘 プリティーダービーSeason2(レンタル)
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「30日間無料トライアル」は、登録から30日間無料で利用できるサービスです。30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「30日間無料トライアル」に登録後、30日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「30日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は30日以内の解約をお忘れなく。

「30日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 
 
 
【dアニメストア】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「今すぐ無料おためし」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
440円(税込)
【配信ジャンル】
アニメ/声優/アニメ系ミュージカル
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

登録から31日間無料で利用できますが、31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「31日間お試し」で見れる作品は対象作品のみです。dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

   
 
【FOD】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「無料トライアル」に登録してから2週間
(初回登録の方のみ)
976円(税込)
【配信ジャンル】
国内ドラマ/海外ドラマ/アジアドラマ/邦画/洋画/アニメ/スポーツ/エンタメ/FODオリジナル番組/漫画/雑誌
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「無料トライアル」は、登録から2週間無料で利用できるサービスです。2週間を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。

「無料トライアル」に登録後、2週間以内の解約なら月額料金はかかりません。「無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は2週間以内の解約をお忘れなく。

「無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。    

       

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

 


 

アニメではケガをしても乗り越え、復活するグラスワンダーでしたが、史実はそれを繰り返していたと思うとグラスワンダーの走る強さとともに芯の強さを感じました。

 

残念ながらグラスワンダーの復活レースとなった有馬記念はアニメでは描かれておりません。

 

アニメウマ娘は史実に基づいたストーリーとなっていますが、多くのキャラクターが登場するため、1シーズンでそのすべてを描くことが難しいです。

 

史実を知ったうえでアニメを見ると、ストーリー外の努力や活躍を思い描くことができるので、一度見返してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ