シンデレラグレイのゴールドシチーについて!元ネタやキャラについてご紹介

シンデレラグレイのゴールドシチーについて!元ネタやキャラについてご紹介

 

ウマ娘とは史実で活躍した競走馬が少女となり、史実同様のレースを健気に走りる物語です。

 

アプリゲーム、アニメ、漫画など大人気コンテンツとなっており、その中でも漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」は最近「次にくるマンガ大賞2021」で2位を受賞しています。

 

ストーリーは史実でのアイドルホース オグリキャップがモデルのウマ娘が活躍するストーリーとなっています。

 

今回はシンデレラグレイに登場する「ゴールドシチー」についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘シンデレラグレイに登場するゴールドシチーとは?】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 51話より引用

 

【初登場】【所属】
1巻1話日本ウマ娘トレーニングセンター学園
【誕生日】【身長】
4月16日158cm
【毛色】【性格・特徴等】
尾花栗毛金髪ロングヘアで100年に1人の美少女ウマ娘
【元ネタになった競走馬】
ゴールドシチー

 

ゴールドシチーはトレセン学園に通うウマ娘の一人です。

 

綺麗な金髪のロングヘアで、右耳には青いリボンがついた耳飾りをつけており、その美しさから100年に1人クラスの美少女ギャルと言われています。

 

漫画では第1話でシンボリルドルフ達が観戦する日本ダービーの出走が初登場シーンとなります。

 

ここからはゴールドシチーのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【綺麗で優しいウマ娘】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 4巻より引用

 

ゴールドシチーは綺麗で優しい性格のウマ娘です。

 

まだまだ、漫画での登場回数が少ないためどのような性格か明確ではありませんが、登場したシーンを元に見ていきましょう。

 

まずは、タマモクロスとランチを取るシーンがあります。

 

ゴールドシチーはパスタとサラダの一方でタマモクロスはたこ焼き、お好み焼き、汁物、山盛りご飯と普段と比べるとかなりの量を食べています。

 

いつものタマモクロスらしくないと呆れてつつも、本領を発揮し始めたタマモクロスの変化に気づいており、観察眼は優れているようです。

 

また、六平トレーナーの頼みでオグリキャップとの併走トレーニングに付き合っています。

 

ゴールドシチーもジャパンカップに出走予定だったにも関わらず、同じくジャパンカップに出走するライバルのオグリキャップの併走トレーニングに付き合ってくれるのは優しいですね。

 

また、走った後にオグリキャップがシャンプーは何を使っているのか照れながら聞くと、ゴールドシチーは自分が使っているシャンプーをプレゼントするとまで言ってくれます。

 

ちなみにオグリキャップはこの時「髪がひっかかる」と相談しています。

 

作者のTwitterではゴールドシチーは髪が痛んでブラシに引っかかると想像してますが、オグリキャップは伸びた髪がタンスに引っ掛かるという意味で言っていました。

 

オグリキャップらしいですね。

 

【実はズボラな一面も】

漫画では優しい一面がよく描かれていますが、アプリゲームではゴールドシチーのズボラな一面も描かれており、実は遅刻と門限破りの常習犯でもあるとされています。

 

遅刻の一面はモデルの競走馬が「午前10時の男」と呼ばれるほど朝が弱かったところからきているようです。

 

【学年】

ゴールドシチーはタマモクロスと同期のウマ娘でオグリキャップからは先輩に当たります。

 

しかしながらウマ娘の世界の上下関係は、ウマ娘によっては現実世界ほどしっかりしているわけではないようで、後輩であるオグリキャップは「シチー」呼びで敬語も使っておりません。

 

Sponsored Link

 

【ゴールドシチーの走り】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 52話より引用

 

初出走シーンは初登場シーンの日本ダービーです。

 

最後の直線でゴールドシチーは先頭だったルナスワローをスパートをかけて交わします。

 

しかし、残り200mでメリービューティーに差されてしまい勝利を逃します。

 

また、オグリキャップとの併走トレーニングでは、超前傾姿勢でスパートをかけるオグリキャップに交わされてしまいます。

 

手加減したつもりはないと思いつつも、強い走りを見せるルーキー、オグリキャップに頼もしさを感じています。

 

そして、ジャパンカップ出走直前では、自分にマークがないことから怖いものはないと意気込んでいるところを、エラズリープライドに英語で話しかけられます。

 

それに対して英語で返事をし「レース後 一緒に(写真を)一枚どう??」と余裕まで見せ、闘志を燃やします。

 

普段は優しいゴールドシチーですが、やはりレースとなると他のウマ娘と同様負けたくない気持ちは強いようです。

 

しかしながらまだ、大きな活躍シーンは描かれておらず今回のジャパンカップでは日本ダービーで描かれたような力強い走りをより多く見たいですね。

 

【勝負服】

ゴールドシチーの走るシーンは実はアニメの方が先に描かれています。

 

OVAの中の大阪杯に出走しており、スタート後から前方を走りますが、最後にBNW(ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケット)に交わされてしまいます。

 

その時の勝負服は、制服のようなえんじ色のワンピースにジャケットとネクタイをつけていますが、漫画ではチューブトップにジャケットとホットパンツに変更になっています。

 

ちなみにアプリゲームも漫画の勝負服を着用しています。

 

Sponsored Link

 

【実はモデル】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 4巻より引用

 

100年に1人の美少女ウマ娘と言われるだけあって、トレセン学園に通う傍らモデルの仕事をしています。

 

漫画ではモデルの仕事をしているシーンは描かれていませんが、カフェテリアでは他の一般ウマ娘から大注目されたりしています。

 

また、先述したエズラリープライドからは雑誌で見るよりいい顔していると言われています。

 

エズラリープライドはジャパンカップを出走するウマ娘を調べていて雑誌を見たのか、もしかすると海外の雑誌にもゴールドシチーが乗っているのかもしれませんね。

 

【モデル活動】

漫画でモデルの仕事のシーンは描かれていませんが、アニメ「うまよん」では雑誌や撮影のシーンが描かれています。

 

自分に自信が持てない後輩ユキノビジンを励まし、挑戦することの大切さを教えています。

 

後輩思いのいい先輩として描かれています。

 

Sponsored Link

 

【実際にいた名馬「ゴールドシチー」】

 


参照元:https://twitter.com/

 

ゴールドシチーは史実の競走馬ゴールドシチーという牡馬がモデルとなっています。

 

史実では毛色が尾花栗毛(栗毛で鬣(たてがみ)と尻尾が金髪)に四白流星(足の先と額が白い)という美しい競走馬で、1987年に活躍していました。

 

ここからは競走馬ゴールドシチーについてご紹介していきます。

 

【美しい馬体をもって生まれた競走馬】

 

ゴールドシチーは1984年に生まれます。

 

父馬ヴァイスリーガルはカナダの年度代表馬にも選ばれたことがあり、ゴールドシチーと同じ尾花栗毛でした。

 

しかしながら、ゴールドシチーが生まれると父馬は13日後に亡くなってしまいます。

 

母馬イタリアンシチーはイギリスの競走馬で、日本では種牡馬として活躍したテスコボーイを父馬にもちます。

 

幼い頃からゴールドシチーは栗毛に美しい金色の鬣と尻尾に注目されていました。

 

また、馬体も良くレースでの活躍を期待されていたのですが、父馬に似て非常に気性が荒かったそうです。

 

そのため、レースでは勝つか負けるかどっちか傾くと言われており、走らない場合はディズニーランドに寄付して乗馬にしようとまで言われていました。

 

また、通常の競走馬は午前6~8時にはトレーニングを始めますが、かなり朝に弱かったため、ゴールドシチーは午前10時にならないとトレーニングを始めなかったそうです。

 

1986年の新馬戦でデビューとなりますが、スタートに出遅れてしまい5着となります。

 

その後、3戦目の未勝利戦で初勝利をあげます。

 

次走は初重賞に挑戦となり、パドックでは焦れ込んでおり、あまり期待できない状態でしたが、レースではうまくスパートをかけ2着となりました。

 

その後のオープン戦で勝利し、当時関西の2歳王者決定戦とされていたG1阪神3歳ステークスに出走が決まります。

 

当日もゴールドシチーは騎手を振り落としそうな勢いで、不安がありましたが、いざレースがスタートするとスローペースの馬群でゴールドシチーは前へ前へ進みます。

 

順調かと思いきや、最終コーナーで先頭に立ち、馬群を抜け出した途端、失速してしまいます。

 

しかし、後続馬が近づくと再びスパートをかけて粘り3頭並んでゴールし、写真判定で頭差でゴールドシチーが初G1勝利を挙げます。

 

【JRA賞】

この年に朝日杯フューチュリティステークスを制したメリーナイスと共に最優秀3歳(現在でいうと2歳)牡馬を受賞しました。

 

Sponsored Link

 

【クラシックへの挑戦】

 

翌年1987年はクラシックの皐月賞トライアルレースのスプリングステークス出走しますが、パドックではまたも激しく焦れ込み、レースも6着となります。

 

本命皐月賞では体調が良くないため、パドックではいつもと違い大人しい様子で、11番人気となります。

 

レースではスタート後は後方を走り、徐々に前へ出て、直前ではスパートをかけるも、先頭には届かず、なんとか2着をつかみます。

 

次走の日本ダービーは皐月賞馬サクラスターオーが繋靭帯炎を発症のため回避していたこと、ゴールドシチーの体調が万全という状態で、かなり期待が持てました。

 

スタート後は中団を走り、前へ出るも向正面の出口で失速してしまい、5番手となります。

 

直線で再び前へでるも先頭には立てず、4着という結果となりました。

 

夏の休養を経て京都新聞杯3着、京都新聞杯3番手でゴールを通過しますが、斜行し他馬を転倒させたため失格となってしまいます。

 

そして菊花賞に駒を進めます。

 

当日はダービー馬のメリーナイスも出走していました。

 

スタート後はゴールドシチーは中団を走り、直線でスパートをかけますが、抜けきれず2着となります。

 

勝利したのは皐月賞馬になるも繋靭帯炎で日本ダービーを回避し、菊花賞が復帰レースだったサクラスターオーだったのでした。

 

結果三冠は一つもつかめませんでしたが、皐月賞と菊花賞2着、日本ダービー4着と好走をみせます。

 

【変な癖】

好走を見せるゴールドシチーですが、変な癖のようなものがありました。

 

G1初勝利をつかんだ阪神3歳ステークスは途中馬郡を抜けた途端、失速してしまいます。

 

また、日本ダービーでも向こう正面出口で失速してしまっています。

 

Sponsored Link

 

【古馬から引退まで】

 

クラシック三冠は惜しい結果となり、1987年ラストレースは鳴尾記念に出走します。

 

重賞で初めての1番人気となりますが、結果は6着となり、同期馬のタマモクロスが3連勝目をあげます。

 

翌年1988年はサンケイ大阪杯4着、天皇賞(春)5着、京都大賞典3着、ジャパンカップ12着と勝利に届きません。

 

1989年も現役を続行しますが産経大阪杯3着、天皇賞(春)11着、宝塚記念10着と長距離では大敗が続き競走生活を終了します。

 

引退後は宮崎で乗馬となるも、その気性の荒さからか他馬と喧嘩を繰り返していました。

 

1990年5月に関係者が脚を浮かせていることに気づき、検査するとゴールドシチーは重度の骨折をしており、7歳という短い生涯に幕を下ろします。

 

骨折の瞬間は誰も見ておらず、他馬との喧嘩中に転倒したためや、他馬に蹴られたためや、柵に衝突したため等、様々な原因が考えられていますが、真実はわかりません。

 

【多くの人の目に残る馬】

ゴールドシチーは種牡馬とならなかったため、産駒はいませんが多くの人の目に焼きついた競走馬です。

 

ジャパンカップをみた小説家ディック・フランシスはゴールドシチーを「非常に美しくて魅力的な栗毛」と言っています。

 

漫画家よしだみほは「競馬を見てきた中で一番キレイだった馬は、と聞かれたら反射的にゴールドシチーと答えるだろう。」と言っています。

 

幼い頃に「走らなかったらディズニーランドにでも寄付して使ってもらおう」と言われただけあって、本当に美しい競走馬だったのですね。

 

【「ウマ娘」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ウマ娘」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ウマ娘シンデレラグレイ(1~最新巻まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ウマ娘以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ウマ娘のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

     

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

 

 


競走馬ゴールドシチーの気性の荒さは漫画では性格には反映されていませんが、気性が荒いため公式プロフィールではギャルと紹介されているのでしょうか。

モデル馬の活躍が漫画の時系列より早かったため、漫画では活躍シーンは多くは描かれていませんが、現在連載中のジャパンカップではゴールドシチーがどのように走るか気になりますね。

モデル馬を調べると漫画の今後のストーリーに予想がついてしまいますが、知っていても「ウマ娘 シンデレラグレイ」の続きは気になります。

これを機に漫画を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link

   

関連コンテンツ